奥川フル出場もビーレフェルト、ホーム開幕戦完敗で連敗スタート《ブンデス2部》

2022.07.24 22:39 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビーレフェルトは24日、ブンデスリーガ2部第2節でレーゲンスブルクをホームに迎え、0-3で完敗した。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。

ビーレフェルトは開幕節、10人となった中、奥川にゴールが生まれたもののザントハウゼンに1-2と敗戦。黒星スタートとなった。

奥川が引き続き[3-5-2]のインサイドMFでスタメンとなった中、ビーレフェルトは思うように攻撃を仕掛けられない状況が続く。
すると前半追加タイム3分、ギンバーにゴールを許し前半を1点ビハインドで終えた。

迎えた後半、ビーレフェルトは53分に同点のチャンス。ボックス左で仕掛けた奥川が縦に抜け出してクロス。プリートルはフリーの状態でシュートを放ったが、枠を外してしまった。

すると56分、タールハンマーにミドルシュートを決められ、ビーレフェルトは2点を追う展開に。

結局、終盤にかけても反撃に転じられなかったビーレフェルトは試合終了間際にも失点して完敗。苦しい連敗スタートとなった。

ビーレフェルト 0-3 レーゲンスブルク
【レーゲンスブルク】
ギンバー(45分+3)
タールハンマー(56分)
ゴウラス(90分+1)


関連ニュース
thumb

「動きがエグい」「完璧にハマった」遠藤航の動き出しが秀逸すぎる! 2戦連発にファンも称賛「遠藤をフリーにさせたらこうなる」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が2試合連続ゴールの活躍を見せた。 19日、DFBポカールの2回戦が行われ、シュツットガルトは2.ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトをホームに迎えた。 リーグ戦の低迷を受けて監督が交代した中、遠藤はアンカーとして先発出場。日本代表DF伊藤洋輝も3バックの中央で先発フル出場を果たした。またビーレフェルトのMF奥川雅也はベンチスタートとなり、後半スタートから出場した。 ミヒャエル・ヴィマー監督を新たに迎え、直近のリーグ戦で今シーズン初勝利を掴んだシュツットガルト。2部チーム相手に20分で先制ゴールを決めると、24分に遠藤がネットを揺らした。 右CKを獲得すると、クリス・ヒューリッヒがゴール前にクロス。これをフリーで待ち構えた遠藤が落ち着いてヘッド。追加点を奪った。 相手のマークから逃げる動きで完全にフリーとなり、良いポジションをとっていた遠藤。これにファンは「遠藤をフリーにさせたらこうなる」、「動きがエグいな」、「さすが遠藤」、「完璧にハマってる」と称賛のコメント。また、ポルトガルでゴールを決めているスポルティングCPのMF守田英正を引き合いに出し「遠藤と守田のダブルボランチ日本史上最強だろ」と、得点も取れ、守備強度も高いダブルボランチへの期待の声が上がっている。 なお、シュツットガルトはその後もゴールを重ね、6-0で圧勝し3回戦に駒を進めた。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙すぎるマーク外し、遠藤航が2戦連発のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7AZqKbkOkSY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.20 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航が公式戦連発でシュツットガルトが奥川ビーレフェルトに6発圧勝、バイエルンが逆転勝利で3回戦進出《DFBポカール》

DFBポカール2回戦の8試合が19日に行われた。シュツットガルトvsビーレフェルトは6-0でシュツットガルトが大勝している。シュツットガルトのMF遠藤航は69分までプレー、DF伊藤洋輝はフル出場、ビーレフェルトのMF奥川雅也は後半から出場している。 [3-5-2]で臨んだシュツットガルトは遠藤が中盤アンカー、伊藤が左センターバックでスタート。 そのシュツットガルトが押し込む展開で推移すると、20分にCKの流れからシュテンツェルがコントロールシュートで先制。そして24分には遠藤に公式戦2試合連続ゴールが生まれる。右CKからフリーとなった遠藤がヘディングシュートを叩き込んだ。 その後も攻め手を緩めなかったシュツットガルトは2点を追加。4-0として前半を終えた。 迎えた後半、奥川を[4-1-4-1]の左MFに投入したビーレフェルトだったが、シュツットガルトのペースは変わらず。さらに2点を追加した中、69分に遠藤がお役御免となる。そのまま6-0で圧勝としたシュツットガルトが2回戦を突破した。 また、バイエルンはアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、5-2で逆転勝利。9分に先制される展開とされながらもチュポ=モティングの2ゴール1アシストの活躍で逆転勝利とした。 MF原口元気が72分から出場したウニオン・ベルリンはハイデンハイムに2-0の勝利。 MF堂安律がフル出場したフライブルクは延長戦の激闘の末、ザンクト・パウリを2-1で下した。 そしてDF室屋成フル出場のハノーファーはドルトムント相手に善戦するも0-2で敗れている。2回戦の結果は以下の通り。 ◆DFBポカール2回戦 ▽10/19(水) ハノーファー(2) 0-2 ドルトムント フライブルク 2-1 ザンクト・パウリ(2) ザントハウゼン(2) 2-2(PK8-7) カールスルーエ(2) パーダーボルン(2) 2-2(PK5-4) ブレーメン アウグスブルク 2-5 バイエルン シュツットガルト 6-0 ビーレフェルト(2) ウニオン・ベルリン 2-0 ハイデンハイム(2) ヤーン・レーゲンスブルク(2) 0-3 デュッセルドルフ(2) ▽10/18(火) VfBリューベック(4) 0-3 マインツ S・キッカーズ(5) 0-2 フランクフルト マンハイム(3) 0-1 ニュルンベルク(2) ライプツィヒ 4-0 ハンブルガーSV(2) エルフェアスベルク(3) 0-1 ボーフム ブラウンシュヴァイク(2) 1-2 ヴォルフスブルク ホッフェンハイム 5-1 シャルケ ダルムシュタット(2) 2-1 ボルシアMG ※()内は所属カテゴリー 2022.10.20 05:43 Thu
twitterfacebook
thumb

奥川雅也がコロナ感染…デュッセルドルフ戦は81分までプレー

2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のビーレフェルトに所属する日本人MF奥川雅也が新型コロナウイルスに感染したようだ。 ドイツ『キッカー』によれば、ビーレフェルトでは奥川のほかにDFバスティアン・オチプカも感染が確認されたとのこと。また、コーチングスタッフにも疑わしい人物がいたが、現時点ではひとまず陰性が確認されているという。 なお、1日に行われた2.ブンデスリーガ第8節のデュッセルドルフ戦では、オチプカは体調不良のため欠場していたが、奥川は先発出場し81分までプレーしていた。 2022.10.04 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

田中碧が今季初ゴールで勝利に導く活躍! アペルカンプ真大のクロスを技ありで合わせる!

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧が今シーズン初ゴールを記録した。 田中は1日に行われた2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第10節のアルミニア・ビーレフェルト戦に先発出場。MF奥川雅也との日本人対決が実現した。 日本代表帰りの田中。ボランチの一角で先発出場すると、トップ下で起用されたMFアペルカンプ真大が大活躍を見せる。 21分にアペルカンプ真大のゴールで先制すると34分にPKで追いつかれてしまう。 それでも迎えた47分、ボックス内右でパスを受けたアペルカンプ真大の浮き球のパスを、ボックス中央で田中がダイレクトボレー。バウンド際をうまく叩きつけたゴールで、勝ち越しゴールを記録した。なお、これが今シーズンの初ゴールとなった。 試合は66分にアペルカンプ真大が2点目を決めると、76分にもチームは追加点。4-1で勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】田中碧がクロスに上手く合わせて今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

奥川雅也にアウグスブルクが関心、すでに交渉はスタートか

アルミニア・ビーレフェルトに所属する日本人MF奥川雅也(26)にアウグスブルクがアプローチをかけているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 2015年夏に京都サンガFCからザルツブルクに移籍し、レッドブルグループの名門育成機関で研鑽を積んできた奥川。ビーレフェルトには昨夏に完全移籍で加入し、ブンデスリーガで33試合8ゴール1アシストの活躍を残した。 しかし、チームはわずか5勝で2部降格。これに伴い、奥川にはチームが降格した場合、500万ユーロのリリース条項が有効になるという情報が流出していた。 そんな奥川に、現在ブンデスリーガで10位に位置するアウグスブルクが関心を示しているという。『スカイ』によれば、正式オファーには至っていないものの、交渉には入っているようで、今後の動向が注目されている。同メディアは買い取りオプション付きでのレンタル移籍になると見込んでいる。 なお、去就不透明な中で開幕した2.ブンデスリーガでは、ここまで奥川自身は1ゴール2アシストを記録しているものの、チームは5試合を終えて1分け4敗と大不振に陥っている。 <span class="paragraph-title">【動画】奥川雅也の今季初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Masaya Okugawa hat in Sandhausen das Torkonto eröffnet, und wie! <br>Jetzt gilt es, am Sonntag auch das Punktekonto zu eröffnen <a href="https://twitter.com/hashtag/immerdabei?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#immerdabei</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SVSDSC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SVSDSC</a> <a href="https://t.co/bG9Pr5Ridx">pic.twitter.com/bG9Pr5Ridx</a></p>&mdash; DSC Arminia Bielefeld (@arminia) <a href="https://twitter.com/arminia/status/1549342548300267521?ref_src=twsrc%5Etfw">July 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.25 13:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly