デパイのゴラッソにレヴィがリーグ5戦連発! バルサが快勝でバイエルン戦敗戦を払しょく《ラ・リーガ》

2022.09.18 01:13 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第6節、バルセロナvsエルチェが17日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-0で勝利した。

マドリード・ダービーの結果次第で首位浮上のチャンスもあるバルセロナは、開幕未勝利が続くエルチェとホームで対戦。前節のカディス戦を4-0の快勝で飾り、リーグ4連勝となったチャビ率いるチームだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンとのアウェイゲームに0-2で敗戦。決して悲観すべき内容ではなかったものの、今季初黒星からのリバウンドメンタリティが試された。

インターナショナルマッチウィーク前最後の一戦に向けてはバイエルン戦から先発5人を変更。クリステンセン、マルコス・アロンソに代えてエリック・ガルシアとバルデ。ブスケッツとガビに代えてケシエとデ・ヨング、ハフィーニャに代わってデパイを起用した。
立ち上がりからボールを握るバルセロナは、[5-4-1]の守備ブロックを敷くエルチェに揺さぶりをかけていく。なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたが、思わぬ形で大きなアドバンテージを得る。

14分、デ・ヨングのスルーパスに反応したレヴァンドフスキが相手ディフェンスラインと完璧に入れ替わると、DFベルドゥが抱きかかえる形で抜け出しを阻止した結果、決定機阻止で一発退場となった。

試合序盤に数的優位を手にしたホームチームは、相手が[4-4-1]で守り慣れる前に先制点を奪おうと前がかる。デンベレとバルデが幅を取りながら、クンデやケシエも中央で高い位置を取って攻撃にアクセントを加える。

デンベレのスピード、デパイの個人技でチャンスを創出していくと、24分にはボックス左で細かく仕掛けたデパイが中央の味方をオトリにニア下を狙うが、ここはGKバディーアの好守に遭う。

それでも、攻勢を続けるホームチームは34分、右サイド深くでボールを持ったデンベレからペナルティアーク付近のペドリを経由して左サイド深くに走り込んだバルデにボールが渡る。ここでGKとディフェンスラインの間に絶妙なグラウンダークロスが入ると、ニアに飛び込んでDFを引っ張ったデパイの背後にフリーで飛び込んだレヴァンドフスキが右足で流し込み、リーグ5試合連続ゴールとした。

良い時間帯にリードを手にしたバルセロナは畳みかける攻めを見せると、41分には再び左サイドのバルデからボックス左でDFジョンを背負ったデパイの足元にボールが入る。ここでオランダ代表DFは右足の足裏を使った巧みな反転から左足の強烈なシュートをニア上に突き刺した。

フィジカルとテクニックを高次元で融合したデパイの鮮烈な今季リーグ戦初ゴールで追加点を奪ったチャビのチームは、ハーフタイムにかけても多彩な攻めを披露。だが、レヴァンドフスキのシュートに詰めたペドリのゴールはオフサイドで取り消しとなり、3点目を奪うには至らなかった。

迎えた後半、2枚目のカードをもらうリスクがあったケシエを下げてガビをハーフタイム明けに投入したバルセロナ。立ち上がりから攻勢を仕掛けると、早々に3点目が生まれる。48分、右サイド深くでデンベレが入れた高速クロスがDFジョンのクリアミスを誘うと、ゴール前で詰めたデパイは押し込めずも、GKがかき出したボールをドフリーのレヴァンドフスキが冷静にゴール左隅に流し込み、ドブレーテを達成した。

これで完全に試合を決めたブラウグラナは59分、デパイとデンベレの両翼、エリック・ガルシアを下げてアンス・ファティ、ハフィーニャ、ベジェリンを一気に投入。その後も攻撃の手を全く緩めることなく、トリプレーテを狙うレヴァンドフスキ、ファティらが果敢にゴールを目指すが、敗色濃厚なエルチェもGKバディーアを中心に粘り強い守備で失点を許さない。

最後まで4点目を奪うことはできなかったものの、相手のシュートを1本に封じる完璧な内容でリーグ5連勝を達成。バイエルン戦敗戦のショックを払しょくする内容で暫定首位にも浮上している。

関連ニュース
thumb

バルセロナの異議は棄却、レヴァンドフスキの出場停止処分は3試合で変わらず

バルセロナに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに3試合の出場停止処分が確定した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 レヴァンドフスキは、カタール・ワールドカップ(W杯)中断前のラストゲームとなった第14節のオサスナ戦に先発出場。前半30分過ぎに2枚目のイエローカードをもらい、退場処分を受けた。 判定に納得のいかないレヴァンドフスキは、退場時に鼻を触ってヘスス・ヒル・マンサーノ主審を指さすジェスチャーを行うと、スペインサッカー連盟(RFEF)はこれを同主審に対する侮辱行為と判断し、3試合の出場停止を決定。 その後、バルセロナは侮辱行為による2試合の追加処分に異議申し立てを行っていたが、RFEFはこれを認めず、5日に行われた上訴委員会によって出場停止処分を確定させた。 なお、バルセロナは今後15日以内にスポーツ仲裁裁判所に訴えを起こし、処分取り消しを求めることができるが、減刑の見込みは低いとのことだ。 今回の処分が確定した場合、レヴァンドフスキはラ・リーガ再開初戦となる31日のエスパニョール戦、来年1月8日のアトレティコ・マドリー戦、同月15日のベティス戦を欠場することになる。 2022.12.06 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマが冬にデパイ獲得を狙う? 来夏のフリー加入を目論む

ローマが、バルセロナのオランダ代表MFメンフィス・デパイ(28)の獲得を計画しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 今回のカタール・ワールドカップにも参加し、3日に行われたラウンド16のアメリカ戦では大会初ゴールを挙げたデパイ。ただ、今季限りで契約が切れるバルセロナでは、ロベルト・レヴァンドフスキの加入や太もものケガで出場機会が減少しており、中断前は公式戦3試合のみの出場となっていた。 財政難のバルセロナとしては年俸を浮かせる狙いから契約延長はしないと見られており、今冬での売却も視野に入れている模様。やや腫れ物扱いされている感じが否めないデパイだが、これまでに古巣のマンチェスター・ユナイテッドやユベントスなど需要は小さくない。 その中でローマは、冬にローンで獲得し、バルセロナとの契約が切れる来夏に長期契約へ移行することを画策しているようだ。ジョゼ・モウリーニョの要求を受け、すでにゼネラル・マネージャーのティアゴ・ピント氏が動き出しているという。 2022.12.05 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表の20歳ファティ「今を頑張れば、きっと未来は良くなる」

スペイン代表FWアンス・ファティがカタール・ワールドカップ(W杯)や所属先のバルセロナについて語った。 弱冠20歳にしてW杯のスペイン代表メンバーに名を連ね、グループE最終節の日本代表戦で大会デビューを飾ったファティ。同代表は6日に行われる決勝トーナメント1回戦でベスト8進出を懸け、モロッコ代表と対戦する。 一発勝負の戦いを目前に控え、スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューでチーム状態に言及。良好な雰囲気を感じているようだ。 「(バルセロナの)チームメイトがいるのは僕にとって役立つし、その他の選手もお互いにラ・リーガで会ってきた選手たち。誰もがチームに貢献したいと願っているよ。このチームの仲間意識は本当に素晴らしい」 バルセロナのチームメイトであり、今大会のスペイン代表最年少選手でもあるMFガビにも言及。18歳にしてチームをけん引する圧倒的な存在感を発揮しているが、もはや驚きはないと語る。 「あの年齢にして、すでに高次元のレベルを見てとることができる。彼の競争力、トレーニングにはもう驚かされないよ。とはいえ、彼はピッチ上で信じられないプレーを見せるし、こっちは見てるだけで幸せになるよね」 最後に、所属するバルセロナで定位置を掴み切れていないことを問われると、努力してコーチ陣を納得させるしかないと述べ、前向きな意志を示している。 「今はW杯に集中していて、クラブに戻ってどうなるかは様子を見たい。いつだってプレーしたいけど、決めるのはコーチ。状況を好転させるためには毎日ベストを尽くす必要があるね。今を頑張れば、きっと未来はもっと良くなるはず。バルサで重要な選手に? うまくいけばね。そう願っているよ」 2022.12.05 16:38 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ再始動… W杯敗退組はオフも、負傷アラウホは帰還

中断期間明けに向け、バルセロナが再始動するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 中断期間前のラ・リーガを首位で折り返したバルセロナ。チャンピオンズリーグ(CL)では2季連続のグループステージ敗退という大失態を晒してしまったが、後半戦は4季ぶりのリーグタイトル奪還に期待がかかる。 カタール・ワールドカップ(W杯)の親善大使を務めるチャビ・エルナンデス監督も現地から帰国し、5日からトレーニングを再開する流れに。グループステージで敗退したばかりのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、DFアンドレアス・クリステンセンはしばしのオフを挟み、12日から合流するという。 一方、ウルグアイ代表としてW杯に臨むも、ケガで試合に出られなかったDFロナルド・アラウホはすでにバルセロナへと帰還済みで、本拠地で回復に専念。チャビ監督は、手元にいる選手らでフィジカルトレーニングを中心としたメニューをこなしていく方針とのことだ。 中断期間が明けたバルセロナの最初の公式戦は今月31日。ラ・リーガ第14節でエスパニョールとのダービーマッチに臨む。 2022.12.04 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシがキャリア通算1000試合出場! 驚異的なスタッツを記録

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがオーストラリア代表戦でシニアレベルでのキャリア通算1000試合出場を達成した。 メッシはバルセロナ在籍時代の2004年9月16日のエスパニョール戦でトップチームデビュー。以降はバルセロナで778試合、PSGで53試合に出場。また、2005年8月17日のハンガリー代表戦でデビューを飾ったアルゼンチンのA代表では先日のポーランド代表戦までで168試合に出場していた。 そして、3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオーストラリア戦で節目の1000試合出場を達成した。 そのメモリアルゲームでは相手の堅守に苦戦を強いられていたチームを救う見事な先制点を記録。また、先発フル出場を果たしてチームの攻撃を牽引し、2-1の勝利に導きベスト8進出を決めた。 なお、この間に789ゴール、388アシストという驚異的なスタッツを記録。さらに、通算41個のトロフィーを手にしている。 2022.12.04 06:12 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly