躍動フルアムに苦戦のリバプール、ヌニェスの1G1Aで2度のビハインド追いつきドロー《プレミアリーグ》

2022.08.06 22:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは6日、プレミアリーグ開幕節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。

昨季はマンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いの末、惜しくも2位に終わったリバプールは、1週間前に行われたシティとのコミュニティ・シールドでは3-1と勝利。その試合のスタメンからGKアドリアンに代えて守護神アリソンのみを変更した。

1年でプレミアリーグに復帰したフルアムに対し開始直後、ミトロビッチに決定機を許したリバプールは守勢の入りとなる。

ホームチームのアグレッシブな姿勢の前になかなか主導権を握れないリバプールは、32分に押し切られる。右サイドを上がったテテにクロスを入れられると、ファーサイドのミトロビッチにアーノルドの上からヘディングシュートを叩き込まれた。

意外にも追う展開となったリバプールは39分に個人技からこの試合最初のチャンス。ボックス左のルイス・ディアスが縦に仕掛けてシュート。際どかったが、右ポストに直撃した。

フルアムの良さばかりが目立った前半はリバプール1点ビハインドで終了した。

迎えた後半開始6分、チアゴの負傷によりエリオットが、フィルミノに代わってヌニェスが投入された中、前半同様にプレー強度が落ちないフルアムにリバプールは主導権を握られる。57分にはボックス右からケバノに左ポスト直撃のシュートを打たれた。

ひやりとしたリバプールは62分に同点のチャンス。サラーの右クロスからヌニェスがヒールで合わせたシュートが枠に向かったが、GKロダークのセーブに阻まれる。それでも64分に追いついた。先ほどと同じような形からサラーの右クロスをヌニェスが合わせた。

さらに67分にもラフなロングボールをボックス内で収めたヌニェスがゴールに迫ったリバプールだったが、70分にPKを献上する。ボックス内で仕掛けてきたミトロビッチをファン・ダイクが倒してしまった。

このPKをミトロビッチに決められて勝ち越されたリバプールだったが、81分に追いつく。アーノルドのフィードをボックス内のヌニェスが収め、最後はサラーが流し込んだ。

終盤にかけてはリバプールが攻勢をかけると、試合終了間際にはヘンダーソンのコントロールシュートがバーに直撃。善戦してきたフルアムに対し、2度のビハインドをリバプールが追いつく結果で開幕戦は決着となった。

関連ニュース
thumb

アーセナルがサカの契約延長に週給3300万円のオファーか、シティやリバプールが興味

アーセナルがイングランド代表FWブカヨ・サカ(21)に対して、長期契約を結ぶつもりがあるようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 サカはアーセナルのアカデミー出身で、2019年7月にファーストチームに昇格した。 これまでファーストチームでは公式戦140試合で24ゴール33アシストを記録。今シーズンも公式戦9試合で1ゴール4アシストを記録している。 イングランド代表としてもプレーし、20試合で4ゴールを記録しているサカ。アーセナルとしては自前の選手と考えても、長期間チームに滞在してもらいたいと考えている。 しかし、高く評価される才能には、マンチェスター・シティやリバプールが興味を持っている状況だ。 サカはアーセナルと2024年までの契約を結んでいるが、チームとの契約延長は結んでいない。ミケル・アルテタ監督も高く評価しており、長期契約を結ぶことに自信を持っている状況だ。 アーセナルの最優先事項はサカとの契約延長に早く同意すること。シティは高給を用意し、トロフィー獲得も高いが、アーセナルは今シーズンはここまで首位を走っており、プレミアリーグで良い戦いができる可能性は高い。 そのアーセナルも、週給20万ポンド(約3300万円)のオファーをサカに出しているとされている。 チームとしての結果を求め、トロフィーの獲得という点では移籍も考える可能性はある。一方で、自身が育ったクラブをプレミアリーグのトップに戻し、チャンピオンズリーグ(CL)に戻ってプレーするという情熱と願望は持っており、オプションとしてCLに出場できなかった場合に退団を認めるオプションを付けることになる可能性もあるという。 いずれにしても、サカがチームを去りたいという考えはないものの、全ては結果次第。アーセナルとしては、好条件だけでなく、チームとして結果を残すことが大事となりそうだ。 2022.10.04 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールで苦戦中のヌニェスは「適応の最中」 クロップ監督は信頼強調

リバプールのユルゲン・クロップ監督が苦しい時期を過ごすウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスの現状を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏に総額1億ユーロ(約142億円)の移籍金でベンフィカからリバプールに加入したヌニェス。コミュニティ・シールドやプレミアリーグ開幕戦では途中出場からゴールを決める幸先の良いスタートを切ったが、第2節のクリスタル・パレス戦で頭突きによる退場処分を受けて以降、目立った活躍はない。インターナショナルマッチウィーク明けの初戦だった第9節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でも、得点がほしい状況で89分からの出場となったヌニェスには、懐疑的な声が増している。 それでも、クロップ監督はチームへのフィットを疑っていない模様だ。4日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のレンジャーズ戦に先立った記者会見で、指揮官はヌニェスがチームに適応する段階であると強調し、チームの不調がより難しい状況を作っていると認めた。 「彼は良い感じだよ。もちろん、まだ適応している最中ではある。新しい選手が入ってくると、誰もが話題にしてすぐ輝いてほしいと思うものだ。それは時々起こることではあるが、そうでない場合もある」 「昨日も(アシスタントコーチの)ペップ・ラインダースと共に彼と長い時間話し合った。私のスペイン語やポルトガル語はまだうまくないが、彼には『我々は完全に今の状況に冷静だ』とだけ伝えたよ。彼も先発できていない状況だが、心配する様子はなく、それは本当に重要だ」 「ブライトン戦で出番がほとんどなかったのは代表から戻ってきてハムストリングに問題があったからだ。15分や20分しかプレーできない選手を試合で先発させるべきではないだろう」 「もちろん、3試合の出場停止処分は彼が落ち着くのに役立たなかった。それは明らかだ。しかし、チームがこの状態だとストライカー、特にフィニッシャーにとって容易ではないだろう。チャンスを作れてはいるが、すべてが機能しているわけでなく、1人の選手にボールが入れば今の不調から抜け出せるわけでもないんだ」 2022.10.04 12:07 Tue
twitterfacebook
thumb

TAAに批判集中も「他の選手だって責任は負うべき」 シアラー氏がリバプールを懸念

守備の脆さが指摘されるリバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルドだが、元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏は反論した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 プレミアリーグ開幕からの6試合で2勝3分け1敗と不振に陥るリバプールは1日に行われた第9節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でも苦戦。ブライトンは今季開幕から上位をかき乱す存在となっており、侮れないチームだが、アレクサンダー=アーノルドをはじめとするリバプールの守備陣は2点差をひっくり返した後も失点し、3-3のドローに終わった。 今季開幕からパフォーマンスが安定しないアレクサンダー=アーノルドだが、ブライトン戦でも日本代表MF三笘薫に突破を許す場面が目立ったことで、試合後には批判対象に。しかし、イギリス『BBC』に出演したシアラー氏は今季の不調をチーム全体の問題とみて、スケープゴートを作るべきではないと主張した。 「(ブライトン戦の)リバプールはとても弱々しく、無気力で、疲れているように見えた。もしこうした姿がこの試合だけなら、受け入れることもできただろう。だが、実際には今シーズン何度もこれを見ている」 「アレクサンダー=アーノルドは守備について批判を浴びている。確かに、批判には当然のものもあり、十分ではない場面もあった。とはいえ、ヴィルヒル・ファン・ダイク、ジョーダン・ヘンダーソン、ジョエル・マティプ、チアゴ・アルカンタラ 、モハメド・サラーらだって責任は負うべきだろう。リバプールが高いエネルギーでプレスをかける姿は何年も前から見慣れたものだったが、この試合でその姿はまったく見られなかった」 「リバプールは彼らブライトンに対応しきれていない場面があった。前半30分で0-4になっていても不思議ではなかったね」 2022.10.03 18:06 Mon
twitterfacebook
thumb

不調続くリバプールは「一貫性を取り戻せばきっとうまくいく」 ファン・ダイクは復調に自信

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが復調に自信を示した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 プレミアリーグ開幕から7試合を消化して2勝4分け1敗と低調なスタートを切ったリバプール。インターナショナルマッチウィーク明けの初戦だった第9節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でも守備が崩れて2失点を喫すると、一時は逆転に成功しながら再び失点を許して3-3のドローに終わり、首位アーセナルとの差は11ポイントにまで広がった。 早くもタイトル争いから脱落しかけるチームには終盤まで4冠を目指して戦った昨シーズンからの燃え尽き症候群も囁かれるが、ファン・ダイクはこうした見立てを否定。チームが団結すれば、昨季までのクオリティはまだ発揮できると自信を示している。 「僕たちは(昨季の)余韻に浸っているわけじゃない。チームは明らかに改善されているしね。僕らはすべてのチームが競争する世界最高のリーグでプレーしているんだ。もちろん、昨季までの一貫性は取り戻す必要があり、喜びと自由を感じながらプレーしなければならない」 「すべてはチームとして一生懸命に取り組むことから始まる。一貫性を取り戻すのはフットボールでもっとも難しい部分だが、その瞬間を見つけなければね。一緒に取り組み、一緒に挫折に対処して、これまでと同じようにプレーを続けたい」 「これから厳しい試合が待っているのは明らかだ。チャンピオンズリーグ(CL)でレンジャーズと戦い、それからアーセナル、レンジャーズ、マンチェスター・シティ、ウェストハムとの連戦だ。とにかく頑張らないとね。自信を取り戻し、一貫性を取り戻せば、きっとうまくいく」 「いくつか失敗があった。可能な限りベストな状態でなければ、正しい反応は難しくなるものだ。とはいえ、必ずできると確信しているよ。4カ月前まで、すべてのタイトルをかけて戦っていたんだ。今はベストな状態ではないが、そこへの到達は可能さ」 また、ファン・ダイクはプレミアリーグ7試合9失点の守備にも言及。自分たちのハイライン戦術が対策されていると認めながらも、打開は可能だと強調した。 「外から見れば、守備陣の責任と思ってもらっても良い。ただ、実際はそれよりもっと複雑だ。僕ら守備陣には守備だけでなく攻撃の責任もあることは誰もが知っている。守備は前から、攻撃は後ろからがチームの原則であり、その一貫性に立ち返りたい」 「相手チームも僕たちに順応している。僕たちが高いラインをとっていると分析し、数人の選手に背後を狙わせるようになった。なら、どうすれば背後への狙いを防げるか? プレッシャーをかけることだね。それが僕らの常に心がけていることだ。4年、5年とそれを一貫してやってきていた。だから、その一貫性を全員で取り戻し、団結しなければならない」 2022.10.03 16:18 Mon
twitterfacebook
thumb

「何かの兆候だ」2点差逆転も追いつかれたリバプール、クロップ監督が嘆き「トップレベルの守備が必要」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは1日、プレミアリーグ第9節でホームにブライトンを迎えた。 今シーズンは開幕から低調なパフォーマンスが続き、初勝利は第4節。中断前の前節もエバートン相手にゴールレスドローに終わっていた。 なかなかパフォーマンスが上がらない中、この試合も前半にレアンドロ・トロサールに2ゴールを許してしまう苦しい展開に。それでも、ロベルト・フィルミノの2ゴールとオウンゴールで逆転に成功した。 このまま勝利を収めていきたいところだったが、83分に三笘薫のお膳立てからトロサールにハットトリックを許してしまい同点に。打ち合いとなった試合は3-3のドローに終わった。 試合後、またしても勝ち切れなかったクロップ監督は、このような状況は何度も見てきたとコメント。難しい状況が続いていることを認め、まずは守備面の改善をしなければいけないと見解を示した。 「100%正直に言って、同じような状況は初めてではない。多分、我々が見た状況の数は、ボールが高く蹴られた場合や、様々な状況で少し異なっていたかもしれないが、それは何かの兆候だ。その兆候は、信頼度が特別高くなったわけではないということだ」 「我々の状況では手に入れたいもの、自信を取り戻すこと、そしてそれを維持し、増やしていきたいと思う。それに基づいて構築していきたいと思う」 「特に最初のゴールでは明らかで、2点目も助けにはならなかった。ブライトンのセットプレーには驚かされた。何をされるかも見当がつかず、ここ数週間のブライトンの状況がわからないことは明らかだった」 「以前はグレアム・ポッター、現在はロベルトと、彼らは良いセットプレーを持っている。だから、今に始まったことではなく、正直になれば、よくあることだった」 「通常はより早く適応できるが、その前に2-0となった。その後、彼らが何をしていたかをよく理解し、より適切な反応を見せルコとができた」 「その結果、隙間がなくなり、ハーフスペースからボールを出せなくなった。結果として、試合を振り出しに戻すことができた」 「2-1、2-2、3-2。そしてまた…長くここでサッカーを見ていると、何年か前に1点差という状況があり、その時は誰もが心臓が止まりそうになったことがあった」 「というのも、カウンターやコンパクトな展開に説得力がなかったからだ。今日はそのことを少し思い出した。だから、3-2とリードをしていた時に、失点しないと100%確信していたとは言えない」 「彼らはゴールを決めた。我々は3つのゴール全てでもっと上手く守るべきだった。最後の瞬間ではなく、もっと早い段階で防ぐべきだった」 「彼らは3-3となるゴールを決めたが、敗北ではないのに敗北のように感じている。我々は、この状況を戦い抜かなければならない」 「選手たちはもっと上手くプレーできる。私の仕事は、彼らが結果を出せる状況を作り出すことだ。そのためには、安定性と一貫性が必要であり、トップレベルの守備が必要となる。明らかにトップレベルではなく、試合中もそうではなかった。他の場面では本当に危険な状態があった」 「我々は良い場面が色々あり、3-2とリードできたことは本当に良かったと思う。その後、我々は深く腰掛けることもなく、高い位置から攻めることもなく、その中間のような状態だった。それで彼らに良い場面が作られてしまった」 「オフェンシブな選手がライン間でターンするようなシチュエーションをいくつ見たか分からないほどだ。見ていて本当に酷かった」 「繰り返しになるが、これは常に勝ち続けている時と同じ仕事だ。ただ、選手たちが反応するような状況を作り出し、それが簡単にできるようにしなければならない。だからより難しくなっている」 2022.10.02 13:17 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly