圧巻のハーランド&フォーデンがハットの共演! シティがユナイテッドに大量6ゴールを奪って今季最初のマンチェスターダービー制す《プレミアリーグ》

2022.10.03 00:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第9節、マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが2日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが6-3で快勝した。

クラブ史上初のリーグ3連覇を目指すシティはここまで5勝2分けの2位と上々の滑り出し。前々節のトッテナム戦の延期によって今季初の対ビッグ6戦となったホーム開催のダービーマッチでは、3-0で快勝した直近のウォルバーハンプトン戦から先発3人を変更。負傷でメンバー外のストーンズとロドリに代わってウォーカー、ギュンドアンが起用され、ルベン・ディアスに代わってアケがセンターバックの左に入った。

一方、テン・ハグ新体制で捲土重来を期すユナイテッドは、直近のアーセナル戦で開幕5連勝の首位チームを3-1で破り、リーグ4連勝を達成。1試合未消化ながら順位を5位まで上げている。直近2試合の延期とインターナショナルマッチウィークの中断によって約1カ月ぶりのリーグ戦では、昨季シーズンダブルを喫した宿敵相手にリベンジの勝利を狙った。なお、オランダ人指揮官はラッシュフォードの戦列復帰によってアーセナル戦と全く同じスタメンを採用した。
開幕から無敗を継続する2連覇中の王者シチズンズに4連勝の赤い悪魔が挑んだ今季最初のダービーマッチ。試合は開始早々にホームのシティが相手ゴールに襲い掛かる。開始3分、左サイドを起点にベルナルド・シウバからの浮き球のクロスをファーのハーランドが頭で合わすと、これはDFのブロックに遭う。さらに、こぼれ球に反応したデ・ブライネ、ベルナルド・シウバとボックス内で連続シュートに持ち込むが、GKデ・ヘアのセーブとDFのブロックに阻まれる。

それでも、立ち上がりから相手を圧倒する流動的な攻撃でチャンスを色濃くするペップのチームが8分に先制点を奪う。ボックス手前で細かくボールを動かして左のハーフスペースに入り込んだカンセロが大外のベルナルド・シウバに繋ぐ。ここでポルトガル代表MFがグラウンダーの速いクロスを入れると、ニアへフリーで走り込んだフォーデンが丁寧な左足ダイレクトシュートをゴール左上隅に突き刺した。

ライバルに何もさせないうちにリードを手にしたシティは、以降も相手守備にボールの奪いどころを全く与えない、ボールも人もよく動くテンポの速い攻めで攻勢を続ける。相手がボックス内に人数をかけるため、注目のハーランドの絡みこそ限定的となったが、グリーリッシュとフォーデンの両ウイングにインサイドハーフ2枚が有機的な絡みから再三の決定機を創出。

18分にはペナルティアーク付近で得たFKの場面でギュンドアンが右ポストを掠めるシュートを放てば、21分にもボックス内でのハーランドの落としからフォーデンが反転シュートで自身2点目に迫る。

一方、守備面で後手を踏み続けるユナイテッドは、全体が押し下げられてボールを奪っても相手の猛烈なカウンタープレスに嵌められてなかなか自陣を脱出できず。中盤でプレスを剥がすプレーやルーズボールの回収からサンチョ、ラッシュフォードをハイラインの背後へ走らせるアバウトな形から深い位置まで運ぶシーンを作るが、攻撃に厚みを出せない。

前半半ばを過ぎてもホームチーム優勢の状況が続く中、今回のダービーの主役がやはり決定的な仕事を果たした。

まずは34分、左CKの場面でキッカーのデ・ブライネが右足インスウィングで滞空時間の長いボールをゴール前に入れると、大外からうまくゴール前に走り込んだハーランドが打点の高いヘディングシュートで合わせる。これをゴールカバーに入ったマラシアがかき出したかに思われたが、ゴールライン・テクノロジーでゴールが支持。シチズンズの怪物FWは自身初のダービーで難なく公式戦8試合連続ゴールを達成した。

さらに、直後の37分にはカウンターからグリーリッシュが中央を突破して右を並走するデ・ブライネに繋ぐと、ボックス手前まで運んだベルギー代表MFはボックス左へ走り込む背番号9へ針の穴を通すかのような圧巻のラストパスを供給。これをハーランドが左足のスライディングシュートできっちり枠の中へ流し込み、再び世界屈指のホットラインを開通させた。

その後、ユナイテッドはヴァラン、シティはウォーカーといずれもディフェンスラインの主力が足を痛めてプレー続行が不可能となった中、リンデロフ、セルヒオ・ゴメスと控え選手のスクランブル投入を余儀なくされる。だが、ホームチームの一方的な流れに影響はなく、44分にはハーフウェイライン付近でルーズボールを回収したデ・ブライネの中央突破から高速カウンターが発動。左に流れたハーランドがボックス付近まで運んで絶妙なグラウンダーのアーリークロスを供給すると、快足を飛ばしてボックス右に走り込んだフォーデンが右足で合わせて前半のゴールショーを締めくくる4点目とした。

戦前の予想以上のワンサイドゲームによってハーフタイムを待たずして多くのアウェイアポーターがスタジアムを早くも後にした中、何とか意地を見せたい赤い悪魔はマラシアを下げて後半頭からショーをピッチに送り込む。そして、アグレッシブさとマイボール時により勇気を持ってプレーしたことで、後半立ち上がりは初めてイーブンな展開に。

そういった中、56分には右サイドでエリクセンから大きな展開を受けたアントニーがボックス手前でカットインして得意の左足を振ると、これがゴール左隅の完璧なコースに突き刺さり、アウェイチームが反撃の狼煙を上げる鮮烈なゴールを奪う。点差は3点も士気が高まるユナイテッドは59分、ラッシュフォードとマクトミネイを下げてマルシャル、カゼミロを同時投入し、早いタイミングで勝負に出る。

一方、前半からのハイペースの影響もあってか後半はリズムを掴み切れずにいたシティだったが、怪物FWがまたしても決定的な仕事を果たす。64分、グリーリッシュとデ・ブライネのボールキープから左サイド深くに侵攻したセルヒオ・ゴメスの正確なグラウンダーの折り返しに中央で反応したハーランドが左足のダイレクトシュートを流し込み、プレミアリーグ史上初となるホームゲーム3試合連続ハットトリックを達成。また、シティの選手では1970年のフランシス・リー以来となる52年ぶりのダービーでのハットトリックとなった。

これで再び試合の流れを完全に引き寄せたホームチームは、ここまでハーランドに負けず劣らずの輝きを放っていた生え抜きMFが魅せる。73分、デ・ブライネ、グリーリッシュを起点としたカウンターからペナルティアーク付近でハーランドから足元にパスを受けたフォーデンが相手ディフェンスラインと完璧なタイミングで入れ替わると、GKとの一対一を難なく制してこちらもハットトリックを達成した。

これで勝利を確信したグアルディオラ監督は、75分にフォーデン、デ・ブライネ、グリーリッシュ、ギュンドアンと主力を下げてマフレズ、アルバレス、パーマー、ラポルテと控え選手4人を一気にピッチへ送り込んだ。

その後、試合は実験的な選手の組み合わせ、配置でソリッドさを欠くホームチームに対して、何とか意地を見せたいアウェイチームが攻勢を強めていく。84分には左サイドでのショー、フレッジの連携からシュートまで持ち込むと、GKエデルソンの弾いたボールに詰めたマルシャルが頭で押し込み、今季初ゴールを奪取。さらに、試合終了間際の90分にはカンセロに倒されて得たPKを自ら冷静に決め切って連続ゴールとした。

ただ、マルシャルの終盤の2ゴールも焼け石に水といった形で試合の対局には影響することなくこのままタイムアップ。ハーランドとフォーデンのハットトリックの共演でユナイテッドを粉砕したシティが、今季最初のマンチェスター・ダービーに快勝。敗れたユナイテッドはリーグ連勝が4試合でストップした。

関連ニュース
thumb

「自分がいないW杯に興味なし?」ハーランドがボローニャで目撃される… その目的とは?

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがボローニャで目撃されたようだ。 今夏にドルトムントからシティへ移籍し、公式戦24試合で29ゴール4アシストと絶好調のハーランド。現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、束の間のオフに入ったとされる。 そんななか、イタリア『カルチョメルカート』によると、28日にイングランドや母国ノルウェーのみならず、W杯開催地のカタールからも遠く離れたイタリア北部のボローニャでハーランドが目撃されたとの情報が。 どうやらハーランドはこの前日、イタリア北部のマラネッロという小さな町に滞在。マラネッロは高級スポーツカーでお馴染みのフェラーリが本社を置く町として広く知られ、ハーランドもフェラーリ購入のために訪れていたという。 その翌日にはマラネッロから近いボローニャへと移動し、観光とショッピングを満喫したとのこと。『カルチョメルカート』には「ユーベのメディカルチェックかと思ったのに」、「自分がいないW杯には興味がないのかも」といった珍コメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】腕時計ブランドとコラボしたハーランド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BREITLING(@breitling)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.30 21:09 Wed
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「ここ以上の場所などない」 名将グアルディオラ、シティと新たに25年まで契約

マンチェスター・シティは23日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)との契約を新たに2年延長した旨を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。 かつてバルセロナ、バイエルンの指揮を執り、フットボール界屈指の名将と評される手腕をもって2016年からシティを率いるグアルディオラ監督。チャンピオンズリーグ(CL)での優勝こそまだだが、プレミアリーグとリーグカップを4度ずつ制したほか、2018-19シーズンにFAカップのタイトルも獲得した。 その2018-19シーズンにイングランド史上初の国内トレブルも成し遂げ、通算戦績は374試合で271勝。勝率72.4%を誇り、1試合あたりの平均得点も2.46ゴールと強烈なチームを築くが、以前に2023年夏までの現行契約をもってシティを離れ、代表チームを指揮する可能性も示唆している状況だった。 グアルディオラ監督は「あと2年、マンチェスター・シティに残れることになり、非常に嬉しく思う」と喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「私を信頼してくれたクラブのみんなに感謝の言葉しかない。私はここで幸せで、快適に過ごしている。自分の仕事を全うするために必要なものがすべて揃っているんだ。このクラブの次なる章も素晴らしいものになる」 「過去10年がそうだったように、次の10年もね。非常に安定しているからだ。(就任の)初日から、ここにいるのは特別なものを感じた。ここ以上の場所などない。だから、私はここに残り、トロフィーのために戦い続けたい」 2022.11.23 19:55 Wed
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがシティと2年の契約延長で合意! 近日中に公式発表へ

ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)がマンチェスター・シティとの2年間の契約延長で合意に至った模様だ。移籍市場に精通するジャーナリストのデイビッド・オーンスタイン氏が報じている。 バルセロナ、バイエルンを指揮した後、2016年にシティの新指揮官に就任したグアルディオラ監督。以降、公式戦374試合を指揮し、276勝43分け55敗と圧倒的な戦績を残す。クラブ悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇は達成できずも、4度のプレミアリーグ制覇など国内の11ものトロフィーを獲得している。 シティとの現行契約は今シーズン限りも、以前から契約延長に前向きな姿勢を見せていたスペイン人指揮官は、2025年までの契約延長に合意に至ったという。 契約に関しては2020年11月の延長時と同じ形式で、基本的には1年契約となっている。残りの1年はグアルディオラ監督とクラブの双方が延長オプションを保持する形となり、必要に応じて早期契約終了を選択できるという。 グアルディオラ監督とシティは今回の中断期間を利用し、共通の将来について話し合いを行っており、近日中にも公式発表がなされる見込みだ。 2022.11.22 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

あわやW杯欠場の大事故に…イングランド代表MFがジムで足に重りを落とす「もっと重かったらひどいことに」

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスが衝撃の事実を明かした。イギリス『BBC』が伝えた。 フィリップスは2021年のユーロ前にイングランド代表に定着。リーズ・ユナイテッドでプレーしていた中、今シーズンからマンチェスター・シティへと完全移籍を果たした。 大きな期待を寄せられていた中、慢性的な肩の痛みを抱えており、9月に手術。W杯には間に合わない可能性も指摘されていたが、見事にメンバー入りを果たした。 今季はわずか54分間しかピッチに立っておらず、最後に公式戦でプレーしたのは2カ月前の9月14日という状況。ただ、W杯前最後の試合となった12日のプレミアリーグ第16節のブレントフォード戦ではベンチ入りを果たしていた。 奇跡的に招集を受けたフィリップスだったが、肩のケガ以上にW杯行きを逃す可能性があったという事実を告白した。 「5kgのプレートじゃなかったら、もっと重かったらひどいことになっていたと思う」 「ブレントフォードとの試合の前、僕はプロフェショナルとして試合の前にジムに行って、レッグプレスでアキレス腱を鍛えていたんだ」 「ラックから重りをを引っ張り出そうと思ったら、それが後ろに引っかかっていたと思うんだけど、僕の足の上に真っ直ぐに落下して、切ってしまったんだ」 「でもそれほど悪くはない。トレーニングによる水膨れの方が痛いぐらいだった。あまり酷くはないけど、10秒ぐらい立っていて『なんてこった!今のはなんだったんだ?』って思ったよ」 なんと、試合に出ていないフィリップスはジムでトレーニングをしていた際にウェイトを足に落とした事故を告白。大きなケガにはならなかったが、本人が言う通り、より重いものだったら骨折などプレー不可能な状態になっていたことは間違いない。不幸中の幸いということだろう。 また、自身の肩については「今、肩の状態は大丈夫だ。およそ7週間半前に手術を受けた」と語り、「12週間で回復すると言われたけど、やるべきことよりも多くのことをした。ワールドカップに行くことができるように、より早く回復したいと思っていた。そして今、僕はここにいる」とコメント。しっかりと回復し、無事にプレーできるようだ。 イングランド代表はグループBに入っており、初戦は21日の22時にイラン代表と対戦する。 2022.11.20 22:07 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly