前半圧倒で後半耐えたブライトンが新生ユナイテッド撃破! 三笘薫のデビューはお預け《プレミアリーグ》

2022.08.08 00:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsブライトンが7日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのブライトンが1-2で勝利した。

なお、ブライトンのMF三笘薫はベンチ入りも出場機会はなかった。

昨シーズン、スールシャール、ラングニックという2人の指揮官の下、屈辱的なリーグ6位フィニッシュとなったユナイテッド。前アヤックス指揮官のテン・ハグを新監督に据え、捲土重来を期す新シーズンに向けてはプレシーズンに好成績を収めたこともあり、良い形で開幕を迎えた。
オランダ人指揮官はその初陣に向け、負傷のマルシャルを除きプレシーズンで主力として起用したメンバーをスタメンで起用。リサンドロ・マルティネス、エリクセンの新戦力2人がデビューを飾た一方、渦中のクリスティアーノ・ロナウドは調整の遅れもあってベンチスタートに。

一方、智将ポッターの下で昨シーズンを9位で終えたブライトンは、ククレジャやビスマといった主力を引き抜かれるも、三笘とウンダブのレンタルバック組、コルウィルといった新戦力が加入。難敵相手のアウェイでの開幕戦で三笘はベンチスタートとなった。

前線の並びに注目が集まったユナイテッドは、エリクセンを最前線に置き2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードという形でスタート。開始7分にはマクトミネイの果敢な攻め上がりを起点に、ボックス中央でフリーのB・フェルナンデスにシュートチャンスが訪れるが、シュートをふかしてしまう。

以降はプレシーズンから取り組んでいた後方からのビルドアップを意識し、ボール保持率を高めるホームチームだが、前線から強い制限をかけるブライトンの守備に苦戦。中盤で嵌められる場面が目立ち、システムのミスマッチを効果的に使う相手のカウンターに晒される。

一方、大勝した昨季対戦の良いイメージもあってか、格上相手に堂々と戦うブライトンは、サイドバックの背後のスペースをマーチ、トロサールの両ウイングバックが突き、前線で巧みな動き出しを見せるウェルベックがうまく起点を作り、再三フィニッシュのシーンを創出。

すると、序盤から自分たちの流れで試合を運んでいたブライトンが先にゴールをこじ開ける。30分、左サイドに張ってボールを引き出したトロサールが中央からニアへ斜めの動き出しを見せたウェルベックへスルーパスを供給。そして、ウェルベックがグラウンダーの折り返しを入れると、中央のララナは届かずも、ファーにフリーで走り込んだグロスが難なく流し込んだ。

さらに、畳みかけるアウェイチームは39分、自陣左サイド深くからの繋ぎでカイセドが粘って局面を打開。前線のグロスに縦パスが入ると、そこからララナ、マーチと右サイドへスムーズにボールを展開。ボックス右でマーチが放ったシュートはGKデ・ヘアにはじかれるが、ゴール左でこぼれ球に反応したグロスが冷静に流し込み、自身2点目とした。

2点ビハインドに加え、シュート数でも2倍以上の差を付けられる体たらくにホームサポーターから早くもブーイングを浴びる形となったユナイテッド。ハーフタイム明けにはロナウドらの投入も予想されたが、テン・ハグ監督は前半と同じメンバーで臨んだ。

立ち上がりの49分にはエリクセンの正確なクロスから最初の決定機を創出するが、ファーで飛び込んだラッシュフォードはわずかに届かない。それでも、立ち位置、イメージの修正によってサイドを起点に効果的な攻めが増え始めると、スタジアムの空気もよりポジティブなモノに変化する。

そして、ここが勝負所と見たか、ホームチームの指揮官は53分にフレッジを下げて切り札のロナウドを投入。この交代でロナウドが最前線に入り、エリクセンがアンカーのポジションに入る[4-3-3]に変更した。

この交代によって攻勢を強めるユナイテッドは、幾度か相手のカウンターからピンチを迎えるものの、完全に相手を押し込むことに成功。エリクセン、ロナウドのチャンスメークからラッシュフォードに続けて決定機も訪れる。

すると、68分にはエリクセンの際どいミドルシュートの流れで得た左CKの場面でGKやDFと競ったダロトがゴール前で混戦を作り、マク・アリスターのオウンゴールを誘発。良い時間帯に反撃の狼煙を挙げる1点を奪い切った。

ここから試合は完全にホームチームのペースで進む。防戦一方のブライトンはトロサール、ララナを下げてランプティ、エムウェプと運動量と球際で戦える選手を投入するが、なかなか戦況を好転させられない。

対して多彩な仕掛けで2点目に迫るユナイテッドは、ボックス付近で幾度も決定的な場面を作り出すが、最後のところで身体を張る相手の守備を崩し切れない。その後、ファン・デ・ベークやエランガ、マラシア、ガルナチョとフレッシュな選手の投入で最低限の勝ち点1奪取を狙うが、最後まで2点目を奪うことはできず。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、前半のリードを守り切ったブライトンが強豪撃破で白星スタートを飾った。一方、後半はだいぶ盛り返したものの、前半の不出来が響いた新生ユナイテッドはホームでの開幕戦を落とす厳しい船出に。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがスペイン遠征メンバーを発表、W杯組13人とサンチョらが招集外に

マンチェスター・ユナイテッドは4日、中断期間を利用して行うスペイン遠征のメンバーを発表した。 中断期間前のプレミアリーグを5位で折り返したユナイテッド。現在はカタール・ワールドカップ(W杯)が開催中のため、多くの選手がオフ期間となっていたが、今月21日の公式戦再開に向け、スペイン遠征から再始動する。 今回の遠征は、W杯組の13選手とケガを抱えるDFアクセル・トゥアンゼベがメンバー外に。また、W杯の最終26人から漏れたイングランド代表FWジェイドン・サンチョもコンディション面に不安があり、本拠地での個人トレーニングになるとのことだ。 ユナイテッドは7日にカディスと、10日にレアル・ベティスと親善試合を行う予定で、いずれの試合もクラブの公式チャンネル『MUTV』で中継。中断期間明けは21日にEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でバーンリーと対戦し、27日にプレミア第17節でノッティンガム・フォレストと対戦する。 2022.12.04 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーがラッシュフォードへの関心を再燃、ユナイテッドの売却シナリオとは…

レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)への関心を再燃させているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラッシュフォード。グループ初戦のイラン代表戦で途中出場直後にゴールを挙げ、最終節のウェールズ代表戦ではスタメン出場し、圧巻の直接FKを含む2得点を挙げている。 所属するユナイテッドでも今季、公式戦19試合で8得点3アシストと好調。以前にもマドリーからの関心を報じられた時期があったが、ここにW杯での印象的な活躍が上乗せされたことで再燃してきているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ユナイテッドはマドリーの動きを警戒しつつも、マドリー以外にもラッシュフォードに興味を持つクラブは存在。来たる移籍市場で売却せざるを得なくなる可能性が捨てきれないという。 それは、ラッシュフォードと契約延長で合意できていないため。契約が2023年6月までのなか、クラブは1年延長オプションの行使権を持つ。しかし、行使したとて2024年夏までに売り時は限られており、このまま延長オファーに同意して貰えなければ、いずれは売却せざるを得ないということだ。 2022.12.04 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リサンドロ・マルティネスが自身の信条を明かす「学び、規律、道徳、冷静に」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスが自身の信条を明かした。イギリス『サン』が伝えている。 今夏にアヤックスからユナイテッドへと移籍したL・マルティネス。当初はセンターバックでありながら180cmにも満たない身長を理由に「プレミアリーグでは通用しない」などと批判されるも、今ではチームの不可欠な存在となっている。 現在はアルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。30日に行われるグループ最終節のポーランド代表戦を控えた前日会見では、逆風を乗り越え、ファンからの信頼を揺るがぬものにした今季前半を振り返った。 「周りの人から学び、周りの人が話す言葉、意見に耳を傾けるという心構えがとても大事だ。何よりも、自分自身は傲慢であってはならず、規律を重んじ、道徳的であり、良い人間でなくてはならない、と思ってやってきたよ」 一方、決勝トーナメント進出がかかる大事な一戦を前にし、アルゼンチン国民からの期待やプレッシャーを感じるかと問われると、それを認めつつ、それこそがやりがいだと口にした。 「W杯のそれ(重圧)は、他の大会と比較できないものだと知った。僕らはアルゼンチンのファンと生きた関係を築いていて、彼らの存在が僕らをやる気にしてくれている」 「どんな試合でも重要なのは冷静に戦うこと。ただでさえプレッシャーが大きい中、自分で自分を追い込む余裕はないんだ。このシャツを着るなら全力を尽くすと同時に、冷静でなくてはならない」 2022.11.30 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

「数日前に友だちの1人を亡くした」 2発ラッシュフォードの天指差しパフォに込めた思い

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが亡き友にゴールを捧げた。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループBで首位に立つイングランド代表は29日の最終節でウェールズ代表を3-0で撃破。グループステージ2勝1分け無敗で首位突破を決めた。 そんな一戦で輝きを放ったのがラッシュフォード。初戦のイラン代表戦でダメ押しの5ゴール目を記録したマンチェスター・ユナイテッドの10番は最終節で今大会初先発した。 0-0で折り返した50分に目の覚めるような直接FKを決め、先制点をもたらすと、68分にも左足でチームの3得点目。今大会の得点ランキングでも首位タイに浮上している。 圧巻のラッシュフォードだが、直接FKからのゴール時にひざまずいて天を指さすパフォーマンスを披露。ウェールズ戦を前に友人が闘病の末に帰らぬ人となってしまったようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、ラッシュフォードは試合後、友人であるガーフィールド・ヘイワード氏の死に直面しての一戦だったと明らかにした上で思いを馳せた。 「不幸にも、数日前に友だちの1人を亡くした。彼はかなり長いこと、がんと闘っていた。だから、彼のためにゴールを決められて嬉しいよ」 「彼はいつだって僕の大きなサポーターだった。人としても素晴らしかったし、僕の人生に彼がいてくれたのを本当に嬉しく思っている」 2022.11.30 16:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly