ニューカッスル、ブライトン戦はウォームアップウェアで試合決行 色味の混同を避けるため

2022.08.10 21:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは9日、13日に行われるプレミアリーグ第2節、アウェイでのブライトン&ホーブ・アルビオン戦にて、ウォームアップウェアで試合を行うことを発表した。ニューカッスルの今季のホーム用ユニフォームは黒と白のストライプ、アウェイ用ユニフォームはネイビー、3rdは白となっている。この3種類がいずれもブライトンのホーム用ユニフォームである青白ストライプに似通っており、混乱を避けるためとのことだ。プレミアリーグからの許可も得られたという。

ブライトン戦では使用されるのは、普段ウォームアップ時に着用している淡い水色ベースのシャツ。シャツにはタイン橋など、世界的に有名な街のランドマークのシルエットが描かれている。
Jリーグでは今年7月23日に明治安田生命J2リーグの第28節ベガルタ仙台vsV・ファーレン長崎戦で、仙台の着用した「2022リミテッドユニフォーム」が長崎のアウェイ用ユニフォームとカラーが見分けづらいとの声が両選手から上がり、ハーフタイム中に仙台が通常の1stユニフォームに変更するという事態も発生していた。

1 2

関連ニュース
thumb

免停食らった2日後に運転… 71億円でニューカッスル移籍のゴードン、禁固刑の可能性も

ニューカッスルのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードンに禁固刑が科される可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 先月29日にエバートンからニューカッスルへの移籍が発表されたゴードン。移籍金は4500万ポンド(約71億1000万円)とも言われ、大きな期待を背負って新天地へとやってきた。 だが、移籍発表翌日の30日、ゴードンはニューカッスルのホームタウンであるタイン・アンド・ウィア州にて、運転免許証不提示によって6カ月の免停を食らった模様。にもかかわらず、その2日後にガールフレンドを乗せて運転する姿がキャッチされたとのことだ。 ゴードンは昨年にも駐車違反と速度超過で免停となっており、今回の件では最長6カ月の禁固刑が科される可能性もあるとのこと。まだ21歳とこれからキャリアを築いていく段階…悪癖は早いうちに捨てておく方が賢明だろう。 2023.02.05 15:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルが2戦連続ドロー…16戦無敗継続も7戦ぶりの失点で勝ち点逸《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ニューカッスルvsウェストハムが4日にセント・ジェームズ・パークで行われ、1-1のドローに終わった。 クラブ記録のリーグ戦15試合無敗を継続する絶好調の3位ニューカッスル。さらに、直近のEFLカップ準決勝でサウサンプトンに連勝し、47年ぶりのファイナル進出を果たした。快進撃続くエディ・ハウのチームは、残留争いに身を置く16位のウェストハムを相手に勝ち点3奪取を狙った。 立ち上がりからエンジン全開のニューカッスルは、開始1分でいきなりゴールネットを揺らす。右サイドでのスローインの流れからアルミロンの折り返しをニアで受けたウィロックが巧みな切り返しから右足を振り抜いた。だが、電光石火のゴールはアルミロンの折り返し前にボールがゴールラインを割っていたとの判定で取り消しに。 しかし、すぐさま気持ちを切り替えたホームチームは直後の3分に正真正銘の先制点を奪い切る。相手ゴールキックを撥ね返した流れからジョエリントンがボール奪取。そして、ロングスタッフからの絶妙なスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したカラム・ウィルソンが冷静にGKとの一対一を制した。 最高のスタートを切ったニューカッスルは、10分過ぎまではハイインテンシティの戦いを継続。前に出たいウェストハムに自由を与えない。 それでも、時間の経過と共にアントニオやパケタを起点に局面で違いを生み出すアウェイチームが押し返し始めると、セットプレーからゴールをこじ開ける。32分、変化を加えた右CKからライスのクロスがファーに流れると、これを冷静に足元に収めたパケタが左足のシュートを流し込んだ。 一瞬の隙を突かれてリーグ7戦ぶりの失点を喫したニューカッスルは、再びギアを入れ直して攻撃に出ていくが、追いついた勢いにのるウェストハムに球際でほぼ互角の応戦を許す。前半終盤にかけては我慢の時間帯が続くが、2点目を与えることなく最低限のイーブンで試合を折り返した。 後半はキックオフ直後こそウェストハムがニューカッスルゴールに迫ったものの、時間の経過と共にホームチームが押し込む流れに。54分にはボックス左でルーズボールに反応したサン=マクシマンがニア下を狙ったボレーシュートを放つが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。 後半は完全に主導権を握りながらも粘るウェストハムのゴールをこじ開けられないマグパイズは、69分にエバートンからの新戦力ゴードンをサン=マクシマンに代えてデビューさせる。すると、エバートンの元10番は投入直後の76分に巧みなボールの引き出しから鮮やかなスルーパスを供給。これに反応したウィルソンがボックス内に抜け出しかかるが、ここはDFアゲルドの圧巻のブロックに阻まれた。 後半終盤にかけては消耗戦色濃い、オープンな展開が目立ち始めると、両ベンチはフレッシュな選手の投入で勝負を決める2点目を狙う。 最後まで勝ち点3を目指したニューカッスルだったが、引き分けやむなしのアウェイチームのゴールを再びこじ開けることは叶わず。この結果、リーグ無敗を16試合に更新したものの、下位チーム相手に2試合連続ドローとなった。 2023.02.05 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

47年ぶりファイナルのニューカッスル監督「今の我々にはチームスピリットと一体感がある」

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が喜びを言葉にした。 ニューカッスルは1月31日にサウサンプトンとのカラバオカップ準決勝2ndレグに臨み、2-1で勝利。MFシェーン・ロングスタッフの2発で2-1の勝利を収め、1stレグに続く白星で決勝進出を決めた。 プレミアリーグでトップ4争いを演じるなか、カラバオカップでも47年ぶりにファイナルの舞台に導いたハウ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で自軍を誇った。 「チームスピリットと一体感は長い道のりを乗り越える力だ。今の我々にはそれがある。それを守り、鼓舞し、高めるのが私の役目。ドレッシングルームには今季を通じてクラブを誇らしくさせるプロフェッショナルたちがいる」 殊勲のロングスタッフについても「彼はニューカッスル出身であり、非常に重要な存在。素晴らしい選手だし、彼がゴールを重ねると、周りも意識が高まる。称賛に値する選手だし、とても嬉しいよ」と語った。 また、レッドカードのMFブルーノ・ギマランイスについては「大きな痛手だし、受け入れるのに時間がかかる。すべてが彼を経由してだし、重要な選手。彼の不在は悲しい。でも、他の選手にはチャンスだ」と述べた。 なお、もう1つのカードであるマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの2ndレグは1日に開催。先の1stレグでは3-0でユナイテッドが先勝している。 2023.02.01 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フォレストが百戦錬磨のベテラン2選手を補強! ケイロル・ナバス&シェルヴェイが加入

ノッティンガム・フォレストは31日、パリ・サンジェルマン(PSG)からコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レアル・マドリー時代にチャンピオンズリーグ3連覇などに貢献したケイロル・ナバス。しかし、ベルギー代表GKティボー・クルトワの加入に伴い、2019年夏にパリへ新天地を求めた。 その新天地ではここまで公式戦108試合に出場。だが、今シーズンは加入2年目で守護神の座を確立したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマのバックアップに甘んじ、ここまではクープ・ドゥ・フランス2試合の出場にとどまっていた。 この現状を受け、以前にはマドリー時代の元同僚クリスティアーノ・ロナウドが加入したサウジアラビアのアル・ナスルからオファーが届いていた模様だが、ヨーロッパでのプレー継続を求めるコスタリカ代表GKはこのオファーを固辞。 そういった中、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンの負傷離脱によって経験豊富なGKを探していたフォレストからのオファーを受け、百戦錬磨のベテランGKは自身初のプレミアリーグ挑戦を決断した。 また、フォレストは同日、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「6」となり、契約期間は2025年6月30日までの2年半となる。 かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっていた。 現在、エディ・ハウ監督の下ではショーン・ロングスタッフ、ジョー・ウィロック、ブルーノ・ギマランイス、ジョエリントンらが中盤の鉄板カルテットとなっており、今後もその争いに割って入るのが、困難なことから30歳のベテランMFはフォレストに新天地を求める形となった。 2023.02.01 09:01 Wed
twitterfacebook
thumb

充実のニューカッスルがロングスタッフの2発でセインツ撃破、47年ぶり決勝進出《EFLカップ》

EFLカップ準決勝2ndレグ、ニューカッスルvsサウサンプトンが1月31日に行われ、2-1でニューカッスルが勝利。この結果、2戦合計スコアを3-1としたニューカッスルが決勝へ進出している。 1stレグではニューカッスルが敵地で1-0と先勝していた一戦。 決勝進出へあと一歩に迫ったニューカッスルはウィルソン、ジョエリントン、アルミロンの3トップで臨んだ。 一方、逆転突破を目指すサウサンプトンはアダムスとアームストロングの2トップで臨んだ。 立ち上がりからニューカッスルが攻勢に出ると5分に先制する。ボックス右でトリッピアーのパスを受けたロングスタッフがシュートを決めきった。 その後もニューカッスルが攻め手を緩めず試合を進めると、21分に加点。決めたのはまたもロングスタッフ。ボックス左でスルーパスを引き出したアルミロンのクロスをゴール前に走り込んだロングスタッフが押し込んだ。 劣勢のサウサンプトンは28分、ワンチャンスで1点を返す。ジョエリントンのバックパスミスをカットしたアダムスがミドルシュートを叩き込んだ。 それでもハーフタイムにかけても主導権を握ったニューカッスルが2-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半も前がかるサウサンプトンに対し、ニューカッスルが難なく受け止めると、61分にはイサクやサン=マクシマンらフレッシュなアタッカーを投入。 サウサンプトンに対する牽制を強めた中、72分のピンチではGKポープがアームストロングとの一対一を阻止。そして79分にギマランイスの左足ミドルがポストに直撃した。 その後、80分にギマランイスがボールを奪いにかかったプレーでエドジーの足首にスパイクが入り、VARの末に一発レッドカードを受けるアクシデントがあったものの、2-1のまま逃げ切り。2戦合計スコア3-1で47年ぶりの決勝進出とした。 2023.02.01 07:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly