11年ぶりセリエA王者のミランが新ユニフォームを発表!伝統の赤黒ストライプで袖口にはイタリア国旗のカラー

2022.07.04 18:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランとサプライヤーのプーマは4日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。そのデザインは伝統の赤と黒のストライプ。黒をベースに赤の縦ラインが施されている。シーズンごとにストライプの細かい仕様が変更されているが、不揃いな幅のストライプになっていた2021-22シーズンのものから、均一の太さのストライプに戻る。

そして、特徴的なのが袖口。イタリア国旗の色である緑・白・赤の3色があしらわれている。

ミランのチーフ・レベニュー・オフィサーであるキャスパー・スタイルスヴィグ氏は、ユニフォーム発表に際し、次のようにコメントしている。

「2022-23シーズンの新しいホームユニフォームを本日発表できることを嬉しく思う。このユニフォームには、クラブが19回目のスクデットを獲得した時のトリコローレ(イタリア国旗)のシンボルを誇らしく表現している。ミラノの街と親密な関係にある私たちのクラブの伝統と未来、そしてピッチの内と外の両方での革新的なビジョンを表している」

1 2

関連ニュース
thumb

連覇目指すミランに痛恨‥トナーリがPSMで自滅、最悪1カ月以上の離脱か

1週間後に開幕を控えたミランだが、開幕直前で手痛いニュースが舞い込んだ。『Sportitalia』が伝えている。 ミランは6日、プレシーズンマッチでヴィチェンツァと対戦。1-6で圧勝を収めた。 開始1分で先手を奪われたものの、11分にペドロ・レオンのゴールで同点に追いつくと、21分にはジュニオール・メシアスが逆転ゴール。30分にはアンテ・レビッチも追加点を奪う。 31分にはオウンゴールでさらに点差を広げると、後半に入っても50分にフィカヨ・トモリがゴール。64分にレビッチがこの試合2点目を決めて快勝した。 しかし、試合中にアクシデントが。1-4でリードしていた中、相手を止めようと足を伸ばしたサンドロ・トナーリがプレー直後に左の内腿を触る仕草。そのまま、苦い顔で動くのをやめると、自らの足でそのままピッチを後にしたのだ。 詳細は不明だが、痛めたことは事実。検査の結果を待つ状態だとされているが、最悪1カ月以上の離脱となる可能性もある。 ミランは13日にウディネーゼと開幕戦を戦い、その後、アタランタ、ボローニャ、サッスオーロと対戦。9月3日にはインテルとの“ミラノダービー”を控えているが、トナーリは間に合うだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】トナーリが痛めてしまった瞬間…苦悶の表情で自らピッチを後に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">SI FERMA TONALI<br><br>Brutte notizie per i rossoneri: problemi per Sandro Tonali dopo un allungamento. Il centrocampista è uscito immediatamente dal campo senza attendere la pausa del gioco<a href="https://twitter.com/hashtag/sportitalia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sportitalia</a> <a href="https://t.co/F80kdoDQZt">pic.twitter.com/F80kdoDQZt</a></p>&mdash; Sportitalia (@tvdellosport) <a href="https://twitter.com/tvdellosport/status/1555983713422426114?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.07 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランがポベガと2027年まで契約延長、ケシエの後釜候補

ミランは5日、イタリア代表MFトンマーゾ・ポベガ(23)と2027年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ミランの下部組織で育ったセントラルMFのポベガは、これまでテルナーナやポルデノーネ、スペツィアにトリノへレンタル移籍していた。昨季はトリノで主力として活躍、セリエA33試合の出場で4ゴール3アシストを記録した。 ミランでは今夏、中盤の主軸だったコートジボワール代表MFフランク・ケシエがバルセロナへ移籍。ポベガはケシエの代役を務めることが期待されている。 2022.08.06 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ケテラエル、カカとの比較に「彼のビデオをたくさん見てきた」

ミランに加入したベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエルが、ミランのレジェンドである元ブラジル代表MFカカと比較されることについて言及した。 トップ下を本職とし、自身でゴールも奪うことが可能なことからカカと比較されることがあるデ・ケテラエルだが、本人は以下のように話している。 「カカは素晴らしい選手で、彼のビデオをたくさん見てきた。でも僕には僕自身の特徴がある。彼と同じような成功をミランにもたらしたいね」 また、自身のストロングポイントについては次のように述べている。 「技術的には高いと思っている。ゴールとアシストで貢献できるはずだ。ダイナミックなプレーを得意とし、ポジションは複数こなしてきた。自分ではトレクアルティスタだと思っている。FWの横でプレーするのも好きだね。偽9番の位置でもプレーできるよ」 2022.08.05 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レナト・サンチェス獲得失敗のミラン…サッスオーロの若手MFへの関心再燃か

ミランがサッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ(22)への関心を再燃させる可能性があるようだ。 昨シーズン限りでMFフランク・ケシエが退団したミランは、今夏の移籍市場で中盤の強化に着手。トップターゲットだったリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)獲得に向けて粘り強く交渉したが、同選手はパリ・サンジェルマン(PSG)入りが決定的となった。 さらに、関心を抱いていたアストン・ビラのU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)も、チェルシー移籍が濃厚に。クラブ・ブルージュからベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエル(21)こそ獲得したものの、理想通りの補強は実現していない。 イタリア『トゥットメルカート』によると、中盤の獲得候補を立て続けに逃したミランは、かねてより関心を抱いていたフラッテージ獲得に動き出す可能性があるとのことだ。 ローマの下部組織出身であるフラッテージは、2017年に移籍したサッスオーロで昨季ポジションを掴むと、セリエAで36試合4ゴール4アシストを記録。シーズン終了後にはイタリア代表に初選出されるなど、ブレイクを果たした。 ミランはフラッテージをレナト・サンチェスの理想的な代替案として考えているが、サッスオーロの要求する移籍金は3000万ユーロ(約41億9000万円)と高額だ。一方で、サッスオーロは買い取り義務オプションの付随したレンタルであれば受け入れる用意があるとも報じられており、交渉の行方が注目される。 2022.08.04 15:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランがベルギーの至宝デ・ケテラエルを獲得

ミランは2日、クラブ・ブルージュのベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエル(21)の獲得を発表した。契約期間は2027年6月までの5年間、背番号はブルージュ時代同様に90を付ける。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、移籍金は3200万ユーロ(約43億6000万円)、アドオン300万ユーロ(約4億円)とのこと。将来的にミランがデ・ケテラエルを売却した際にブルージュには12.5%の移籍金が渡る契約のようだ。 ブルージュの下部組織で育った攻撃的MFのデ・ケテラエルは昨季、ジュピラー・プロリーグ33試合の出場で14得点7アシストの好スタッツを記録し、ビッグクラブ注目の存在となっていた。 2022.08.03 05:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly