カンナバーロが監督としてついに母国凱旋か? セリエBのベネヴェントが接触

2022.09.20 17:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファビオ・カンナバーロ監督(49)が初めて母国イタリアで指揮を執ることになるかもしれない。

2011年の現役引退後、現役最後のクラブとなったUAEのアル・アハリでアシスタントコーチとして指導者の道を歩み始めたカンナバーロ氏。2014年に就任した中国の広州FC(前・広州恒大)で本格的に監督業をスタートさせ、同じく中国の天津天海やサウジアラビアのアル・ナスルなどの監督を歴任してきた。

広州FCで2度目の指揮を執っていた2019年には中国代表の監督を兼任する破天荒なキャリアもあったが、中国代表を指揮したのはわずか2試合のみ。2019年3月の就任から1カ月後に退任し、2021年9月には広州FCも離れた。
これまでポーランド代表やエバートンなど新たな就任の噂がなかったわけではないが、ここ1年はフリーの状態に。今夏にはエスパニョールとの関連も噂された中、セリエBのベネヴェントが関心を抱いているという。

イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、現在2勝1分け3敗で13位に位置するクラブは指揮官交代を図っているようで、昨夏に就任したファビオ・カゼルタ監督の後任としてカンナバーロ監督が注目されているという。

オレステ・ヴィゴリート会長は19日にカンナバーロ監督と会談の場を持ったと報じられており、合意次第、契約の手続きに進む模様だ。

関連ニュース
thumb

ユベントス、今季終了後にアッレグリ監督の解任を議論?

ユベントスが、今季終了後にマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任を議論するようだ。 中断期間前のセリエAを3位で折り返したユベントス。序盤戦は近年まれに見る大不振に陥り、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ敗退という失態を晒してしまうも、10月中旬以降の成績は復調傾向にある。 だが、昨季の11年ぶり無冠に続いてCL早期敗退も味わったアッレグリ監督の去就は気になるところ。イタリア『トゥットスポルト』によると、今季終了後に解任が議論されるという。 現在のユベントスは、様々な不正疑惑によりアンドレア・アニェッリ会長を筆頭とする幹部らが総辞職した影響で、選手やコーチ陣など現場の評価がやや後回しとなっている。 それでも、「若手選手らを中心とした長期的なチーム構築とアッレグリ監督の相性」が以前から議論されており、『トゥットスポルト』は、同監督の来季以降の続投を「不確実だ」と主張している。 2022.12.08 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

モロッコ代表躍進の立役者アムラバトにオファー殺到! 代理人認める「電話がなり続けている」

カタール・ワールドカップでベスト8進出を果たしたモロッコ代表で輝くフィオレンティーナのMFソフィアン・アムラバト(26)が、かなりの注目株となっているようだ。 今大会で史上初のベスト8入りを決めたモロッコ代表において、アムラバトは一際目を引く存在だ。ここまでラウンド16まで全試合にフル出場しており、大金星を挙げたスペイン戦ではボランチの位置で相手の猛攻を跳ね返し続けた。 クラブレベルでは出身国であるオランダのユトレヒトやフェイエノールトでプレーしたのち、クラブ・ブルージュ、ヴェローナを渡り歩いて2020年夏にフィオレンティーナに加入。初年度から主力に君臨しており、今季も中断前は公式戦20試合に出場していた。 そして、今回のW杯で一気に知名度を上げ、リバプールをはじめ、ミランヤナポリといったビッグクラブが関心を寄せる存在に。イタリア『ソイ・カルチョ』によれば、代理人がすでに多くのオファーが届いていることを認めている。 「毎日いろんなクラブからソフィアンについて多くの電話がかかってくる。ワールドカップで最高の守備的ミッドフィルダーであることは誰もが認めるところだ。ただ、今はワールドカップのことだけに集中している」 なお、2024年まで契約を残すフィオレンティーナだが、移籍金は3000万ユーロに設定しているようだ。 2022.12.08 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティがPSGと2026年までの契約延長で合意! 近日中に公式発表へ

イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(30)がパリ・サンジェルマン(PSG)との契約を2026年6月まで延長することで合意に達したようだ。フランス『le parisien』が報じている。 現在、2024年6月までPSGとの契約を結んでいるヴェッラッティだが、フランスメディアによれば、すでに首脳陣との話し合いが行われており、2026年までの新契約で合意。近日中にも公式発表される見通しだ。 2012年夏にペスカーラから加入してからというもの、もはやチームの心臓とも言っても過言ではないヴェッラッティ。先月11月の誕生日でもう30歳になったが、卓越した配給ぶりでチームの攻撃をしっかりとデザインし、異彩を放つ。 今季でPSG移籍11シーズン目に突入した古参のヴェッラッティは、これまで公式戦398試合に出場し11ゴール61アシストを記録。今季もここまではトータルで20試合に出場して1アシストという数字を残している。 2022.12.08 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ会長が明かす「ペドロはすでに契約延長済み」

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が、元スペイン代表FWペドロ(35)について、すでに契約を1年延長していることを明かした。 バルセロナやチェルシーで活躍したペドロは、2020年夏にローマに移籍しイタリア上陸。その1年後、同じイタリアの首都を本拠地とするライバルのラツィオへ禁断の移籍を果たした。 ラツィオ加入後、昨季のセリエAでは32試合9ゴール4アシストを記録。今季も主力としてリーグ戦13試合、ヨーロッパリーグ5試合に出場していた。 今季限りとなっている契約については定かになっておらず、ラツィオが後釜を探しているとも伝えられていたが、イタリア『ラ・レプブリカ』の取材に応じたロティート会長が契約延長オプションの存在を認め、すでに2024年までの延長に合意していることを明かした。 「彼が6月にバルサに戻ると誰が言った? 不可能だ。すでに契約は更新されているからね。1年の延長オプションが有効となったのだ。このフェノメノを逃すつもりはない」 2022.12.07 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

会長の発言で去就要注目のフェリックス、有力移籍先はアストン・ビラか

クラブ会長の発言から去就が注目されることになったアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(23)。スペイン『マルカ』によれば、現段階ではアストン・ビラが移籍先として有力となっているようだ。 フェリックスは2019年7月にベンフィカから1億2700万ユーロ(約182億円)という破格の移籍金でアトレティコへと完全移籍。当時、バルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後継者として大きな期待がかけられていたが、これまで公式戦129試合で33ゴール18アシストと、期待値ほどの結果は残せていない。 さらに、ここ最近では以前から確執が伝えられるディエゴ・シメオネ監督との関係がさらに悪化しており、選手自身はこのままアルゼンチン人指揮官が指揮を執り続ける場合、クラブに対して退団を要求する構えだ。 そういった中、ミゲル・アンヘル・ヒル・マリン会長が今冬退団の可能性を認めるコメントを残した。『TVE』のインタビューで「彼はワールドクラスのトッププレーヤーだと思うが、監督との関係、彼のプレー時間、彼のモチベーションを考えると…。プレーヤーにとってもクラブにとっても良い選択肢があれば、それを検討するのが道理だろう」 とし、退団にオープンであることを示した。 そして、移籍先候補としてポールポジションに立っているのがビラだそう。同メディアはすでに両クラブ間で交渉は始まっていると主張しており、今後の進展に注目としている。 2022.12.07 20:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly