【ブンデス・シーズンプレビュー】大エース流出もバイエルンの11連覇揺るぎなし

2022.08.05 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのブンデスリーガが5日に開幕する。昨季も絶対王者バイエルンが、対抗と目されたドルトムントを寄せ付けず節目の10連覇を達成した。大エースのFWレヴァンドフスキがバルセロナに旅立ったが、それでもライバルチームとの戦力差を考えれば11連覇は揺るぎないものと思われる。

◆レヴィ流出も11連覇へ抜かりなし~バイエルン~
Getty Images

シーズン30ゴール以上を確約してくれていたレヴァンドフスキがバルセロナに移籍し、例年に比べれば得点力にやや不安を抱えるかもしれない。それでもリバプールから万能FWマネを加え、機動力に長けた前線の選手たちを組み合わせればリーグ最強の攻撃陣を十分に形成できる。実際、ナーゲルスマン監督もマネを軸に2トップを採用することでFWニャブリやFWサネら、走力に長けた選手たちの流動的な動きで打開を狙っている様子がプレシーズンで窺えた。

守備陣に関しては要となっていたDFジューレの移籍が痛いが、DFデ・リフトを獲得している上、DFマズラウィを右サイドバック起用することでDFパヴァールをセンターバックに回すことも可能と、駒は十分。移籍2季目のDFウパメカノもチームに馴染むことが予想され、ジューレ移籍による戦力ダウンは微々たるものとなることが予想される。11連覇へ今季も死角は見当たらない。
◆好補強もハーランド流出でバイエルンの背中は遠く…~ドルトムント~
Getty Images

今季ももしバイエルンの連覇を止めるチームが現れるとすればドルトムントになるだろう。前述したようにDFジューレの加入は不安定な守備陣に安定をもたらす可能性が高く、そのジューレの相棒となることが予想されるDFシュロッターベックも将来性豊かなセンターバックで例年のような安い失点が減少することが予想される。

攻撃陣に関してはFWアデイェミの加入が大きそうだ。個で打開できる能力を持っている上に得点力もあり、良いアクセントになることが想像できる。ただ、流出したFWハーランドの穴を埋めるべく獲得したFWアラーがまさかの悪性腫瘍発覚で長期離脱確定と痛恨。まずはアラーの無事を祈るばかりだが、貴重なセンターフォワードタイプを失ったのは痛い。代役の確保が先決だ。

◆テデスコ・マジック再現なるか~ライプツィヒ~
Getty Images

ドルトムントに次いで優勝争いに絡める可能性があるとしたらライプツィヒか。昨季はテデスコ監督の就任によって後半戦、急浮上したライプツィヒは4位に滑り込んでCL出場権を獲得するとともにクラブ史上初タイトルとなるDFBポカール優勝を果たした。そのライプツィヒは主力ではDFムキエレが移籍したが、大半の主力が残留。加えてMFラウムの加入が決まり、左サイドの選手層に厚みが増した。新シーズンもテデスコ監督の采配が冴え渡ればサプライスを起こす可能性もありか。

◆戦力維持でCL出場権確保へ~レバークーゼン~
Getty Images

昨季3位フィニッシュのレバークーゼンは新シーズンもCL出場権確保が目標となるだろう。ライプツィヒ同様に主力を引き抜かれることなく戦力を維持したレバークーゼンは、新たに次世代ストライカーのFWフロウシェクを獲得。FWシックとのチェコ代表コンビでゴールを量産できれば、4位以内の確保は難しくないタスクになるだろう。

◆遠藤航、伊藤、鎌田、長谷部、吉田、板倉、浅野、原口、堂安~9人の日本人~
Getty Images

今季は実に9人もの日本人選手がドイツ1部リーグを戦場とすることになった。11月にカタール・ワールドカップを控える中、いずれの選手も日本代表の主軸となる存在なだけに動向が注目されるところだ。

まずは日本代表で正に心臓の役割を果たしているシュツットガルトのMF遠藤航。昨季はチームを残留に導く働きを見せた中、今季も主将としてシュツットガルトを牽引する働きが求められる。2年連続デュエル王の座を手にし、正真正銘のトップ・オブ・ブンデスリーガーとなった遠藤の一挙手一投足に注目だ。

昨季、Bチームでの加入となった中、守備陣の離脱により出番を得たDF伊藤洋輝は瞬く間にレギュラーポジションの座を掴んで見せた。今や遠藤と共にシュツットガルトにとって欠かせない存在となった伊藤だが、確保したセンターバックのポジションを明け渡さないことが、W杯メンバー選出への最低条件となりそうだ。

ヨーロッパリーグ(EL)優勝の立役者となったフランクフルトMF鎌田大地。クラブの歴史に名を刻む偉業に貢献した鎌田は今夏、プレミアリーグ方面からの強い関心があった中、残留が濃厚となっている。慣れ親しんだドイツの地で爪を研ぎ澄まし、W杯に向かう。

その鎌田のチームメートであり、フランクフルトのレジェンドとなっているDF長谷部誠。38歳となり、流石に出場機会は減っているが、それでも昨季EL決勝では緊急出場ながら冷静なプレーで優勝に貢献と、まだまだ健在であることを証明した。今季も縁の下の力持ちとしてフランクフルトを支える。

日本代表キャプテンを務めるDF吉田麻也は活躍の場をイタリアからドイツへと移した。サンプドリアでは出場機会を失っていた中、昇格組のシャルケへ移籍を果たした。心機一転、ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻し、W杯を迎えたい。

そのシャルケの1部昇格に貢献したMF板倉滉はボルシアMGに完全移籍した。ボランチ、センターバックの両ポジションでハイレベルなプレーが可能となっている板倉。日本代表の常連になりつつある中、その器用さ、堅実さを生かしてまずはボルシアMGでポジションを掴み、W杯メンバー入りとしたい。

昨季後半、レギュラーとしてボーフムの残留に貢献したFW浅野拓磨。3季ぶりにドイツに戻り、成長した姿を披露した。自慢のスピードはドイツでも十分に通用しており、チャンスメークの面ではしっかり貢献している。あとはゴールをどれだけ重ねられるか、W杯で活躍できるかの指標になりそうだ。

ウニオン・ベルリンに個人昇格した昨季、MF原口元気はクラブのEL出場に大きく貢献した。かつてのドリブルからハードワークが売りの選手となった31歳の原口は泥臭いプレーを厭わずチームの勝利を最優先する姿が印象的だ。今季もその献身性でウニオンの勝利に貢献するはずだ。

そして2季ぶりにドイツに戻ってきたMF堂安律。昨季はPSVに不本意ながらも残留したものの、しっかりと結果を残し、フライブルクへの完全移籍を勝ち取った。クラブはELに出場するため、堂安の出場機会は増えそうだ。ビーレフェルト在籍時同様、ゴールに直結する働きを続けてW杯メンバー入りとしたい。

関連ニュース
thumb

「全盛期メッシみたいなゴール」数的不利を超越する19歳ムシアラのヌルヌルドリブル弾が反響「10代で一番上手い」

バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ムシアラが圧巻のゴールを決めた。 5日にブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨んだバイエルン。3戦連続ドローと足踏みが続いていたが、9分に幸先よく先制に成功すると、14分と19分にも立て続けに追加点を挙げ、早々にスコアを3-0とする。 しかし、前半のうちに1点を返されると後半の54分にはジョシュア・キミッヒが2枚目のイエローカードで退場。バイエルンは10人での戦いを強いられることとなった。 だが、そんな嫌なムードを吹き飛ばしたのが19歳のムシアラ。右サイドでボールを持つと、 ドリブルでするすると持ち上がる、一瞬の隙を突いてボックス内へ侵入すると、DF3人に対応されながらもシュートを決めきった。 ムシアラのファインゴールには、ファンも「完全にメッシのそれ」、「ボールが吸い付いとる」、「エグすぎますって」、「全盛期メッシみたいなゴールだ…」、「十代で一番上手いやろ」と大興奮。前半戦からロベルト・レヴァンドフスキが抜けたバイエルンの攻撃陣を牽引しているムシアラだが、19歳の勢いはとどまることを知らないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】この位置から!?ムシアラがヌルヌルドリブルで相手の大半を翻弄してそのままゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wCMwmYLlt9c";var video_start = 79;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

コロ・ムアニにユナイテッド&バイエルン関心… 母国メディアはドイツ王者行きを危惧?

フランクフルトのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(24)は、ビッグクラブからの関心が高まっているようだ。 コロ・ムアニはU-24フランス代表として2021年の東京オリンピック、A代表として昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場。昨夏に加入したフランクフルトでは公式戦27試合で12得点13アシストと出色のパフォーマンスを披露している。 そんな年々うなぎ上りの24歳をビッグクラブが放っておくはずもなく、すでにマンチェスター・ユナイテッドとバイエルンが関心を寄せる。今夏に移籍する可能性も考えられるが、フランス『フットメルカート』いわく、容易に獲得できるクラブはないという。 コロ・ムアニの契約は2027年6月まで。フランクフルトは今季手に入れたばかりのエースを手放すつもりは毛頭なく、1億ユーロ(約142億2000万円)という巨額の値札をつける意向とされる。 また、『フットメルカート』はバイエルン移籍ならリスクを孕むと主張。「ユリアン・ナーゲルスマン監督が来季意向も職にとどまるか怪しい」とし、コロ・ムアニのキャリアの歯車が狂う危険性が高いのではないかと危惧している。 最後は「コロ・ムアニを欲しいクラブはXXLの努力をしなければならない」と締めくくった。 <span class="paragraph-title">【動画】コロ・ムアニのバイエルン戦豪快ショットを至近距離から</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just Kolo Muani things<a href="https://twitter.com/hashtag/SGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGE</a> <a href="https://t.co/JsMRlTpfqv">pic.twitter.com/JsMRlTpfqv</a></p>&mdash; Eintracht Frankfurt (@Eintracht) <a href="https://twitter.com/Eintracht/status/1621236275507302404?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 16:27 Mon
twitterfacebook
thumb

「これで前を向ける」 ブンデスでの新年初勝利にナーゲルスマンが心境

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 5日に敵地でブンデスリーガ第19節のヴォルフスブルク戦に臨んだバイエルン。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒの退場に見舞われたりもしたが、4-2で打ち合いを制し、再開後4試合目でようやく白星を手にした。 直近のDFBポカールで新年初勝利を掴んでから、リーグ戦でも3試合連続ドローの流れを止め、首位の座をキープしたナーゲルスマン監督。試合後、率直な心境を語っている。 「最も大きな勝利だ。3ポイントを掴めたから、これで前を向ける。前半は本当に効率的だった。退場者が出たからはまた違った面を露呈したがね。もちろん、プレースタイルも変わったが、粘り強く戦うのが大事で、何とかそれをやり通したよ」 「これで軌道に戻ったが、決して満足できない。我々は常に努力を求めている。ともあれ、試合の性質を考えると、とても重要な勝利だった」 2023.02.06 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

キミッヒ退場のバイエルン、ヴォルフスブルクに苦戦もムシアラのファインゴールなどで4発勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは5日、ブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。 前節フランクフルトに引き分け、再開後3戦連続ドローと足踏みの首位バイエルン(勝ち点37)は、2位ウニオン・ベルリンに1ポイント差に迫られた中、4日前に行われたDFBポカールでは新戦力カンセロの先制アシストの活躍などでマインツに4発快勝とした。そのバイエルンはチュポ=モティングが体調不良で欠場となった中、ミュラーを最前線で起用した。 ハイプレスをかけてきた7位ヴォルフスブルク(勝ち点29)に対し、バイエルンは9分に先制する。左サイドからコマンが上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。 幸運な形で先制したバイエルンはさらに14分、ハイプレスをかいくぐった流れから、カンセロの右クロスをコマンがボレーで叩き込みリードを広げた。 カンセロの2戦連続アシストで加点したバイエルンは19分、キミッヒのFKからミュラーのヘディングシュートが決まって3-0としてしまう。 その後、35分のスヴァンベリの枠内シュートをGKゾマーがセーブしたバイエルンだったが、44分に失点。オタビオのスルーパスを受けたボックス左のカミンスキにシュートを決められた。 3-1で迎えた後半、ヴォルフスブルクが引き続き前がかる中、バイエルンは54分に退場者を出す。キミッヒがカウンターを防ぐべくアルノルトを後方から引っ張ると2枚目のイエローカードが提示された。 数的不利となったバイエルンだったが、73分にムシアラが魅せる。ドリブルでするすると持ち上がってボックス内へ。DF3人に対応されながらもシュートを決めきった。 ムシアラのファインゴールで4-1としたバイエルンは、81分にスヴァンベリにゴールを許すも4-2で勝利。再開後、初勝利として首位をキープしている。 2023.02.06 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、デビューのザビッツァー評は…? 「あのような選手はうちに必要」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がデビューのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価した。 今冬のデッドラインデイに降って沸いたような移籍話から、瞬く間にバイエルンから加入が決まったザビッツァー。移籍から1日のセッションしかこなしていないものの、MFクリスティアン・エリクセンのほか、MFスコット・マクトミネイ、そしてMFドニー・ファン・デ・ベークが離脱中のボランチ陣が手薄さを極めるとあって、4日にホームで行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦でさっそくメンバー入りした。 そんなC・パレス戦は2-1でユナイテッドが逃げ切り勝ち。後半途中の乱闘騒ぎからMFカゼミロの一発退場で荒れ試合となってしまったが、85分からMFアントニーとの交代でユナイテッドデビューを果たして、チームが数的不利とあって、後ろに重たい展開となるなか、ボールを受ければ、しっかりとの中継役になろうとするなど、一定の存在感を示した。テン・ハグ監督もクラブ公式チャンネル『MUTV』で好印象を口にした。 「そうだね。彼はフットボールというものを理解している。最初からそれが見られ、トレーニングからそうだった。よくやったし、ボールを持っても落ち着いていて、守り方も知っている。試合を理解し、適切なスピリットを持つあのような選手はうちに必要だ」 荒れ模様の難しい試合展開のなか、短い時間ながら中盤で動きをつけ、ボールによく絡んだザビッツァー。ユナイテッドとの契約は買取オプションなしの半年ローンだけに、今後のパフォーマンス次第で完全移籍の動きもあるかもしれない。 2023.02.05 17:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly