ブラジルがリシャルリソン2発などで快勝! ガーナはデビューのI・ウィリアムズが存在感《国際親善試合》

2022.09.24 05:34 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際親善試合のブラジル代表vsガーナ代表が23日にフランスで行われ、ブラジルが3-0で勝利した。

共にカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するチーム同士の一戦。ブラジルはGKにアリソン、4バックは右からミリトン、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、アレックス・テレス。中盤はカゼミロがアンカーに入り、パケタとネイマールのインサイドハーフ。3トップは右からハフィーニャ、リシャルリソン、ヴィニシウスとなった。

対するガーナはアイェウ兄弟やトーマスのベテラン、クドゥス、アフェナ=ギャンら若手を織り交ぜた布陣となった。
立ち上がりから相手を押し込むブラジルは、リシャルリソン、パケタと立て続けにボックス内で際どいフィニッシュのシーンを作り出す。すると、9分には右CKの場面でキッカーのハフィーニャが入れた正確なクロスをゴール前のマルキーニョスが打点の高いヘッドで合わせ、早々にゴールネットを揺らした。

幸先よく先制に成功したブラジルは、以降もカゼミロを除きアタッカーが並ぶ中盤と3トップが内と外を効果的に使いながら多彩な攻撃を仕掛ける。その中でハフィーニャが豪快なバイシクルシュートなどで、スタンドを沸かせる。

そして、28分には相手陣内右のハーフスペースを持ち上がったネイマールからの正確な斜めのグラウンダーパスに反応したリシャルリソンがペナルティアークから右足のダイレクトシュートを右隅に突き刺し、2点目を奪取。さらに、前半終了間際の40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でネイマールが右足インスウィングで入れた正確なボールをニアに走り込んだリシャルリソンがドンピシャのヘッドで合わせ、背番号10と背番号9の共演による連続ゴールで一気にガーナを引き離した。

3点リードで試合を折り返したブラジルは、チアゴ・シウバを下げてブレーメルをハーフタイム明けに投入。一方、前半はほぼ守備に追われたガーナはスペインから帰化したイニャキ・ウィリアムズが投入され、待望のブラック・スターズデビューを飾った。

すると、後半はウィリアムズの投入で活性化されたガーナがやや省エネモードのブラジル相手に押し込む形を作り出す。56分にはクドゥスの右CKをアンドレ・アイェウがドンピシャのヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。

一方、ブラジルは60分過ぎにカゼミロ、ヴィニシウス、リシャルリソンを下げてファビーニョ、アントニー、クーニャと一気に3枚替えを敢行。これで試合を落ち着かせることに成功した。

その後はフレンドリーマッチらしいやや動きの少ない状況が続き、試合はこのままタイムアップ。リシャルリソンの2ゴールなどで完勝のブラジルが、本大会に向けて順調な仕上がりを見せた。

ブラジル代表 3-0 ガーナ代表
【ブラジル】
マルキーニョス(9分)
リシャルリソン(28分)
リシャルリソン(40分)

関連ニュース
thumb

「鼻のゴミ取ってあげたのかと」カゼミロが試合中にネイマールの鼻を凝視して触った理由をブラジルメディアが解説

ブラジル『UOL』がブラジル代表の試合中に注目を集めたシーンを解説している。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国代表と対戦したブラジル。開始早々の7分に先制に成功すると、そこからゴールラッシュ。前半の内に4ゴールを量産し、後半には控えGKを投入する余裕も見せて4-1で勝利した。 ブラジルの圧倒的な強さは大きな話題となったが、プレーとは別に注目を集めたシーンがあった。 ブラジルがFKを獲得した場面。キッカーを務めたネイマールの顔をカゼミロが凝視していると、その鼻先を右手で触っていたのだ。ファンも「鼻のゴミを取ってあげたのか?」、「何してんの」、「カゼミロ優しい」、「何かついてたんかな」と興味を示していたが、実は別の理由があったようだ。 『UOL』によると、カゼミロはネイマールの鼻に軟膏を塗り直していたとのことだ。ハーフタイム中にも鼻に塗る姿が確認されていたという。 軟膏を塗ることで鼻の通りが良くなるとともに呼吸の改善が期待でき、FWハフィーニャも同様に鼻にクリームを塗っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】「鼻のゴミを取ってあげたのかと」ネイマールの鼻をまじまじと見つめて触るカゼミロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El momento se dio en la goleada de Brasil a Corea del Sur <br><br> Desde el medio UOL explicaron que es una pomada que usan algunos jugadores para ablandar la congestión, mejorar la respiración y ayudar a la recuperación del esfuerzo físico. <a href="https://twitter.com/hashtag/Neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Neymar</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Casemiro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Casemiro</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/rosario3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#rosario3</a> <a href="https://t.co/kBKc6Ay2cm">pic.twitter.com/kBKc6Ay2cm</a></p>&mdash; Rosario3.com (@Rosariotres) <a href="https://twitter.com/Rosariotres/status/1600110119856939008?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルとの準々決勝に臨むクロアチア、ダリッチ監督は「恐れることは何もない」と自信

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、9日にカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝で対戦するブラジル代表について語った。 日本代表との激闘をPK戦の末に制して2大会連続ベスト8進出としたクロアチア。優勝候補筆頭のブラジルを前にダリッチ監督は次のように語った。 「ブラジルが本命だ。その相手と我々は対戦する。ブラジルは今大会、最も強力で最高のチームだ。これまでの試合を見ても明らかなようにプレー選択、クオリティ、スキル等、本当に末恐ろしい。我々の前には最高の試験が待ち受けている。多くのスピードに優れた選手を擁し、素晴らしいサッカーをしているチームとの厳しい対戦が待っている」 「とはいえ、恐れることは何もない。我々は自信と信念を持って戦う。チャンスを窺い、ブラジルとの対戦を楽しみたい。ブラジルは確かに素晴らしいチームだが、対抗する術はあると思う、我々は賢く戦う必要がある。勝つ確率は50%もないかもしれないが、部外者にはならないはずだ」 2022.12.07 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスが右ヒザを手術…所属アーセナルが発表

アーセナルは6日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの右ヒザの手術が成功したことを発表した。 2日に行われたカタール・ワールドカップのカメルーン代表戦で右ヒザを負傷し、無念の戦線離脱を余儀なくされたジェズス。 当初は1カ月程度の離脱と見られていたが、その後の検査によって手術が必要なことが判明。そして、カタールからロンドンに戻った同選手はすぐさま手術を受けた。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、数カ月単位の離脱は確実となっており、イギリス『テレグラフ』は3カ月と予想している。 これにより、今夏5200万ユーロで獲得したエースストライカーを長期間失うことになったプレミアリーグ首位のアーセナルは、今冬の移籍市場でセンターフォワードの緊急補強を余儀なくされる見込みだ。 2022.12.07 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

「お詫びするしかない」ブラジルに大敗で敗退決定の韓国代表、無得点に終わったソン・フンミンは監督退任に「本当に悲しい」

韓国代表のFWソン・フンミンが、ベスト16の敗退を謝罪した。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国はブラジル代表と対戦した。 史上6度目のW杯制覇を目指すブラジルとの一戦。負傷したFWネイマールが復帰したブラジルは、前半から試合を圧倒。7分にヴィニシウス・ジュニオールがネットを揺らすと、13分にはネイマールがPKを決めて追加点。その後、リシャルリソン、ルーカス・パケタと加点し、韓国は前半で4-0と試合の大勢を決められてしまった。 後半、ペク・スンホが1点を返すも、多くの選手を休ませる選択をしたブラジルの前に反撃はそこまで。4-1で敗れ、ベスト16で高いを去ることとなった。 キャプテンとしてチームを牽引したソン・フンミンは、敗退が決定し「ファンの期待に応えられなかったことをお詫びするしかない」とコメント。中2日という厳しい日程でのブラジル戦にも全てを尽くしたと語った。 「僕たちはベストを尽くしたけど、とても難しい試合をしたと思う。それでも、選手のみんなが誇りを持って戦い、献身的に戦い、ここまで辿り着いたということは間違いのないことだ」 「この試合に向けて、選手、スタッフは本当に頑張って準備をしてきた。だから、理解してもらえたら嬉しい」 また、大会終了後にはパウロ・ベント監督が退任することが決定。ソン・フンミンは、ベント監督のサッカーを信じていたと語り、悲しい決定だとコメントした。 「彼が追求するサッカーのスタイルに疑いを持ったことは一度もない」 「多くの人がそのことについて懐疑的だったけど、このワールドカップで良いプレーをしたことで、皆が僕たちを応援してくれた」 「この4年間取り組んできたことを見せることができた。彼が去るというのは、本当に悲しい」 2022.12.06 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「敬意を欠いている」「踊り過ぎだ」ブラジル代表のゴールパフォーマンスに非難「監督まで加わっていたのは気に入らない」

ブラジル代表のゴールセレブレーションに批判の声が向けられている。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国代表と対戦したブラジル。開始早々の7分に先制に成功すると、そこからゴールラッシュ。前半の内に4ゴールを量産し、後半には控えGKを投入する余裕も見せて4-1で勝利した。 大量4得点に沸いたブラジルだったが、その祝い方についてはやりすぎだという声が上がっている。 29分に決まった3点目の場面。ゴールを決めたリシャルリソンはベンチまで駆け寄ると、チッチ監督も交えて歓喜のダンスを披露。これに噛みついたのが、現役時代は闘将とも呼ばれ、イギリス『ITV』で解説を務めた元アイルランド代表MFのロイ・キーン氏だ。 キーン氏は喜び過ぎは相手への敬意を欠いているとし、不快感を示している。 「私は信じられないものを見た。これほど多くのダンスを見たことがない。まるでストリクトリー(イギリスの社交ダンス番組)を見ているようだ」 「得点するたびにあんなに踊るのは失礼だと思う。最初のゴールの時何かを踊るのは構わないが、毎回はダメだ」 「敬意を欠いている。監督まで加わっていたのは気に入らない」 対戦相手の韓国を煽るような内容のセレブレーションではなかったが、キーン氏の目にはやり過ぎと映ったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】やり過ぎ?ブラジルが監督まで巻き込んで歓喜のダンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Brazil got the manager doing dance celebrations <a href="https://t.co/Dl1VMF2ZAa">pic.twitter.com/Dl1VMF2ZAa</a></p>&mdash; SP (@septimusajprime) <a href="https://twitter.com/septimusajprime/status/1599848926206578689?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 18:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly