ヘルタ、マインツ退団のFWボエティウスをフリーで獲得!

2022.08.09 02:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは8日、マインツを退団した元オランダ代表FWジャン=ポール・ボエティウス(28)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年6月までで、背番号は10を着用する。

ヘルタへの加入が決定したボエティウスは、公式サイトで以下のように意気込みを語っている。

「ヘルタとブンデスリーガの新シーズンに対する思いは大きい。このチームにはポテンシャルがあるので、一緒にピッチでいいサッカーをして、ファンの皆さんに喜びを与えられるような役割を果たしたい」

フェイエノールトの下部組織出身のボエティウスは、バーゼルやヘンクでのプレーを経て、2017年の夏に古巣フェイエノールトへ復帰すると、エールディビジで28試合に出場し6ゴール7アシスト記録。

この活躍が認められ、2018年の夏にマインツへ完全移籍すると、前線の複数ポジションをこなすユーティリティ性を武器に在籍4年間で公式戦127試合に出場し12ゴール21アシストをマーク。昨季も中盤の主力としてリーグ戦33試合に出場し2ゴール4アシストを記録したが、シーズン終了後に退団。現在までフリーの状態が続いていた。

関連ニュース
thumb

精巣がん発覚のボエティウス、経過良好で化学療法は必要なし

ヘルタ・ベルリンの元オランダ代表MFジャン=ポール・ボエティウスに朗報が届いた。ヘルタを率いるサンドロ・シュヴァルツ監督が試合前日会見で明かしている。 ボエティウスは9月22日、精巣がんを患っていることが発覚。無期限離脱と発表され心配されたが、術後の経過は良好で化学療法は必要ないとのことだ。 シュヴァルツ監督はボエティウスの様子について「彼は笑顔を失っていない。化学療法が必要ないのはとても良いニュースだ」とコメント。 ヘルタでは今夏、FWマルコ・リヒターも精巣がんが発覚。しかし、順調な回復を見せ、既に今季のブンデスリーガ4試合に出場している。ボエティウスもリヒター同様、早期復帰が待たれる。 2022.09.30 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、リヒターに続いてボエティウスも精巣がん発覚…「我々は彼の早期復帰の希望と自信に満ちている」

ヘルタ・ベルリンは22日、元オランダ代表MFジャン=ポール・ボエティウスが精巣がんを患っていることを伝えた。 クラブによると、ボエティウスは21日に行った検査で睾丸に腫瘍があることが判明。無期限離脱とされ、スポーツ・ディレクターのフレディ・ボビッチ氏は「最初は辛いニュースだったが、我々はジャン=ポールが出来るだけ早く戻ってくるという希望と自信に満ちている」とコメント。そして、「彼は我々から最大限のサポートを受けることになるだろう。ファミリーとして緊密に連携し、彼の幸運を祈っている」とエールを送った。 ヘルタでは今夏、マルコ・リヒターも精巣がんが発覚。また、ドルトムントのセバスティアン・アラーやウニオン・ベルリンのティモ・バウムガルトルも同じく今夏のタイミングで精巣がんを患い、ブンデスリーガで続出する事態に見舞われている。 なお、リヒターもバウムガルトルも完治し、無事にピッチで躍動中。アラーもすでに手術が成功し、復帰に向けて順調に回復しつつある状況だ。 2022.09.22 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

かつてミランで躍動のポーランド代表FWピョンテクがサレルニターナへ買取OP付レンタル移籍

サレルニターナは1日、ヘルタ・ベルリンのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 移籍期間は1年間。買い取りオプションが付帯している。 ピョンテクは、母国のクラコヴィアから2018年7月にジェノアへと完全移籍し海外でのプレーをスタート。2019年1月にはミランへと完全移籍する。 ミランでは加入後の半年でセリエA18試合に出場し9ゴール1アシストの活躍。しかし、2年目は18試合で4ゴールと苦しむと、2020年1月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍。最初の半年は、ブンデスリーガで15試合4ゴール1アシストを記録した。 2020-21シーズンはブンデスリーガで32試合7ゴール2アシスト、2021-22シーズンは9試合で1ゴール1アシストに終わると、2022年1月にフィオレンティーナへとレンタル移籍。セリエA14試合で3ゴールに終わっていた。 今シーズンは開幕から出番がなくチーム内で構想外状態に。その中で、サレルニターナが獲得に成功した。 なお、背番号は「99」となる。 2022.09.01 21:48 Thu
twitterfacebook
thumb

モデスト移籍後初弾のドルトムントがヘルタに辛勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第4節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節ブレーメンに痛い逆転負けを喫したドルトムントはアデイェミが負傷から復帰。[4-2-3-1]の2列目右に入った。 1分け2敗スタートのヘルタに対し、開始4分にピンチ。ケニーのボレーシュートが枠を捉えたが、GKコベルの好守で凌いだドルトムントが自陣に引くヘルタ相手に押し込む展開で推移する。 すると22分、右クロスに合わせたモデストのボレーシュートが枠を捉えるも、GKクリステンセンのファインセーブに阻まれた。さらに25分、アデイェミのスルーパスを受けたモデストがボックス内から決定的なシュートを放ったが、枠を捉えることはできない。 それでも32分、モデストが3度目の正直で移籍後初ゴールをマークする。エズジャンの右クロスをヘッドで合わせた、 ドルトムントが1点をリードして迎えた後半も攻め込む展開で推移。そんな中、68分にヨヴェティッチにボックス内から決定的なシュートを許すも、GKコベルのファインセーブで凌いだ。 守護神の好守で凌いだドルトムントは72分に追加点のチャンスを得るも、ベリンガムのシュートはGKクリステンセンの守備範囲だった。 そして79分、リヒターのミドルシュートがバーに直撃して助かったドルトムントが1-0で逃げ切り。勝利を取り戻している。 2022.08.28 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタのベルギー代表ボヤタ、母国クラブ・ブルージュに移籍 25年までの契約にサイン

ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュは22日、ヘルタ・ベルリンからベルギー代表DFデドリック・ボヤタ(31)の獲得合意を発表した。契約期間は2025年までとなる。 アカデミー時代から過ごしたマンチェスター・シティでプロとしての一歩を踏み出したボヤタ。ボルトンやトゥベンテ、セルティックを渡り歩くなかでベルギー代表に上り詰めたセンターバックで、2019年夏からヘルタに活躍の場を移した。 ヘルタでは通算76試合でプレーし、昨季もトータルで27試合に出場。今季もDFBポカールの1試合で延長戦を含む120分間にわたってプレーしたが、ブンデスリーガでは開幕から3試合連続でメンバー外だった。 なお、これまでベルギーの外を主戦場としてきたボヤタにとって、母国でのプレーは初。今年11月にカタール・ワールドカップ(W杯)が迫るなか、母国から本大会のメンバー入りを目指すこととなった。 2022.08.23 12:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly