南野拓実が移籍後初ゴール&ダメ押しアシスト! 伊東純也との日本人対決をモナコが制する《リーグ・アン》

2022.09.18 21:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
18日、リーグ・アン第8節のスタッド・ランスvsモナコが行われ、0-3でモナコが勝利した。スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也は2トップの一角で先発出場。モナコの日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなった。

16位のスタッド・ランスと9位のモナコの一戦。まずはスタッド・ランスが攻め込んでいく。
開始4分、スタッド・ランスはチャンス。伊東からのパスを受けたバログンがボックス内右を攻めるが、ブロック。それでも相手のパスを拾ったゼネリが運び出してシュート。しかし、GKがキャッチする。

さらに7分にもモナコがボールを失うと、拾ったバログンがロングシュート。しかし、これは枠を越えて行ってしまう。

するとモナコにアクシデント。11分にルベン・アギラールが下がり、ヴァンデウソンが入った。

そのモナコは21分、スルーパスに反応したエンボロがシュートに行くもセーブされると、こぼれ球をマイナスのパス。ベン・イェデルが狙うも、GKディウフがスーパーセーブで防ぐ。

するとその流れからのプレーでスタッド・ランスにまさかの事態。前線へロングフィードを送ったロッコが、ブロックに入ったエンボロにファウル。蹴った足の着地がエンボロの踵を踏む形となり、故意のプレーではないものの一発退場処分。スタッド・ランスは8試合中5試合で退場者を出すこととなった。

伊東は右サイドで幅を取り、タイミングを見て得意のドリブルで突破を試みる。何度か突破を見せるが、決定機までは作れない。

ゴールレスで後半を迎えた中、数的不利なスタッド・ランスはゼネリを下げて、ディアキテを起用。それに伴い、伊東はポジションを変え、[4-4-1]の左サイドに入る。なお、モナコもマタゾを下げて、カマラを投入する。

するとモナコは47分にいきなりスコアを動かす。ディザジが運びながらバイタルエリアで浮き球のクロス。これに対し、フリーのゴロビンがファーサイドでヘッド。これが決まり、モナコが先制する。

そのモナコは53分、ボックス手前左からカマラがミドルシュート。これがゴール右を襲うが、GKディウフがなんとかセーブする。

スタッド・ランスは、ブシが負傷でピッチを後にしており、54分にカユステを投入。伊東はまた右サイドに戻ることとなった。

すると61分、スタッド・ランスは右CKを獲得。伊東がクロスを送ると、ニアサイドでアグバドゥがヘッド。これはクロスバーに嫌われると、バログンが跳ね返りを頭で押し込むが、オフサイドを取られてゴールは認められない。

モナコは64分にビッグチャンス。上手くスルーパスに抜けたベン・イェデルがフリーのままボックス内でシュート。しかし、GKディウフが好セーブを見せる。

1点をリードしているモナコは、65分に先制ゴールのゴロビン、アクリウシェを下げて南野、ジェウソン・マルティンスを投入する。

その南野は69分に味方のパスカットからフリーでパスを受けて運び出すが、すぐに相手DFに対応されてボールロスト。攻撃の芽を積まれてしまう。

スタッド・ランスは74分、右サイドを伊東が突破。切り返しで相手を振り切り中にカットイン。マイナスのパスをグラヴィジョンがダイレクトシュートも、枠をわずかに越えていく。

南野はゲームの組み立てに参加し、モナコにリズムが生まれると87分にその時がやってきた。縦パスを受けたエンボロが前線のスペースへパス。これをフリーで受けた南野が持ち出し、落ち着いてGKとの一対一を沈めてリーグ・アン初ゴール。モナコがリードを広げる。

ついにゴールを決めた南野は90分、自陣からドリブルで持ち出し前線のベン・イェデルへロングボール。すると、ベン・イェデルがしっかりと蹴り込み初ゴール。モナコはリードを3点に広げた。

アディショナルタイムにも南野はロングボールに抜け出したが、これはシュートを打てず。それでもモナコは南野の活躍もあり、0-3でスタッド・ランスを下した。

1 2

関連ニュース
thumb

伊東純也在籍のスタッド・ランス、暫定指揮官スティル氏を正指揮官に任命

日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスは11月30日、暫定指揮官を務めていたウィリアム・スティル氏(30)が正指揮官に就任したことを発表した。 伊東が今夏加入したランスは開幕から苦戦し、リーグ・アン10試合消化時点で1勝5分け4敗の15位に低迷。10月中旬にオスカル・ガルシア監督を解任していた。 以降はアシスタントコーチのスティル氏が暫定指揮官として指揮を執り、リーグ戦5試合で2勝3分けの無敗をキープ。リーグテーブルにおいて11位まで浮上していた。 この好成績とチームパフォーマンスを鑑みたクラブは、契約期間は不明も若きベルギー人指揮官を正指揮官に任命した。 なお、10代後半にして指導者キャリアをスタートしたスティル氏は、母国の複数クラブでアナリストやスカウト、コーチを歴任した後、2021年1月にはKベールスホットVAの正指揮官に就任。28歳でのジュピラー・プロ・リーグでの指揮は史上最年少記録となった。 2022.12.01 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東純也所属のS・ランス前指揮官ガルシア氏が愛娘の逝去明かす…

日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスの前指揮官であるオスカル・ガルシア氏が愛娘(享年21)の逝去を明かした。 ガルシア氏は24日、自身の公式インスタグラムに娘さんとの写真と共に「私の愛よ、高く飛べ」と、愛娘の逝去を明かした。 この訃報を受け、先月まで指揮を執っていたランスは、「スタッド・ランスは今週木曜日、オスカル・ガルシアと彼の家族に影響を与えた悲劇を知り、深い悲しみに暮れています。クラブ一同、心よりお悔やみ申し上げます」と、哀悼の意を表した。 スペインメディアによると、ガルシア氏の娘さんは病名は不明も、2019年にセルタを率いた時代から闘病生活を送っており、同氏はセルタ時代と直近のランスでも「家庭の事情」を理由に、幾度となくチームを離脱し、家族と共に娘さんの見舞いを繰り返していた。 先月には1勝5分け4敗の成績不振によってランスを解任されたが、その裏には指揮官としてのチームマネジメントに加え、父親として家族を支えるという、難しい二足の草鞋という影響があったようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】オスカル・ガルシア氏が愛娘の逝去を悼む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClVyPX4qEf5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClVyPX4qEf5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClVyPX4qEf5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Óscar García Junyent(@oscargarciajunyent)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js<b"></script></div> 2022.11.25 00:43 Fri
twitterfacebook
thumb

【新しい景色へ導く期待の選手】右のスピードスターがドイツを切り裂く。最終予選のスターからW杯のスターへ!/伊東純也(スタッド・ランス/FW)

2018年9月の森保ジャパン発足から4年2カ月。その集大成となる2022年カタール・ワールドカップ(W杯)が23日の初戦・ドイツ戦からついにスタートする。 98年フランスからの過去6大会を見ても、初戦で勝ち点を奪った2002年日韓、2010年南アフリカ、2018年ロシアの3大会は決勝トーナメントに進出している。史上最高のベスト8の壁を越えようと思うなら、初戦から勢いがつくような好ゲームを見せ、最低引き分け以上の結果を手にすることが必要不可欠だ。 4度目出場の川島永嗣(ストラスブール)、長友佑都(FC東京)らが中心となって、その重要性をチーム全体に徹底させていることだろう。 対するドイツは、2021年夏のハンジ・フリック監督就任以降、攻守の切り替えと連動性が大いに高まった。とりわけ、バイエルン・ミュンヘン勢を主体とした中盤は世界最高峰との評価もある。ボランチのヨシュア・キミッヒ、レオン・ゴレツカ、トップ下のトーマス・ミュラーらは同じチームというメリットを生かし、高度な連携連動とトランジションを体現してくる。 日本としては、その相手を捕まえながら、高い位置でボールを奪い、数少ない得点機をモノにするというしたたかな戦い方を成功させることが肝要だ。 特にドイツの守備陣はハイラインを取るうえ、攻撃時には3枚になるため、背後のスペースが大きな狙い目になる。16日のオマーン戦(マスカット)でも何度も繰り返し相手に背後を突かれ、決定機を作られていた。オマーンの暑さと時差に苦しんだ部分はあったものの、鎌田大地(フランクフルト)が「ドイツ代表はバイエルンより強くない」と語ったように突きどころは必ずあるのだ。 そこで、キーマンの1人と位置づけられるのが、右サイドの伊東純也(スタッド・ランス)。彼のタテのスピードは、強豪国と言えどもそうそう止められないはずだ。 「シンプルにいい形で奪ったら、ワンタッチで出して、サイドの背後のスペースを狙っていくのがいいんじゃないかという話になっている。自分はそこをうまく突けるように狙っていきたいなと思います」と本人もタテへの推進力を前面に押し出す構えだ。 確かに、右サイドでDF陣を引っ張れれば、中が空いて、鎌田や左サイドに陣取るであろう久保建英(レアル・ソシエダ)らが飛び出せる。鎌田は世界的名守護神、マヌエル・ノイアー(バイエルン)が要注意選手に挙げたほど、ドイツ全体が警戒してくる。その彼にマークが集まれば、伊東自身が中へ切り込んでフィニッシュに持ち込めるシーンも生まれそうだ。むしろ、彼にとっては、そうやって高度な決定力を発揮するチャンスが訪れるのは望むところだろう。 「6月のブラジル戦もそうだったけど、強豪は少ないチャンスでもしっかり決めて、そこから流れを作ってきますからね。(2020年11月に)メキシコとやった時も決定力の差をしみじみ感じた。今回はドイツやスペインと当たるわけだから、しっかりチャンスをモノにできるようにしたいです」 本人もこう意気込んでいただけに、今こそ「イナズマ純也」の切れ味鋭いシュート力を見せつけるべき時である。 「もともと自分はそんなに点を取るタイプじゃない」とも謙遜する伊東だが、最終予選では最終予選4ゴール・2アシスト・PK奪取。全12得点の半分以上に絡んだ。そのポテンシャルをアジアレベルにとどめるのではなく、世界の大舞台でも示せれば、本当に理想的。そのうえで、日本のエースに躍り出てくれれば最高のシナリオだ。 同じ金髪で12年前の南アフリカの地でブレイクした本田圭佑は1つの見本と言っていい。 「W杯のエースと言われると、日本ではやっぱ本田さんのイメージがありますよね。何だかんだで点を取るのはホントにすごい。本田さんのゴールで一番覚えているのは、南アのデンマーク戦のFK。俺はまだ大学生だったけど、テレビで見てて『すげえ』って」 W杯初出場19人というフレッシュな森保ジャパンにはまだ本田や中田英寿のような頭抜けたスターはいない。が、カタールでブレイクした人間がその系譜を継ぐことになる。鎌田、久保あたりが有力候補と見られるが、伊東にも大きなチャンスが広がっている。 「正直、学生の頃はここまで来られるイメージは湧いていなかったですね。もちろんプロになって代表になってW杯に出てやろうという気持ちはありましたけど、学生の頃は本当にプロになるぞって気持ちだけでした」 神奈川大学時代までそれほど日の当たるキャリアを歩んでこなかった遅咲きの男は、謙虚さの中にも野心をみなぎらせている。そういった部分も本田に通じるところがある。 いずれにせよ、伊東がやらなければいけないのは、ドイツを震撼させるようなゴールに直結するプレー。矢のような推進力で敵をキリキリ舞いすれば、いつか必ず得点チャンスが巡ってくる。それを仕留めて、日本を勝利へと導くこと。29歳の遅咲きのアタッカーには普段通りの自然体を貫き、大仕事を遂行してほしい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.11.23 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン所属クラブ参加のラウンド64の組み合わせが決定!《クープ・ドゥ・フランス》

フランスサッカー連盟(FFF)は21日、クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64の組み合わせ抽選会が行われた。 リーグ・アン20クラブの参加するラウンド32では、現在リーグ・アンで首位に立つパリ・サンジェルマンがフランス全国選手権(3部)のシャトールーとアウェイで対戦。前回王者のナントはリーグ・ドゥ(2部)のカーンと対戦する。 また、日本人所属クラブでは、南野拓実の所属するモナコがリーグ・ドゥ(2部)のロデーズと、伊東純也の所属するスタッド・ランスが6部のロオン=プラージュと、オナイウ阿道の所属するトゥールーズが5部のランニオンと、川島永嗣の所属するストラスブールがアンジェと対戦する。 クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64は来年1月6日、7日、8日に行われる。今回決定した組み合わせは以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64 (※リーグ・アン勢と日本人所属クラブのみ抜粋) リモネストDSD(5部)orジュラ・スッド・フット(4部) vs アジャクシオ ポー(2部) vs モンペリエ モナコ vs ロデーズ(2部) ル・ピュイ(3部) vs ニース イエール(4部) vs マルセイユ ラニオン(5部) vs トゥールーズ アヴランシュ ゲネー(3部) vs スタッド・ブレスト ナント vs AFヴィロア (5部) or カーン(2部) ラ・シャテーニュレアイ(6部) vs ロリアン ボルドー(2部) vs スタッド・レンヌ ダンケルク(3部) vs オセール ロオン=プラージュ(6部) vs スタッド・ランス リナス=モンテリ(5部) vs RCランス リール vs トロワ コニッグショフェン(6部) vs クレルモン ストラスブール vs アンジェ リヨン vs メス(2部) シャトールー(3部) vs PSG 2022.11.22 07:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】フル出場の伊東が先制点の起点に! 南野&川島は出番なしでW杯へ

リーグ・アン第15節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 伊東はモンペリエ戦で4試合連続先発出場。カタール・ワールドカップ前ラストゲームに臨んだ伊東は[4-2-3-1]の右ウイングでプレー。開始直後に味方のスルーパスに抜け出していきなり決定的なシュートを放つと、以降は自慢の突破力を遺憾なく発揮。相手の3バックとウイングバックの間を効果的に突き再三のドリブル突破でチャンスを演出していく。さらに、32分には快足を飛ばしてボックス右に侵入して2本目の決定的なシュートを放つが、ここはGKの好守に阻まれて3試合ぶりのゴールとはならず。 ゴールレスで迎えた後半はチームが守勢を強いられ、伊東も相手の監視が強まって突破シーンは少なくなる。それでも、ライン間でボールを引き出しながらパスでチャンスに絡む場面も創出。そして、後半終盤の87分にはボックス手前右でフォン・ベルゲンからの横パスを絶妙なタッチで叩いてリターンパスを送ると、ボックス右に走り込んだフォン・ベルゲンの折り返しからムネツィの先制点が生まれた。その後、チームが後半アディショナルタイムの失点で勝利を逃したものの、7戦無敗で中断前の戦いを終え、良い形でW杯に臨むことになった。 前節のトゥールーズ戦で1アシストを記録した南野だが、マルセイユとのビッグマッチでは3試合ぶりのベンチスタートに。試合は攻撃を売りとするチーム同士の対戦らしく打ち合いの形となった中、2-2の同点に追いつかれた後半終盤に出番を窺った南野だったが、クレメント監督は試合終盤に守備的な交代カードを2枚切って引き分けやむなしの割り切った決断。しかし、後半ラストプレーでコラシナツに決勝点を献上し、痛恨の敗戦。南野もリーグ戦では3戦ぶりに出番なしに終わった。 オナイウはスタッド・レンヌ戦に60分から途中出場。チームが1-2のビハインドの状況でFWラファエル・ハットンに代わって投入された中、ウイングでのプレーとなったが、30分ほどのプレータイムでシュートを放つことができず。攻撃を活性化させられぬままタイムアップを迎えた。そして、チームも厳しい3連敗となった。川島はロリアン戦でベンチ入りも出場機会はなかった。 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽11/12 スタッド・レンヌ 2-1 トゥールーズ ◆60分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽11/13 モンペリエ 1-1 スタッド・ランス ◆フル出場 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽11/13 ストラスブール 1-1 ロリアン ◆ベンチ入りも出場せず ★南野拓実[モナコ] ▽11/13 モナコ 2-3 マルセイユ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.11.14 06:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly