新生ユナイテッドがブレントフォードに屈辱の4失点大敗…開幕連敗で次節リバプールとのビッグマッチへ《プレミアリーグ》

2022.08.14 03:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第2節、ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にグリフィン・パークで行われ、ホームのブレントフォードが4-0で圧勝した。

テン・ハグ新体制の初陣となったホームでのブライトン戦に1-2で敗れ、厳しい船出を強いられた新生ユナイテッド。その開幕戦の失態を払しょくしたい赤い悪魔は、開幕ドロースタートのブレントフォードのホームに乗り込んだ。

オランダ人指揮官は初戦からマクトミネイに代えてクリスティアーノ・ロナウドを起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用。最前線にロナウド、2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードが入った。

立ち上がりからボールを握り、開始直後にはロナウドが早速シュートを放つなど、まずまずの入りを見せたユナイテッド。しかし、思わぬミスから開幕戦に続いて先制を許す。

10分、自陣右サイドでのスローインからロナウドが中央でボールを奪われてカウンターを許すと、ペナルティアーク付近でダシルバが右足で放ったシュート。ゴール右下隅の良いコースに飛んだとはいえ、ボールの勢いを考えれば、問題なく対応できるものだったが、GKデ・ヘアが脇の下を抜かれる失態で先制点を献上した。

これで俄然勢いづくホームチームに対して、早い時間帯の同点ゴールを目指すユナイテッドは、前がかって攻めに出る。しかし、開幕戦でも露呈した不安定なビルドアップを相手に突かれる。

攻撃時にアンカーに入るエリクセンの直前のボールロストはマグワイアのカード覚悟のファウルで事なきを得るが、18分にはゴールキックのリスタートの際に相手が完全に狙っていた中、GKデ・ヘアからエリクセンに出したパスに猛然としたプレスを仕掛けたイェンセンにボックス内でボールを奪われ、巧みな切り返しから右足のシュートを流し込まれ、再びミスから2失点目を喫した。

信じがたいミスの連続で開幕戦に続く2点ビハインドとなったユナイテッドは、ボールを握って攻め手を窺うものの、持たされる印象が強く相手の5バックを揺さぶり切れない。そうなると、流れに関係なくゴールを決められるエースに期待がかかるが、立ち上がり以降はなかなか見せ場を作れない。

すると、苦境の中で粘りを欠くチームは耐え切れない。まずは30分、ブレントフォードの右CKの場面で大外のトニーに頭で折り返されると、ファーサイドで待つベン・ミーに泥臭く頭で押し込まれて3失点目。さらに、35分には人数をかけた攻撃で攻め切れず、相手ボックス内からのクリアでロングカウンターを浴びる。左サイドのスペースに飛び出したトニーに速いタイミングでムベウモへのラストパスを許すと、DFショーの必死の戻りも及ばずにボックス内へ侵入したムベウモに左足のシュートを流し込まれ、屈辱の4失点目となった。

この連続失点で完全に心が折れたようにも見えるアウェイチームは、まずは1点ずつを返そうと攻勢を強めていく。だが、相手を上回るプレー強度はなくさしたる見せ場を作れぬまま、最悪な形でハーフタイムのドレッシングルームに戻ることになった。

迎えた後半、テン・ハグ監督はリサンドロ・マルティネス、ショー、フレッジを下げてヴァラン、マラシア、マクトミネイをそれぞれ同じポジションで投入。攻撃に全振りの交代というよりも、まずは崩壊しかけていた部分にテコ入れを図る形となった。

後半立ち上がりの守勢を凌いで徐々に押し込む時間帯を作り出すユナイテッドだが、4点リードによって余裕を持って守る相手の守備に苦戦。ボールは握るものの攻めあぐねる状況が続き、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。

さらに、存在感を欠いたサンチョを諦めてエランガを60分過ぎにピッチへ送り出すが、この交代策も流れを引き寄せるまでには至らない。ゴールが遠く時間だけが過ぎていく中、80分過ぎにはグリフィン・パーク帰還のエリクセンに見せ場も、ボックス中央でのシュートチャンスで枠に飛ばすことができない。

その後も覇気のない戦いに終始したユナイテッドは、無抵抗のままタイムアップを迎え、敵地で屈辱の0-4の大敗。厳しい開幕連敗スタートとなった赤い悪魔は、最悪な形で次節リバプールとのビッグマッチに臨むことになった。

関連ニュース
thumb

【プレミアリーグ第9節プレビュー】ノースロンドン・ダービーとマンチェスター・ダービーが開催!

エリザベス女王の訃報やインターナショナルブレイクもあり、チームによっては1カ月ぶりのリーグ戦となる今節。注目はノースロンドン・ダービーとマンチェスター・ダービーだ。 首位アーセナルが3位スパーズをホームに迎える今季最初のノースロンドン・ダービー。開幕5連勝を収めたアーセナルは、第6節のマンチェスター・ユナイテッド戦で初黒星を喫したものの、直近のブレントフォード戦ではアウェイで3発快勝を収め、首位でインターバルへ突入することになった。 対するスパーズは、ここまで5勝2分け無敗とこちらも好調。直近のレスター戦ではソン・フンミンが今季初得点を含むハットトリックの活躍を披露し、6ゴールの大勝を収めている。 互いにこの上ない状態で臨むダービーだが、負傷者が多いのも共通点。アーセナルはジンチェンコやティアニーをはじめ、このブレイク中にトーマス・パルティやスミス・ロウも故障者リスト入りしてしまった。また、スパーズも守護神のロリスやクルゼフスキが負傷と、大きな痛手を被っている。 マンチェスター・ダービーも激戦必至。シティはチャンピオンズリーグを含め公式戦9試合で無敗を継続中で、ここ数試合ではCLでドルトムント相手にハーランドがゴールを決め、続くウルブス戦も3ゴールの快勝に貢献。ハーランドは現在、公式戦7戦連発中だ。 対するユナイテッドは、全試合延期となった第7節に第8節も延期となったため、リーグ戦は9月4日のアーセナル戦以来。その間に行われたヨーロッパリーグでは、初戦でソシエダに敗れたものの、第2節で昨季のCLで旋風を巻き起こしたシェリフをアウェイで破っている。 なお、シティではこの代表ウィークでストーンズとカルヴァン・フィリップスが負傷。ラポルテはトレーニングに復帰したが、今節の出場はないとグアルディオラ監督が確認した。ユナイテッドでもマグワイアが新たに負傷。一方で直近の試合を欠場していたマルシャルやラッシュフォードは出場可能と見込まれている。 7位のチェルシーはアウェイでクリスタル・パレスと対戦する。ユナイテッド同様に第8節のリバプール戦も延期となったため、1カ月ぶりのリーグ戦となる。この間にCLでは初戦でディナモ・ザグレブに敗れ、ポッター監督の初陣となった第2節のザルツブルク戦も勝ちきれなかった。なお、今節がポッター監督のチェルシーでの初リーグ戦となるが、ブライトン時代ではパレスに一度も勝てていなかった。 早くも3敗を喫し、7位に沈んでいるリバプールはホームでブライトンを迎え撃つ。こちらも1カ月ぶりのリーグ戦だが、直近のエバートンとのマージーサイド・ダービーはゴールレスドローに終わっている。その後のCLでもナポリに大敗を喫するなど、なかなか調子が上がらない今シーズン。ブレイク明けから波に乗っていきたいところだが…。 ◆プレミアリーグ第9節 ▽10/1(土) 《20:30》 アーセナルvsトッテナム 《23:00》 ボーンマスvsブレントフォード クリスタル・パレスvsチェルシー フルアムvsニューカッスル リバプールvsブライトン サウサンプトンvsエバートン 《25:30》 ウェストハムvsウォルバーハンプトン ▽10/2(日) 《22:00》 マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド 《24:30》 リーズvsアストン・ビラ ▽10/3(月) レスターvsノッティング・フォレスト 2022.10.01 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ダービーに向けケガ人について語るグアルディオラ監督、ドイツ戦で負傷のストーンズは「10日から2週間」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、負傷者について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 現在アーセナルに続いてプレミアリーグで2位につけているシティ。2日にはマンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”が控えている。 首位のアーセナルは3位のトッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”が組まれており、シティとしては首位に浮上する可能性がある状況だ。 しかし、そのシティはケガ人が相次いでいる。9月のインターナショナル・マッチウィークでは、イングランド代表に招集されていたDFジョン・ストーンズがドイツ代表との試合で負傷してしまった。 さらに、肩を負傷したMFカルヴァン・フィリップスがイングランド代表を辞退、ヒザを痛めていたスペイン代表DFアイメリク・ラポルテも離脱している。 グアルディオラ監督は試合に向けた記者会見で3選手の状態についてコメント。いずれもダービーで起用できず、復帰を待つことになるとした。 まず、ハムストリングを痛めたストーンズに関しては「彼は準備ができたら戻ってくる」とコメント。「4週間、5週間、6週間ということではなく、それ以下になる」と重傷ではないとし、「彼がいつ戻るかはわからないが、多分10日から2週間だと思う」と、復帰時期について語った。 また、フィリップスについては加入後細かいケガが続いている状況だった。そこに加えて肩を負傷。手術を受け、ワールドカップ(W杯)までの回復に状態を上げている状況。グアルディオラ監督も「彼は本当に良い感じだ」と語り、「彼の運動能力は向上している。正しい決断をし、そうでなければ前には進めなかった。トレーニングのたびに、上手くいっていなかった」と苦労を語った。 加えて「上手くいけば問題が解決し、彼の準備ができ、W杯に間に合うように戻ってくる。そして、W杯が終われば、我々と一緒に戻ってくることを願っている」と語り、しっかりと回復して欲しいとした。 最後にラポルテについても言及。「彼は長い間負傷していた。彼の動きはよく、パスの能力は並外れたものであることがトレーニングで見られている」とコメント。「誰もがそうであるように、クレイジーなスケジュールで、戻ってくることが重要になる」と、復帰に期待を寄せた。 2022.10.01 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マルティネスのサイズ論争に敵将ペップも参戦 「大事なのは知的さと勇敢さ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスに言及した。 今夏にアヤックスからユナイテッド入りしたマルティネス。アヤックス時代から師事を仰ぐエリク・テン・ハグ監督の下、抜群の機動力に魂のこもった守りとビルドアップでレギュラーの座を射止め、イングランド代表DFハリー・マグワイアをベンチに追いやる。 ただ、身長175cmの身長を不安視する声も…。2日に敵地で行われるプレミアリーグ第9節のシティ戦では加入初年度ながら早くもリーグ戦で11ゴールを決め、身長195cmのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと対峙し、マルティネスの対応ぶりが注目される。 グアルディオラ監督も試合に先立っての会見で両選手の身長差を認めたが、マルティネスにはそのギャップを埋められるだけの力があるとみているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 「アーリングの方が背が高いのは確か。サイズで選手が過小評価されているのは好きだが、彼(マルティネス)は彼らに『僕はここにいるぞ、僕は良い選手だ』と伝えることができる」 「彼はファンタスティックな選手だし、アグレッシブで、ビルドアップがうまい。だから、ユナイテッドはあの金額を支払ったわけで、エリク(・テン・ハグ)も彼のことを知っている」 「彼が大きい選手と対峙するのは初というわけじゃないし、これまでも対処している。大事なのは知的さと勇敢さだ。クロスではアーリングの方が大きいが、どうなるか見てみよう」 2022.10.01 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「マグワイアならきっとできるし、挽回してくれるはず」 テン・ハグが信頼アピール

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がイングランド代表DFハリー・マグワイアに言及した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ユナイテッドでも、代表でも、ミスが散見されるパフォーマンスぶりから厳しい目を向けられるマグワイア。今季の早いタイミングで先発外しを決断したテン・ハグ監督だが、信頼を失ってはいないようだ。 オランダ人指揮官は2日に予定されるマンチェスター・シティとのプレミアリーグ第9節に先立っての会見で、復調を期待した。 「まずはもちろんながら、私は彼のことを指導し、サポートしなければならない。だが、彼を信じているからこそ、サポートするんだ」 「プレシーズンでは試合でも練習でも本当に良かった。それから外れてしまっているが、それは今のセンターバックが良いパフォーマンスをしているのが関係している」 「だが、私は彼の資質を把握しているし、外れた後もよく練習して、何よりクオリティがある。キャリアを見ても、イングランド代表として50試合近くのキャップがある」 「レスターやマン・ユナイテッドで素晴らしいパフォーマンスを見せたきたわけだから、高いポテンシャルの持ち主だとわかるはず。それからは彼次第だ」 「ドレッシングルームの選手や、コーチ、マネージャー、誰もが彼を信じている。彼にもそう言った。彼ならきっとできるし、挽回してくれるはず。私は確信している」 なお、マグワイアは代表先での負傷により、シティとのマンチェスター・ダービーを欠場する。 2022.10.01 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏ユナイテッド関心のアルナウトビッチ、ボローニャSDが残留の経緯語る「彼がオファーを断った」

ボローニャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルコ・ディ・ヴァイオ氏が、今夏にマンチェスター・ユナイテッドから接触のあったオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチの残留の経緯を説明している。 昨夏にボローニャに加入したアルナウトビッチ。11年ぶりのセリエAだったが、昨季は30代にしてキャリアハイのリーグ戦14得点を記録し、ユナイテッドはFWクリスティアーノ・ロナウドの退団などに備えて獲得に動いたとされている。 最終的にはサポーターから反対の声が多数を占め、獲得から撤退したと見られていたが、実際には選手側から断られていた模様。ディ・ヴァイオ氏が、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で明かした。 「ユナイテッドはファンのせいで引き下がった? そうではない。アルナウトビッチは自らが現在、そして今後数年間、クラブのプロジェクトの中心にいることを理解しているのだよ。彼はクラブとこの街の象徴として、真のチャンピオンとして振る舞っている」 ボローニャ残留の決断が功を奏してか、今季のアルナウトビッチは昨季を上回るペースでゴールを量産。現在までにセリエAで7試合6得点を記録し、得点ランキングの単独首位に立っている。 2022.09.30 14:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly