「ドラマデビュー」元日本代表・中田浩二が『オールドルーキー』で綾野剛らと共演「良い経験ができました~!」

2022.08.10 21:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズのOBでC.R.O(クラブ・リレーション・オフィサー)を務める元日本代表MFの中田浩二氏がドラマ出演の感想を綴った。中田氏は、7日に放送されたTBSドラマ日曜劇場『オールドルーキー』の第6話に出演。俳優の綾野剛演じる元サッカー日本代表の新町亮太郎が現役時代を回想する場面において、監督と話をするスタッフ役を演じた。

見事に演じた中田氏は9日にインスタグラムを更新。共演した綾野剛と監督役の画大との3ショットを添え、改めて出演を報告している。
「ご縁があってオールドルーキーに出演させてもらいました。ドラマ出演は初めてでしたが、良い経験ができました~! ご視聴ありがとうございました! 引き続きオールドルーキー楽しみにしてまーす!#オールドルーキー #ドラマデビュー」

中田氏の演技には、「自然な感じでとても良かったです」、「カッコよかったです」、「俳優業もそつなくこなしてらしてさすがでした〜」、「声ですぐ中田さんだと気がつきました」、「びっくりしました」とファンも驚いていたようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「とても優しかったです」話題のクロアチア美女サポーターが日本人に感銘!2ショットを撮る日本のファンも

5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で日本代表vsクロアチア代表が行われ、PK戦の末にクロアチアがベスト8へと駒を進めた。 この一戦をカタールW杯で大きな注目を集めたクロアチアサポーターのイヴァナ・ノールさんも観戦していたようだ。 元ミス・クロアチアという肩書を持つイヴァナさんは、母国代表の熱狂的なファンとして知られ、2014年のブラジル大会と2018年のロシア大会に続いて今大会も現地で観戦。グループステージ3試合でもスタンドから声援を送っていた。 カタールへの渡航者へは露出を控えるよう注意がなされている中、お構いなしでセクシーなファッションを着用するイヴァナさんは、日本戦を赤白チェックのタイトなロンティーとレギンス、そしてショートパンツという姿で観戦。頭には赤白のシュシュも着けていた。 スタンドでは日本サポーターとも写真撮影する場面もあったイヴァナさんだが、試合後には自身のインスタグラムのストーリーズを更新。日本人の印象を語っている。 「日本人の皆さんに大きいなる敬意を示します。私は今日、多くの人に会いましたが、皆さんとても親切で優しかったです。次のW杯での幸運を心から願っています」 イヴァナさんはカタールW杯で人気が急上昇。今大会期間中にインスタグラムのフォロワー数も倍増しており、6日昼時点で140万人を突破している。 <span class="paragraph-title">【写真】日本戦には赤白チェックのタイトなロンティーとレギンスで登場したイヴァナさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClyjAgLOiSa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClyjAgLOiSa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClyjAgLOiSa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ivana Knöll(@knolldoll)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.06 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「尊敬に値する」スタンドに深々とお辞儀する森保監督に海外からも反響「日本を称賛しないのは難しい」

日本代表の森保一監督の振る舞いに反響が生まれている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でクロアチア代表と対戦した日本。前回大会準優勝国相手に先制した日本だが、後半に同点に追い付かれると、延長でも決着はつかずPK戦に突入。最後は経験値の差で敗れ、4度目のベスト8挑戦は失敗に終わった。 試合後には多くの選手たちが涙を流した中、チームを指揮してきた森保監督は選手たちを慰めた後スタンドに応援にきたサポーターたちに向かって深々と一礼をした。 最後は90度近くまで頭を下げたその姿は海外でも反響。『ESPN』の公式SNSでも「日本代表の森保一監督は、カタールまで応援に駆けつけてくれたファンに感謝の気持ちを込めてお辞儀した 尊敬!」と取り上げられ、ファンからも「リスペクト!」、「素晴らしい指揮官だ」、「最後まで丁寧だった」、「日本を称賛しないのは難しい」といった声が集まっている。 インタビューや会見では常々ファンやサポーターへの感謝を欠かさない森保監督。クロアチア戦後の姿からもその思いがヒシヒシと伝わってきた。 <span class="paragraph-title">【写真】さらに頭を下げ、最後には90度近く、いや90度以上頭を下げた森保監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Japan manager Hajime Moriyasu bowed in appreciation to the fans who traveled all the way to Qatar to support their team <br><br>Respect! <a href="https://t.co/zokP53cCoC">pic.twitter.com/zokP53cCoC</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1599840417742262272?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

涙する前田大然を抱きしめ慰めたクロアチア選手はセルティックのチームメイト、日本のファンも「ありがとう」「大然の分まで頑張ってくれ」

カタール・ワールドカップ(W杯)の舞台でセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチが日本代表FW前田大然を慰めた。 5日に行われたカタールW杯のラウンド16、日本vsクロアチアの一戦。試合は延長戦でも決着がつかず、日本はPK戦を1-3で落とし無念の敗退となった。 4度目のベスト8挑戦も失敗に終わり、PKを外した選手だけでなく多くの選手が涙を流した日本。そんな中、目に涙を浮かべる前田のもとへ歩み寄り、慰めたのがユラノビッチだった。 ユラノビッチはセルティックで前田と一緒にプレー。今回の試合では右サイドバックとしてフル出場し、前田と競る場面もあった。 そんな2人が抱擁する姿をセルティックの公式SNSも投稿。ファンからは「ありがとう」、「また泣けてきた」、「大然の分まで頑張ってくれ」、「これもW杯」とユラノビッチ振る舞いに感動する声が多く上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然を抱きしめ頭に慰めのキス ユラノビッチの優しい行い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Josip Juranovic and Daizen Maeda at FT after Croatia knocked Japan out of the World Cup <a href="https://t.co/rZifmfF4Rl">pic.twitter.com/rZifmfF4Rl</a></p>&mdash; The Celtic Way (@celticway1888) <a href="https://twitter.com/celticway1888/status/1599823135313866753?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】前田大然とユラノビッチの感動のハグ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CelticFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CelticFC</a> <a href="https://t.co/rcLS5B27Du">pic.twitter.com/rcLS5B27Du</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1599883508901519360?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

悔しいベスト8目前の敗戦…それでもサポーターは最後までゴミを拾って立ち去る

日本代表が貫いた姿勢は、サポーターにも波及。悲しい中でも、その精神を貫いた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 2010年の南アフリカW杯に続いて2度目のPK戦での敗退。また、2大会連続であと一歩まで迫ったベスト8の夢がすり抜けることとなった。 最後はPK戦だったとはいえ、悲しい結末を迎えた中、日本のサポーターは選手を迎えると、最後までゴミをしっかりと拾い、スタンドを片付けて去っていった。 今大会で選手、そしてサポーターが見せた精神は世界を大きく揺るがしたはず。日本の試合はもう今大会見られないが、この精神はカタールに残り続けてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大会から敗退も最後まで日本代表サポーターはゴミ拾い</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 07:10 Tue
twitterfacebook
thumb

最後まで守られた日本代表の精神、最後のドレッシングルームもいつも通り整頓し大会を去る

日本代表の姿勢は、最後まで変わることはなく大会を去ることとなった。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 悲願のベスト8という目標を達成できなかった日本。あと一歩、あと半歩まで迫った中での敗退には、全ての選手が悔しさを滲ませていた。 しかし、日本代表の精神は最後まで失われることなく貫かれることに。悔しい思いをした後であっても、しっかりとドレッシングルームは整頓され、いつものように折り紙で作られた鶴と「ありがとう」とアラビア語と日本語で書かれた手紙を置木、大会を去ることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】最後まで精神を貫いた日本代表のドレッシングルーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 06:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly