レヴァンドフスキが入団セレモニーで意気込み、宿敵への対抗心も「レアルを打ち負かすために来た」

2022.08.06 15:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、入団セレモニーで新天地での活躍を誓った。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。

紆余曲折を経て今夏バルセロナへ加入したレヴァンドフスキ。8年間にわたって活躍したバイエルンを離れ、スペインに新天地を求めた。

先月20日の正式発表後、レヴァンドフスキはすぐにツアー中のアメリカへ飛んだため、カンプ・ノウでの入団セレモニーは今月5日に開催された。5万人のファンに迎えられ、背番号「9」のユニフォームを着た姿を披露した。
セレモニー終了後の会見で、意気込みを語った33歳。クラブの最大のライバルに対しては対抗心を燃やした。

「これは僕にとって挑戦だ。シーズン初戦では自分の持ち味、そして経験を発揮して他の選手の背中を押せるようなプレーをしたいね。自分のことだけでなく、チーム全体のパフォーマンスを考えている。プレーだけでなく、僕の経験で役に立ちたいんだ。言葉でもね。僕はこれまで、ピッチで様々なものを見てきた。それが役に立つのならばそうしたい」

「クラブにとって今がベストな時期でないことは分かっていたけど、会長と話し、プロジェクトや彼らが進みたい方向性を見たときが加入したいと感じた最初の瞬間だった。きっと明るい未来が待っているはずだよ。このチームには、たくさんの可能性がある」

「トレーニングはすべて順調だ。僕たちが正しい道を歩んでいることを、シーズン開幕から証明しなければならない。簡単なことではないし、何事も覚悟が必要だけど、このプロジェクトがあれば、今シーズンは色々なことが起こせるはずだよ」

「レアル・マドリーと対戦する準備は常にできているし、戦い方もわかっている。昨シーズンは彼らにとって非常に成功したシーズンだったね。僕たちは彼らを打ち負かすためにここにいる。難しいことは分かっているが、それがフットボールだ」

ラ・リーガでの得点量産に大きな期待が懸かるレヴァンドフスキ。13日の開幕節ではラージョ・バジェカーノとのホーム戦に臨む。

関連ニュース
thumb

来夏に契約切れとなるセルジ・ロベルト、バルセロナからの新契約オファーを拒否か

スペイン代表DFセルジ・ロベルト(30)がバルセロナから提示された新契約の最初のオファーを拒否したようだ。 スペイン『マルカ』によれば、今冬での契約更新を目指していたバルセロナは、残りの契約が半年となるセルジ・ロベルトに対し、現行契約と同条件となる1年契約の延長オファーを提示。しかし、同選手の代理人との最初の話し合いでは合意に至らなかったとのことだ。 なお、クラブ側は冬の移籍市場が閉幕し今季中の移籍がなくなった今では、契約延長交渉を急いでおらず、両者の新たな話し合いの日程は未定となっているようだ。 同クラブのカンテラーノとして、トップチームで10シーズン目を迎えているセルジ・ロベルト。ポリバレントな選手である一方、ケガが多く、パフォーマンスが安定しないことから今季もなかなか定位置が掴めておらず、公式戦18試合の出場にとどまっていた。 2023.02.02 23:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ移籍破談のアムラバト、チームメイトへ謝罪しフィオレンティーナに合流

フィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)はチームメイトに詫びたようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、中盤で大きな存在感を放ったアムラバト。アフリカ勢初となるベスト4進出を果たしたチームの原動力となる活躍で、移籍市場でも人気を博すプレーヤーの一人となった。 フィオレンティーナは今冬のアムラバト退団を否定していたもの、バルセロナはマーケット閉幕直前で買い取りオプション付きレンタルのオファーを打診。アムラバト本人も自身のSNSで「今すぐだ。未来は誰にも約束されてない」と移籍希望とも取れる投稿を行ったが、最終的にフィオレンティーナ側が拒否し破談に終わっていた。 去就に関する複雑な状況の中、チームを離脱していたアムラバトは、1日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のトリノ戦でもメンバー外になるとされていたが、直前でベンチ入りが決定。後半半ばから投入され、周囲の予想に反してホームのサポーターの前でプレーした。 ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督は2-1で勝利した試合後、アムラバトが仲間たちに謝罪を行い、チームに合流したことを明かした。 「彼は冷静ではなかったが、チームメイトに謝罪した。今は6月まで自らのすべてをチームに捧げなければならないことを彼は知っている」 「彼はトッププレーヤーだ。アムラバトはギリギリの状況だったので、トレーニングから外れていた。しかし、すべてが終わった」 2023.02.02 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

「18秒だった」補強なしのバルサ、システムエラーでメキシコ代表DFの獲得失敗を明かす「FIFAが何を言ってくるかを待つ」

今冬の移籍市場では新たな選手を獲得できなかったバルセロナ。フットボール・ディレクター(FD)を務めるマテウ・アレマニー氏がコメントした。スペイン『マルカ』が伝えた。 慢性的な財政難に陥っており、選手のサラリー問題も抱えているバルセロナ。今冬はまず選手を売却しない限り新たに登録ができない状況で、アトレティコ・マドリーにオランダ代表FWメンフィス・デパイを売却した。 また、昨年電撃的に引退を発表した元スペイン代表DFジェラール・ピケも含め2人分の余裕ができたものの、スペイン代表MFガビの登録が認められない事態に。裁判所の判断で登録は認められたが、ラ・リーガはこれに反論し上訴すると声明を発表している。 新たな選手を獲得する余裕はないバルセロナだが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするメキシコ代表DFフリアン・アラウホ(21)に関心を寄せていた。 バルセロナはBチームの選手としてフリアン・アラウホを獲得し、試合に出場させようという狙いがあったが、移籍期限を迎えても獲得が発表されず。しかし、それには理由があったとした。 「まず初めに、彼はバルセロナ・アトレティックの選手になることを明確にしておく」 「ただ、システムエラーのために叶わなかったことは事実だ。それは18秒だった。FIFAが何を言ってくるのかを待つ」 また、今冬補強がなかったことにも言及。問題はないとした。 「誰も来なかったが、我々のチームには問題がないと信じている。3選手が去り、誰も到着しなかったことは事実だ」 「ガビのような選手の登録を優先し、現在は(ロナルド・)アラウホ、マルコス・アロンソ、イニャキ・ペーニャの登録に動いている」 2023.02.02 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「結果にもプレーにも満足」公式戦9連勝で首位キープのバルサ、喜ぶチャビ監督

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、レアル・ベティス戦の勝利に喜びの声を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 2日に行われた延期分のラ・リーガ第17節でベティスとのアウェイ戦に臨んだバルセロナ。序盤は相手に攻め込まれる展開が続くも、徐々に流れを取り戻し、試合を折り返して65分にブラジル代表FWハフィーニャのゴールで先制した。 さらに、80分にはセットプレーの流れからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが追加点を奪取。85分にはオウンゴールで失点を喫するも、1点のリードを守り抜き、2-1で勝利を収めた。 アウェイで白星を挙げたバルセロナはこれで公式戦9連勝。チャビ監督は試合後、内容に満足感を示しつつ、リーグ首位でシーズン前半戦を終えられたことを喜んだ。 「我々は素晴らしい試合をした。最高のプレーだった。終盤にはアンス(・ファティ)がヘディングで3点目を奪えたかもしれない。そして、オウンゴールで不運な失点を喫してしまったが、素晴らしい内容だった」 「ベティスからボールを奪えていたことが、一つの鍵になった。結果にもプレーにも満足しているし、前節に比べて良くなっている」 「我々が首位だ。チームのディフェンスはしっかりしているし、トレーニングの成果が出ていると思う。選手たちは競争の中にある。今日は今シーズンのベストゲームの1つだと感じており、とても満足だ」 また、先制点を挙げたハフィーニャについては「彼は決定的なゴールを決める。違いを生み出す存在だ。また、チームのために働ける選手でもある。ロベルト(・レヴァンドフスキ)と同様にとても重要な選手だ。活躍してくれるのはとても嬉しい」とコメント。その重要性を強調した。 2023.02.02 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で難敵ベティス撃破のバルセロナが暫定8pt差で首位ターン《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第17節延期分、ベティスvsバルセロナが1日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのバルセロナが1-2で勝利した。 2023年に入って公式戦8連勝と絶好調の首位バルセロナは、スーペル・コパ参戦に伴い、延期されていた前半戦ラストゲームに臨んだ。チャビ監督はスーペル・コパ準決勝で激闘を演じたリーグ戦6位チームとの再戦に向け、1-0で勝利したジローナ戦から先発4人を変更。負傷のデンベレに加え、エリック・ガルシア、マルコス・アロンソ、アンス・ファティが先発を外れ、3試合の出場停止が明けたレヴァンドフスキ、バルデ、クリステンセン、ペドリが起用された。 スーペル・コパの白熱の展開を継続するように、立ち上がりからハイインテンシティの攻防を繰り広げる両チーム。その中でボールの主導権を握ったバルセロナは、ペドリとガビを起点に要所で相手のプレッシャーを外しながら良い形で前進。だが、ペドリの見事なゴール前の飛び出しをGKルイ・シウバの好守で阻まれるなど、フィニッシュ、決定機まであと一歩という場面が目立つ。 一方、ボールを握られながらも粘り強く守るベティスは、ボルハ・イグレシアスがアラウホとクリステンセンのコンビに徹底監視されなかなか前線で起点を作れない。それでも、ルイス・エンヒキ、フェキルらの個人技から鋭いカウンターを仕掛ける。その形から10分にルイス・エンヒキ、32分にカナーレスといずれもボックス内で決定機に持ち込むが、ここはリーグ最高の堅守を誇るバルセロナの守備陣に見事なブロックで阻まれる。 前半終盤にかけてはよりオープンな展開の中でバルセロナのアタッカー陣の個人技が違いを生む。カウンターからボックス付近でより多くのチャンスを作るが、ガビやペドリの決定機はことごとくオフサイドなどに阻まれ、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりにバルデの見事な突破からの折り返しに反応したペドリのシュートでGKルイ・シウバを脅かしたバルセロナ。これで流れを引き寄せたチャビのチームは、後半より優勢に試合を進めていく。 これに対してベティスは60分過ぎにフェキルとウィリアム・カルヴァーリョを下げてグアルダード、フアンミを同時投入。すると、この交代直後に試合が動くことになった。 65分、バルセロナが相手陣内左サイドでフレンキー・デ・ヨングが倒された際のクイックリスタートからバルデが勢いをもってボックス内に侵入。完璧なグラウンダーのクロスを供給すると、ファーに走り込んだハフィーニャがワンタッチで流し込んだ。 相手の一瞬の隙を突くしたたかな攻撃から先制に成功したバルセロナは、リスクを冒して前に出るベティスの攻撃を凌ぎながら冷静に時計を進めていく。さらに、80分にはペドリの右CKを中央で競り勝ったアラウホがゴール前のスペースに落とすと、これを足元で収めたレヴァンドフスキが冷静にゴール左隅へ右足で流し込み、4試合ぶりのリーグ戦で早速ゴールを奪ってみせた。 これで勝利に大きく近づいたブラウグラナだが、鉄壁の守備に思わぬ綻び。85分、サバリの右サイド深くからのクロスがファーへ流れると、クンデの腹部に当たったボールがそのままゴールネットに吸い込まれて思わぬオウンゴールで失点する。 これで一気にスタジアム全体に熱狂的な空気が戻って来るが、この失点で気を引き締め直した守備陣が冷静に相手の攻撃を撥ね返し続けて2-1でクローズ。リーグ戦で久々の失点を喫したものの、スーペル・コパ同様にベティスを退けたバルセロナが、2位マドリーに暫定8ポイント差を付けて前半戦を終えた。 2023.02.02 07:27 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly