前半圧倒で後半耐えたブライトンが新生ユナイテッド撃破! 三笘薫のデビューはお預け《プレミアリーグ》

2022.08.08 00:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsブライトンが7日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのブライトンが1-2で勝利した。

なお、ブライトンのMF三笘薫はベンチ入りも出場機会はなかった。

昨シーズン、スールシャール、ラングニックという2人の指揮官の下、屈辱的なリーグ6位フィニッシュとなったユナイテッド。前アヤックス指揮官のテン・ハグを新監督に据え、捲土重来を期す新シーズンに向けてはプレシーズンに好成績を収めたこともあり、良い形で開幕を迎えた。

オランダ人指揮官はその初陣に向け、負傷のマルシャルを除きプレシーズンで主力として起用したメンバーをスタメンで起用。リサンドロ・マルティネス、エリクセンの新戦力2人がデビューを飾た一方、渦中のクリスティアーノ・ロナウドは調整の遅れもあってベンチスタートに。

一方、智将ポッターの下で昨シーズンを9位で終えたブライトンは、ククレジャやビスマといった主力を引き抜かれるも、三笘とウンダブのレンタルバック組、コルウィルといった新戦力が加入。難敵相手のアウェイでの開幕戦で三笘はベンチスタートとなった。

前線の並びに注目が集まったユナイテッドは、エリクセンを最前線に置き2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードという形でスタート。開始7分にはマクトミネイの果敢な攻め上がりを起点に、ボックス中央でフリーのB・フェルナンデスにシュートチャンスが訪れるが、シュートをふかしてしまう。

以降はプレシーズンから取り組んでいた後方からのビルドアップを意識し、ボール保持率を高めるホームチームだが、前線から強い制限をかけるブライトンの守備に苦戦。中盤で嵌められる場面が目立ち、システムのミスマッチを効果的に使う相手のカウンターに晒される。

一方、大勝した昨季対戦の良いイメージもあってか、格上相手に堂々と戦うブライトンは、サイドバックの背後のスペースをマーチ、トロサールの両ウイングバックが突き、前線で巧みな動き出しを見せるウェルベックがうまく起点を作り、再三フィニッシュのシーンを創出。

すると、序盤から自分たちの流れで試合を運んでいたブライトンが先にゴールをこじ開ける。30分、左サイドに張ってボールを引き出したトロサールが中央からニアへ斜めの動き出しを見せたウェルベックへスルーパスを供給。そして、ウェルベックがグラウンダーの折り返しを入れると、中央のララナは届かずも、ファーにフリーで走り込んだグロスが難なく流し込んだ。

さらに、畳みかけるアウェイチームは39分、自陣左サイド深くからの繋ぎでカイセドが粘って局面を打開。前線のグロスに縦パスが入ると、そこからララナ、マーチと右サイドへスムーズにボールを展開。ボックス右でマーチが放ったシュートはGKデ・ヘアにはじかれるが、ゴール左でこぼれ球に反応したグロスが冷静に流し込み、自身2点目とした。

2点ビハインドに加え、シュート数でも2倍以上の差を付けられる体たらくにホームサポーターから早くもブーイングを浴びる形となったユナイテッド。ハーフタイム明けにはロナウドらの投入も予想されたが、テン・ハグ監督は前半と同じメンバーで臨んだ。

立ち上がりの49分にはエリクセンの正確なクロスから最初の決定機を創出するが、ファーで飛び込んだラッシュフォードはわずかに届かない。それでも、立ち位置、イメージの修正によってサイドを起点に効果的な攻めが増え始めると、スタジアムの空気もよりポジティブなモノに変化する。

そして、ここが勝負所と見たか、ホームチームの指揮官は53分にフレッジを下げて切り札のロナウドを投入。この交代でロナウドが最前線に入り、エリクセンがアンカーのポジションに入る[4-3-3]に変更した。

この交代によって攻勢を強めるユナイテッドは、幾度か相手のカウンターからピンチを迎えるものの、完全に相手を押し込むことに成功。エリクセン、ロナウドのチャンスメークからラッシュフォードに続けて決定機も訪れる。

すると、68分にはエリクセンの際どいミドルシュートの流れで得た左CKの場面でGKやDFと競ったダロトがゴール前で混戦を作り、マク・アリスターのオウンゴールを誘発。良い時間帯に反撃の狼煙を挙げる1点を奪い切った。

ここから試合は完全にホームチームのペースで進む。防戦一方のブライトンはトロサール、ララナを下げてランプティ、エムウェプと運動量と球際で戦える選手を投入するが、なかなか戦況を好転させられない。

対して多彩な仕掛けで2点目に迫るユナイテッドは、ボックス付近で幾度も決定的な場面を作り出すが、最後のところで身体を張る相手の守備を崩し切れない。その後、ファン・デ・ベークやエランガ、マラシア、ガルナチョとフレッシュな選手の投入で最低限の勝ち点1奪取を狙うが、最後まで2点目を奪うことはできず。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、前半のリードを守り切ったブライトンが強豪撃破で白星スタートを飾った。一方、後半はだいぶ盛り返したものの、前半の不出来が響いた新生ユナイテッドはホームでの開幕戦を落とす厳しい船出に。

関連ニュース
thumb

「みんな懐かしい」ベッカムがヴェンゲル氏との2ショットを披露!ユナイテッド時代の同僚ベロンとも

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がインスタグラムを更新。アーセン・ヴェンゲル氏とも2ショットを披露した。 ベッカム氏はカタールで行われたアスリート育成機関「アスパイア・アカデミー」のイベントに参加。3日にはベッカム氏だけでなく、ヴェンゲル氏や元アルゼンチン代表MFファン・セバスチャン・ベロン氏らの講演も行われた。 ベッカム氏は「旧友との再会、新たな出会い」としてヴェンゲル氏との2ショットを披露。ユナイテッド時代に一緒にプレーしたベロン氏との写真も披露しており、現役時代を懐かしんだようだ。 馴染みのメンバーたちが写った1枚にはファンも「みんな懐かしい」、「なんて素敵」、「キング」と反応しており、往年のプレミアリーグファンを楽しませた。 ※記事写真は2007年のもの <span class="paragraph-title">【写真】ベッカムとヴェンゲル氏の2ショット!ベロン氏の姿も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjTqg6HoioR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjTqg6HoioR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjTqg6HoioR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">David Beckham(@davidbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師就任もたった19分の出場時間…苦しむファン・デ・ベークはレスター?それともインテル?

レスター・シティが、マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(25)の獲得に動くようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えた。 2020年夏にアヤックスからユナイテッドに加入したファン・デ・ベーク。しかし、プレミアリーグになかなか馴染めず、思うようなプレー機会が得られていないと、2022年1月にはエバートンへとレンタル移籍した。 アヤックス時代の恩師でもあるエリク・テン・ハグ監督が就任したことで、今シーズンの復活が期待されたが、蓋を開ければプレミアリーグでわずか3試合、たった19分の出場に終わっている。 レアル・マドリーからブラジル代表MFカゼミロを獲得したこともあり、プレー機会が期待されたほどないファン・デ・ベーク。イタリアのインテルが獲得のターゲットにしているという報道もある。 そんな中、今夏も移籍が噂されていたベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(25)の後任として、冬にでもレスターが獲得に動くと報道が出ている。 条件としては買い取りオプション付きのレンタル移籍になる見込み。買い取り時には1500万ユーロ(約21億5000万円)が支払われる条件が提示される見込みとのことだ。 イングランドに来てかつての輝きを見せていないファン・デ・ベークだが、果たしてどういう結末を迎えるだろうか。 2022.10.05 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドはライバルでもリスペクト…ダービー前にシティのクレストを踏まず見事に回避したことが話題

相手にもリスペクトを。サッカーをプレーする上で、この精神を忘れてはいけないと良く言われる。 2日、プレミアリーグ第9節でマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドが対戦。今シーズン最初のマンチェスター・ダービーが行われた。 しかし、試合は前半からシティが圧倒。ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、イングランド代表FWフィル・フォーデンが揃ってハットトリックの活躍。ユナイテッドも反撃を見せたものの、6-3でシティが大勝していた。 この試合でもう1つ話題となったのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが起用されなかったこと。ベンチスタートとなった中、試合の大勢が決まっていたこともあり、「彼の大きなキャリアに敬意を表して使わなかった」とエリク・テン・ハグ監督が試合後に起用しなかった理由を明かしていた。 試合に出ても出なくても話題になるC・ロナウドだが、試合前にも話題になる行動を取っていた。 今回はエディハド・スタジアムに乗り込んだユナイテッド。チームバスが到着し、スタジアムに選手たちが入っていくのだが、入り口を入ってすぐの床にはシティのクレストがプリントされている。 C・ロナウドも颯爽とスタジアムに入ろうとする中、ナチュラルにクレストを回避。相手に敬意を示し、踏まないように通り過ぎていったのだ。 チームのクレストを踏まないようにする行為は他の選手も行ってきているが、気にしない選手も多い中でC・ロナウドは当然のように行い、相手のものも踏まないようにしている。全ての相手に対し、リスペクトの気持ちがあるということだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウド、ダービー前にシティのクレストを踏まないように回避</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 12:37 Wed
twitterfacebook
thumb

猛批判浴びるマグワイアは「癒しを求めるべき段階に来ている」 OBネビル氏はメンタル面を心配

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、イングランド代表DFハリー・マグワイアの状態を懸念した。 昨季から不安定なパフォーマンスが続き、ユナイテッドではベンチスタートの機会が増えつつあるマグワイア。代表でも9月に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦で、スタメン発表でマグワイアの名が呼ばれた途端にファンからブーイングが生じる事態に。その試合では失点に直結するミスを犯してさらに批判が苛烈化するなど、まさに悪循環に陥っている。 イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したネビル氏も、マグワイアの状況を憂慮。このままでは代表で先発から外される可能性が高いとしつつ、チームに有力なセンターバックが少ない事情も指摘した。 「ハリーが負ったケガや現在のフォームはポイントになると思う。サウスゲイトは彼を守るためにも、彼をチームから外すことを真剣に考えるだろうね。彼はミスを犯しており、何もかもが思い通りになっていない」 「W杯を自分のフォーム探しにはできない。ウォームアップのための試合も準備期間もないのだ。ユナイテッドで11月にフルアムと試合をした1週間後には、W杯に向けた良い準備が期待される。しかし、彼はユナイテッドで数週間プレーせず、今後3、4週間もそうかもしれない。サウスゲイトは他のセンターバックを選ぶ必要性を考えるだろう」 「ハリーが良い状態にないのは確かだ。1週間前のイングランド代表での試合を見てもわかるように、彼はタフな状態に置かれているね。それでも、サウスゲイト監督は彼を信頼し、代表にいることを望んでいる。トレント・アレクサンダー=アーノルドがほかのサイドバックと競争するように、チームにもう3、4人トップクラスのセンターバックがいれば、彼がチームに入ることはなかっただろう。ただ、現時点ではそうではない」 また、ネビル氏は批判を浴び続けるマグワイアの精神状態を懸念。自身の経験を踏まえ、然るべき機関で診察を受けることを勧めた。 「3冠を達成した次のシーズン、私はある臨床心理士の前にいたんだ。ブラジルでのクラブ・ワールドカップ(CWC)、ヴァスコ・ダ・ガマ戦で2つのミスをしてしまい、大騒ぎになった。私はクラブで頂点に到達したが大きなプレッシャーがあり、その4、5カ月後にはショックを受けることになった」 「試合でボールが欲しくなくなり、チャンピオンズリーグ準々決勝のレアル・マドリー戦では試合中に隠れてしまうこともあった。代表でも酷い目に遭い、ユナイテッドのドクターから『誰かに診てもらう必要がある』と言われたのを覚えているよ」 「キャリアを終えるまでこのことは話さなかったが、6、7回の診察を受けて純粋に人と話し合い、対処法を探ったことも覚えている。フットボーラーにとって、広い視野は本当に大切だ。どんな選手にも悪い瞬間はあり、そこで求められるのが視野と対処法になる」 「私にその診察は効果があった。もちろん、すべての人に効果があるとは言えないが、ハリーもフットボールの関係者から離れて癒しを求めるべき段階に来ていると思う。チームメイトやコーチにこうしたことを話すのは、簡単ではないからね」 2022.10.04 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクセンの初マンチェスター・ダービーは3-6の完敗 「許容範囲から程遠い」

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが肩を落とした。 2日のプレミアリーグ第9節でマンチェスター・シティと戦ったユナイテッド。4連勝の勢いをもって敵地での宿敵戦を迎えたが、序盤から攻撃の主導権を握られ続け、前半だけで0-4の大差をつけられてしまう。 前半で勝敗が決した感が強く、ハーフタイム前に一部サポーターから帰路につこうとする姿が相次ぐなか、ブラジル代表FWアントニーが一矢報いるファインゴール。だが、その後も失点を重ね、1-5で最終盤に入る。 そんなユナイテッドはケガから復帰して途中出場のフランス代表FWアントニー・マルシャルが84分、90+1分にネットを揺らしたが、それも後の祭り。完成度の部分で歴然の差を痛感させられ、完敗を喫してしまった。 両軍の練度に差があるといえど、それにしてもやられ過ぎた印象が強いが、今夏に加入後初のマンチェスター・ダービーとなったエリクセンも試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』でがっかりの思いを言葉にしている。 「すごく重くのしかかっている。誰もが最悪の一日だったと感じているはず。僕らのスタートが悪かった。キックオフ直後から相手にかなりのチャンスがあった。自分達を責めないといけない」 「彼らに力を出させてしまった。ああいう試合で焦点を当てるべきは自分たちで、変えないとならないこと、もっとうまくやらなければならないことがたくさんある。今日は許容範囲から程遠い」 2022.10.03 17:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly