【CLグループ第3節プレビュー②】トモリ凱旋、新生チェルシーがイタリア王者と激突

2022.10.05 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が5日に開催される。ここでは第3節2日目となるグループE~Hの戦いを展望していく。

◆グループ本命のチェルシーとミラン連戦初戦~グループE~
グループEでは前節、ポッター監督の初陣となったチェルシーがザルツブルクを圧倒するも1-1のドローに持ち込まれた。一方でミランはディナモ・ザグレブに快勝とし初勝利を手にした。迎える第3節、グループ突破候補の本命であるチェルシーとミランが2連戦の初戦を迎える。

ザルツブルクに引き分け1分け1敗スタートとなったチェルシー。苦しい入りとなった中、直近のクリスタル・パレス戦では苦しみながらも2-1と競り勝ってポッター体制2戦目にして初勝利を飾った。前線が流動的に動くポッタースタイルで元チェルシーDFトモリが守備を統率するミランからゴールをこじ開けられるか。
一方、ミランは前節、格下ディナモ・ザグレブに順当勝利。直近のエンポリ戦ではこちらも苦戦を強いられたが、後半終盤の3発で白星とした。守護神メニャン、DFテオ・エルナンデスを引き続き欠き、エンポリ戦で新たにDFカラブリアとDFケアーが離脱となる苦しい台所事情の中、スタンフォード・ブリッジ凱旋となるトモリは大きく成長した姿を披露できるか。

グループEもう一試合のザルツブルクvsディナモ・ザグレブではミランとチェルシーからゴールを奪ったスイス代表FWオカフォーの活躍に注目だ。

▽10/5(水)
《25:45》
ザルツブルク vs ディナモ・ザグレブ
《28:00》
チェルシー vs ミラン

◆初勝利目指すセルティック、連敗スタートのライプツィヒと対戦~グループF~
Getty Images

グループFでは本命のレアル・マドリーが順当に2連勝スタート。日本人4選手所属のセルティックがシャフタールに引き分け、1分け1敗スタートとなった。迎える第3節、初勝利を目指すセルティックが連敗スタートのライプツィヒと敵地で対戦する。

前節シャフタール戦ではFW古橋がCL初先発となった中、立ち上がりからシャフタールを圧倒する展開としたセルティック。そしてFW旗手が絡んで先制点を手にしたものの、1-1の引き分け止まりとなってしまった。レアル・マドリー戦に続き、ポステコグルー監督の攻撃的なサッカーを体現できているセルティックだが、ライプツィヒ相手に初勝利となるか。

FWベンゼマを欠いた中、後半終盤の2発でライプツィヒを退けたレアル・マドリー。苦戦を強いられたが、王者らしくしっかりと勝ち切って見せた。直近のオサスナ戦では復帰したベンゼマのPK失敗もあって開幕からの連勝が6で止まったが、切り替えてCL3連勝スタートとなるか。

▽10/5(水)
《25:45》
ライプツィヒ vs セルティック
《28:00》
レアル・マドリー vs シャフタール

◆2位通過争うドルトムントとセビージャが激突~グループG~
Getty Images

グループGでは前節、マンチェスター・シティがFWハーランドの恩返し弾でドルトムントに逆転勝利。2連勝スタートとした。一方で不振のセビージャがコペンハーゲンに敗れて連敗スタートとなった。迎える第3節、2位通過を争うドルトムントとセビージャが激突する。

シティに善戦したものの悔しい逆転負けとなったドルトムント。1勝1敗スタートとなった中、直近のケルン戦では痛い逆転負けを喫した。例年通り、やや守備陣に脆さが見え出しているが、新戦力のDFジューレ、DFシュロッターベックは踏ん張ることができるか。

一方のセビージャはさらに深刻な状況。直近のアトレティコ・マドリー戦では何もできず完敗となり、ロペテギ監督の首が飛ぶのも時間の問題とされている。何とか起死回生の勝利を手にして負の流れを止めたいところだ。

流石の連勝スタートとしたシティはコペンハーゲンとのホーム戦を戦う。直近のマンチェスター・ダービーでは圧巻の強さを見せ付けたシティ。とりわけハットトリックを達成したFWハーランド、MFフォーデンの両ヤングスターは止められない状況にある。コペンハーゲン戦でも彼らの暴れ回る姿を期待したい。

▽10/5(水)
《28:00》
マンチェスター・シティ vs コペンハーゲン
ドルトムント vs セビージャ

◆背水のユベントス、グループ最弱マッカビ・ハイファと対戦~グループH~
Getty Images

グループHでは前節、パリ・サンジェルマンがマッカビ・ハイファを下して順当に2連勝スタートとした一方、ユベントスがベンフィカに逆転負けを喫し、連敗スタートとなった。迎える第3節、背水のユベントスがグループ最弱のマッカビ・ハイファとホームで対戦する。

ベンフィカ戦では開始早々FWミリクにゴールが生まれたものの、その後はじり貧となって逆転負けとなったユベントス。グループステージ突破のためには連勝が必要となる中、直近のボローニャ戦ではMFロカテッリを始め、負傷明けの面々の活躍により久々の快勝とした。一先ずアッレグリ監督の進退問題が先延ばしとなった中、公式戦連勝として悪い流れを断ち切れるか。

マッカビ・ハイファに先制される展開となったものの、終わってみればFWメッシ、FWムバッペ、FWネイマールの揃い踏みでしっかりと連勝スタートとしたPSG。そのPSGはユベントスに貫禄勝ちしたベンフィカとのアウェイ戦に臨む。3連勝とすれば次節にも突破が決まる気配だが、畳みかけられるか。

▽10/5(水)
《28:00》
ユベントス vs マッカビ・ハイファ
ベンフィカ vs パリ・サンジェルマン

関連ニュース
thumb

510億円補強も好転しないチェルシーが藁にもすがる? ラグビー界最強“オールブラックス”のメンタルコーチと短期契約

今シーズンは波に乗ることができていないチェルシーが、意外なところから助けを借りることとなったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 オーナーが交代し新たな体制で今シーズンに臨んだチェルシー。しかし、シーズン序盤で躓くとトーマス・トゥヘル監督を解任。ブライトン&ホーヴ・アルビオンからグレアム・ポッター監督を引き抜き再建を図った。 ポッター監督就任により一時は公式戦5連勝など調子を取り戻したかに思われたが、再び下降線を辿ることに。カタール・ワールドカップ(W杯)による中断前は3連敗となると、中断明けは公式戦8試合で2勝3分け3敗と調子が上がらず。プレミアリーグでは9位と出遅れている。 冬の移籍市場では総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下したが、ここまで成果が出たとは言えない状態。そんな中、更なる補強をおこなったという。 『BBC』によると、チェルシーは新たなコーチを招へい。そのコーチは、ラグビー界で最強を誇るニュージーランド代表、通称“オールブラックス”のリーダーシップ・マネージャーで、メンタルスキルコーチのギルバート・エノカ氏(57)を雇ったという。 エノカ氏は。2011年、2015年のラグビー・ワールドカップで連覇した時のスタッフの1人。ニュージーランドでは体育教師も務めた過去があり、クリケットの代表チームのメンタルコーチとして6年間、ネットボールのチームで3年間仕事をしたという。 サッカー界にこれまで関わったことはなく、今回が初めて。短期のコンサルタントとして契約を結んだようだ。 期待されているのはチームビルディング。今冬の移籍市場で多くの選手が加入したチームにおいて、ポッター監督のチームに選手と馴染ませ、チームの文化を発展させること。6週間の仕事になるようだ。 2023.02.07 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

今冬加入のD・フォファナにガラタサライが関心も、チェルシーはレンタル放出を拒否

チェルシーはコートジボワール代表FWダビド・ダトロ・フォファナ(20)のレンタル放出を計画していないようだ。 1月にベルギーのモルデから完全移籍での加入が発表されたD・フォファナ。2029年6月30日までの6年半契約を結んだストライカーには、同胞でありクラブのレジェンドでもあるディディエ・ドログバ氏のような活躍が期待されている。 一方で、チェルシーは今冬の移籍市場でFWジョアン・フェリックス、FWノニ・マドゥエケら多くのアタッカーを獲得しながら、放出を目指していたMFハキム・ツィエクが残留。アタッカーが飽和状態となっていることから、D・フォファナにはガラタサライへレンタルで出される可能性が報じられていた。 しかし、イギリス『イブニング・スタンダード』によると、チェルシーにD・フォファナを放出する予定はない模様だ。FWピエール=エメリク・オーバメヤンに退団の可能性がある中で、クラブは3日に行われたプレミアリーグ第22節のフルアム戦でリーグデビューを果たしたD・フォファナに大きな期待を寄せているようだ。 D・フォファナ本人もチェルシーでポジションを掴むことに熱心であると報じられることから、トルコ行きの可能性は極めて低くなっている。 2023.02.07 17:28 Tue
twitterfacebook
thumb

CLメンバー選外のオーバメヤンが移籍を希望? MLS行きに接近か

チェルシーのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(33)が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きに近づいているようだ。 昨夏の移籍市場で、バルセロナから恩師トーマス・トゥヘル監督が率いるチェルシーに加入したオーバメヤン。しかし、その直後にトゥヘル監督は解任の憂き目に遭い、梯子を外される形となったオーバメヤンはここまでプレミアリーグでの先発がわずか4試合にとどまっている。 こうした状況でも、グレアム・ポッター監督は度々オーバメヤンへの信頼を強調。一方で、3日に発表されたチャンピオンズリーグ(CL)・ノックアウトラウンドの登録メンバーからはガボン代表FWを外す決断を下した。 イギリス『ミラー』によると、CLメンバーに含まれずショックを受けたオーバメヤンは一刻も早い移籍を希望。これに対して、MLSのロサンゼルスFC(LAFC)が関心を示しているという。 LAFCはFWガレス・ベイルが1月に現役引退を発表。新たなる旗頭となれそうな存在を探しており、オーバメヤンを有力なターゲットに据えた模様だ。 オーバメヤンは今季バルセロナとチェルシーの2クラブでプレーしており、FIFAの規約によってシーズン中に3クラブ目でプレーすることはできない。しかし、MLSは今月から新シーズンが開幕するため、この規約に当てはまらずプレーが可能となっている。 こうした事情からオーバメヤン本人もアメリカ行きを強く希望しており、これまでドルトムント、アーセナル、バルセロナで得点を量産してきたストライカーが、欧州から去る日が近づいているようだ。 2023.02.07 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「ただただ美しい」「完璧すぎる」プレミア最高額のエンソ・フェルナンデスはロマンチスト、彼女の23歳のバースデーを祝いにポルトガルへ

チェルシーのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスが、パートナーの誕生日を祝福するためにポルトガルへと戻っていたようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)ではアルゼンチンの36年ぶり3度目の優勝に貢献したエンソ・フェルナンデス。自身は最優秀若手選手に選ばれるなど活躍を見せていた。 そのエンソ・フェルナンデスは、ベンフィカからチェルシーへと完全移籍。移籍金は総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)となり、プレミアリーグ史上最高額での移籍となった。 退団時にはベンフィカとのいざこざも生まれたエンソ・フェルナンデス。チェルシーでもデビューを果たしている中、ガールフレンドであるバレンティーナ・セルバンテスさんの23歳の誕生日を祝福した。 バレンティーナさんはインスタグラムを更新し「私の23歳のバースデー」と投稿。紅白のバラの花束を手にしたセルフィーに加え、エンソ・フェルナンデスとの2ショットも投稿していた。 2人は結婚はしていないものの、娘がいる状況。バレンティーナさんはベンフィカに移籍したエンソ・フェルナンデスについてきてポルトガルへと移住していた。 ファンは「美しすぎる」、「ただただ美しい」、「完璧すぎる」、「どれだけ美しいんだ」とコメント。バレンティーナさんの姿に称賛の言葉を送った。 <span class="paragraph-title">【写真】プレミア史上最高額のエンソの彼女バレンティーナさんが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoQgIJtNDgD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoQgIJtNDgD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoQgIJtNDgD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">• 2023.02.07 12:57 Tue
twitterfacebook
thumb

「エンソ・フェルナンデスはリスクの高いギャンブル」リバプールレジェンドがチェルシーに物申す

元リバプールのグレアム・スーネス氏が、アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスを獲得したチェルシーに物申した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 今冬の移籍市場で実に3億6000万ユーロ以上もの大金を投下したチェルシー。その中で最高額となったエンソ・フェルナンデスは1億2100万ユーロ、イングランドでは1億700万ポンドという史上最高額を更新することになった。 カタール・ワールドカップでアルゼンチン代表の優勝に貢献したパフォーマンスを加味した移籍金となったが、スーネス氏は4000万ポンドですら「賭け」だという評価。ブライトンで活躍する同胞のアレクシス・マック・アリスターに投資するべきだったとの見解を示した。 「エンソ・フェルナンデスはプレミアリーグの激しさに対応できるのか? それはわからない。彼はこの高額な報酬に耐えられるのか? それもわからない。彼はせいぜい4000万ポンドのギャンブルだ。可能性を秘めた若者であるが、それ以上ではない」 「フェルナンデスに関して言えば、チェルシーはプレミアムにプレミアムを上乗せして支払っている。プレミアリーグが呼ぶからプレミアム。チェルシーだから割高。今、この選手が欲しいからプレミアム」 「彼のアルゼンチン代表のチームメイトで、ブライトンでプレミアリーグ80試合に出場し、彼の名前に対する疑問符がはるかに少ないアレクシス・マック・アリスターと比較してほしい。良い年齢、良い経験、良いゴールとアシストの数。プレミアリーグで実績のある選手だ。彼に資金が回らないのが不思議なくらいだ」 「グラハム・ポッター、チェルシー、そしてフェルナンデスにとって、このすべてがどのように終わるかは時間が解決してくれるだろうが、あの巨額の出費にもかかわらず、兆候はあまりよくない」 2023.02.06 19:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly