鳥栖の選手1名が新型コロナ陽性、選手1名が濃厚接触疑いとなり隔離

2022.08.12 18:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は12日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、12日に選手はJリーグによる定期抗原定性検査を受け、陽性判定となった。

その後、医療機関にてPCR検査を受け、陽性判定となった。

なお、本人は発熱の症状があるとのこと。適切な対策のもとで療養しているという。

また、選手1名が濃厚接触疑い者となり、隔離されたとのことだ。

関連ニュース
thumb

金沢のDF孫大河がプロA契約、今季鳥栖に入団し6月に期限付きで加入

ツエーゲン金沢は6日、DF孫大河(23)とのプロA契約締結を発表した。 孫は東京都出身で、立正大学から2022年にサガン鳥栖へと入団。2021年に特別指定選手としてYBCルヴァンカップで1試合に出場し、今季も1試合に出場していたが、6月に金沢へ期限付き移籍していた。 金沢ではここまで明治安田生命J2リーグで13試合に出場していた。 孫は9月18日の大分トリニータ戦で規定の出場時間を達成していたとのことだ。 孫はクラブを通じてコメントしている。 「まずは自分を使ってくれた全ての監督、スタッフの方々に感謝したいです」 「満足することなくこれからも日々成長していき、チームの勝利に貢献出来るようにもっともっと頑張ります!」 2022.10.06 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

山形FW藤原悠汰が右大腿二頭筋肉離れで全治8〜10週間、鳥栖のルーキーで6月から山形でプレー

モンテディオ山形は6日、FW藤原悠汰の負傷を発表した。 クラブの発表によると、藤原は9月29日のトレーニングで負傷したとのことだ。 チームドクターの検査の結果、右大腿二頭筋肉離れと診断。全治は約8~10週間となり、今季中の復帰はなくなった。 藤原は明治大学から2022年にサガン鳥栖に入団。明治安田生命J1開幕戦でデビューを果たすなど、公式戦14試合に出場し3得点を記録していた。 その後、6月に山形へと育成型期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで6試合の出場に終わっていた。 2022.10.06 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

京都が豊川弾で貴重な勝ち点3、参入PO圏脱出!鳥栖は3戦未勝利【明治安田J1第31節】

1日、明治安田生命J1リーグ第31節のサガン鳥栖vs京都サンガF.C.が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で京都が勝利した。 前節は鹿島アントラーズと引き分けた鳥栖と、 FC東京に敗れた京都の一戦。鳥栖は4名を変更。ファン・ソッコ、ジエゴ、小泉、本田が外れ、島川、中野、手塚、西川を起用した。 対する京都は、FC東京戦から3名を変更。佐藤、武富、ピーター・ウタカが外れ、本多、福岡、山﨑を起用した。京都はJ1参入プレーオフ圏に現在位置している。 試合は、鳥栖はスピードを生かしたカウンター、京都は豊富な運動量を見せながらボールを繋いでいく形で展開していく。 互いに譲らない展開が続く中17分、京都がワンチャンスを生かす。左サイドを崩すと、左からのクロスを相手DFがクリア。これを豊川が拾うと、ボックス際で相手DFをかわして左足一閃。右ポストを叩いてネットを揺らし、京都が先制する。 先制を許した鳥栖は、左サイドの岩崎を中心に、先発した西川ら前線の選手が仕掛けてチャンスを作るが、京都が非常に集中した守備を見せて、決定機を迎えさせない。 京都は立ち位を変えてパスを繋ぎ、鳥栖のお株を奪う展開を前半は見せていた中、後半は鳥栖が反撃。立ち上がりはしっかりとパスを繋ぎ、選手も流動的に動いで押し込んでいく。 すると京都にアクシデント。52分に山﨑が左太もも裏を痛めたのかピッチに倒れ込み担架が登場。そのまま運ばれ、武富孝介と交代する。 互いにゴールを奪えず、選手交代で流れを代えにいくと徐々に鳥栖がペースを握ることに。京都ゴールへと迫っていく回数が増えていく。 鳥栖は背後を狙っていく攻撃に切り替え、押し込んでいくことに。しかし、京都は集中した守備でなんとか耐えていく。 鳥栖はなんとかゴールをこじ開けようとするが、最後まで京都はゴールを破らせず。0-1で京都が勝利。4試合ぶりの勝ち点3を積み上げ、プレーオフ圏を脱出。アウェイでは4月17日の第9節柏レイソル戦以来の勝利となった。 サガン鳥栖 0-1 京都サンガF.C. 【京都】 豊川雄太(前17) 2022.10.01 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンが鳥栖MF福井太智の獲得を正式発表! 契約は25年6月まで、来年1月加入

バイエルンは28日、サガン鳥栖からU-19日本代表MF福井太智(18)の獲得を正式発表した。契約は2025年6月まで。加入は2023年1月1日からで、セカンドチームでプレーするようだ。 福井は鳥栖のアカデミー出身で、昨年3月のルヴァンカップに2種登録選手としてクラブ最年少記録となる16歳7カ月で出場し、トップチームデビュー。今年3月には17歳でプロ契約を締び、今季はルヴァンカップの3試合に出場している。 今年6月にモーリスレベロトーナメントのU-19日本代表メンバーにも入り、将来を有望視される福井を巡っては最近のドイツメディアでバイエルンⅡのトライアル参加が報じられており、それが実現した格好だ。 男子の日本人プレーヤーでは元日本代表FW宇佐美貴史以来のバイエルン入りとなり、将来的にトップチームでのプレーも期待される福井は鳥栖の公式サイトを通じて、移籍を決断するまでの葛藤や決め手とともに今季いっぱいの全力を誓った。 「FCバイエルン・ミュンヘンに移籍することになりました。Jリーグで実績のない僕がセカンドとはいえいきなりドイツ王者に移籍して結果を出せるのか、慣れない環境で一人で闘っていけるのか、Jリーグでもっと試合に出れるように力をつけてからでも良いのではないか、本当に最後の最後まで悩みました」 「プロにさせてもらったサガン鳥栖でタイトル獲得に貢献しますと宣言したばかりなのにこのような決断を下したのは、U-19日本代表で世界を体感し『このままではだめだ、世界から置いていかれる』と強く感じたことが全てでした。決してサガン鳥栖やJリーグでは成長しないということではなくサガン鳥栖しか知らない僕が子どものころからの夢であるW杯で優勝するために現状に甘んじることなくさらに成長するための決断です」 「まだまだ未熟者の僕ですが小学生の頃から10年間ここまで育ててくれたサガン鳥栖にはとても感謝しています。新たな環境で成長し恩返しできるよう努力します。そして今よりさらに成長した姿をサガン鳥栖や日本のファン・サポーターの皆様に見てもらい日本をW杯で優勝させ、いずれはサガン鳥栖で自分が中心となりタイトル獲得に貢献します」 「チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。強い覚悟を持って移籍します。シーズンも残りわずかですが、サガン鳥栖でのプレーを悔いのないものにしますのでこれまで以上の応援をよろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】鳥栖の逸材がドイツ王者との契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Servus, Taichi! <br><br>Der <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> hat Taichi <a href="https://twitter.com/hashtag/Fukui?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Fukui</a> verpflichtet. Der 18-Jährige vom japanischen Erstligisten Sagan Tosu wechselt zum 01. Januar 2023 nach München und hat einen Vertrag bis Juni 2025 unterschrieben. <br><br>Alle Infos <a href="https://t.co/FdLPfxhnDX">https://t.co/FdLPfxhnDX</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/7QlxwYppre">pic.twitter.com/7QlxwYppre</a></p>&mdash; FC Bayern Campus (@fcbayerncampus) <a href="https://twitter.com/fcbayerncampus/status/1575032589844623361?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖が今季就任の川井健太監督と契約更新「熱狂・恍惚感を与えることが使命です」

サガン鳥栖は27日、川井健太監督(41)との契約更新を発表した。 川井監督は、愛媛FCのレディースやU-18、トップチームの監督を務めると、2021年からはモンテディオ山形のコーチに就任した。 ピーター・クラモフスキー監督の右腕となるも1年で退任。今シーズンから鳥栖の監督に就任していた。 ポジショナルプレーを志向し、ポゼッションをしながら攻めていくスタイル。パスも多くつなぐ一方で、シュートは少なく、得点もあまり多くはない。 ただ、どんな相手にも高いパフォーマンスを見せ、今シーズンは30試合を終えて9勝14分け7敗で8位に位置。若い選手、新人を起用しながらも一定の成績を残していた。 新シーズンも指揮を執ることが決まった川井監督はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズン監督を務めさせていただくことになりました。サガン鳥栖の価値を上げ、ファン・サポーターに熱狂・恍惚感を与えることが使命です」 「サガン鳥栖を支えてくださった方々、サガン鳥栖を支えてくれている方々、サガン鳥栖を支えてくれるであろう方々、サガン鳥栖を楽しんでください」 2022.09.27 17:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly