ブラジルがチュニジアに5発完勝! ハフィーニャ&リシャルリソンが躍動《国際親善試合》

2022.09.28 05:23 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際親善試合のブラジル代表vsチュニジア代表が27日に行われ、ブラジルが5-1で快勝した。

共にカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するチーム同士の一戦。23日に行われたガーナ代表戦を3-0の快勝で飾ったブラジルは、同じアフリカ勢を相手に連勝を狙った。

チッチ監督はガーナ戦から先発2人を変更。ミリトンに代えてダニーロを右サイドバック、ヴィニシウスに代えてフレッジを起用。前線はリシャルリソンとネイマールの2トップに、ハフィーニャ、パケタがサイドに入った。
立ち上がりからボールを握って相手を押し込むブラジルは、ガーナ戦と同様に早い時間帯に先制点を奪う。10分、中盤でフリーのカゼミロが背後を狙うハフィーニャへ絶妙なフィードを通すと、ボックス中央に抜け出したハフィーニャはGKの前目のポジションを冷静に見極めて巧みなヘディングシュートを流し込んだ。

幸先よく先制したブラジルだが、18分には自陣右サイドで与えたFKの場面で、キッカーのスリマネがゴール前に入れたボールをタルビに豪快なダイビングヘッドで決められて同点に追いつかれた。

それでも、慌てないチッチのチームは失点からわずか1分後に勝ち越す。19分、右サイドのタッチ際でボールを受けたハフィーニャがディフェンスラインと駆け引きしてニアを狙うリシャルリソンへ完璧な斜めのスルーパスを通す。リシャルリソンは冷静なボールコントロールからGKの股間を抜く右足シュートを流し込み、2試合連続ゴールとした。

2-1となった試合は相手のハードな対応にフラストレーションを溜めるネイマールのラフプレーをキッカケに、球際でバチバチとやり合う荒れ模様の展開に。そういった中、29分には右CKの場面でボックス内のカゼミロが相手DFのファウルを受けてPKを獲得。これをキッカーのネイマールが冷静にGKの反応の逆を突き、通算75点目を奪取。

これで完全にリズムを掴んだ南米の雄は前半終了間際の40分に追加点。左サイドで仕掛けたネイマールが入れた横パスに対して、パケタが潰れて流れたボールをボックス中央のリシャルリソンが丁寧にマイナスへ落とす。これをハフィーニャが得意の左足で合わせると、右ポストの内側を叩いたボールが逆のサイドネットに突き刺さる。

さらに、直後の42分には完全にチュニジアの標的となったネイマールがブロンのラフプレーを受けると、このプレーでブロンにレッドカードが掲示された。

3点リードに加えて、数的優位を得て試合を折り返したブラジルは、リシャルリソン、パケタを下げてペドロ、ヴィニシウスをハーフタイム明けに投入。これ以上相手のラフプレーを誘発したくない考えもあり、省エネモードでプレーするが、虎視眈々とハットトリックを狙うハフィーニャが際どいシーンを作り出す。

それでも、危なげなくゲームをコントロールするブラジルは74分、ボックス付近でのヴィニシウスの個人技からボックス左でフリーのペドロにこぼれ球が渡ると、25歳のフラメンゴFWが抑えの利いた右足ボレーシュートを流し込み、待望の代表初ゴールを挙げた。

その後、試合を締めにかかるチッチ監督はマルキーニョスを下げて、これがセレソンデビューとなるロジェール・イバニェスを投入するなど、若手を続けてピッチへ送り込む。

そして、このまま5-1のスコアを維持したブラジルがガーナに続きチュニジアに快勝を収め、W杯に向けて順調な仕上がりを見せた。

ブラジル代表 5-1 チュニジア代表
【ブラジル】
ハフィーニャ(10分)
リシャルリソン(19分)
ネイマール(29分[PK])
ハフィーニャ(40分)
ペドロ(74分)
【チュニジア】
タルビ(18分)

関連ニュース
thumb

「誰もがこの試合を楽しみにしている」、ダリッチ監督&MFモドリッチがブラジル戦の意気込みを語る

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督とMFルカ・モドリッチが、カタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝のブラジル代表戦へ向けて意気込みを語った。 決勝トーナメント1回戦で120分の激闘の末にPK戦で日本代表に勝利したクロアチア。明日のブラジル戦に向けて、前日会見に出席したダリッチ監督は、チームの自信と目標を語った。 「明日の試合は2018年の決勝戦に匹敵する。ブラジルのような強豪国とはもう少し後で対戦したかったが、我々は常に高い志を持っている」 「ブラジルとの準々決勝に勝るモチベーションはない。誰もがこの試合を楽しみにしているし、ブラジルがサッカー界でどんな存在であるかは知っている。ただ、クロアチアも世界のベスト8に入っていることを忘れてはいけないし、もっと上を目指したいと思っている」 同席したキャプテンのMFルカ・モドリッチは、「ラウンド16の日本戦では、僕らの精神的な強さを証明できた。この試合は僕らに自信を与えてくれたし、僕らは再びそれを実現できると思っている」とコメント。 また、今大会で代表から身を引くかと問われると「いつまで代表チームでプレーすることになるのかわからないが、今はワールドカップに100%集中している。将来についてはその後に考えることになるだろう。できるだけ遅くなることを願っている」 2022.12.09 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「誰も彼を見てない」「まだロナウドを撮っている」ネイマールを撮影した1枚の写真、C・ロナウドとの差が話題「頑張れネイマール」

何気ないワンシーンを切り取った写真ではあるが、大きな反響を呼ぶことになった。 カタール・ワールドカップ(W杯)もラウンド16まで消化。ベスト8が出揃い、日本代表、韓国代表、オーストラリア代表が勝ち上がったアジア勢はラウンド16で全滅。南米2カ国、ヨーロッパ5カ国、そして唯一のアフリカ勢であるモロッコ代表が初のベスト8に進出している。 ブラジルやアルゼンチン、フランス、イングランドと優勝候補に挙げられていた国も順当に勝ち上がっている中、ほぼ中3日で行われてきた大会も束の間のブレイクを挟んでいる。 そんな中、『433』がピックアップした1枚の写真が大きな反響を呼ぶことに。それは、ブラジル代表FWネイマールを写したものだった。 今大会は初戦で負傷したこともあり、グループステージの2試合を欠場。ラウンド16の韓国代表戦で復帰すると、PKを決め、チームの大勝に貢献した。 投稿された写真はネイマールとその前にいる大量のカメラマンたちを写したものだが、これが話題となっている。 今大会で似たような写真が大きな話題となっており、それはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを写したもの。30名を超えるカメラマンがこぞって集まり、全員がC・ロナウドにレンズを向けて撮っているものだった。 しかし、ネイマールも同じぐらいのカメラマンが集まっていたが、誰一人としてネイマールにレンズは向けていない。たまたまその一瞬を捉えた可能性はあるが、C・ロナウドとの大きな差が話題となった。 これにはファンも「まだロナウドを撮っているはずだ」、「誰も彼を見ていない」、「残念だ」、「頑張れネイマール」、「ロナウドになろうとしている」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ネイマールの前に大量のカメラマンが!しかし…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl4V00IuTJA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl4V00IuTJA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl4V00IuTJA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】一方でカメラマンを独り占めするC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/ronaldo20221129_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/ronaldo20221129_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/ronaldo20221129_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.08 12:26 Thu
twitterfacebook
thumb

「動物を粗末に扱ってはいけない」ブラジルの会見に“猫”が侵入、和やかムードも直後に悲鳴上がる「優しくしてあげて」

ブラジル代表の会見中に猫が迷い込んだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国代表と対戦したブラジル。前半の内に4ゴールを量産し、後半には控えGKを投入する余裕も見せて4-1で勝利し、ベスト8進出を決めている。 準々決勝では日本代表を破ったクロアチア代表と対戦するブラジルだが、7日の会見にはFWヴィニシウス・ジュニオールが出席。その中で迷い込んだ猫が机に乗ってヴィニシウスのすぐ近くに居座るというちょっとしたアクシデントが発生した。 ヴィニシウスのコメント内容が中々頭に入ってこない和やかなムードだったが、直後に空気が一変する。隣に着席していた広報担当者が慣れた手つきで猫の背中を撫でると、そのまま掴んで下へ放り投げてしまった。一瞬の出来事に会見場の一部の人々からは悲鳴も。ただ、投げた本人は肩をすくめ、ヴィニシウスは笑うしかなかった。 投げられた猫も明らかに驚いた表情をしており、ファンからは「動物を粗末に扱ってはいけない」、「もっと優しくしてあげて」、「ここまでする必要があるのか?猫は無害だった」といった指摘が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ブラジルの会見に猫が侵入…広報担当者の扱いに悲鳴が上がる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How on earth did a cat make its way into a Brazil press conference?<br><br>And did he really need to throw it like that?!<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/LIDM3JEBjs">pic.twitter.com/LIDM3JEBjs</a></p>&mdash; Andrew Gourdie (@AndrewGourdie) <a href="https://twitter.com/AndrewGourdie/status/1600545825700339712?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.08 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表FWアドリアーノ氏、婚姻届にサインも24日で破局へ…元カノとは10日で婚約解消

かつて“皇帝”とも呼ばれた元ブラジル代表FWのアドリアーノ氏(40)が、結婚からわずか24日で破局を迎えたという。ブラジル『グローボ』が伝えた。 現役時代、その類まれなフィジカルを武器にインテルでセリエAを席巻したアドリアーノ氏。ブラジル代表では2004年のコパ・アメリカと2005年のコンフェデレーションズカップで得点王とMVPに選ばれる活躍で母国を優勝に導いた。 ピッチ上で手に負えない怪物ストライカーは、ピッチの外でも手に追えず。夜遊びや乱闘、アルコールに溺れ、徐々にパフォーマンスが下がっていくと、2006年と2007年には2年連続で金のバケツ賞とも言われ、セリエAの年間最悪選手に与えられる「ビドーネ・ドーロ」を受賞。その後プレーしたローマやコリンチャンスでは素行の悪さから契約解除の憂き目にあっていた。 引退後には、一時期リオデジャネイロのスラム街に住んでいることが報じられるなど、不安定な時期を過ごし、2020年には医学生であるビクトリア・モレイラさんとの婚約を発表したものの、わずか10日で解消するという規格外ぶりを発揮していた。 そのアドリアーノ氏は、交際していた美容師のミカエラ・メスキータさん(25)と11月に結婚。書類にサインする姿をアップしていたが、ミカエラさんが結婚の無効を望んでいるとのこと。24日で破局となったようだ。 離婚を望む引き金となったのは、アドリアーノの行動。カタール・ワールドカップ(W杯)のブラジル代表vsスイス代表の試合をリオのスラム街にある友人宅に観に行き、家に帰ってきたのは2日後だったとのこと。この時の謝罪をミカエラさんは一切受け入れなかったようだ。 ミカエラさんは5日にインスタグラムを更新。ビーチでの水着姿を投稿するとともに、「心は痛いけど、苦しみを耐えるつもりはないわ!」と投稿していた。 アドリアーノ氏は前回も婚約から10日で解消。今回は書類にサインまでしながら、3週間程度での破局と、どうやら縁はないのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】アドリアーノとの結婚無効を望むミカエラさんの水着姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClwFAxiOYCF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClwFAxiOYCF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClwFAxiOYCF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Micaela Mesquita(@micaelamesquitaaa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.08 10:42 Thu
twitterfacebook
thumb

「鼻のゴミ取ってあげたのかと」カゼミロが試合中にネイマールの鼻を凝視して触った理由をブラジルメディアが解説

ブラジル『UOL』がブラジル代表の試合中に注目を集めたシーンを解説している。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国代表と対戦したブラジル。開始早々の7分に先制に成功すると、そこからゴールラッシュ。前半の内に4ゴールを量産し、後半には控えGKを投入する余裕も見せて4-1で勝利した。 ブラジルの圧倒的な強さは大きな話題となったが、プレーとは別に注目を集めたシーンがあった。 ブラジルがFKを獲得した場面。キッカーを務めたネイマールの顔をカゼミロが凝視していると、その鼻先を右手で触っていたのだ。ファンも「鼻のゴミを取ってあげたのか?」、「何してんの」、「カゼミロ優しい」、「何かついてたんかな」と興味を示していたが、実は別の理由があったようだ。 『UOL』によると、カゼミロはネイマールの鼻に軟膏を塗り直していたとのことだ。ハーフタイム中にも鼻に塗る姿が確認されていたという。 軟膏を塗ることで鼻の通りが良くなるとともに呼吸の改善が期待でき、FWハフィーニャも同様に鼻にクリームを塗っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】「鼻のゴミを取ってあげたのかと」ネイマールの鼻をまじまじと見つめて触るカゼミロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El momento se dio en la goleada de Brasil a Corea del Sur <br><br> Desde el medio UOL explicaron que es una pomada que usan algunos jugadores para ablandar la congestión, mejorar la respiración y ayudar a la recuperación del esfuerzo físico. <a href="https://twitter.com/hashtag/Neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Neymar</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Casemiro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Casemiro</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/rosario3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#rosario3</a> <a href="https://t.co/kBKc6Ay2cm">pic.twitter.com/kBKc6Ay2cm</a></p>&mdash; Rosario3.com (@Rosariotres) <a href="https://twitter.com/Rosariotres/status/1600110119856939008?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 17:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly