ラツィオのミズノ製今季ユニがお披露目!1stは伝統の水色と白、2ndは黒ベースに

2022.07.05 21:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオとサプライヤーの「ミズノ」は4日、2022-23シーズンのユニフォームデザインを発表した。イタリアの首都に本拠地を構えるクラブと日本のスポーツメーカーは、ローマのポポロ広場にて新ユニフォームのお披露目となる公式プレゼンテーションを行った。

5年契約の初年度はビアンコセレスティ(白と空色)の愛称が示す通り、ホームユニフォームはクラシックなスカイブルーを基調とした。クラブの象徴でもある鷲をスタイル化したパターンを規則的に配置。襟と袖周りを白で縁取った。

胸スポンサー「BINABCE」のロゴとミズノのロゴにはネイビーブルーが採用され、パンツは白、ソックスはシャツと同色のスカイブルーとなっている。

アウェイキットは黒がベースに。胸元には水色から黄色を経て白へと変化するグラデーションのボーダー模様があしらわれている。胸スポンサーロゴがゴールド、ミズノのロゴは白となり、襟や袖の空色とともにアクセントとなっている。

アウェイキットはパンツ、ソックスともに黒で統一されている。また、GK用ユニフォームは黄緑色のボーダー柄となっている。

昨季は男子チームがヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位、女子チームが降格圏の11位に終わったラツィオ。新たなパートナーを迎えた今季の戦いぶりに注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

ジエリンスキがナポリ残留を希望か、ウェストハムやラツィオが関心も

ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(28)がナポリ残留を希望しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ジエリンスキは2016年夏にウディネーゼから加入。ナポリでは常に主力選手としてプレーし、6年間で通算281試合40得点33アシストを記録。全てのシーズンで40試合以上に出場するなど、チームにとって欠かせない存在だ。 ただ、今夏はウェストハムからジエリンスキに触手が。相手方は4000万ユーロに迫る移籍金と年棒600万ユーロ(約8億2000万円)を用意したとされ、選手にとっても魅力的なオファーだったが、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は放出を固辞。結局ウェストハムは手を引いた模様だ。 また、元ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオもジエリンスキに関心。同クラブはセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに移籍の可能性があり、後釜候補としてポーランド代表MFをリストアップしているとのことだ。 しかし、当の本人はナポリ残留が基本姿勢。今夏にセネガル代表DFカリドゥ・クリバリや、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェなど、攻守の主力が相次いで退団したチームにおいて、ルチアーノ・スパレッティ監督は、ジエリンスキをチームの軸に据える方針だと考えられている。 2022.08.04 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオMFルイス・アルベルトのセビージャ復帰が近く…サッリ監督が明言「移籍したがっている」

ラツィオに所属する元スペイン代表MFルイス・アルベルトのセビージャ復帰が近づいているようだ。 2016年夏にリバプールから加入し、ラツィオでは公式戦出場219試合を数えるルイス・アルベルト。昨季も公式戦44試合に出場し、セリエAでは5ゴール11アシストを記録したが、新シーズンに向けては不穏な空気が流れている。 イタリア『コリエレ・デッラ・セラ』によれば、同選手はここ3回のトレーニングを欠席しており、直近の3日にも姿を現さなかったという。加えて、マウリツィオ・サッリ監督がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で、元スペイン代表MFがセビージャ復帰を望んでいることを告白している。 両クラブ間による交渉は続けられているが、ラツィオ側の要求は2500万から3000万ユーロ。売却額の30%をリバプールに献上しなければならない条項があり、安売りするつもりはないようだ。 ラツィオは今夏、サッリ監督の愛弟子であるウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノをはじめ、ブラジル人MFマルコス・アントニオ、昨季レンタル加入のイタリア代表MFマッティア・ザッカーニが完全移籍で加入。ルイス・アルベルトが抜けても中盤に不足は出ないが、果たして。 なお、セビージャのカンテラーノであるルイス・アルベルトは、移籍が決まれば9年ぶりの復帰となる。 2022.08.04 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオの新守護神候補に長男が誕生! クラブが出産直後の幸せな家族ショットを公開

今夏ラツィオに新加入となったポルトガル人GKルイス・マクシミアーノに幸せが舞い込んだ。 スポルティングCPの下部組織出身のマクシミアーノは、2018年7月にファーストチームへと昇格。通算36試合に出場すると、昨シーズンはグラナダでプレー。ラ・リーガ35試合に出場していた。 そのマクシミアーノは、新守護神候補として大きな期待が寄せられているが、ラツィオは子供が誕生したことを発表した。 マクシミアーノの長男は3日に誕生。ラツィオは公式ツイッターで、生まれたばかりのマティアスくんとマクシミアーノ、そして妻のマダレナさんの3ショットを掲載。出産直後と思われる写真をクラブが掲載するのは珍しい出来事と言えるだろう。 シーズンの開幕前に無事に息子を授かったマクシミアーノ。父として新天地で輝くことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】マクシミアーノが生まれたばかりの長男を抱く妻にキス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> È nato Matias Maximiano, primogenito di papà Luis e mamma Madalena! Congratulazioni! <a href="https://t.co/9fGkVIUcTp">pic.twitter.com/9fGkVIUcTp</a></p>&mdash; S.S.Lazio (@OfficialSSLazio) <a href="https://twitter.com/OfficialSSLazio/status/1554754903985233920?ref_src=twsrc%5Etfw">August 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーで戦力外のエメルソン、買取OP付きレンタルでラツィオ移籍へ

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)がラツィオに移籍する模様だ。 2018年1月にローマから加入したエメルソンだが、チェルシーでは2番手、3番手の域を出られず、主にベンチを温める日々。昨季は買い取りオプション付きのレンタルでリヨンに移籍し、公式戦34試合に出場したが、移籍は叶わず現在はチェルシーに戻っている。 だが、新シーズンも引き続き控え濃厚のエメルソンは移籍先を模索。主にイタリアからの関心が伝えられていた中で、ラツィオ行きが決定的となったようだ。 イタリア『メディアセット』のマルコ・バルザーリ氏によれば、すでにクラブ間では900万ユーロの買取オプションが付いたレンタル移籍で合意済み。残すは給与面のすり合わせのみとなっているとのことだ。同氏は数日以内の移籍決定を予想している。 2022.08.03 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル退団ベシーノ、恩師サッリ率いるラツィオ加入

ラツッオは1日、インテルを退団したウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)の加入を発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 ベシーノは2017年8月にフィオレンティーナからインテルに入団。加入シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献するなど主力としてプレーしたが、アントニオ・コンテ監督が就任した2019-20シーズンを境に徐々に序列が低下し、シモーネ・インザーギ体制となった昨季もセリエAで17試合の出場にとどまっていた。 ラツィオを率いるマウリツィオ・サッリ監督とは2014-15シーズン、エンポリ在籍時に師弟関係にあった。 2022.08.02 07:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly