中位の対決は両者決め手を欠いてドロー…鳥栖はまたも今季初連勝のチャンス逃す【明治安田J1第25節】

2022.08.14 21:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
14日、明治安田生命J1リーグ第25節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。

9位の鳥栖(勝ち点32)と10位の名古屋(勝ち点29)の中位対決。上位に向かっていくか、それとも残留争いに巻き込まれるか。残りシーズンの戦い方にも影響を与えるであろう両者の対戦となった。

鳥栖は前節はジュビロ磐田相手にホームで2-0で勝利。今節も[4-2-3-1]のシステムを採用し、磐田戦から2名を変更。小泉慶、 菊地泰智が外れ、藤田直之、本田風智を起用した。

対する名古屋は前節は浦和レッズに3-0で快勝。しかし、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではアウェイで浦和に3-0で敗れて連覇を逃した。前節の浦和戦からは1名を変更。永井謙佑に代えて、仙頭啓矢を起用した。仙頭と森下龍矢は古巣対決となった。

試合序盤は鳥栖がボールを握る展開に。パスを繋いでしっかりと名古屋陣内に攻め込む形で試合は進んでいく。

特に左サイドに入った岩崎にボールを集め、前節同様に個人での突破を仕掛けさせる形に。何度か良い形でボールを運んでいくが、決定機までは作れない。

名古屋はブロックを作りながらロングボールを前に送る形で攻め込もうとするが、ファン・ソッコ、ジエゴの両CBがしっかりと対応する。

すると鳥栖は15分にチャンス。藤田からのフィードを右サイドで受けた長沼は一対一を仕掛けてクロス。これをニアで宮代が合わせると、ミートできなかったボールを本田がヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。

さらに19分、中野がボックス手前から左足一閃。鋭いシュートが飛ぶが、枠を超えていく。

名古屋は28分に決定機。ボックス手前右からレオ・シルバが狙い澄まして右足シュート。これはGK朴一圭がセーブ。ボールがゴールに入りそうになるがなんとかかき出すも、これを拾ったマテウス・カストロがボックス内でシュートも原田がブロック。さらに相馬のシュートも原田がブロックと鳥栖は難を逃れる。

名古屋は32分に最大のチャンス。相馬が丸山のロングフィードに抜け出すが、上手くコントロールできず。それでもGK朴一圭を釣り出すと、中央へクロス。走り込んだ重廣が無人のゴールへ流し込むだけだったが、まさかのシュートミスで得点を奪えない。

すると鳥栖は37分、前線で宮代が粘ると、本田がボックス手前からシュート。これはブロックされるが、最後は長沼がボックス右からクロスを上げると、岩崎が飛び込んでヘッド。しかし、GKランゲラックが横っ飛びでセーブする。

38分にはボックス左でジエゴが仙頭と接触してファウル。ボックス外でのファウルとされたが、VARのチェックが入りPKかどうかの判定に。しかしFKの判定のままで試合は続行された。

ゴールレスで迎えた後半は共に交代はなし。後半も鳥栖がボールを握ると、47分に中野のパスに反応した岩崎が左サイドを抜け出しグンラウンダーのクロス。これを走り込んだ原田がシュートも、ブロックされる。

さらに54分にはボックス手前でパスを受けた本田が浮き球をシュート。ドライブが掛かったシュートが枠を襲ったが、わずかに越えていく。

名古屋は56分に仙頭、重廣を下げて、永井謙佑、永木亮太を投入。すると61分にその永井がビッグチャンス。フィードに反応し、ファン・ソッコと入れ替わった永井が抜け出すとドリブルで持ち出し、最後はボックス内でシュート。しかしこれはGK朴一圭が左手一本でセーブ。得点を許さない。

すると69分にアクシデント。ルーズボールを追った中、稲垣と藤田が交錯。藤田のスパイクが稲垣の脛に直撃。名古屋の選手がヒートアップする中、井上知大主審はイエローカードを稲垣に提示。藤田が先にボールに触っていた中、稲垣が衝突したという判定となった。

難しい判定となった中、鳥栖は本田を下げて垣田裕暉、名古屋はマテウス・カストロ、レオ・シルバを下げて柿谷曜一朗、宮原和也を投入する。

さらに鳥栖は藤田と長沼を下げて、森谷賢太郎、堀米勇輝を投入。ゴールを目指していく。

オープンな展開となっていく中、互いに決定機までは作れない。鳥栖は岩崎と宮代を下げ、西川潤、手塚康平を起用。手塚は移籍後初出場となった。

鳥栖がボールを繋ぎながら攻め込む一方で、名古屋はカウンターを狙う形に。それでも互いに決定機は作れずにタイムアップ。0-0の引き分けに終わった。

サガン鳥栖 0-0 名古屋グランパス

関連ニュース
thumb

「非常に難しい」福岡vs名古屋のGK負傷シーンにJFA審判委員会が見解「“競技者の安全“を確保」が原則

日本サッカー協会(JFA)は7日、レフェリーブリーフィングを開催した。 かつてJリーグで主審を務めていた、扇谷健司審判委員長と東城穣Jリーグ審判デベロプメントシニアマネジャーが出席。明治安田生命J1リーグ第31節までの主な事象について、実際のプレー映像や主審とVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の交信を交えて、判定に関する解説がなされた。 最近は判定を巡って、様々な注目が集まるようになり、VARの運用方法や、判定基準などが話題となることが多い。 今回取り上げられた中では、「“競技者の安全”を確保する」という事象もピックアップ。それは、大きな物議を醸した試合でもある9月3日の明治安田生命J1リーグ第28節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスのシーンだった。 問題となったシーンは開始2分になる手前、ロングボールを処理しようとした福岡のGK永石拓海がボックスを飛び出ると、バックステップでクリアしようとしたDF宮大樹と頭同士が激突。そのまま2人とも倒れ込むが、味方同士の接触でもあり、この流れでプレーは止まらず、名古屋が森下龍矢のゴールで先制した。 このシーンについて東城氏は「試合を停止するのかは非常に難しい。簡単ではない事象である」と前置きし、「主審としてもこの時にできる適切な対応をしてくれた。状況把握し、ドクターやチームスタッフをすぐに呼ぶという対応ができていた」とレフェリーの対応を評価した。 一方で「原則として、プレーを停止し、“競技者の安全”を確保する必要がある」とし、「審判員たちにもこの話は共有している」と、試合を止めることを選ぶことも必要だったとした。 東城氏は、個人的な見解としてもし止める場合のタイミングについては「もし止めるとしたら、GKとぶつかって状況を確認する時間も短い中で、ボールが左に少し流れていくと思います」とコメント。「ボールがゴールに向かっていれば難しくなるが、左側に行って選手が持ち直すので、ここで止められれば良かったのかなと思います」と、接触の後にボールが流れた時点で止めても良かったとした。 ただ、名古屋にとっては相手同士の接触であり、ファウルでもないために止められれば決定機を阻まれたことにもなってしまう。東城氏は「どれが正解というのはない」とし、非常に難しいシーンであるとした。 <span class="paragraph-title">【動画】審判にとっても判定が非常に難しかったGKとの接触シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="c1-22ITVeRE";var video_start = 55;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.07 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島MF土居聖真が左股関節内転筋損傷で今季終了…全治6週間

鹿島アントラーズは7日、MF土居聖真の負傷を発表した。 クラブの発表によると、土居は左股関節内転筋損傷を発症したとのこと。離脱することになるという。 なお、治療の期間は約6週間とのこと。今シーズン中の復帰はなくなった。 土居は今シーズンの明治安田生命J1リーグで23試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップでも7試合で2得点を記録していた。 2022.10.07 21:43 Fri
twitterfacebook
thumb

物議醸した横浜FMvs福岡の判定「直接FK+退場」が妥当、JFA審判委員会が解説…問題はVARとのコミュニケーション

日本サッカー協会(JFA)は7日、レフェリーブリーフィングを開催した。 かつてJリーグで主審を務めていた、扇谷健司審判委員長と東城穣Jリーグ審判デベロプメントシニアマネジャーが出席。明治安田生命J1リーグ第31節までの主な事象について、実際のプレー映像や主審とVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の交信を交えて、判定に関する解説がなされた。 最近は判定を巡って、様々な注目が集まるようになり、VARの運用方法や、判定基準などが話題となることが多い。 今回もいくつか目立った事象が説明された中、取り上げられたものの1つが、9月10日に日産スタジアムで行われた明治安田J1第29節の横浜F・マリノスとアビスパ福岡のシーンだ。 この試合では開始5分に横浜FMの日本代表FW西村拓真が福岡のDF奈良竜樹から激しいタックルを受けて転倒。その後、プレーを続けて先制ゴールをアシストしたが、その後再び接触し、20分で交代を要求し、担架で運び出されていた。 このシーンでは奈良のスパイクが完全に西村の左足首を捉えており、危険なプレーであることは明白。しかし、VARはスルーし、主審のOFR(オン・フィールド・レビュー)もなく続行。カードすら出ていない状況だった。 試合後には奈良や家族への誹謗中傷、侮辱、個人攻撃という投稿が相次いでおり、大きな注目を集めていた。 ブリーフィングでは実際にこのシーンを改めてチェックし東城氏が解説。「著しく不正なプレー」であるとの見解を示し、直接FKと奈良の一発退場が正しい判定だったとした。 東城氏は今回の件に関して「レフェリーとしては非常に見極めが難しい事象だった。1つはボールがプレーされた後のタイミングで、どうしてもレフェリーは先のプレーを追うので、印象が薄くなってしまうこと。もう1つは、アプローチが勢いがある、スイッチが入りにくく、見極めがなかなか難しかった」とコメント。主審はわかりにくいものだったとした。 ただ、「アドバンテージにしているので、ファウルという認識はあった。ただ、映像で見たように、足裏が乗るような形を見極められていなかった」と、ファウルでありながらも、ここまでのものでは無かったと感じたのではないかとした。 以前までのサッカーであれば、それで終了だが、現在はVARが導入されている。映像を見れば、誰が見ても足首にスパイクが入っていることは明白。VARが判定を正すことは可能だった。 その点については「課題の1つはコミュニケーション。チェックは当然していますが、どう伝えるか。レフェリーは見えていないということを伝えていますが、VARはどう見ましたか?とは言っていましたが、その後に足裏が入っていないと言っていた場合に、それは違うよと踏み込んでいかなければいけない、次のステップに行くべきでした」と、VARから主審の見解が違うことを指摘すべきだとし、「短い時間の中でチェックをする、プレッシャーがあることも理解していますが、レッドカードの可能性があるということで、OFRを勧める事象だったと思います」と、VARから映像をチェックさせるべきだったとした。 しっかりと意思疎通が取れていなければ、VARでいくらチェックしていてもこのような事態は起こるもの。「コミュニケーションが課題」としたが、そうなる理由は運用方法にも原因がありそうだ。 東城氏は「一番最初に教えられた時は、レフェリーが何をどう見たかを聞きなさいという教えがあった。その中でじゃあ次のステップをどうするかということがあった」とVARの初期段階では主審の意見を聞くことが尊重されていたという。ただ、「明らかに違った場合は、こういう事実がありますよと伝えることも必要だと考えています。状況に寄って変えなければいけません」と、今回の様に目に見えて間違った判定を下しそうな場合は、事実を伝えることが大事だとした。 また、「サポートすることがダメだということではないが、今回のように現場で見えているものと映っている事実が違うというのは伝えるべきで、OFRを勧めなければいけないものだったと考えています」とした。 結果として、このプレーで交代した西村は左足関節外側じん帯損傷と診断され離脱。全治4〜6週間とされていたが、驚異的な回復を見せ、1日の名古屋グランパス戦ですでに復帰している。 2022.10.07 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖もSNSのなりすまし被害…サポーターになりすましたクラブや選手を誹謗中傷

サガン鳥栖は7日、SNSでのなしすまし投稿への声明を発表した。 クラブの発表によると、鳥栖のサポーターに成り済ましたアカウントが、SNSで他クラブへの差別的な表現や偏見、誹謗中傷を伴う看過できない投稿が複数確認されたという。 鳥栖は「このような投稿は、該当選手・スタッフ・クラブはもちろんのこと、なりすましの被害を受けられた方や投稿を見られた関係者の方々、ファン・サポーターの皆様などを傷つける行為であり、弊クラブの信用失墜にもつながることから、クラブとして決して許すことはできません」と糾弾した。 また「今後はJリーグのガイドラインに則り、専門家等のアドバイスをいただきながら、必要に応じて管轄警察署等とも連携し、法的措置などを視野に入れ厳正に対処して参ります」と厳しい処分を下す考えがあるともしている。 最近では京都サンガF.C.や浦和レッズ、鹿児島ユナイテッドFC、横浜F・マリノスなどが同様の被害を訴え、注意喚起を行っている。 2022.10.07 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、提携するインドネシアリーグでの事故に際して週末の全試合で黙祷を実施

Jリーグは7日、今週末の全試合にて黙祷を行うことを発表した。 10月1日、インドネシア東ジャワ州マランのカンジュルハン・スタジアムで開催された、インドネシアサッカーリーグ・リーガ1 アレマFCvsペルセバヤ・スラバヤにおいて、試合終了後にスタジアムで多くの方が亡くなられる事故が発生した。 試合後に負けたアレマのサポーターがスタンドからピッチに乱入。これを制御しようと警察が催涙ガスを使用。これにより、逃げようと多くの人が殺到し、踏みつけられた圧死などで131名が死亡したとされている。 Jリーグは2014年からインドネシアのプロサッカーリーグとのパートナーシップ協定を締結。野々村芳和チェアマンも「非常に心を痛めています」とコメントしていた。 なお、Jリーグは10月8日(土)、9日(日)、10日(月)の3日間で行われる全ての試合で黙祷を実施することを決定した。 2022.10.07 15:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly