3季ぶりリーグ・アン復帰のトゥールーズ、アウェイユニは黒ベースに街の風景を一筆書き

2022.07.28 21:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オナイウ阿道の所属するトゥールーズは27日、今季着用するアウェイ用ユニフォームのデザインを発表した。引き続きスウェーデンのブランド「CRAFT」がデザインを手掛ける2022-23シーズンのキット。ホーム用ユニフォームとは差別化を図り、胸スポンサーである不動産開発業者である「LP PROMOTION」のロゴの上部に、街の輪郭をシンプルな一筆書きで描いた。

基調は黒。ベースカラー以外、ユニフォーム全体を通じて黄色から紫へと変化していくグラデーションとなっている。
昨季のリーグ・ドゥを制したトゥールーズは、すでに発表されているホワイトベースのホームキットと併せて3シーズンぶりのリーグ・アンへ挑戦。オナイウの活躍にも期待がかかる。

1 2

関連ニュース
thumb

マルセイユがPSGとの“ル・クラスィク”制す! 日本人対決はオナイウ不出場トゥールーズに軍配《クープ・ドゥ・フランス》

クープ・ドゥ・フランスのラウンド16が、8日にフランス各地で行われた。 今ラウンド最注目カードのマルセイユとパリ・サンジェルマン(PSG)による“ル・クラスィク”は2-1でホームのマルセイユが勝利した。 今季のリーグ・アンで首位を快走するPSGと、2位マルセイユによるベスト8をかけた一戦は、立ち上がりからホームのマルセイユがインテンシティの高いプレーで攻勢を続けると29分にビッグチャンス。右サイドからドリブルでボックス右に侵入したウンデルがセルヒオ・ラモスに倒されてPKを獲得。これをサンチェスがゴール右隅に沈め、マルセイユが先制する。 追う展開となったPSGは40分、ボックス左手前でボールを受けたネイマールがペナルティアーク内まで切り込みシュート。しかし、これは右ポストに弾かれた。 このまま前半終了かと思われたが、PSGは前半ラストプレーで試合を振り出しに戻す。ネイマールの左CKをボックス内のセルヒオ・ラモスがヘディングシュートで叩き込んだ。 迎えた後半、再びスコアを動かしたのはマルセイユ。57分、ボックス右から侵入したムベンバの折り返しを中央で受けたサンチェスがシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球をペナルティアーク内のマリノフスキーがダイレクトシュートで合わせると、強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 再び追う展開となったPSGは、試合終了間際に決定機。92分、ヌーノ・メンデスの左クロスが直接ゴールに向かうと、GKパウ・ロペスの弾いたボールがクロスバーを直撃。こぼれ球をセルヒオ・ラモスが頭で押し込んだが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 また、FW伊東純也の所属するスタッド・ランスは、アウェイでFWオナイウ阿道が所属するトゥールーズと対戦。試合が動いたのは22分、トゥールーズが右CKからトリックプレーで決定機を創出。 ボックス右でボールを受けたアブクラルの落としから走りこんだルオーがシュートを放つが、これはDFアブデルハミドにディフレクトしクロスバーを直撃。しかし、このこぼれ球が相手GKに当たるとそのままゴールに吸い込まれた。 先制したトゥールーズは、35分にも自陣中盤からのロングパスにアブクラルが反応すると、飛び出したGKを又抜きでかわしてボックス右から無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにトゥールーズは62分、右サイドの崩しから最後はファン・デン・ブーメンの右クロスをファーサイドから走りこんだチャイビがヘディングシュートで合わせると、これがゴールに突き刺さった。 その後、スタッド・ランスは87分に1点を返したが、反撃はここまで。3-1でトゥールーズが勝利した。なお、伊東は68分までプレー、オナイウはベンチ入りも出場機会はなかった。 その他ではリヨンがリールとの強豪対決を制し、前回王者のナントもアンジェとの8強進出を決めている。なお、ラウンド16の試合結果は以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス ベスト16 ▽2/8(水) マルセイユ 2-1 パリ・サンジェルマン トゥールーズ 3-1 スタッド・ランス リヨン 2-2(PK:4-2) リール アンジェ 1-1(PK:2-4) ナント オセール 2-3 ロデズ(2) ヴィエルゾン(4) 0-1 グルノーブル(2) パリFC(2) 1-1(PK:5-6) アヌシー(2) ▽2/9(木) ロリアン vs RCランス 2023.02.09 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】年明け初出場の南野がゴールに絡む! 伊東とオナイウも先発出場

リーグ・アン第22節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 今節ではオナイウ、南野、伊東の3選手がスタメン出場を飾った。 2023年に入ってリーグ戦では一度もプレー機会がなかった南野だが、今節のクレルモン戦で6試合ぶりのスタメン出場。[4-2-3-1]のトップ下に入った日本代表FWは、立ち上がりから精力的にプレーすると、1点リードで迎えた前半の13分には中盤での見事なボール奪取から長い距離を運び左で浮いたゴロビンにパスを通すと、ボックス左に侵入したゴロビンからの折り返しをエンボロが押し込んで追加点を奪取。アシストこそ付かなかったが、南野はひとつ結果を残した。以降もシュートシーンに絡み献身的な守備で貢献するまずまずのプレーを見せた南野は、イエローカードをもらった後半終盤の85分にお役御免。その後、チームは2-0の勝利を収めてリーグ7戦無敗とした。 引き続きスタメン出場となった伊東はオセールとアウェイで対戦。立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、伊東は18分に正確な右CKでアブデルハミドの先制点を演出したかに思われたが、ここはCKが直接ゴールラインを割っていたとの判定でゴールは認められず。その後も絶好調のバログンと共に攻撃を牽引する右ウイングは、28分にボックス内でシュートチャンスが訪れるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。ゴールレスで折り返した後半はなかなか見せ場を作れずにいた伊東だったが、後半終盤に再び決定機を創出。ペナルティアーク付近で足元への縦パスを丁寧に落とすと、これをマツシワが見事なミドルシュートで決め切った。だが、今度は伊東の微妙な戻りオフサイドを取られて前半同様にゴールは認められず。この直後の82分にはゼネリとの交代でピッチを退いた。その後、チームは勝ち点3奪取を逃すも、0-0のドローでリーグ戦無敗を14試合に更新した。 前節、待望のリーグ・アン初ゴールを挙げたオナイウは2戦連発を懸けてPSG戦に出場。最前線でのプレーとなったが、格上相手に守備に奔走する場面が多く攻撃面ではシュートはおろか見せ場を作れず。そして、チームが1-2で逆転された62分にダリンガとの交代でピッチを後にし、チームも王者相手に力負けとなった。 なお、ストラスブールでは川島が引き続き負傷欠場、鈴木はベンチ入りもチームが退場者を出した影響もあって、またしてもデビューはお預けに。チームは2-0で勝利している。 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/4 パリ・サンジェルマン 2-1 トゥールーズ ◆62分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽2/5 クレルモン 0-2 モナコ ◆85分までプレー ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/5 オセール 0-0 スタッド・ランス ◆82分までプレー 2023.02.06 00:55 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ逆転弾のガルティエ「チームにレオのためにプレーし、働くよう頼んだ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が振り返っている。フランス『Le Parisien』が報じた。 4日のリーグ・アン第22節でトゥールーズをホームに迎え撃ったPSG。FWネイマールとFWキリアン・ムバッペをはじめ、MFマルコ・ヴェッラッティ、DFセルヒオ・ラモスも不在の一戦だったが、FWリオネル・メッシの一発で2-1と逆転勝ちした。 「レナト・サンチェスの負傷離脱に伴う守備の変更と、非常に若い守備者の出場で難しい序盤だったが、完全なる試合をした。モンペリエ戦のシナリオを追体験しているようだったね」と語るガルティエ監督はメッシ中心の戦いを口にした。 「レオのパフォーマンスはワールドカップでのものと似ている。私はチームにレオのためにプレーし、働くよう頼んだ。少しでも快適にプレーできるようにあるタスクも免除した。彼にはドリブルのセンス、プレーのセンス、そして明らかに決定力があるからね。周りは頼りすぎてはいけないが、彼が仕事できるようもっと働かないといけない」 また、同点弾のDFアクラフ・ハキミについては「彼はとても自信に満ちていて、このレベルにあるのがとても幸せだ」と述べている。 2023.02.05 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGがメッシ逆転弾でオナイウ阿道スタメンのトゥールーズ撃破!《リーグ・アン》

リーグ・アン第22節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsトゥールーズが4日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが2-1で逆転勝利した。なお、トゥールーズのFWオナイウ阿道は62分までプレーした。 首位のPSGは前節、モンペリエに3-1の勝利を収めて3試合ぶりの白星を奪還。連勝を狙う今節は、オナイウのリーグ・アン初ゴールなどでトロワに大勝した12位のトゥールーズと対戦した。 この試合では負傷のネイマール、サスペンションのヴェッラッティに加え、モンペリエ戦で負傷したムバッペとセルヒオ・ラモスが不在に。これを受け、ガルティエ監督はメッシとエキティケを2トップに配した[4-3-1-2]の布陣で臨んだ。 立ち上がりから押し込む入りを見せたPSGだが、10分過ぎにアクシデントが発生。筋肉系を痛めたレナト・サンチェスがプレー続行不可能となり、重傷を悟ったポルトガル代表MFは涙を浮かべてドレッシングルームへ下がり、若手DFビチャーブがスクランブル投入された。 この負傷交代で流れが悪くなると、20分にはビチャーブがボックス手前で与えたFKの場面で雑な壁の作り方の影響してか、ファン・デン・ブーメンに直接FKを決められてビハインドを背負った。 何とか前半の内に追いつきたいホームチームは、ネイマールとムバッペ不在の中でメッシにボールを集めながら後ろ重心のアウェイチームの守備ブロック攻略を目指す。だが、セットプレーを除いてなかなか決定機を作れない。 だが、前半終盤の38分には前節に幻のゴラッソを決めていたモロッコ代表DFが正真正銘のゴラッソを決める。右サイドでソレールからパスを受けたハキミがカットインを仕掛けると、ペナルティアーク付近で利き足とは逆の左足の強烈なミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺した。 ハキミのゴラッソによって1-1のイーブンで試合を折り返したPSGは余裕をもって後半に臨む。すると、今度は頼れるエースが魅せる。58分、ペナルティアーク付近でハキミから短いパスを受けたメッシはそのまま左足を一閃。この鋭いシュートがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 ハキミに続くメッシのゴラッソで逆転を許したトゥールーズは、直後の62分に2枚替えを敢行。前半からフィニッシュの局面に顔を出せずにいたオナイウは消化不良の形でダリンガと交代することになった。 後半半ばから終盤にかけてはPSGが概ね試合をコントロールしたものの、相手を突き放す3点目を奪えずにいると、トゥールーズも要所で鋭い攻撃を仕掛けてホームサポーターをヒヤリとさせる。 その後、後半最終盤にはトゥールーズがセットプレーからルオー、PSGがカウンターからメッシと互いに決定機を作り出したが、いずれもゴールとはならず。試合は2-1のスコアのままタイムアップ。満身創痍のPSGが辛くもリーグ連勝を飾っている。 2023.02.05 03:46 Sun
twitterfacebook
thumb

オナイウ阿道が待望のリーグ・アン初ゴール! 途中出場でらしさ発揮しCKの流れに見事反応!

トゥールーズのFWオナイウ阿道が待望のリーグ・アン初ゴールを記録した。 1日、トゥールーズはリーグ・アン第21節でトロワと対戦した。 12位に位置するトゥールーズと15位のトロワの対戦。オナイウはベンチスタートとなる。 試合はトロワがPKで先制するも、前半のうちにトゥールーズは2点を奪い逆転に成功。55分にもPKで追加点を奪い、3-1とする。 オナイウは71分に途中交代でピッチに立つと、終盤の88分に待望の瞬間が訪れた。 トゥールーズは右CKを獲得すると、右CKからのクロスをニアサイドで味方がフリック。これに反応したオナイウが、ヘディングで飛び込み押し込んだ。 オナイウにとってはこれが今シーズン初ゴール。地面を叩いて喜びを噛みしめる、リーグ・アンでの初ゴールとなった。 試合も4-1でトゥールーズが快勝を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】オナイウ阿道がらしさ見せつけたヘッドで初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="u7vAu4IQy0Y";var video_start = 114;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 09:22 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly