日本代表の新ユニがまたリーク? 今度は『GIANT KILLING』の椿大介が着用

2022.08.02 11:58 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
先日海外で大きな話題を呼んだ日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)のユニフォームだが、再び話題を呼んでいる。『Footy Headlines』が伝えた。カタールW杯に向けて、各国代表チームの新ユニフォームが発表。「アディダス」もアルゼンチン代表のユニフォームを発表するなどしている。

ここまで日本代表に関しては特に情報がなかった中、先日漫画『ブルーロック』の表紙で描かれたものが新ユニフォームではないかと大きな騒ぎになった。
そこで描かれたユニフォームは、現在の「日本晴れ(ニッポンバレ)」をコンセプトにした迷彩柄から一転してシンプルなものに。カラーも深いブルーとなり、濃紺の細いストライプが左肩から右下に何本も入っているもの。また、羽のようなものが白で描かれているというものだった。

そんな中、再び日本代表のユニフォームが話題に。今度は漫画『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』の画像でも『ブルーロック』で描かれたものと似たユニフォームが描かれていた。

表紙は漫画の中心人物でもある椿大介。日本代表にも選ばれている選手だ。

背番号が黄色で描かれているが、これは『ブルーロック』の表紙と一致。斜めのストライプ、白い模様など、類似している点が多い。

『Footy Headlines』は近いうちに「アディダス」が公式に発表するだろう。としており、どこまで一致するのかが話題となりそうだ。


関連ニュース
thumb

「多くの問題を引き起こす」ドイツでプレーするクロアチア代表CBグヴァルディオル、ビッグクラブ注目の逸材が日本を警戒「彼らは最後まで諦めない」

クロアチア代表のDFヨシュコ・グヴァルディオルが、日本代表戦に向けてコメントした。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でクロアチアは日本と対戦する。 4年前のロシアW杯では決勝まで駒を進めたが、フランス代表の前に敗戦。クロアチア史上最高位となる準優勝の成績を残したが、あと一歩タイトルに届かなかった。 今大会はグループステージで1勝2分けの成績。ただ、引き分けの2試合はゴールレスドローとなっており、非常に手堅い試合を見せてきた。 グヴァルディオルはRBライプツィヒに所属しているため、ブンデスリーガでプレーする選手を知っている。今大会では堂安律(フライブルク)がドイツ代表とスペイン代表との試合でゴールを決め、浅野拓磨(ボーフム)もドイツ戦で決勝ゴールを記録。スペイン戦の決勝ゴールは2部ではあるがドイツでプレーする田中碧(デュッセルドルフ)が決めた。 前日会見に出席したグヴァルディオルは、ブンデスリーガでプレーする日本人について語った。 「彼らは多くの問題を引き起こす。代表になった今、彼らは90分間をずっと戦い続けるチームだ。彼らは最後まで諦めない」 日本の諦めない気持ちを目の当たりにしてのコメント。一方で、グヴァルディオルも今大会でより注目を集め、レアル・マドリーやチェルシーなどが強い興味を示している。 その点については「僕をここに連れてきてくれた監督に感謝する。モドリッチ、コバチッチ、ペリシッチを前にすると、全てが簡単になり、もんだいについてかんがえるひつようがなくなり、恐れなくなる。ルカの最後のW杯にならないこと、何か大きなことを成し遂げる年にしたい。そして、僕が試合をするのが最後にならないように願っている」とコメント。ここで負けずに、もっと戦いを続けていきたいとした。 そして、ファンに向けても言及。「ファンは背中に風を送ってくれる。これには大きな意味がある」と語り、「彼らは僕たちにとっての12番目の選手であり。もっと増えることを願っている」と、より多くの後押しを願った。 2022.12.05 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「魂はカタールに置いていきます」日本代表MF遠藤航にウガンダ帰国の弟からも熱いエール「その魂、受け取った」

日本代表MF遠藤航に力強いエールが送られている。 日本の中盤で絶対的な主軸に君臨する遠藤。カタール・ワールドカップ(W杯)でもグループステージ初戦のドイツ代表戦で輝きを放つと、コスタリカ代表戦にも出場。その後右ヒザ痛で欠場が懸念されたが、最終節のスペイン代表戦に途中出場し、チームのリードを守り切った。 その遠藤はスペイン戦後にスタンドの家族たちと喜びを分かち合っていたが、弟の暁さんからも熱いエールが送られていた。 暁さんは自身のツイッターを更新し、「身体はウガンダに帰るけど、魂はカタールに置いていきます。歴史を塗り替えてくれ!死ぬほど応援してる!!!頼んだぞ!!」と激励。その言葉を受け取った遠藤もツイッターを更新し、「弟よ、ウガンダから来てくれてありがとう‼その魂、受け取った」と返している。 暁さんは青年海外協力隊の一員として2年間ボリビアで活動。現在はウガンダに生活の拠点を置いている。 なお、暁さんはドイツ戦の際に偶然矢部浩之さんからインタビューを受け、話題になっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】横顔が似ている?遠藤航と弟の暁さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">身体はウガンダに帰るけど、魂はカタールに置いていきます。<br>歴史を塗り替えてくれ!死ぬほど応援してる!!!<br><br>頼んだぞ!!<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/SjA90dtDIl">pic.twitter.com/SjA90dtDIl</a></p>&mdash; 遠藤 暁/Satoru Endo (@str_se) <a href="https://twitter.com/str_se/status/1598627488338698242?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">俺が斜め上を見ながら謎の笑みを浮かべてめちゃくちゃ変な顔で写ってるってことを除けば、最高にいい写真!!笑<br><br>なんでこんな顔になったのかは全く覚えていません <a href="https://t.co/m4PPOyhUtN">https://t.co/m4PPOyhUtN</a></p>&mdash; 遠藤 暁/Satoru Endo (@str_se) <a href="https://twitter.com/str_se/status/1598891963407007750?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「俺も準備できてる」本田圭佑のスペイン戦解説時の冗談が現実に!?ファンは総ツッコミ「是非試合出てください」「面白すぎる」

クロアチア代表戦に向け、本田圭佑が準備万端だ。 5日にカタール・ワールドカップ(W杯)でクロアチアと対戦する日本代表。日本が目指す新しい景色、史上初のベスト8に向けた大事な一戦に臨む。 本田はこの試合を「ABEMA」にて解説を担当。元々は予定されていなかったが、グループステージでの反響もあり、クロアチア戦も担当することとなった。 その本田は5日に自身のツイッターを更新。「俺も準備できてる」のコメントとともに1枚の画像を投稿した。 さぞ解説の準備している姿でもあるのかと思いきや、本田が投稿したのは副審に自身の顔を雑にコラージュした画像だった。本田はグループステージ最終節のスペイン代表戦の際、副審のオフサイド判定が遅れた際に、「俺がラインズマンやりましょか?」と冗談を言い放っていた。 これには日本のファンも爆笑。「今大会いちばん活躍してる」、「雑コラがすぎるwww」、「面白すぎる」、「是非試合出てください」、「本人が何してるん」とツッコみの嵐だ。 クロアチア戦は5日の24時にキックオフ。本田の解説にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】かなり雑なコラ画像を本人が投稿!ラインズマンになった本田圭佑</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">俺も準備できてる。 <a href="https://t.co/a8wfIx10PN">pic.twitter.com/a8wfIx10PN</a></p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1599596653606244352?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「決して過小評価しない」日本代表を警戒するクロアチア代表指揮官、4年前に逃した優勝へ「W杯の過去10試合で負けたのは1試合だけ」

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、日本代表戦に向けてコメントした。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でクロアチアは日本と対戦する。 4年前のロシアW杯では決勝まで駒を進めたが、フランス代表の前に敗戦。クロアチア史上最高位となる準優勝の成績を残したが、あと一歩タイトルに届かなかった。 今大会はグループステージで1勝2分けの成績。ただ、引き分けの2試合はゴールレスドローとなっており、非常に手堅い試合を見せてきた。 2大会連続の決勝に向け、日本戦を勝利しなければいけないクロアチア。前日会見に出席したダリッチ監督は、ドイツ、スペインを下した日本を称賛した。 「私が最も重要だと思うのは、対戦相手への敬意を示すことだ。彼らはW杯の王者であるスペインとドイツの2カ国を打ち負かした。前半はそれぞれ負けていたが、メンタリティ、精神的な強さ、一貫性を見せていた」 「選手たちへのメッセージとして打ち出したことは、相手を決して過小評価しないこと。対戦相手を尊重するということだ。彼らはサムライの哲学を試合に持ってくる。我々も我々の役割を果たす」 長友佑都(FC東京)が「侍魂」を会見で話したことに対し、クロアチアは「リスペクトをする」と日本戦に臨むメンタリティを整えたようだが、日本を侮ることはしてはいけないとした。 「この試合が我々にとってどれほど重要かを理解している。我々は相手が誰であり、彼らのメンタリティを知っている。さらに先に進みたいのであれば、全く同じ態度を示さなければいけない」 「我々は最善を尽くし、誰も過小評価しない。対戦相手に最大限の敬意を払い、どちらがより優れたチームであるかを見ていきたい」 そして4年前に逃したW杯優勝についてダリッチ監督は言及。もちろん目指すものの簡単ではないとし、野心を持って戦うとした。 「時が来たと思うか?もちろん、私はそれが世界で一番好きなものだ。我々はチャレンジするし、チャンスはある。ただ、困難な道だ。常に楽観主義者だが、このW杯のクオリティは高い」 「過去20年間、クロアチアはいくつかの素晴らしい試合を見せてきた。W杯の過去10試合で負けたのは1試合だけ。これは大きな成功だ。2回連続でグループステージを突破した。これは素晴らしいことだ」 「そしてラウンド16の国を見ると、我々は人口が最も少ない最小の国だ。オッズに逆らい、ここにいる。我々はそれを成し遂げるし、それが夢でもある」 「ただ、一度には一歩しか踏み出せない。我々は耐える必要がある。今のところ最も差し迫ったことは明日の試合であり、それが我々をさらに前進させるかを決める」 「我々は優勝できると信じている。まずはW杯に出場できたことがとても幸運だった。それがモチベーションであり、野心だった。次の野心は、次のステージに進むことだ」 2022.12.05 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】4度目の挑戦、前回ファイナリストに勇敢に立ち向かい“新しい景色”を見られるか/vsクロアチア代表【カタールW杯】

5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で日本代表はクロアチア代表と対戦する。 新しい景色として、ベスト8以上の結果を目標に準備を進めてきた日本。グループステージの組み合わせ抽選会で、ドイツ代表、スペイン代表と同居することになった際には、多くの日本国民に諦めムードが漂った。 そのムードに追い打ちをかけるように、大会直前に主力選手が相次いで負傷。事実として、多くの期待はなかった中で迎えた初戦のドイツ戦で劇的な逆転勝利。この勝利で一気に空気が変わった。 世界をも驚かせた日本だったが、盛り上がる中で第2戦はコスタリカ代表に悔しい敗戦。最終戦のスペインに勝利しなければいけない状況に追い込まれたことで、再び絶望的な諦めムードが国民の中では漂ったが、日本はそのムードを再び振り払い、2度目の逆転勝利で大金星を上げ、首位でグループを通過した。 不屈の精神で目標達成に向けた大きな一歩を踏み出した日本。しかし、まだ何も達成していないというのが選手たちの言葉だ。4度目の挑戦となるベスト8への壁。果たしてこの壁を打ち破ることができるだろうか。 <span class="paragraph-subtitle">◆自信を力に全てを出し切り、悲願達成を</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221205_japan_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> グループステージの2試合で強豪相手に大きな勝利を挙げた日本。その興奮からは未だ覚めない中、運命の一戦を迎えることとなった。 森保一監督は前日会見で「理想と現実を見て、選手たちには最終的に試合をものにできる戦いを」とコメント。しっかりと戦って、勝利を掴み取りたいと意気込みを語った。 史上初の2大会連続ベスト16に進出した日本。4年前、ベルギー代表との試合で、ラストプレーで味わったあの悲劇を払拭したい。長友佑都は「ふとした瞬間にあのベルギー戦の最後のカウンターが頭をよぎる」と忘れることはないと語る。日本国民の多くの記憶に残るあの光景を書き換えるチャンスが訪れた。 その日本だが、別メニューだった酒井宏樹(浦和レッズ)が全体練習に合流した一方で、久保建英(レアル・ソシエダ)が体調不良で前日練習を欠席。欠場することが濃厚だ。しかし、今のチームは1つになっており、誰が出ても問題は起こらない。コンディションが良い選手がピッチに並び、クロアチア撃破に向けて準備をしたいところだ。 1998年、2006年と、過去W杯のグループステージで2度戦い、クロアチアには勝てていない日本。ほとんど対戦経験はないと言って良い相手だ。強かな戦いを見せ、相手に合わせる対応力を持つチームに対し、どういう形で臨むのか。「コラッジョ、勇気、勇敢に戦うこと」(長友)とベスト8に行くために必要なことを語り、森保監督も「最初から守って戦うことはしたくないですし、勇気を持って勇敢に戦ってもらえるように準備をしていきたい」と語った。強豪相手の戦いでも理想を求めつつ、現実的に戦ってきた日本が、壁を打ち破ることに期待したい。 <span class="paragraph-subtitle">◆まだ本領は発揮していないクロアチア</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221205_japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するクロアチアは、グループステージを2位通過。3試合を戦い1勝2分けと良い結果を残してきたとは言い難い状況だ。 しかし、2試合はゴールレスドローと粘り強い戦いを見せ、1試合は4ゴールを奪う大勝。本来の力を出し切っていることはまずないが、試合展開を読み、しっかりとアジャストして戦う能力の高さを感じざるを得ない。 4年前の前回大会は準優勝。フランス代表との決勝では惜しくも敗れたが、大会を通して調子を上げ、その強さを見せつけていた。そして、決勝で敗れた悔しさを持つ選手が多数いる状況。当然こんなところで負ける気はさらさらない。 重鎮であるルカ・モドリッチを筆頭に、マテオ・コバチッチ、マルセロ・ブロゾビッチ、イバン・ペリシッチと実力者が並び、デヤン・ロブレン、ヨシュコ・グヴァルディオルと守備も堅い。派手な戦いをここまでしていないが、バランスは取れており、堅実なサッカーをする相手。ドイツやスペインのような隙は生まれにくい相手と言えるだろう。 16年前の対戦を知るモドリッチもおり、日本としては試合中の対応力が非常に求められる難しい一戦となるはずだ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221205_japan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:権田修一 DF:冨安健洋、吉田麻也、谷口彰悟、長友佑都 MF:遠藤航、守田英正 MF:伊東純也、鎌田大地、南野拓実 FW:前田大然 監督:森保一 どうしても日本としては越えたい壁。その先にも進みたいが、この壁を越えずして先はない。悲願のベスト8に向けたメンバーは、現状のベストメンバーを送り出すはずだ。 GKは4試合連続で権田修一(清水エスパルス)だろう。安定したパフォーマンスを続けており、初めてW杯に出場した中でも落ち着きは変わらない。ここまでの安定感をこの試合でも発揮できるかに注目だ。 最終ラインだが、右サイドバックには冨安健洋(アーセナル)、左には長友佑都(FC東京)を起用すると予想する。酒井宏樹(浦和レッズ)が復帰したものの、ドイツ戦以来の出場となるため不安も残る。また、クロアチアの左サイドにはペリシッチが入ることが予想されるが、いきなり対峙することが得策かと言われると疑問が。それであれば、一足先に復帰し、スペイン代表戦でもジョルディ・アルバとアンス・ファティを封じた冨安の起用を期待する。 アーセナルでもミケル・アルテタ監督は、守備力を買い、相手の強力なサイドアタッカー封じのために冨安を左サイドバックで起用するほど。日本にとっての脅威となるペリシッチ封じに冨安の力を使いたいところだ。 そして「ブラボー!」でお馴染みの長友は左サイドに。チームに活力を与える存在としてはもちろん、ピッチ上でも高いパフォーマンスを見せている。いつも通り、後半には三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)と交代する可能性もあるが、全てを捧げて悲願のベスト8に尽力したい。 センターバックは吉田麻也(シャルケ)と谷口彰悟(川崎フロンターレ)と予想する。板倉滉(ボルシアMG)が出場停止となってしまったことで、一角が不在となる中、右サイドバックに酒井を置くならば、冨安が起用されるだろう。 吉田はコスタリカ戦の判断ミスはあったが、それ以外は高いパフォーマンスを披露。安定感あるプレー、最終ラインの統率とキャプテンとしての働きを見せている。また、スペイン戦でW杯デビューを果たした谷口も、序盤は遠慮がちなプレーが見えたが、徐々に自信を持ってプレー。得意のボール奪取、前に出る守備、カバーリングとパフォーマンスを上げた。この試合でもしっかりとプレーしてくれるだろう。 ボランチには今大会初めてコンビを組む遠藤航(シュツットガルト)と守田英正(スポルティングCP)が並ぶはずだ。互いのコンディションの問題で、鉄板のコンビ形成となればスタートからは今大会初。遠藤、守田ともにそれぞれ出た試合では持ち味を発揮していた。日本が誇るボランチコンビでクロアチアの中盤に対抗できるか。中盤を制して試合を優位に進めたいところだ。 2列目は右に伊東純也(スタッド・ランス)、トップ下に鎌田大地(フランクフルト)、左には南野拓実(モナコ)を置くと予想する。まず、前述の通り久保が不在になることが濃厚。そこで左には南野を起用すると予想する。 個で打開できる三笘や相馬勇紀(名古屋グランパス)の起用ももちろん考えられるが、南野を起用する利点は攻撃のパターンの変化。長い間日本が見せてきた左で作り、右で仕留めるという形をここでこそ戻すこと。加えて、ここまで決定的な仕事ができていない鎌田を生かすためにも、南野の存在は重要となる。 鎌田とのポジションの入れ替えもあり得るが、細かいパスを繋ぐこと、連動した動きでゴールに迫るという点では、南野の起用は最適解といえる。ここまで出番が限られる背番号10には、しっかりと力を見せつけてもらいたい。 また、鎌田に関しても、より攻撃に集中できる環境がこれでできるだろう。ボランチに遠藤と守田が入れば、後ろの心配は多少減る。間で受けたい鎌田に対して、もっとボールを預ける動きが欲しいところだが、南野の起用でその点も解消できる可能性がある。 そして右に入る伊東には、ここまでまだ隠されている突破力に期待だ。守備に追われることも多かった戦いだが、今こそ“イナズマ純也”の力を見せ、三笘だけではないことを示してもらいたいところだ。 トップには前田大然(セルティック)を予想。スペイン戦でも見せたプレスは、やはり世界相手にも通用することが証明された。スペインほど後方からボールを繋ぐことには固執しないクロアチアだが、CBに入るグヴァルディオルがスピードを武器にする一方で、ロブレンにスピードはない。前田が狙うとすればフィジカルな守備をするロブレンのところだろう。 ドイツ戦、スペイン戦と采配が光った森保監督の決断にも注目。クロアチアの穴をどこに見つけ、どういう手を打っていくのか。今大会の4ゴールには途中出場の選手が全て絡んでいるだけに、世界もその采配には注目しているはずだ。 日本が目標に掲げるベスト8まであと一歩。運命のクロアチア代表戦は、5日の24時にキックオフを迎える。 2022.12.05 12:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly