北九州、川崎Fアカデミー育ちの桐蔭横浜大MF高吉正真が加入内定

2022.09.15 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は15日、桐蔭横浜大学からMF高吉正真(22)の2023シーズン加入内定を発表した。

高吉は神奈川県出身の2000年生まれ。かつて川崎フロンターレのU-15、U-18に在籍し、桐蔭横浜大学に進学した。北九州でのプロ入りを受け、クラブを通じてコメントしている。

「来シーズンからギラヴァンツ北九州に加入する事になりました、高吉正真です。J2昇格に貢献できるようにチームの為に走り、チームの為に戦う選手になりたいと思います。応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

北九州、田坂和昭氏の指揮官就任を発表!「強く闘えるチームを」

ギラヴァンツ北九州は8日、2023シーズンより田坂和昭氏(51)が指揮官に就任すると発表した。 現役時代にベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)や清水エスパルスなどでプレーした田坂氏。日本代表としては国際Aマッチ通算7試合を記録した。 引退後は現役最後のクラブとなったセレッソ大阪の下部組織で指導者キャリアをスタートし、2005年にJFA公認S級コーチライセンスを取得。 2011年には大分トリニータの指揮官に就任し、その後は清水や福島ユナイテッドFCの指揮官を歴任。2019~21年にかけては栃木SCで指揮を執り、来季より北九州で2年ぶりの現場復帰となる。 田坂氏は北九州の公式サイトを通じてコメントを発表した。 「来季よりギラヴァンツ北九州の監督に就任する事になりました田坂和昭です。クラブの目標達成と発展のため、選手一人一人の成長と自律を促し、主体的で強く闘えるチームづくりを目指していきます」 「また、サッカーを通じて地域の皆様に喜びと感動をお届けできるよう、これまでの経験をぶつけて全力で取り組んでまいりたいと思います。ミクスタで共に闘える日を心待ちにしています!どうぞよろしくお願いいたします」 2022.12.08 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州が同志社大DF山脇樺織、日本文理大MF岡野凜平の加入内定を発表

ギラヴァンツ北九州は5日、同志社大学のDF山脇樺織(21)、日本文理大学のMF岡野凜平(22)の加入内定を発表した。 山脇は宮城県出身。東急SレイエスFCから関東第一高校を経て、同支社大学へと進学。長崎県出身の岡野はFCBRISTOLを経て、V・ファーレン長崎U-18でプレーしたが、トップチームに昇格することなく、日本文理大学へと進学していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF山脇樺織 「はじめまして。この度、2023シーズンよりギラヴァンツ北九州に加入することになりました同志社大学の山脇樺織です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをギラヴァンツ北九州という素晴らしいクラブでスタートできることを光栄に思います」 「これまで関わって下さったすべての方々、そして常に1番のサポーターとして応援してくれた家族には心から感謝をしています。太陽の輝きに負けない情熱を持ち、ギラヴァンツ北九州の勝利に貢献します。自分のプレーでサポーターの皆さんに笑顔と元気を届け、強く愛される選手を目指し、全力で闘います!応援よろしくお願いします」 ◆MF岡野凜平 「2023シーズンよりギラヴァンツ北九州に加入することになりました、日本文理大学の岡野凜平です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを、この素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「どんな時も1番近くで支えてくれた家族、チームメイト、友人、そしてこれまで僕を指導してくださった全ての方々に感謝します。ギラヴァンツ北九州の『J3優勝・J2昇格』に向けて僕の全てをかけて闘います。ギラヴァンツ北九州に関わる全てのギラヴァンツファミリーの皆さん、アツい応援よろしくお願いします!」 2022.12.05 12:04 Mon
twitterfacebook
thumb

北九州が永野雄大&長谷川光基と契約更新

ギラヴァンツ北九州は1日、MF永野雄大(24)とDF長谷川光基(23)の契約更新を発表した。 永野は北九州のアカデミー育ちで、阪南大学の出身。2020年から北九州でプロ入りし、今季は明治安田生命J3リーグ19試合に出場した。 長谷川はFC東京の育成出身で、2017年に2種登録でトップチーム入りも経験したが、順天堂大学に進学。今季から北九州入りし、3試合でプレーした。 両選手は契約更新を受け、クラブ公式サイトを通じてぞれぞれ決意を新たにしている。 ◆永野雄大 「まずは今年一年応援ありがとうございました! 来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただきます。今年はとても悔しいシーズンになったので、来シーズンは皆さんと喜べるようにチーム一丸となって、僕がチームを引っ張っていきたいと思います」 ◆長谷川光基 「今シーズン、熱い応援ありがとうございました。来シーズンも北九州でプレーできることを嬉しく思います。今年は、自分にとってとても悔しいシーズンとなったので、来年はもっと結果にこだわり、多くの勝利を皆さんと分かち合いたいです。引き続き熱い応援をよろしくお願いします」 2022.12.01 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

秋田が北九州CB河野貴志を獲得 「日々挑戦して秋田と共に成長していけたら」

ブラウブリッツ秋田は29日、ギラヴァンツ北九州からDF河野貴志(26)の加入を発表した。 関西大学出身の河野は2019年に北九州でプロの世界に飛び込んだセンターバックで、J2リーグ通算22試合出場、J3リーグ48試合2得点、天皇杯1試合出場の数字を記録。今季はJ3リーグ30試合でプレーしたほか、天皇杯の1試合にも出場した。 北九州からは完全移籍が発表され、秋田の選手として2年ぶりにJ2リーグで勝負する河野。秋田を通じて、意気込みを語った。 「初めまして! ギラヴァンツ北九州から来ました河野貴志です。ブラウブリッツ秋田のチームの一員になれる事、心から嬉しく思います! 自分の特徴を最大限に活かしてくれるチームである事は間違いないですし、秋田の勝利の為に日々精進して参ります! 寒い地での生活も初めてで慣れない事が沢山待ち構えていると思いますが、日々挑戦して秋田と共に成長していけたらなと思います! 宜しくお願い致します!」 一方、北九州を通じては「この度挑戦を決意し、ギラヴァンツ北九州を去る事を決めました」と報告。感謝の言葉を綴った。 「北九州ではJ3優勝と昇格、J2での快進撃、降格と浮き沈みが激しい4年間でしたが本当に沢山の事を経験させて頂きました。自分をプロへ導いてくれたクラブには本当に感謝しかありません」 「お別れは本当に寂しいですが、身体的にも精神的にもまだまだ一回りも二回りも大きくなれるようチャレンジしてきます! 僕に関わって下さった沢山の皆様には本当に心から感謝申し上げます!」 「また必ずどこかで会えますし活躍した姿をお見せできるように自分らしくブレずに行ってきます! ありがとうギラヴァンツ北九州!」 2022.11.29 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

北九州が6選手と契約更新! 池高暢希「J2昇格を来シーズンは必ず」

ギラヴァンツ北九州が26日にDF伊東進之輔(19)、MF平原隆暉(19)、FW平山駿(24)、DF前田紘基(24)、MF池高暢希(22)、MF井野文太(19)との契約更新を発表した。 今季の明治安田生命J3リーグでは池高が27試合2得点、平山が17試合4得点、前田が15試合出場、井野が5試合出場、平原が1試合出場を記録。伊東は出番なしだった。 6選手はクラブを通じて、それぞれ決意を新たにしている。 ◆伊東進之輔 「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただくことになりました。今シーズンは自分自身すごく悔しい思いの多いシーズンとなりました。この悔しい思いを晴らせるように来シーズンも頑張っていきます。よろしくお願いします」 ◆平原隆暉 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーする機会を頂き感謝しています。この思いを結果で恩返しできるよう頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆平山駿 「まず初めに今シーズンたくさんの熱い応援とサポートありがとうございました。来シーズンもギラヴァンツ北九州でサッカーできることを嬉しく思います。自分含め、ギラヴァンツ北九州はもっとやれると思います。それを来シーズン証明したいと思います。ギラヴァンツ北九州に関わる人を笑顔にできるように頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いいたします」 ◆前田紘基 「まず初めに今年1年間、応援ありがとうございました。 2023シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただくことになりました。今シーズンはJ2昇格という目標とは程遠い結果になってしまい、申し訳ございませんでした。 来シーズンは、皆さんと一緒に喜びを分かち合えるように戦いますので、熱い応援宜しくお願いします!」 ◆池高暢希 「来シーズンもギラヴァンツ北九州でみなさんと共に戦えることを嬉しく、誇りに思います。今シーズン、悔しくも達成できなかったJ2昇格を来シーズンは必ず掴み取りましょう! ギラヴァンツ北九州の勝利のために走り貪欲に戦います。よろしくお願いします!」 ◆井野文太 「まず初めに今年は熱い応援、サポートなどありがとうございました。来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただきます。今年の悔しさを忘れず、来シーズンは多くの方々と喜びを分かち合えるよう頑張ります。来年も引き続き応援よろしくお願いします」 2022.11.26 12:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly