J3首位のいわき、永井颯太が右寛骨臼骨折…全治3カ月程度

2022.08.01 16:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
いわきFCは1日、MF永井颯太の負傷を報告した。

永井は7月20日のトレーニング中に負傷。右寛骨臼骨折​​​と診断され、全治3カ月程度を要する見込みだ。

今季のチームがここまで明治安田生命J3リーグで暫定首位に立つなか、永井は7試合に出場している。

関連ニュース
thumb

千葉、J3制覇いわきの日高大が完全移籍加入! 「J2優勝、J1昇格の為に全力で頑張ります」

ジェフユナイテッド千葉は26日、いわきFCからMF日高大(27)の完全移籍加入を発表した。 日高は広島観音高校出身で、流通経済大学、Honda FCを経由して、2019年にいわき入り。今季からチームとともに明治安田生命J3リーグ初挑戦を果たすと、32試合に出場して5得点で優勝によるJ2昇格に貢献した。 千葉でJ2初挑戦を果たす日高はクラブを通じて「この歴史あるクラブでプレーできることを嬉しく思います。J2優勝、J1昇格の為に全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。 一方で、いわきの公式ウェブサイトを通じては「このたび、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました」と移籍を報告。また、感謝の言葉とともに別れの挨拶をしている。 「4年前にいわきFCに加入し、毎年のように優勝、昇格を経験することができて、後にも先にもない幸せを感じました」 「この在籍中にたくさんのファン、サポーターが増えていくのを見てきました。新しい景色を共に共感できる人が増えて、このクラブがもたらす力は大きいなと実感しました。このクラブでプレーできて、このクラブを愛する人達の為にプレーできて誇りに思います」 「移籍してもいわきの皆さんの活力になるようプレーすることは変わりありません。これからも頑張ります。本当にありがとうございました」 2022.11.26 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡がJ3王者いわきからGK坂田大樹を獲得! J1初挑戦に

アビスパ福岡は26日、いわきFCからGK坂田大樹(28)の完全移籍加入を発表した。 坂田は流通経済大学付属柏高校、流通経済大学を経て、2017年からいわきでプレー。チームとして参入初年度の明治安田生命J3リーグで7月から出番を増やしていき、20試合の出場で優勝&J2昇格に貢献した。 福岡の選手としてJ1初挑戦の坂田。福岡を通じて「アビスパ福岡でプレーさせて頂ける機会を下さり感謝いたします。チームに貢献出来るよう邁進して参ります。よろしくお願いいたします」とコメントした。 一方、いわきの公式サイトを通じては「このたび、アビスパ福岡に移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、感謝の言葉を綴った。 「6年前、未熟だった自分を受け入れて下さり、素晴らしい環境の中でサッカーをさせて頂きありがとうございました。社会人リーグから始まったいわきFCで、チーム関係者、ファン、サポーターの方々と共にJリーグの舞台に立ち、優勝できたことは自分のサッカー人生においてかけがえのない思い出です」 「コロナ禍で様々な制限があり、もどかしさを感じることもありました。しかし、再び皆さんの熱い声援をピッチで感じられ、胸が熱くなりました。選手にとってサポーターの方々の応援は唯一無二のエネルギーの源です」 「自分も何度もその応援に救われ、頑張ることが出来ました。本当に感謝しています。ここでの経験を糧に、より一層成長した姿を見せれられるよう、日々精進していきたいと思います。6年間本当にありがとうございました」 2022.11.26 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

J3MVPは優勝いわきのルーキー有田稜! 17ゴールで得点王にも輝く《2022J3リーグアウォーズ》

21日に2022シーズンのJ3リーグアウォーズが行われた。 今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から2週間、今回はJ3の各賞が発表された。 今季のJ3は新規参入のいわきFCが23勝を挙げる成績で優勝。最終的に2位の藤枝MYFCとは9ポイント差の大差をつけて、Jリーグ参入から1年でJ2昇格を果たした。 そして、そのいわきFCで17得点をマークし、J3得点王に輝いた有田稜がJ3初代MVPに。国士舘大学出身の有田は今季からいわきに入団。プロデビュー戦は第3節の愛媛FC戦で、後半アディショナルタイムからの途中出場だったが、直後に決勝ゴールを決める鮮烈な印象を与えた。来季以降の活躍にも期待したいストライカーだ。 また、年間最優秀ゴールには、Y.S.C.C.横浜のロリス・ティネッリが9月の松本山雅FC戦で決めたゴールが選ばれた。左サイドからドリブルで切り込み、DFをなぎ倒しながらボックス左へ侵入。右足を振り放ったシュートが決まり、これが来日初ゴールとなった。 そのほかでは、優秀監督に藤枝の須藤大輔監督が選ばれている。ベストイレブンはいわきから5名と最多の選出となった。 <span style="font-weight:700;">【2022 J3リーグ各賞受賞者】</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span> FW<span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆ベストイレブン</span> GK <span style="font-weight:700;">内山圭</span>(藤枝MYFC) DF <span style="font-weight:700;">安藤智哉</span>(FC今治) <span style="font-weight:700;">家泉怜依</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">林堂眞</span>(カターレ富山) <span style="font-weight:700;">広瀬健太</span>(鹿児島ユナイテッドFC) MF <span style="font-weight:700;">嵯峨理久</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">日高大</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">横山暁之</span>(藤枝MYFC) <span style="font-weight:700;">山下優人</span>(いわきFC) FW <span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">有田光希</span>(鹿児島ユナイテッドFC) <span style="font-weight:700;">◆得点王</span> 【17得点】 FW<span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">カターレ富山</span> <span style="font-weight:700;">◆優勝監督賞</span> <span style="font-weight:700;">村主博正</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">須藤大輔</span>(藤枝MYFC) <span style="font-weight:700;">◆最優秀ゴール賞</span> <span style="font-weight:700;">ロリス・ティネッリ</span>(Y.S.C.C.横浜) 2022.11.21 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

いわきのルーキーFW有田稜がJ3得点王!後半戦定位置確保でPKなしの17得点マーク

2022シーズンの明治安田生命J3リーグ全日程が20日に終わり、いわきFCのFW有田稜が初のJ3得点王に輝いた。 国士舘大学から今季加入したルーキーの有田は、第3節愛媛FC戦の後半アディショナルタイムにJリーグ初出場を飾ると、投入直後にヘディングでJ初ゴールを記録した。 前半戦は途中出場が続いていたものの、第18節松本山雅FC戦からスタメンに定着。第26節から第30節にかけては5試合連続得点で一挙8ゴールをマークするなどし、PKなしで計17得点を積み上げた。 いわきFCは今季がJリーグ参入初年度のため、クラブからJの得点王が誕生するのは初めてのこととなる。 次点は16得点でFC岐阜のFW藤岡浩介。先シーズンはテゲバジャーロ宮崎で10得点を挙げ、得点ランキング2位となっていた点取り屋は、今季も岐阜でゴールを量産。最終節でも1得点を挙げたが、惜しくも及ばず、2年連続の次点となった。 3位は15得点で、鹿児島ユナイテッドFCのストライカー・有田光希と、第33節ではハットトリックを達成したガイナーレ鳥取のFW石川大地が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【17】 有田稜(いわきFC) 【16】 藤岡浩介(FC岐阜) 【15】 有田光希(鹿児島ユナイテッドFC) 石川大地(ガイナーレ鳥取) 【14】 岡田優希(テゲバジャーロ宮崎) 【13】 横山暁之(藤枝MYFC) 【12】 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 中川風希(FC今治) 千葉寛汰(FC今治) 【11】 横山歩夢(松本山雅FC) 2022.11.20 17:43 Sun
twitterfacebook
thumb

J2昇格のいわきが6名と契約満了、鈴木優磨の兄・翔大も

いわきFCは19日、GK田中勘太(24)、DF小田島怜(26)、DF米澤哲哉(24)、MF関野元弥(23)、MF伊藤稜馬(23)、FW鈴木翔大(29)の6名と契約満了に伴って来季の契約を更新しないと発表した。 田中はベガルタ仙台の育成組織出身で、びわこ成蹊スポーツ大学からカターレ富山へ加入。今季からいわきへ加わったが、出場機会を得ることはできなかった。東京ヴェルディの育成組織出身の小田島は、日本フットボールリーグ(JFL)時代からの功労者であったが、田中と同じく今季は出場なしに終わった。 昨シーズンからいわきでプレーしている東海大学卒の米澤も、今季は3試合の出場にとどまり、流通経済大学から加入の関野元弥も2年目は2試合の出場となっている。国士舘大学出身の伊藤は11試合に途中出場したが、1年で契約満了となった。 鹿島アントラーズのジュニアユース出身で鈴木優磨の兄でもある鈴木翔大は30試合出場5得点という記録を残したが、今季でチームを去ることとなった。 各選手はクラブへ以下のようなコメントを残している。 ◆田中勘太 「1年間という短い間でしたが皆さんとJ3優勝という瞬間を共に過ごせてとても嬉しかったです。1年間ありがとうございました」 ◆小田島怜 「2年半ありがとうございました。このクラブに来て自分の身体とより向き合えるようになったこと、昇格という貴重な経験を2回もさせてもらえたこと、すごく感謝しています」 「ファン・サポーターの皆さんの温かさにも助けられましたし勇気づけられました。本当にありがとうございました。自分もまだまだ頑張ります」 ◆米澤哲哉 「今シーズンをもちまして、チームを離れることになりました」 「契約満了を告げられた今、素直に思うことは、いわきFCの一員として戦ったこの2年間は、本当に幸せな時間だったなということです」 「向上心に満ち溢れ、常に謙虚かつ貪欲で一生懸命な尊敬できる仲間達、どんな時も常に真剣に向き合ってくれるスタッフの皆さん、そしていつも温かい言葉と、スタジアムで最高の雰囲気を作り我々を後押ししてくれるサポーターの皆さんと出会い、共に戦い、喜怒哀楽を分かち合うことができて、本当に幸せでした。この2年間でJ3昇格、J2昇格、2度の優勝を達成しました。どの瞬間も忘れることのない、素晴らしい経験であり、財産です」 「最後になりますが、昨年、中々進路が決まらなかった自分に手を差し伸べてくれ、プロサッカー選手になりたいという小さな頃からの夢を実現させてくれた、そして選手としても一人の人間としても成長させてくれたこのクラブには、感謝しかありません」 「ここで学んだ沢山のことや、多くの経験を今後の人生に生かし、いつか成長した姿をお見せできるよう、頑張ります!!2年間、本当にありがとうございました!!」 ◆関野元弥 「今年でいわきFCを離れることになりました。とても濃い2年間でした。J3昇格、JFL優勝そしてJ3優勝と自分にとって、いい経験になりました。この経験はファン、サポーターの方々が常に自分たちを応援してくれていたからです。こんなにもファン、サポーターの応援が自分たちの力になるとはプロになるまで気づきませんでした。ファン、サポーターの皆様はいわきFCの誇りです」 「これからも応援、サポートよろしくお願いします!そして、自分自身もこれからもっと頑張ります。2年間本当にありがとうございました!」 ◆伊藤稜馬 「今シーズン限りでいわきFCを離れることになりました。1年間という短い間でしたが、J3優勝、J2昇格など様々な経験をすることができました。いわきFCのファン・サポーターの皆さんに成長した姿を見せられるよう努力します!またどこかで会いましょう!」 ◆鈴木翔大 「今シーズン限りでいわきFCを退団することになりました。まずはじめに、3年前に(田村)雄三さんをはじめ自分のチャレンジを受け入れてくれ、Jリーガーにしてくれたこのクラブには本当に感謝しています」 「来季J2で戦ういわきFCの赤いユニフォームに袖を通せないことはとても残念ですが、これが自分の選んだプロという厳しい世界であり、挑戦できたからこそ得られた経験であると思っているので前を向いて進んでいきたいと思います」 「この先の人生、これまで以上に様々な選択の連続であると思いますが、どれが正解か不正解かなんて分かりません。自分の選んだ道を少しでも正解に近づけられるよう日々自分らしく挑戦し続けたいと思います。3年間ありがとうございました」 2022.11.19 15:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly