エスパニョール、ウエスカGKアルバロ・フェルナンデスをレンタルで獲得

2022.09.01 00:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは8月31日、ウエスカのスペイン人GKアルバロ・フェルナンデス(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。

オサスナでプロデビューを飾ったアルバロ・フェルナンデスは、モナコを経て2019年夏にウエスカへ完全移籍。昨季はブレントフォードにレンタルで移籍し、プレミアリーグ12試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

エスパニョール、アルメリア控えGKパチェコを獲得

エスパニョールは1日、アルメリアのスペイン人GKフェルナンド・パチェコ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までで移籍金は200万ユーロ(約2億8000万円)とのことだ。 レアル・マドリーの下部組織出身であるパチェコは、アラベスで正GKとして活躍。これまでラ・リーガ通算209試合に出場している。 しかし昨年夏に加入したアルメリアではGKフェルナンド・マルティネスに阻まれ、控えGKの立ち位置に。今季はラ・リーガ1試合の出場に留まっていた。 2023.02.01 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

今季出場ゼロ…セルタで飼い殺し状態のデニス・スアレスがエスパニョールにレンタル

エスパニョールは31日、セルタから元スペイン代表MFデニス・スアレス(29)をレンタルしたことを発表した。契約は今季終了時までとなる。 かつてはマンチェスター・シティやバルセロナの下部組織に在籍し、その将来が大きく期待されたデニス・スアレス。本格的にトップチームで試合に出るようになったのは、2014年夏にレンタルで加入したセビージャ。在籍は1年間のみだったが、公式戦46試合に出場し、ヨーロッパリーグ制覇に貢献した。 翌シーズンはビジャレアルにレンタル移籍し、公式戦48試合出場とこちらでも主力としてプレーした。すると過去2年の活躍を経て2016-17シーズンに満を持してバルセロナデビュー。しかし、セビージャやビジャレアルで見せたようなパフォーマンスは見せられず、その後はアーセナル移籍を間に挟み、2019年夏にサッカーを始めたセルタへ復帰した。 セルタでは主力としてプレーし、昨季はラ・リーガ全試合に出場。そこでセルタは今季前に契約延長を打診したが、スアレスがこれを拒否したことでクラブ会長の反感を買い、今季は一度も出場のない飼い殺し状態に。今季終了後にビジャレアル復帰の可能性があったが、なんとか半年で脱出に成功したようだ。 2023.01.31 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モンペリエが元守護神ルコントを獲得! ボルシアMGに引き抜かれたオムリン後釜に

モンペリエは26日、モナコから元フランス代表GKバンジャマン・ルコント(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「40」に決定している。 3年半ぶりに古巣帰還を果たしたルコントは、クラブ公式サイトを通じて喜びを露わにしている。 「とても幸せな気持ちだし、仲間との再会が待ち切れないよ。僕はここで男としても、プレーヤーとしても成長することができた。そして、ここに戻ってきたことを本当に誇りに思っているよ」 フランス代表招集歴を持つルコントは、ロリアンやモンペリエで守護神として活躍後、2019年夏にモナコへ加入。モナコでは公式戦80試合に出場した。 その後はアトレティコ・マドリー、エスパニョールとスペインのクラブに2シーズン連続でレンタルに出ており、今季はエスパニョールでラ・リーガ10試合に出場していた。 なお、モンペリエでは2020-21シーズンから守護神を務めていたスイス代表GKヨナス・オムリンが、同国代表GKヤン・ゾマーをバイエルンに引き抜かれたボルシアMGに移籍。そして、その後釜として元守護神を呼び戻す形となった。 2023.01.27 07:50 Fri
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの一転出場にエスパニョールが異議申し立て 「競技の本質を危険に晒す」

エスパニョールがバルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに対する処分保留を巡り、正式に抗議した。 昨年12月31日に敵地で行われたラ・リーガ第15節でバルセロナと対戦したエスパニョール。1-1と勝敗つかず、マテウ・ラオス主審のカード乱発が話題をさらったが、前節の退場で3試合の出場停止処分が言い渡されながら、一転保留で出場可のレヴァンドフスキを巡っても試合前から注目を集めた。 勝ち点1を獲得したエスパニョールだが、年明けの2日にレヴァンドフスキの件に関する声明でスペインサッカー連盟(RFEF)に異議申し立てをした旨を明らかに。「この明白な不正は競技の本質を危険に晒すもの。明らかに法的根拠にも欠け、自らとファンの利益を守るためにあらゆる手段を講じる所存だ」などと綴った。 ちなみに、エスパニョールは試合前の段階で本来なら出場停止になるはずのレヴァンドフスキが先発メンバーに入っている件をラオス氏とRFEFの双方と話し合ったとの背景も明らかにしており、キックオフ前から指摘していた様子。それでも、押し通されたため、このたびの抗議に乗り出したようだ。 2023.01.03 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

主審に振り回されたバルセロナ・ダービー、チャビ監督は「ドローの責任は我々にある」と戒め

バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督が12月31日に行われたラ・リーガ第15節エスパニョールとのバルセロナ・ダービーについて言及した。 試合は終盤、イエローカードが乱発された挙句、両チームに退場者が出る大荒れの展開に。結局、バルセロナが主導権を握る展開ながらPKによる失点で追いつかれ、痛い引き分けに終わった。 試合後、チャビ監督はマテウ・ラオス主審の判定を批判しつつも、ドローの責任は自分たちにあると戒めた。 「多くのチャンスがあった。僅差のゲームでは追加点を奪わなければならない。ただ、後半は前半ほどの強度を保てなかった。1年を最高の形で終えることができなかったが、マドリーとは勝ち点で並んでいる」 「マテウは普段、冷静に試合をコントロールできる主審だ。だが、今日は冷静じゃなかった。会話をせず、カードで試合をコントロールしようとしていた。とはいえ、引き分けを彼のせいにはしない。我々の責任だ」 2023.01.01 07:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly