“渡り鳥”ハリロビッチが8年ぶりの母国復帰で10クラブ目に

2022.07.06 23:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアのリエカは6日、元クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(26)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は明かされていない。

ディナモ・ザグレブの下部組織で育ったハリロビッチは、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にトップチームへ昇格したが、直後にスポルティング・ヒホンへレンタルされると、翌年7月にハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍。

しかし、HSVでも約半年で出場機会を失うと、ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍。ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレーすると、2020年10月に双方合意の下で契約を解除しミランを退団。
同年11月からチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティでプレーするも、1シーズンで退団。昨季は同じリーグのレディングでプレーしたが、度重なるケガに苦しみ公式戦14試合の出場にとどまると、5月に現行契約の満了を持って退団することを正式に発表していた。

8年ぶりの母国復帰となったハリロビッチは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「リエカとは長い間連絡を取り続けてきた。今シーズンはクロアチアに戻りたいと思っていたので、ここに来ることができて満足しているし、幸せだよ。長い間話し合って、クラブのこともよく理解いる。だからその一歩を踏み出すことにしたんだ」

関連ニュース
thumb

W杯敗退のベルギー、マルティネス監督が退任発表…「最後の試合だった…」

ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督(49)がワールドカップ(W杯)敗退後に退任を発表した。 2020年に兼任するテクニカル・ディレクター職を含め、ベルギーサッカー協会(KBVB)との2年半の契約延長にサインしていたマルティネス監督。同契約では、W杯決勝トーナメント進出の場合、契約を1年延長するオプションが盛り込まれていたが、2022年12月31日までの現行契約をもって退任することになった。 ベルギーは1日に行われたカタールW杯グループF最終節のクロアチア代表戦を0-0のドローで終え、3位でのグループリーグ敗退が決定。 大会前には優勝候補の一角に挙げられながらも屈辱の早期敗退となった中、マルティネス監督は試合後の公式会見の場で退任を明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 「これが私の最後の試合だった。代表チームに別れを告げる」 「私は6年間監督を務めてきた。我々はワールドカップでプレーすることを夢見ていた。それを実現し、前回大会では3位で終わった」 「その後、私は冒険を続けることを選択し、我々は大きなものを構築しようとした。そのためにはタイトルを獲得しなければならないと考える人もいるが、それに同意はしない」 「現在、8人のプレーヤーが100キャップ以上を刻み、何人かの若者はまったく新しいレベルにあることを示している。この世代のおかげでティーレマンスやドクのような多くの若者が育っている。このチームで成し遂げたことすべてをとても誇りに思っている」 「ただ、私の最後の試合だったことを受け入れるときが来た。このワールドカップで優勝していたとしても、大会が終わったらこのポジションを離れていただろう。私は大会が始まる前にこの決定を下していた」 「私は常に長期的に見て、プロジェクトを信じており、2018年以降はクラブから幾つかオファーを受けたが、契約を守ることに忠実であり続けた。この主要なトーナメントの後、出発するときが来た」 スペイン人指揮官のマルティネス監督はスウォンジー・シティ、ウィガン、エバートンとプレミアリーグでの監督経験を経て2016年にベルギー代表監督に就任。 世界屈指のタレント力を誇るチームに、後方から丁寧にボールを繋いでいく能動的なスタイルを植え付け、ここまで指揮した79試合の戦績は56勝13分け10敗。一時はFIFAランキングで1位に上り詰め、自身初の大舞台となった2018年ロシアW杯ではベルギー史上最高位となる3位に躍進させた。 ただ、近年は世代交代の遅れ、黄金世代の加齢によるパフォーマンスの低下、エースでキャプテンを務めるFWエデン・アザールの不振などの影響もあり、苦戦が続いていた。 2022.12.02 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ守護神シルベストリが契約延長

ウディネーゼは1日、イタリア人GKマルコ・シルベストリ(31)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 アルゼンチン代表GKフアン・ムッソのアタランタ移籍に伴い、2021年夏に後釜として加入したシルベストリ。以降はフリウリに本拠地を置くチームの守護神として公式戦53試合に出場。今シーズンも序盤戦で主役を担った8位チームの守備を支えている。 この活躍を高く評価するクラブは2024年までとなっていた現行契約を1年延長するオファーを掲示し、今回の正式発表となった。 モデナでプロデビューを飾ったシルベストリは、キエーボへの完全移籍を経て、レッジーナ、パドヴァ、カリアリとレンタルで移籍し、2014年にリーズへ完全移籍。その後、2017年にエラス・ヴェローナへ完全移籍し、正GKとして活躍していた。 2022.12.02 01:06 Fri
twitterfacebook
thumb

東京五輪金メダリストのFWパウリーニョがレバークーゼン退団…契約終了まで母国にレンタル

レバークーゼンは1日、U-23ブラジル代表FWパウリーニョ(22)がアトレチコ・ミネイロにレンタル移籍することを発表した。 なお、レバークーゼンとパウリーニョの契約は2023年6月30日までとなっており、一方通行のレンタルという形となる。 ヴァスコ・ダ・ガマ下部組織出身のパウリーニョは、2017年6月にトップチームに昇格。ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが保持していたクラブの最年少ゴール記録(17歳と6日)を更新するなど、若くしてブレイクを果たした。 その後、2018年夏に加入したレバークーゼンではヒザ前十字じん帯断裂の重傷などもあり、在籍4年半で79試合9ゴール5アシストの数字にとどまっていた。 2021年に行われた東京オリンピックではU-24ブラジル代表の一員として金メダルを獲得したが、今シーズンはここまで公式戦7試合1ゴールと、熾烈な前線のポジション争いにおいて苦戦を強いられていた。 2022.12.02 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也在籍のスタッド・ランス、暫定指揮官スティル氏を正指揮官に任命

日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスは11月30日、暫定指揮官を務めていたウィリアム・スティル氏(30)が正指揮官に就任したことを発表した。 伊東が今夏加入したランスは開幕から苦戦し、リーグ・アン10試合消化時点で1勝5分け4敗の15位に低迷。10月中旬にオスカル・ガルシア監督を解任していた。 以降はアシスタントコーチのスティル氏が暫定指揮官として指揮を執り、リーグ戦5試合で2勝3分けの無敗をキープ。リーグテーブルにおいて11位まで浮上していた。 この好成績とチームパフォーマンスを鑑みたクラブは、契約期間は不明も若きベルギー人指揮官を正指揮官に任命した。 なお、10代後半にして指導者キャリアをスタートしたスティル氏は、母国の複数クラブでアナリストやスカウト、コーチを歴任した後、2021年1月にはKベールスホットVAの正指揮官に就任。28歳でのジュピラー・プロ・リーグでの指揮は史上最年少記録となった。 2022.12.01 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

「帰るならアントラーズ」 日本代表DF植田直通が4年半ぶりの鹿島復帰! 6年連続無冠の状況打破誓う

鹿島アントラーズは30日、ニームから日本代表DF植田直通(28)の完全移籍加入を発表した。 熊本県生まれで大津高校出身の植田は2013年に鹿島でプロ入り。フィジカル戦に強いセンターバックとして着実に力をつけるなか、J1、Jリーグカップ、天皇杯のタイトル獲得も経験した。 日本代表としても2017年12月のデビューを遂げ、2018年夏にジュピラー・プロ・リーグのセルクル・ブルージュで欧州挑戦を決断。2021年1月から当時リーグ・アンのニームに舞台を移した。 ニームでは完全移籍に移行した昨季こそ公式戦31試合に出場とレギュラー格だったが、今季に入ってから明らかに出番が減少。ここまで1試合の出場にとどまるなか、古巣である鹿島復帰を決めた。 4年半ぶりの鹿島復帰となる植田はクラブの公式ウェブサイトを通じて、“鹿島愛”とともに、6年連続の無冠が続くチームの復権に意気込みを語っている。 「移籍してからもアントラーズの試合は毎試合チェックしていて、自分が力になれるうちに帰りたいという思いはずっとありました。僕の中にはいつもアントラーズというチームがあり、日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした。またアントラーズのユニフォームを着て皆さんの前で戦えることを光栄に思いますし、タイトルから遠ざかっているチームの力になれるよう、そして、皆さんと一緒にタイトルが獲れるよう、精一杯頑張ります」 2022.11.30 18:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly