やっぱり理想の展開で安心しながら試合見たいじゃないですか!? の巻/倉井史也のJリーグ

2022.09.03 12:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
9月に入っていよいよJリーグも終盤戦突入! てなことで、ここから先は粘りが重要になってくるんです。だけどだんだん不安が募って足が動かなくなるのも終盤戦。できればサクッと先制点を奪って有利に試合を進めたい! ついでに相手が焦る試合終盤にサクッと追加点を挙げて早めに祝勝会の準備をしたい!!

で、調べてみたんです。先制点を奪った試合がどれくらいあるかとその勝敗。ちなみに今週も「金J」があるんですけど、データは9月1日現在で作っているのでご容赦ください。

まず、どれだけ先制点を奪えているか。[試合数][先制点を奪った試合数][割合]を出すと、
札 幌/26/11/42.3%
鹿 島/27/13/48.1%
浦 和/25/12/48.0%
柏 /27/10/37.0%
FC東京/25/9/36.0%
川 崎/25/16/64.0%
横浜FM/24/14/58.3%
湘 南/25/9/36.0%
清 水/27/12/44.4%
磐 田/26/8/30.8%
名古屋/26/11/42.3%
京 都/25/9/36.0%
G大阪/27/14/51.9%
C大阪/25/14/56.0%
神 戸/25/12/48.0%
広 島/27/14/51.9%
福 岡/27/8/29.6%
鳥 栖/27/11/40.7%

つまり、川崎、横浜FM、G大阪、C大阪、広島と対戦するときは先制点を奪われないように注意することが大切。ちなみに、先制点を奪った試合の勝率は、

札 幌/45.5%
鹿 島/76.9%
浦 和/66.7%
柏 /90.0%
FC東京/100.0%
川 崎/81.3%
横浜FM/78.6%
湘 南/66.7%
清 水/58.3%
磐 田/50.0%
名古屋/63.6%
京 都/55.6%
G大阪/50.0%
C大阪/57.1%
神 戸/50.0%
広 島/78.6%
福 岡/75.0%
鳥 栖/63.6%

ってことになってるから、札幌以外は勝率が半分を超えていてやっぱり先制点は有利なんです。FC東京はあまり先制点が奪えないけど、奪ったときの勝率は100パーセントですからね。

でもって大事なのは試合終盤にどれくらい得点してるか。75分以降の得点が多くて最後の最後までひっくり返しに来るチームがどこか調べてみると、

札 幌/ 2点
鹿 島/10点
浦 和/ 7点
柏 / 4点
FC東京/ 4点
川 崎/12点
横浜FM/14点
湘 南/ 4点
清 水/ 8点
磐 田/10点
名古屋/ 4点
京 都/ 4点
G大阪/10点
C大阪/10点
神 戸/ 6点
広 島/15点
福 岡/ 3点
鳥 栖/11点

これが今年の広島の強さなんですよね。ってことでなんか、見えてきましたね。え? 何が見えてきたかって? それは……おっと、時間が来てしまいました。それではまた次回〜〜〜。

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。



関連ニュース
thumb

今がチャンスだ今年のJ2リーグをきちんとおさらいしておくぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

ドイツに勝っちゃったし!! もしこれが2018年でチャンピオンの決め方がボクシング方式だったら現在のところ暫定王者は日本のはず!! って、まぁこうやってなんで話題を振ってるかというと、編集長様に褒められちゃったんですよ。 「まさか、ボクシング形式で考えるとは思ってもみませんでした。斬新でしたが、タイトル争いとは無縁だったガンバに行くというのもまた予想外過ぎました」って。エッヘン。 ということで、今回はJ2のどこが実はチャンピオンだったか、前回と同じく「ボクシング形式の優勝チーム」はボクシングのようにチャンピオンが負けたときだけタイトルが移動すると、どこが優勝したのかって話です。まず2021年のJ1、最高順位で落ちてきたチームはJ1で17位の徳島だったので、ここは徳島からスタートで!! 徳島 0-0 金沢 徳島 1-1 岡山 徳島 1-1 東京V 徳島 2-2 熊本 徳島 2-0 大宮 徳島 0-0 秋田 徳島 0-0 山口 徳島 0-0 長崎 徳島 0-1 大分(タイトル移動) 大分 2-1 岩手 大分 1-3 金沢(タイトル移動) 金沢 1-1 琉球 金沢 1-2 大宮(タイトル移動) 大宮 1-1 大分 大宮 0-0 長崎 大宮 0-1 岩手(タイトル移動) 岩手 0-3 水戸(タイトル移動) 水戸 0-3 新潟(タイトル移動) 新潟 3-0 山形 新潟 1-1 徳島 新潟 2-1 大分 新潟 3-0 秋田 新潟 0-2 横浜FC(タイトル移動) 横浜FC 2-1 水戸 横浜FC 1-1 秋田 横浜FC 1-1 徳島 横浜FC 4-0 千葉 横浜FC 1-0 東京V 横浜FC 0-3 岩手(タイトル移動) 岩手 1-3 岡山(タイトル移動) 岡山 3-2 山口 岡山 0-1 横浜FC(タイトル移動) 横浜FC 1-0 町田 横浜FC 3-3 山口 横浜FC 0-0 栃木 横浜FC 0-2 山形(タイトル移動) 山形 2-0 千葉 山形 0-1 東京V(タイトル移動) 東京V 2-0 仙台 東京V 2-0 岩手 東京V 1-0 新潟 東京V 2-0 岡山 ということで、優勝は東京V!! タイトル防衛数は、徳島と横浜FCが8回、東京Vと新潟が4回、大宮が2回、大分と金沢と岡山と山形が1回。てコト見てると、徳島とか東京Vとかもっと本当の順位争いに絡めたらいいのにねって。あと大宮も!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.11.26 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今がチャンスだ今年のJ1リーグをきちんとおさらいしておくぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

そりゃ日本戦が始まっちゃったら、もうワールドカップ一色ですよ。そりゃ間違いない。J1参入プレーオフが終わり、ドイツ戦の前のこのタイミングこそ、今年のJ1リーグって本当はどうだったのって分析できるときでしょ? ちゅうことで、いろんな角度で考えておきたいと思います。 まず、もし今年が2ステージ制だったら!! ちゃんと延期になっていた第15節G大阪2-0広島も加えて考えると、 【2022年J1リーグ・ファーストステージ】 順:チーム(点/勝/分/負/得/失/差) 1:横浜FM(34/10/4/3/32/18/14) 2:鹿島(33/10/3/4/28/21/7) 3:川崎(33/10/3/4/25/19/6) 4:柏(30/9/3/5/25/15/10) 5:広島(27/7/6/4/21/16/5) 6:C大阪(26/7/5/5/24/18/6) 7:FC東京(25/7/4/6/18/16/2) 8:鳥栖(24/5/9/3/22/19/3) 9:G大阪(20/5/5/7/20/22/-2) 10:京都.(20/5/5/7/16/19/-3) 11:名古屋(20/5/5/7/14/19/-5) 12:札幌(20/4/8/5/17/31/-14) 13:福岡(19/4/7/6/12/13/-1) 14:浦和(18/3/9/5/18/16/2) 15:磐田(18/4/6/7/21/26/-5) 16:清水(16/3/7/7/18/25/-7) 17:湘南(16/4/4/9/15/23/-8) 18:神戸(11/2/5/10/15/25/-10) 【2022年J1リーグ・セカンドステージ】 順:チーム(点/勝/分/負/得/失/差) 1:横浜FM(34/10/4/3/38/17/21) 2:川崎(33/10/3/4/40/23/17) 3:神戸(29/9/2/6/20/16/4) 4:広島(28/8/4/5/31/25/6) 5:浦和(27/7/6/4/30/23/7) 6:名古屋(26/6/8/3/16/16/0) 7:札幌(25/7/4/6/28/24/4) 8:C大阪(25/6/7/4/22/22/0) 9:湘南(25/6/7/4/16/16/0) 10:FC東京(24/7/3/7/28/27/1) 11:鹿島(19/3/10/4/19/21/-2) 12:福岡(19/5/4/8/17/25/-8) 13:鳥栖(18/4/6/7/23/25/-2) 14:清水(17/4/5/8/26/29/-3) 15:G大阪(17/4/5/8/13/22/-9) 16:柏(17/4/5/8/18/29/-11) 17:京都(16/3/7/7/14/19/-5) 18:磐田(12/2/6/9/11/31/-20) ってことで、横浜FMの完全優勝!! おめでとうございます!! そしてファーストステージとセカンドステージで最も差が大きかったチームは、神戸の15位差!! 続いて柏の12位差、浦和と鹿島の9位差。ただし、柏と鹿島はマイナス方向に動いてしまったのでした。 そして「ボクシング形式の優勝チーム」はどこ? これはボクシングのようにチャンピオンが負けたときだけタイトルが移動すると、どこが優勝したのかって話です。まず去年のチャンピオンが川崎だったので、節を抜きに時系列で考えていくと、 川崎 1-0 FC東京 川崎 2-4 横浜FM(タイトル移動) 横浜FM 1-3 柏(タイトル移動) 柏 0-1 鹿島(タイトル移動) 鹿島 2-0 神戸 鹿島 2-1 湘南 鹿島 2-1 清水 鹿島 1-0 福岡 鹿島 0-3 横浜FM(タイトル移動) 横浜FM 2-1 名古屋 横浜FM 4-1 湘南 横浜FM 3-3 浦和 横浜FM 0-1 福岡(タイトル移動) 福岡 0-1 名古屋(タイトル移動) 名古屋 0-1 広島(タイトル移動) 広島 2-1 C大阪 広島 3-1 福岡 広島 0-2 G大阪(タイトル移動) G大阪 1-1 浦和 G大阪 0-1 湘南(タイトル移動) 湘南 1-1 広島 湘南 0-0 福岡 湘南 0-1 磐田(タイトル移動) 磐田 0-2 鳥栖(タイトル移動) 鳥栖 0-0 名古屋 鳥栖 2-1 札幌 鳥栖 1-1 福岡 鳥栖 0-4 川崎(タイトル移動) 川崎 1-2 湘南(タイトル移動) 湘南 0-3 横浜FM(タイトル移動) 横浜FM 1-0 福岡 横浜FM 2-1 京都 横浜FM 0-0 札幌 横浜FM 4-0 名古屋 横浜FM 0-2 G大阪(タイトル移動) G大阪 2-0 磐田 G大阪 0-0 鹿島 ということで、チャンピオンに輝いたのはG大阪!! おめでとうございます!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.11.19 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ワールドカップ前にJリーグでもうひと盛り上がりしちゃえるんじゃない?! の巻/倉井史也のJリーグ

なんかね、J1参入プレーオフってメチャクチャドラマがあるじゃないですか。そして最後の決勝戦なんですけど、これってドラマ、起きるんですかね? J1とJ2ってやっぱりレベルに差があるんじゃないの? とか、上のリーグのチームが実質1-0からホームゲームを戦うってどうなの? って感じありません? ということで、今回は過去のいろんなプレーオフの情報を集めてみました。 【2004年】 12月04日:福岡(J2)0-2 柏(J1) 12月12日:柏(J1) 2-0 福岡(J2) ※柏がJ1残留 【2005年】 12月07日:甲府(J2)2-1 柏(J1) 12月10日:柏(J1) 2-6 甲府(J2) ※甲府が昇格 【2006年】 12月06日:神戸(J2)0-0 福岡(J1) 12月09日:福岡(J1)1-1 神戸(J2) ※神戸がアウェイゴールで昇格 【2007年】 12月05日:京都(J2)2-1 広島(J1) 12月08日:広島(J1)0-0 京都(J2) ※京都が昇格 【2008年】 12月10日:仙台(J2)1-1 磐田(J1) 12月13日:磐田(J1)2-1 仙台(J2) ※磐田が残留 【2018年】 12月08日:磐田(J1)2-0 東京V(J2) ※磐田が残留 【2019年】 12月14日:湘南(J1)1-1 徳島(J2) ※湘南が残留 ホーム&アウェイでやってたときはいろいろ劇的なことがあるんですけど、2018年以降の戦いを見ていると、やっぱりアドバンテージがあるJ1が有利かなって。 実は2012年から2017年までは入れ替え戦なしで、J2チームなしで争う「J1昇格プレーオフ」があったんですよ。ただ、そのとき昇格したチームの翌年の成績が 【2012年】 大分(2013年J1・18位) 【2013年】 徳島(2014年J1・18位) 【2014年】 山形(2015年J1・18位) 【2015年】 福岡(2016年J1・18位) 【2016年】 C大阪(2017年J1・3位) 【2017年】 名古屋(2018年J1・15位) とまぁ、最初は低迷しちゃったもんで考えられたんじゃないかと思うんです。でもよく考えるとこのプレーオフまで出ているチームは翌年にどのリーグに所属するか分からないから選手の獲得や慰留が後手に回るってありますからね。ある程度資金力のあるクラブじゃないと難しいんです。 ということで、今年はどんなドラマになるか。ワールドカップ前にJリーグでもうひと盛り上がりしちゃいましょう!! そしてここで大活躍すればもしかして……え? Jリーグアウォーズ終わっちゃった? <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.11.13 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

この記事を横目に今週末のJ1リーグ見るの、オススメします?!の巻/倉井史也のJリーグ

もうやめてよ、っていうくらいの戦いが続いてるじゃないですか。それが今週一区切りしちゃうわけですよ。それにしても今回の残留争い、マジでヤバイ。 残念ながら磐田の降格は決定しちゃったけど、現在13位の湘南までは来季J2の可能性があるわけです。つうことでまずは現状、こんな感じです。 順チーム点差相手 13位:湘南/38/-9|柏(A・7位) 14位:福岡/37/-9|浦和(A・8位) 15位:G大阪/36/-11|鹿島(A・5位) ------------入れ替え戦-------------- 16位:京都/35/-8|磐田(A・18位) -----------降格ライン--------------- 17位:清水/33/-9|札幌(A・10位) 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 18位:磐田/29/-25|京都(H・16位) なんと残留争い全チーム、アウェイなんです。ともかく自動降格は避けたい!!ということでそれぞれのチームの残留あるいは降格の条件はこうなります。 【湘南の残留条件】 ・「引き分け」以上 ・「敗戦」で、以下の「いずれか」を満たした場合 1.福岡が敗戦 2.G大阪が引き分け以下 3.京都が引き分け以下 【福岡の残留条件】 ・「勝利」 ・「引き分け」で、以下の「いずれか」を満たした場合 1.湘南が敗戦 2.G大阪が引き分け以下 3.京都が引き分け以下 ・「敗戦」で、以下の「いずれか」を満たした場合 1.G大阪が敗戦 2.京都が引き分け以下 そしてここからは降格の可能性が出てくるんです。 【G大阪の降格条件】 ・「敗戦」し、以下の「すべて」を満たした場合 1.京都が引き分け以上 2.清水が勝利 【京都の降格条件】 ・「敗戦」し、以下の条件を満たした場合 1.清水が勝利 ・「引き分け」で、以下の「すべて」を満たした場合 1.G大阪が引き分け以上 2.清水が勝利 【清水の降格条件】 ・「引き分け」以下 ・「勝利」しても、以下のすべてを満たした場合 1.G大阪が引き分け以上 2.京都が勝利 そして、それぞれのチームの今季アウェイの成績は!! 湘南:4勝5分7敗 福岡:4勝4分8敗 G大阪:5勝3分8敗 京都:3勝5分8敗 清水:5勝4分7敗 おお、なんとG大阪と清水はアウェイで他のチームよりやや強いし、京都はやや弱い。ちなみに、スタジアム情報も調べておきましょ! 湘南【三協F柏】4勝2分6敗 福岡【埼玉】0勝0分3敗 G大阪【カシマ】9勝6分15敗 京都【ヤマハ】1勝1分9敗 清水【札幌ド】3勝0分5敗 なんと、福岡がまだ埼玉スタジアムで勝ったことがない!!しかもすべてのチーム、終わったあとに今季最後の挨拶があるから余計に強いんですよね。いや、こりゃ下手に予想とかしなくてよかった……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.11.04 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

だいたい強いチームって終盤戦にやたら勝ってるイメージありません?! の巻/倉井史也のJリーグ

そりゃ横浜F・マリノスは「2連勝すれば優勝!!」って思ってるだろうし、川崎は「ここらで逆転!!」って思ってるだろうし。いやはや、すっかり横浜FMの優勝ムードが漂っていたのが一転、何かすごい面白いデッドヒートになってるんですけど。 でもさ、そもそもこんな強い2チームが最後の2戦で、1つでも負けるなんてことあるんですか?ちょっとそこ、調べておきたいんだけど。 とうことで、今回は横浜FMと川崎が残り2節、どんな戦いをしてきたかを2005年から探ってみましょう。いつもどおり、2015年と2016年の2ステージ制、そして降格がなかった2020年シーズンを除きます。すると…… 【横浜FM】 2005年:1△1C大阪 / 1△1大宮 2006年:0●1大分 / 2○0千葉 2007年:1○0新潟 / 0△0神戸 2008年:2○0東京V / 6○1浦和 2009年:2○0清水 / 0△0山形 2010年:2○0G大阪 / 0●2大宮 2011年:0●3川崎 / 1△1鹿島 2012年:2○0札幌 / 1○0鳥栖 2013年:0●2新潟 / 0●1川崎 2014年:1○0新潟 / 1△1FC東京 2017年:2△2仙台 / 1○0浦和 2018年:1●2鳥栖 / 1●2C大阪 2019年:4○1川崎 / 3○0FC東京 2021年:2○0神戸 / 1△1川崎 【川崎】 2005年:1△1FC東京 / 2●4G大阪 2006年:3○2鹿島 / 3○1C大阪 2007年:3○0広島 / 1△1大宮 2008年:4○0神戸 / 2○0東京V 2009年:1○0新潟 / 3○2柏 2010年:1△1浦和 / 1△1仙台 2011年:3○0横浜FM / 1●2磐田 2012年:2○1清水 / 2△2C大阪 2013年:1○0大分 / 1○0横浜FM 2014年:1△1広島 / 2○1神戸 2017年:1○0浦和 / 5○0大宮 2018年:2○0FC東京 / 2○1磐田 2019年:1●4横浜FM / 2○1札幌 2021年:4○1G大阪・1△1横浜FM なんと!! 調べた14年の中で、最後2連勝でフィニッシュしているのは横浜FMが3回、川崎は6回!! そしてそれぞれの年の残り2節の勝ち点を調べると 年 横浜FM 川崎 2005年:2 > 1 2006年:3 < 6 2007年:4 = 4 2008年:6 = 6 2009年:4 < 6 2010年:3 > 2 2011年:1 < 3 2012年:6 > 4 2013年:0 < 6 2014年:4 = 4 2017年:4 = 6 2018年:0 < 6 2019年:6 > 3 2021年:4 = 4 すると横浜FMの4勝5分5敗でほぼ互角。勝点が互角なら横浜FM、2連勝の多さでいうと川崎ってことになりますが、天皇杯、ルヴァンカップと「J1有利」「下位チーム有利」という数字からの予想が見事にひっくり返る結末ですからね。今週は何となくの傾向が出なかったけど、そっちのほうがよかったのかも……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.10.29 08:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly