チェルシー会長、ポルティモネンセ買収に着手

2022.09.29 21:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトッド・ベーリー会長が、ポルティモネンセ買収に向けて動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

同メディアは今月上旬、ベーリー会長率いるチェルシーの新オーナー陣が、ポルティモネンセ買収の手始めに、ポルトガルに強いパイプを持つスーパーエージェントのジョルジ・メンデス氏と最初の話し合いの場を設けたことを報じた。

ベーリー会長は、マンチェスター・シティやレッドブル・フットボール・グループのように、世界中にパートナークラブのネットワークを築くことを野望に掲げており、ポルティモネンセのみならず、ベルギー、フランス、ブラジルといった国々のクラブの買収を目論んでいる。
その中で、現在最も活発な動きを見せているのがポルティモネンセ。伝えられるところによれば、チェルシーの経営陣はメンデス氏の説明を経て、実際にクラブ本体へ乗り込んでいる模様だ。

なお、すでに買収が失敗に終わっている件もあり、フランスのソショーやブラジルのサントスがそのケース。特にブラジルに関してベーリー会長らは、新たに獲得した南米選手の労働許可が下りるまでの間、ブラジルでプレーさせることで、その問題を軽減させる狙いがあるようだ。

ベーリー会長は今月初めにニューヨークで開催されたあるフォーラムで、シティやライプツィヒのような”マルチ・クラブ・モデル”の踏襲の重要性を説いている。

「複数のクラブを同時に経営することについて前から話し合ってきた。私はその足跡を作り続けたいと思う」

「異なる国にクラブを持つことは様々な利点がある。レッドブルはライプツィヒで優れた仕事をしているし、ザルツブルクもチャンピオンズリーグに出場している。良い方法を見つけたと思うよ。マンチェスター・シティも非常に大きなネットワークを構築しているね」

「チェルシーの課題は、18、19、20歳のスター選手を抱えている場合、彼らをクラブに貸し出すことはできても、その育成は他の誰かに委ねてしまうことだ」

「我々の目標は、若いスター選手にチェルシーのピッチに立つための道筋を示しながら、実際の試合に出場させることだ。そのためには、ヨーロッパの本当に競争の激しいリーグにある他のクラブを経由するのが簡単な方法なのだ」

関連ニュース
thumb

チェルシーと紐づく去就に「いずれわかるはず」 渦中のグヴァルディオルが開口

RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)がチェルシー行きの噂に口を開いた。 グヴァルディオルは母国の名門ディナモ・ザグレブから昨夏にライプツィヒ入りしたセンターバック。初の海外移籍だったが、公式戦46試合でピッチに立って今季も主力を張り、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに身を投じる。 今夏にトッテナムらの関心が囁かれたなか、チェルシーの本腰報道も熱を帯び、プレミアリーグ勢の人気銘柄に。そんな矢先の今年9月にライプツィヒとの契約を2027年6月まで延長したが、チェルシーの継続的な関心が取り沙汰される。 クロアチアのベスト16進出に貢献して、不屈の戦いぶりで反響を呼ぶ5日の日本代表戦に向かうグヴァルディオルだが、イギリス『The Athletic』でチェルシーと紐づく去就を問われると、決まり事なしと返したようだ。 「わからないよ。ここ数カ月の出来事は把握している。でも、正直に言って、まったくわからないんだ。僕の代理人がこのことに対応してくれているし、いずれわかるはず。今はライプツィヒで幸せさ。どうなるかは誰にもわからないけどね」 「もちろん、(チェルシーは)ビッグクラブだし、いつの日か僕もそこにいるかもしれない。そうなれば本当に素晴らしいし、(代表でチームメイトのマテオ・)コバチッチがいるからなおさらね。わからないけど、彼とはよく話をするんだ」 「今の僕からは話せるのはライプツィヒで幸せで、ここにとどまって、彼らのためにプレーするということだけさ」 2022.12.03 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーがチェルシーのアスピリクエタに関心か、今夏にはバルサ移籍の噂も

レアル・マドリーが、チェルシーのスペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(33)の獲得を検討しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 すでにチェルシーのレジェンドクラスの選手に昇華されているアスピリクエタ。今夏にはバルセロナ移籍の噂もあったが、最終的に2024年まで契約を延長し、在籍11年目を迎えている。 カタール・ワールドカップでも初戦のコスタリカ戦にフル出場し、7ゴール無失点の完勝に貢献。まだまだ衰えを見せない33歳だが、そんな鉄人に母国のビッグクラブが触手を伸ばしているようだ。 『BBC』のロブ・プラトリー記者によると、マドリーは1月の獲得を検討している模様。同クラブには同じくカタールW杯に参戦中のダニ・カルバハルが活躍中だが、同選手も1月には31歳を迎え、バックアッパーのルーカス・バスケスは本職ではない。 アスピリクエタも年齢的に長い目で見られる選手ではないが、あと2、3年はトップレベルでのプレーが見込める。本人も以前に母国でのプレーを望んでいることを認めたこともあり、マドリーの獲得のチャンスは小さくないかもしれない。 2022.12.01 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ケパやメンディでも満足できず? チェルシー、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタ獲得を画策か

チェルシーが、ポルトのポルトガル代表GKジオゴ・コスタ(23)に関心を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 現在、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとセネガル代表GKエドゥアール・メンディという2人の名GKが所属するチェルシー。後者は2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に大貢献し、同年のFIFA男子最優秀GKという確かな地位を築いたが、ここ数年その後塵を拝していたケパも、今季は中断前まで再び台頭していた。 トップクラスのGK2人が鎬を削る贅沢な環境だが、チェルシー上層部は新たにポルトガル代表GKの獲得を目論んでいる模様。ポルトの下部組織出身のジオゴ・コスタは、カタール・ワールドカップでも守護神として活躍中。2戦目のウルグアイ戦ではクリーンシートで勝利に貢献した。 ケパやメンディに負けず劣らずの優れたGKだが、ポルトとは11月に2027年まで契約を延長したばかり。その際に契約解除金が7500万ユーロに設定されたが、チェルシーは推定7000万ユーロの移籍金を用意しているとのこと。すでに代理人のジョルジュ・メンデス氏と接触しているという。 イギリス『サン』によれば、チェルシーとしては週給15万ポンドと言われるケパの維持コストを高額と見ているようで、2025年までの契約となっている28歳は、すでに退団が既定路線になっていると推測されている。 2022.11.30 16:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly