ラツィオのミズノ製今季ユニがお披露目!1stは伝統の水色と白、2ndは黒ベースに

2022.07.05 21:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオとサプライヤーの「ミズノ」は4日、2022-23シーズンのユニフォームデザインを発表した。イタリアの首都に本拠地を構えるクラブと日本のスポーツメーカーは、ローマのポポロ広場にて新ユニフォームのお披露目となる公式プレゼンテーションを行った。

5年契約の初年度はビアンコセレスティ(白と空色)の愛称が示す通り、ホームユニフォームはクラシックなスカイブルーを基調とした。クラブの象徴でもある鷲をスタイル化したパターンを規則的に配置。襟と袖周りを白で縁取った。
胸スポンサー「BINABCE」のロゴとミズノのロゴにはネイビーブルーが採用され、パンツは白、ソックスはシャツと同色のスカイブルーとなっている。

アウェイキットは黒がベースに。胸元には水色から黄色を経て白へと変化するグラデーションのボーダー模様があしらわれている。胸スポンサーロゴがゴールド、ミズノのロゴは白となり、襟や袖の空色とともにアクセントとなっている。

アウェイキットはパンツ、ソックスともに黒で統一されている。また、GK用ユニフォームは黄緑色のボーダー柄となっている。

昨季は男子チームがヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位、女子チームが降格圏の11位に終わったラツィオ。新たなパートナーを迎えた今季の戦いぶりに注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

「叫びと動きがコント」「壊れちゃってる」ユベントス指揮官が狂気、終盤ミスに奇声上げ終了前に引き上げ「何回観ても笑ってしまう」

怒れるユベントスの指揮官、マッシミリアーノ・アッレグリ監督に注目が集まっている。 2日に行われたコッパ・イタリア準々決勝でラツィオと対戦したユベントス。1-0とリードして迎えた試合終盤、指揮官が怒りをあらわにする場面があった。 アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがボックス手前まで持ち運んだものの、ラストパスは精度を欠いて相手に引っ掛かってしまった。僅差でリードの状況下、終盤での安易なボールロストに対してアッレグリ監督の感情は爆発。腕を振り回しながら咆哮し、終了前にも関わらず、そのままドレッシングルームへと引き上げてしまった。 想像以上のリアクションに閲覧者も「ブチギレおもろ」、「ディ・マリアのミスを見たアッレグリ監督の叫びと動きがコントすぎる」、「何回観ても笑ってしまう」、「叫びすぎてもう怒ってるかどうか怪しいぞ」、「もう壊れちゃってるやん」と、腹を抱えた様子だ。 時間とスコアを考えれば別の選択肢も考えられただけに、「アッレグリが怒るのも無理ないわな」と同意をする声や、「ここまで露骨に壊れるともはや心配になるな笑」と、指揮官の心情を慮るコメントも聞かれた。 ただ、ユベントスはそのまま1-0逃げ切り、準決勝進出。アッレグリ監督も試合後には「前半はよくボールを動かせたし、後半はラツィオにほとんど何もさせなかった」と、総じて満足感を示したようで何よりだった。 <span class="paragraph-title">【動画】ディ・マリアのミスに怒り狂い、奇声を上げてドレッシングルームへ向かうアッレグリ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ¡¡Así fue el enfado de Allegri con Di María!! <a href="https://t.co/7Lgqsuo3u0">pic.twitter.com/7Lgqsuo3u0</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1621487753241448449?ref_src=twsrc%5Etfw">February 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://t.co/OXZHy4jC8m">pic.twitter.com/OXZHy4jC8m</a></p>&mdash; EuroFoot (@eurofootcom) <a href="https://twitter.com/eurofootcom/status/1622157807872008193?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオが下位に沈むヴェローナ相手に痛恨ドロー…《セリエA》

ラツィオは6日、セリエA第21節でヴェローナと対戦し1-1の引き分けに終わった。 前節フィオレンティーナ戦をドローに終わった4位ラツィオ(勝ち点38)が、18位に沈むヴェローナ(勝ち点13)を迎えた一戦。 4日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝でユベントスに惜敗したラツィオは、その試合からスタメンを5人変更。3トップにはペドロ、インモービレ、ザッカーニを並べた。 試合はラツィオが立ち上がりから主導権を握るも、なかなか決定機まで持ち込めない時間が続く。27分にはGKプロベデルからのロングフィードを前線のミリンコビッチ=サビッチがバックヘッドで繋ぐと、DFの裏に抜け出したインモービレがチャンスを迎えたが、ボックス左から放たれたシュートはゴール左に外れた。 膠着状態が続く中、ラツィオは38分にピンチ。右CKの流れた球をボックス左手前で拾ったデパオリがコントロールショット。これがゴール右隅を捉えたが、GKプロベデルの好セーブで難を逃れた。 このまま前半終了かと思われたが、ラツィオは45分にスコアを動かす。カタルディとのパス交換でボックス内中央へ侵入したペドロが反転しながら左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に吸い込まれた。 1点リードで試合を折り返したラツィオだったが、後半早い時間に追いつかれる。51分、左サイドでFKを与えるとラゾビッチのクロスをニアのウンゴニエにヘディングで流し込まれた。 さらにラツィオは、53分にもデパオリの右クロスを受けたラゾビッチのミドルシュートでゴールを脅かされたが、これは右ポスト直撃で救われた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールをゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。するとラツィオは、試合終了間際のアディショナルタイム6分にボックス右から侵入したカサレの折り返しからザッカーニがヒールシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKの好守に防がれた。 結局、試合はそのまま1-1の引き分けでタイムアップ。ラツィオはリーグ戦2試合連続のドローとなった。 2023.02.07 02:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベもベスト4入り、アッレグリ監督「出来には満足」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 2日のコッパ・イタリア準々決勝でラツィオと対戦したユベントス。44分にDFグレイソン・ブレーメルのゴールで先制すると、そのまま逃げ切り、インテル、クレモネーゼ、フィオレンティーナに続いて突破を決めた。 セリエAで勝ち点15を剥奪され、優勝が現実的ではなくなり、このコッパ・イタリアでタイトルを狙っていきたいアッレグリ監督。ラツィオ戦の内容、結果に満足感を示した。 「今夜はまずまずの出来だった。特に、前半はよくボールを動かせたね。後半はラツィオにラツィオにほとんど何もさせなかった。だが、今日の試合で最も大事だったのはモンツァ戦の前半に欠いた正しい姿勢が見られたこと。勝つ上で正しい戦術とテクニックのほかに正しい考え方も必要。それを選手たちが理解しないといけない」 「今日はディフェンスも良かった。ラツィオは一筋縄ではいかない相手。彼らを走らせたら、本当にうまい。相手のペースを落としながら、パスコースをうまく遮断できたよ。(セルゲイ・)ミリンコビッチ=サビッチを入ってからもクロスの供給ラインもケアできたし、出来には満足だ」 「(マヌエル・)ロカテッリは頭とハートでプレーし、挑戦から逃げないという姿勢で、素晴らしい手本となっている。(フェデリコ・)キエーザもまたよくやってくれた。(ドゥシャン・)ヴラホビッチも良くなってきている。(フアン・)クアドラードも復帰後初めてほぼフル出場した試合だし、満足だ。だが、肝心なのは気を緩めないことだ」 2023.02.03 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメル弾で逃げ切ったユベントスがラツィオを下し準決勝へ駒を進める!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝のユベントスvsラツィオが2日に行われ、1-0でユベントスが勝利した。 ラウンド16でモンツァを下したユベントスと、ボローニャを下したラツィオによる4強進出を懸けた一戦。 4日前に行われたリーグ戦で昇格組のモンツァに屈辱のシーズンダブルを喫したユベントスは、その試合からスタメンを6人変更。GKシュチェスニー、ディ・マリア、パレデス、デ・シリオらに代えてキエーザやヴラホビッチ、アレックス・サンドロ、GKペリンらをスタメンで起用した。 一方、公式戦5試合無敗と好調のラツィオ戦は、直近のフィオレンティーナ戦からスタメンを5人変更。ペドロやミリンコビッチ=サビッチ、ヒサイらに代えてインモービレやベシーノ、ラッツァーリらをスタメンで起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く試合は、両チーム共にアタッキングサードまでボールを運ぶが、なかなか決定機まで持ち込めずに時間が経過。ユベントスは28分にファジョーリの左クロスからボックス中央のラビオがドンピシャヘッドで合わせたが、このシュートも相手GKの正面を突いた。 ハーフタイムにかけては、ややユベントスが押し込むと44分にスコアが動く。右CKから三次攻撃までつなげると、右サイドで再びボールを収めたコスティッチのクロスをゴール前に抜け出したブレーメルがバックヘッドでゴール左へ流し込んだ。 迎えた後半、1点を追うラツィオはインモービレを下げてペドロを投入。さらに59分にはベシーノを下げてミリンコビッチ=サビッチをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、ユベントスはヴラホビッチとファジョーリを下げてケアンとミレッティを投入。すると70分、ロカテッリのロングパスでDFの裏に抜け出したケアンがチャンスを迎えたが、ボックス右から放たれたシュートは相手GKのセーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。試合終盤はラツィオが猛攻を仕掛けたが、最後までユベントスの牙城を崩すことは出来ず。試合はそのまま1-0で終了。勝利したユベントスが、インテルの待つ準決勝へ駒を進めた。 2023.02.03 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

元ラツィオのマウロ・サラテがセリエBのコゼンツァに加入! 6年ぶりのイタリアでキャリア15クラブ目に

アルゼンチン人FWマウロ・サラテ(35)が、セリエBのコゼンツァへ移籍した。 2004年のキャリアスタートから、ラツィオやインテル、ウェストハムなど14クラブも渡り歩いてきたサラテ。キャリア初期にプレーしたカタールのアル・サッドや、2017年に加入したUAEのアル・ナスルなど中東にも進出する渡り鳥のようなキャリアを積んできた。 近年はプロデビューしたクラブでもあるベレス・サルスフィエルドやボカ・ジュニアーズ、ブラジルのアメリカ・ミネイロやジュベントゥージなど南米でプレー。直近では昨年5月に母国のアトレティコ・プラテンセに加入し、スーペルリーガ20試合で3ゴールを記録した。 そんなサラテが15クラブ目として選んだのはコゼンツァ。現在はセリエBで最下位に位置しており、6シーズンぶりのセリエC降格の窮地に立つ。35歳にとって6年ぶりのイタリアだが、セリエAで通算148試合32ゴール24アシストの記録を持つストライカーは救世主となれるだろうか。 2023.02.02 15:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly