南野拓実が先発でリーグデビュー! 大敗モナコは2戦連続退場響き昨季からの無敗が「12」でストップ《リーグ・アン》

2022.08.21 01:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコは20日、スタッド・ルイ・ドゥで行われたリーグ・アン第3節でRCランスと対戦し、1-4で敗戦した。なお、FW南野拓実は先発でリーグデビューを飾り、56分までプレーした。

チャンピオンズリーグ(CL)予選では敗退したモナコだが、リーグ戦では開幕2戦無敗。前節のスタッド・レンヌ戦では前半に退場者を出した中、難敵相手に1-1のドローに持ち込んだ。ホームで今季2勝目を目指すクレメント率いるチームでは、CL予選での振るわないパフォーマンスで批判を浴びていた南野が左サイドハーフでスタメン起用となり、3戦目にしてリーグデビューを飾った。

立ち上がりからホームチームが押し込む入りとなった中、開始4分には南野にいきなり見せ場。右サイドからのクロスにボックス左で反応した南野は胸トラップからボレーシュートを狙うが、ここはDFに寄せられて打ち切れない。
すると、直後の7分には自陣でのクリアボールを相手に拾われてボックス右からダヴィド・コスタに折り返しを入れられると、ファーにフリーで走り込んだオペンダにワンタッチで流し込まれて先制を許した。

すぐさま反撃に出るモナコはボールを握ってチャンスを窺う中、16分にはセットプレーの流れから再び南野に決定機。右CKの二次攻撃からファーでボールを持ったエンボロが丁寧に折り返したボールをゴール前の南野が右足で合わせるが、ゴール至近距離からのシュートはGKサンバの見事なワンハンドセーブにはじき出された。

この決定機を決め切れなかったモナコは、徐々に相手のカウンターに晒される場面が増え、なかなか攻撃に人数をかけ切れない。そういった流れの中、38分にはヴァンデウソンのコントロールミスを奪われてマチャドにボックス内へ抜け出されると、GKとの一対一を決められて2失点目を喫する。

これで苦しくなったホームチームだが、失点直後の41分にはカイオの正確な右CKをゴール前のバディアシルが打点の高いヘッドで合わせ、瞬く間に点差を1点に戻した。

辛くも1点差で試合を折り返したモナコは、ハーフタイム明けに新戦力のカマラを投入。勢いを持って後半へ入ったが、いきなり出ばなを挫かれる。54分、セットプレーの流れでエンボロが自陣ボックス内でソトカの足をかけてしまいPK献上。これをフォファナに豪快に中央へ蹴り込まれた。

再び2点差を追う展開となったモナコは、直後の56分に南野を下げてゴロビンを投入。南野は2度の決定機への関与やアグレッシブな守備、内よりのポジションで幾度か良い攻撃への絡みを見せたものの、ビハインドの状況を考えれば、CL予選に続くほろ苦いリーグデビュー戦となった。

何とか早い時間帯に追いつきたいホームチームは、カマラとベン・イェデルの鮮やかな個人技から59分に絶好機を迎えるが、ここ相手GKの好守に遭う。

以降も押し込む時間帯が続くものの、なかなか決定機まで持ち込めないモナコは、72分にヴァンデウソンが2枚目のカードをもらってしまい、2試合連続で退場者を出してしまう。

この退場で厳しくなったモナコは、78分にも途中出場のサイードにボックス左から鋭いミドルシュートをニア下に突き刺されて4失点目を喫する。これで試合の大勢が決した中、何とか意地を見せたいホームチームは最後までゴールを目指したものの、後半にゴールを奪うことはできなかった。

この結果、今季初黒星を喫すると共に、昨季から継続していたリーグ無敗が12試合でストップしたモナコは、次節パリ・サンジェルマンとのアウェイゲームに臨む。

関連ニュース
thumb

「良い試合をした」モナコ指揮官がリーグ戦6試合ぶり出場の南野拓実を評価、競争は激化「選手を選ぶのが難しい」

モナコのフィリップ・クレメント監督が、日本代表MF南野拓実について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 モナコは5日、リーグ・アン第22節でクレルモンとアウェイで対戦した。 リーグ・アンで上位を目指すモナコ。中位に位置するクレルモン相手に勝利が欲しいなか、南野がリーグ6試合ぶりとなる出場を果たした。 ブリール・エンボロのやや後方、シャドーとして先発した南野。85分にはイエローカードをもらいそのまま交代したが、0-2の勝利に貢献。久々の実戦でまずまずのプレーを見せた。 クレメント監督は、久々に起用した南野について言及。チーム内での競争が激しくなっており、南野を含めてプレー機会を全員には与えられないとコメント。ただ、この試合のパフォーマンスは評価した。 「今日はエリーズ(・ベン・セギル)がそこには居なかったが、タキは準備ができていた。彼は良い試合をしたと思う」 「みんなのトレーニングを見ている。残念ながらピッチには11個しかポジションがないため、プレゼントをみんなに配ることはできない」 「例えばマイロン(・ボアドゥ)のように、ここ数週間では何人かの選手がとても良い仕事を見せていた。ケビン(・フォラント)もケガから復帰したため、ピッチの全てのポジションで競争が繰り広げられている」 「チーム内のダイナミクスはとても良好で、全員が準備ができていることを示さなければいけない。私は心の状態をもっと良く見ている。それは今後数週間で我々の強みになるに違いない」 「攻撃的な選択肢がますます増えているため、11人、そして(ベンチも含めた)20人の選手を選ぶのが難しくなっている。これが最後まで続くことを願う」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が久々のリーグ戦出場!モナコもしっかり勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="w2Ym9nSr7po";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】年明け初出場の南野がゴールに絡む! 伊東とオナイウも先発出場

リーグ・アン第22節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 今節ではオナイウ、南野、伊東の3選手がスタメン出場を飾った。 2023年に入ってリーグ戦では一度もプレー機会がなかった南野だが、今節のクレルモン戦で6試合ぶりのスタメン出場。[4-2-3-1]のトップ下に入った日本代表FWは、立ち上がりから精力的にプレーすると、1点リードで迎えた前半の13分には中盤での見事なボール奪取から長い距離を運び左で浮いたゴロビンにパスを通すと、ボックス左に侵入したゴロビンからの折り返しをエンボロが押し込んで追加点を奪取。アシストこそ付かなかったが、南野はひとつ結果を残した。以降もシュートシーンに絡み献身的な守備で貢献するまずまずのプレーを見せた南野は、イエローカードをもらった後半終盤の85分にお役御免。その後、チームは2-0の勝利を収めてリーグ7戦無敗とした。 引き続きスタメン出場となった伊東はオセールとアウェイで対戦。立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、伊東は18分に正確な右CKでアブデルハミドの先制点を演出したかに思われたが、ここはCKが直接ゴールラインを割っていたとの判定でゴールは認められず。その後も絶好調のバログンと共に攻撃を牽引する右ウイングは、28分にボックス内でシュートチャンスが訪れるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。ゴールレスで折り返した後半はなかなか見せ場を作れずにいた伊東だったが、後半終盤に再び決定機を創出。ペナルティアーク付近で足元への縦パスを丁寧に落とすと、これをマツシワが見事なミドルシュートで決め切った。だが、今度は伊東の微妙な戻りオフサイドを取られて前半同様にゴールは認められず。この直後の82分にはゼネリとの交代でピッチを退いた。その後、チームは勝ち点3奪取を逃すも、0-0のドローでリーグ戦無敗を14試合に更新した。 前節、待望のリーグ・アン初ゴールを挙げたオナイウは2戦連発を懸けてPSG戦に出場。最前線でのプレーとなったが、格上相手に守備に奔走する場面が多く攻撃面ではシュートはおろか見せ場を作れず。そして、チームが1-2で逆転された62分にダリンガとの交代でピッチを後にし、チームも王者相手に力負けとなった。 なお、ストラスブールでは川島が引き続き負傷欠場、鈴木はベンチ入りもチームが退場者を出した影響もあって、またしてもデビューはお預けに。チームは2-0で勝利している。 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/4 パリ・サンジェルマン 2-1 トゥールーズ ◆62分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽2/5 クレルモン 0-2 モナコ ◆85分までプレー ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/5 オセール 0-0 スタッド・ランス ◆82分までプレー 2023.02.06 00:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】オナイウがリーグ・アン初ゴールを記録!伊東はアシストで逆転勝利に貢献

リーグ・アン第21節がミッドウィークに行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールに鈴木唯人が加入した。 今節もスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。6位ロリアンをホームに迎えたスタッド・ランスは、前半で2失点を喫するが前半終了間際にバログンのPKで1点を返す。 1点ビハインドで後半を迎えたスタッド・ランスだが、51分にドゥンビアのゴールで試合を振り出しに戻すと、61分には右サイドから仕掛けた伊東のクロスをバログンがボレーで流し込み、逆転に成功。 さらに64分には、バログンがハットトリックとなるゴールを挙げ、4-2で逆転勝利を収めた。伊東は87分までプレーしている。 また、オナイウがベンチスタートとなったトゥールーズは、ホームでトロワと激突。3-1で迎えた71分から出場したオナイウは、試合終了間際の88分に右CKからワンバウンドしたボールをダイビングヘッドで叩き込み、リーグ・アン初ゴールをマーク。試合はそのまま4-1でトゥールーズが勝利している。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたスタッド・レンヌとの一戦は、鈴木が初ベンチ入りも出場せず、負傷中の川島はベンチ外となった。また、オセールと対戦したモナコの南野もベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/1 スタッド・ランス 4-2 ロリアン ◆87分までプレー ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/1 トゥールーズ 4-1 トロワ ◆71分からプレー、88分にリーグ・アン初ゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽2/1 モナコ 3-2 オーセル ◆ベンチ入りも出場せず 2023.02.02 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】伊東躍動のランスがPSGと敵地でドロー! 鈴木唯人のデビューはお預けに

リーグ・アン第20節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。さらに、今冬の移籍市場でストラスブールにMF鈴木唯人が加わることになった。 後半戦初戦となる今節ではスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。リーグ首位に立つパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイゲームに臨んだ伊東は右ウイングでプレー。難航不落のパルク・デ・プランスに乗り込んだ中、チームと共にアグレッシブな姿勢を示す伊東は、15分にゴール前に飛び出してのダイレクトシュート、24分にボックス内で仕掛けてのゴールライン際のシュートと決定機に絡む。また、ロングカウンターの局面では持ち味のスピードでDFマルキーニョスのイエローカードを誘発する場面も創出。 ほぼ互角の内容をみせてゴールレスで試合を折り返したランスは、後半立ち上がりにネイマールにゴールを許してビハインドを背負う。だが、その直後には伊東の鋭い突破がヴェッラッティのファウルを誘うと、オンフィールド・レビューの結果、危険な足裏タックルにレッドカードが掲示された。そして、日本代表FWの退場誘発によって勝ち点のチャンスを残したランスは決死の攻勢を続けると、後半アディショナルタイムにバログンの土壇場ゴールで同点に追いつく。そして、存在感放った伊東の活躍もあり、難所パルクから勝ち点1を持ち帰ることになった。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたオナイウ在籍のトゥールーズとの一戦は、鈴木が負傷中の川島と共にベンチ外となったため、日本人対決は実現せず。この一戦で唯一の出場選手となったオナイウは、チームが2-1のリードで迎えた79分に2ゴールを挙げたダリンガとの交代で途中出場。敵地での逃げ切りに向けて前線からの守備が求められたオナイウはその仕事を忠実にこなした一方、攻撃ではシュート0本に終わって良いアピールとはならなかった。 また、マルセイユとの強豪対決に臨んだ南野はベンチ入りも出場機会はなかった。なお、前回対戦でも激闘を演じた両者の一戦はモナコが相手のオウンゴールで先制に成功したが、後半立ち上がりの失点で追いつかれ、敵地から勝ち点1を持ち帰るにとどまった。 ★南野拓実[モナコ] ▽1/28 マルセイユ 1-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場なし ★川島永嗣[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ケガのため欠場 ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆79分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽1/29 パリ・サンジェルマン 1-1 スタッド・ランス ◆83分までプレー 2023.01.30 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコがアーセナルMFサンビ・ロコンガへ11.3億円オファーも拒否される

アーセナルがベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(23)へのモナコからのオファーを拒否したようだ。フランス『フットメルカート』が伝えた。 サンビ・ロコンガは、アンデルレヒトの下部組織出身。2018年1月にファーストチームへと昇格すると、2021年7月にアーセナルへと完全移籍で加入した。 加入1年目の昨シーズンは公式戦24試合に出場。攻撃面での特徴を出していた一方で、ボランチとしての守備の強度の低さが課題とされていた。 今シーズンもグラニト・ジャカ、トーマス・パルティの2枚看板が君臨し控えに甘んじているものの、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの全6試合に出場。公式戦では15試合でプレーしている。 多くの出場機会があるわけではないサンビ・ロコンガに対し、モナコがオファー。800万ユーロ(約11億3000万円)を提示したとされているが、アーセナルはこのオファーを拒否している。 アーセナルでは、エジプト代表MFモハメド・エルネニーが負傷している中、27日に行われたFAカップ4回戦のマンチェスター・シティ戦でトーマスも負傷。ボランチを本職としている経験ある選手はジャカとサンビ・ロコンガしかおらず、手放すことは考えにくい状況となっている。 2023.01.28 20:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly