カタールで躍動するカソルラ、アル・サッドと1年の契約延長

2022.07.03 20:25 Sun
Getty Images
元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(37)が、アル・サッドとの契約を延長した。

新たな契約は1年間で、2023年夏までとなる。
カソルラはレアル・オビエドの下部組織からビジャレアルの下部組織に移籍。2004年7月にファーストチームに昇格した。

その後、レクレアティボ・ウエルバへの移籍を経験するも、1年でビジャレアルに復帰。中心選手として活躍する。

2011年7月にマラガへと完全移籍すると、2012年8月にはアーセナルへ完全移籍。プレミアリーグでもそのパスセンスとゲームメイク力を発揮。しかし、度重なる足首のケガでプレーできない期間が続くと、2018年8月にビジャレアルへと復帰した。
ビジャレアル復帰後は、ケガも癒えて本来のパフォーマンスを取り戻すと、2020年8月に当時チャビ・エルナンデス監督(現バルセロナ監督)が指揮していたアル・サッドに完全移籍した。

アル・サッドでは公式戦65試合に出場し29ゴール28アシストを記録。カタール・スターズリーグでは36試合で19ゴール19アシスト。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では16試合に出場し5ゴール4アシストを記録していた。

サンティ・カソルラの関連記事

カソルラがアーセナル帰還か? 現在オビエドでプレーも同胞アルテタのスタッフ入りの可能性

元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(39)は、今シーズン終了後にアーセナル帰還を検討しているようだ。 アーセナル時代はピッチ上で魔法のようなプレーで輝きを放った一方、アキレス腱のケガと患部の感染症による長期離脱も経験したカソルラ。しかし、クラブとしては依然として良好な関係を築いている。 そのベテランMFは昨夏、古巣であるレアル・オビエドに1年契約で加入。過去のケガや39歳という年齢もあり、フル稼働には至っていないが、セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)で24試合に出場。レギュラーシーズンをプリメーラ昇格プレーオフ圏内の6位フィニッシュしたチームは、3位のエイバルとのプレーオフ準決勝1stレグを0-0のドローで終え、昇格への望みを繋いでいる。 筋肉系の問題でエイバル戦を欠場したものの、愛するクラブのプリメーラ昇格に全力を注いでいる元スペイン代表MFだが、クラブの昇格、2部残留に関わらず、今夏に現役続行あるいは引退という重大な決断を下す可能性が高いという。 そして、スペイン『マルカ』によれば、スパイクを脱ぐ決断を下した場合、カソルラがミケル・アルテタ監督率いるアーセナルのコーチングスタッフ入りする可能性が高いという。 アルテタ監督は以前から同胞MFのスタッフ入りを希望していることを明言しており、カソルラ自身も同紙のインタビューでその可能性を認めている。 「僕は幸運にもミケル・アルテタと同じロッカールームにいた。そして今、彼は監督だ。僕らは彼のコーチングスタッフに加わる可能性について話し合っていた」 「だけど、今はこのクラブ、オビエドに貢献すること。そして、プレーヤーとしてフットボールを楽しみ続けること以外には何も考えていないんだ。その後、自分の将来がどうなるかがわかる。ただ、アーセナルは、僕が復帰するための扉を常に開いてくれたクラブであることは明らかだよ」 右足切断の可能性もあった大ケガを乗り越えたカソルラが、できるだけ長くピッチで活躍する姿を見たいと思う一方、その優れた戦術眼を指導者として発揮する姿を見たいという気持ちもある中、39歳の決断はいかに…。 2024.06.09 22:00 Sun

ポルトガル1部で今季20ゴール、25歳のスペイン人FWムヒカがカタールのアル・サッドへ完全移籍

カタールのアル・サッドは30日、ポルトガルのアロウカからスペイン人FWラファ・ムヒカ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ラス・パルマスで生まれたムヒカは、ラス・パルマスの下部組織からバルセロナの下部組織に加入。その後、リーズ・ユナイテッドの下部組織へと移籍した。 リーズ在籍時にはエストレマドゥーラ、ビジャレアルB、レアル・オビエド、ラス・パルマスへとレンタル移籍を繰り返した中、2022年7月にアロウカへ完全移籍を果たした。 ポルトガルで2年目を迎えた今シーズンは、プリメイラ・リーガで30試合に出場し20ゴールを記録。得点ランキング3位の活躍を見せていた。 スペイン『アス』によれば1000万ユーロ(約17億円)をムヒカに支払ったとのこと。若くしてカタールへと活躍の場を移すこととなった。 アル・サッドは、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏や、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス氏、元スペイン代表MFサンティ・カソルラと過去にもスペイン人が多くプレーしている。 2024.05.31 23:40 Fri

38歳サンティ・カソルラ、古巣オビエドへ20年ぶりの復帰!1年契約を締結

セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)のレアル・オビエドは17日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(38)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 レアル・オビエドの下部組織からビジャレアルの下部組織に移籍したカソルラは、2004年7月にファーストチームに昇格すると、レクレアティボ・ウエルバへの移籍を経験するも、1年でビジャレアルに復帰し中心選手として活躍した。 その後、2011年7月にマラガへと完全移籍すると、2012年8月にはアーセナルへ完全移籍。プレミアリーグでもそのパスセンスとゲームメイク力を発揮。しかし、度重なる足首のケガでプレーできない期間が続くと、2018年8月にビジャレアルへと復帰した。 ジャレアル復帰後は、ケガも癒えて本来のパフォーマンスを取り戻すと、2020年8月に当時チャビ・エルナンデス監督(現バルセロナ監督)が指揮していたアル・サッドに完全移籍した。 アル・サッドでは公式戦96試合に出場し38ゴール36アシストを記録。2度のカタール・スターズリーグ制覇に加え、カタール・スターズカップ(2019-20)、アミール・カップ(2019-20, 2020-21)、カタール・カップ(2021)の獲得に貢献。また、個人としても2020-21シーズンにシーズン最優秀選手賞を獲得していた。 2023.08.17 07:05 Thu

アル・サッド、38歳サンティ・カソルラの退団を発表

カタールのアル・サッドは2日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(38)が退団したことを発表した。 レアル・オビエドの下部組織からビジャレアルの下部組織に移籍したカソルラは、2004年7月にファーストチームに昇格すると、レクレアティボ・ウエルバへの移籍を経験するも、1年でビジャレアルに復帰し中心選手として活躍した。 その後、2011年7月にマラガへと完全移籍すると、2012年8月にはアーセナルへ完全移籍。プレミアリーグでもそのパスセンスとゲームメイク力を発揮。しかし、度重なる足首のケガでプレーできない期間が続くと、2018年8月にビジャレアルへと復帰した。 ジャレアル復帰後は、ケガも癒えて本来のパフォーマンスを取り戻すと、2020年8月に当時チャビ・エルナンデス監督(現バルセロナ監督)が指揮していたアル・サッドに完全移籍した。 アル・サッドでは公式戦96試合に出場し38ゴール36アシストを記録。2度のカタール・スターズリーグ制覇に加え、カタール・スターズカップ(2019-20)、アミール・カップ(2019-20, 2020-21)、カタール・カップ(2021)の獲得に貢献。また、個人としても2020-21シーズンにシーズン最優秀選手賞を獲得していた。 なお、現時点でカソルラが現役を続行するかは不透明だが、昨年11月のイギリス『デイリー・メール』のインタビューでは、「引退後の人生を考え始めなければならないね。監督か、アシスタントコーチか、はたまたスポーツ・ディレクターかはわからないけどね」と今後の進退について言及していた。 2023.07.02 22:40 Sun

ポルトの主力MFウリベがリージョ率いるアル・サッド加入!

カタールのアル・サッドは5日、ポルトのコロンビア代表MFマテウス・ウリベ(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの3年となる。 母国の名門アトレティコ・ナシオナルからメキシコのクラブ・アメリカを経由し、2019年8月にポルトへ完全移籍で加入したウリベ。 ポルトでは、セルジオ・コンセイソン監督からの全幅の信頼を得てボランチの主力に定着。在籍4年間で公式戦175試合に出場し、15ゴール8アシストの数字を残していた。この間に2度のプリメイラ・リーガ制覇を含め5つのタイトル獲得に貢献している。 ポルトはコロンビア代表代表として通算45キャップを刻む実力者の慰留に向けて再三延長オファーを掲示したものの、アル・サッドからの好条件のオファーもあり、今夏の退団が決定した。 かつてヴィッセル神戸でも指揮を執ったフアンマ・リージョ監督が率いるアル・サッドでは、元スペイン代表MFサンティ・カソルラや韓国代表MFチョン・ウヨンらと中盤でコンビを組むことになる。 2023.06.06 05:30 Tue

サンティ・カソルラの人気記事ランキング

1

カソルラがアーセナル帰還か? 現在オビエドでプレーも同胞アルテタのスタッフ入りの可能性

元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(39)は、今シーズン終了後にアーセナル帰還を検討しているようだ。 アーセナル時代はピッチ上で魔法のようなプレーで輝きを放った一方、アキレス腱のケガと患部の感染症による長期離脱も経験したカソルラ。しかし、クラブとしては依然として良好な関係を築いている。 そのベテランMFは昨夏、古巣であるレアル・オビエドに1年契約で加入。過去のケガや39歳という年齢もあり、フル稼働には至っていないが、セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)で24試合に出場。レギュラーシーズンをプリメーラ昇格プレーオフ圏内の6位フィニッシュしたチームは、3位のエイバルとのプレーオフ準決勝1stレグを0-0のドローで終え、昇格への望みを繋いでいる。 筋肉系の問題でエイバル戦を欠場したものの、愛するクラブのプリメーラ昇格に全力を注いでいる元スペイン代表MFだが、クラブの昇格、2部残留に関わらず、今夏に現役続行あるいは引退という重大な決断を下す可能性が高いという。 そして、スペイン『マルカ』によれば、スパイクを脱ぐ決断を下した場合、カソルラがミケル・アルテタ監督率いるアーセナルのコーチングスタッフ入りする可能性が高いという。 アルテタ監督は以前から同胞MFのスタッフ入りを希望していることを明言しており、カソルラ自身も同紙のインタビューでその可能性を認めている。 「僕は幸運にもミケル・アルテタと同じロッカールームにいた。そして今、彼は監督だ。僕らは彼のコーチングスタッフに加わる可能性について話し合っていた」 「だけど、今はこのクラブ、オビエドに貢献すること。そして、プレーヤーとしてフットボールを楽しみ続けること以外には何も考えていないんだ。その後、自分の将来がどうなるかがわかる。ただ、アーセナルは、僕が復帰するための扉を常に開いてくれたクラブであることは明らかだよ」 右足切断の可能性もあった大ケガを乗り越えたカソルラが、できるだけ長くピッチで活躍する姿を見たいと思う一方、その優れた戦術眼を指導者として発揮する姿を見たいという気持ちもある中、39歳の決断はいかに…。 2024.06.09 22:00 Sun
2

37歳サンティ・カソルラ、引退後の人生を検討「アーセナルで何か役に立ちたい」

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(37)が、古巣アーセナルへの復帰を希望している。 2020年夏からアル・サッドに活躍の場を移したカソルラ。その初年度にリーグ戦20試合で13ゴール11アシストの数字を残し優勝に貢献すると、昨季も16試合6ゴール8アシストの成績で連覇を果たした。 そして、今夏には2023年夏まで契約を延長。リーグ戦は9月半ばを最後に中断中だが、ここまでは開幕から全7試合でフル出場しており、2ゴール2アシストと変わらずの活躍を披露している。 そんな中、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで今後の進退について言及。引退が迫っているとし、アーセナルで役職に就くという希望を明かした。 「引退後の人生を考え始めなければならないね。監督か、アシスタントコーチか、はたまたスポーツ・ディレクターかはわからないけどね」 「夢はアーセナルでもっとたくさんプレーすることだった。もちろん、また戻りたいと思っているよ。クラブが自分のことを考えてくれているかどうか、コーチや監督として何かの役に立てるかどうか、待たないといけない」 2022.11.16 14:30 Wed
3

ポルトガル1部で今季20ゴール、25歳のスペイン人FWムヒカがカタールのアル・サッドへ完全移籍

カタールのアル・サッドは30日、ポルトガルのアロウカからスペイン人FWラファ・ムヒカ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ラス・パルマスで生まれたムヒカは、ラス・パルマスの下部組織からバルセロナの下部組織に加入。その後、リーズ・ユナイテッドの下部組織へと移籍した。 リーズ在籍時にはエストレマドゥーラ、ビジャレアルB、レアル・オビエド、ラス・パルマスへとレンタル移籍を繰り返した中、2022年7月にアロウカへ完全移籍を果たした。 ポルトガルで2年目を迎えた今シーズンは、プリメイラ・リーガで30試合に出場し20ゴールを記録。得点ランキング3位の活躍を見せていた。 スペイン『アス』によれば1000万ユーロ(約17億円)をムヒカに支払ったとのこと。若くしてカタールへと活躍の場を移すこととなった。 アル・サッドは、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏や、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス氏、元スペイン代表MFサンティ・カソルラと過去にもスペイン人が多くプレーしている。 2024.05.31 23:40 Fri
4

ダイレクトパスの連続に相手守備陣は何もできず…アーセナル“らしい”崩しのゴールに再脚光

日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナル。ミケル・アルテタ監督の戦い方は、相手に合わせて選手の立ち位置を変え、試合中にもポジショニングを変えて後方からビルドアップしていく手法をとり、守備では前線から選手たちがプレスをかけていくスタイルをとっている。 一方で、アーセナルを大きく飛躍させたのはアーセン・ヴェンゲル監督だ。築き上げたスタイルは当時のプレミアリーグでは珍しく、「パス&ムーブ」のスタイルで少ないタッチ数でボールを素早く繋ぎ、パスの精度を高く、素早くボックスに侵入してチャンスを作る攻撃スタイルで、多くのファンを魅了した。 そのスタイルの真骨頂の1つとも言えるのが、今から8年前の2013年10月19日に行われたプレミアリーグ第8節のノリッジ戦でのゴールだ。 18分、ボールを保持したアーセナルは、敵陣左サイドでボールを持ったMFサンティ・カソルラがMFジャック・ウィルシャーへとパス。ウィルシャーがツータッチでカソルラにリターンすると、カソルラはダイレクトでボックス内のFWオリヴィエ・ジルーへとパスを出す。 ジルーはこれまたダイレクトでウィルシャーへとフリックし、ウィルシャーもやはりダイレクトでリターン。再びジルーがダイレクトで浮かすと、抜け出したウィルシャーがダイレクトで流し込んだ。 ダイレクトパスの連続にノリッジ守備陣は何もできず。わずか3人の6回のタッチで完璧に相手ディフェンスを崩してしまった。頭の中でイメージできたとしてもそれを体現するのはまた別。まるでゲームのような連携に、アーセナルサポーターでなくとも感嘆するゴールだったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】これぞアーセナルの真骨頂!芸術作品のような美しいワンタッチの連続に相手は呆然</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1bTdSRUhPbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.20 21:15 Wed
5

アーセナル、セスクやマルティネッリ発掘の功労者を解雇…一方、ウィリアン&コウチーニョ獲得に巨額の投資…

近年のアーセナルのスカウト活動を支えてきた功労者がクラブを追われることになったようだ。 アーセナルは5日、新型コロナウイルス(COVID-19)による減収のため、55人のスタッフを解雇する方針であることを発表した。 そして、イギリス『デイリー・メール』が伝えるところによれば、その解雇者リストの中に敏腕スカウトとして知られるフランシス・カギガオ氏の名前があるという。 ロンドン生まれのカギガオ氏は、アーセナルのユースチームに在籍していた縁、3カ国語を操る語学力などを買われてアーセン・ヴェンゲル時代からスカウト部門に在籍。 20年以上に渡るクラブ在籍期間に多くの選手獲得に尽力。とりわけ、現役時代にバルセロナBに在籍していたツテを生かして、当時カンテラに在籍していた元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(現モナコ)、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンらの引き抜きを主導したことで知られる。 また、主にヨーロッパ、南米を担当していた同氏は、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(現アル・サッド)といったスペイン人選手、スイス代表MFグラニト・ジャカ、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現インテル)などの獲得交渉も主導。ここ最近ではU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ、U-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリの交渉に携わっていた。 アーセナルはカギガオ氏を含むヨーロッパ全域を担当するスカウトの解雇に踏み切る以前に、MFエインズリー・メイトランド=ナイルズや、FWレイス・ネルソンらを発掘したイングランド国内を担当する非常勤アカデミースカウト10名をすでに解雇しており、今後に向けては国内外のスカウト活動で大きな後れを取る可能性がある。 長年クラブのために尽力した功労者の大量解雇に踏み切った一方、アーセナルはチェルシーのブラジル代表FWウィリアン、バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に近づいているとの報道も出ている。 この動きに関しては、元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)の移籍に際して、急接近した大物代理人、キア・ジョーラブシャン氏との関係強化が影響しているようだ。 ウィリアンとコウチーニョはいずれもジョーラブシャン氏の顧客であり、アーセナルは今後、独自のスカウト網の維持を諦め、ジョーラブシャン氏を筆頭に代理人主導の補強戦略へと転換を図る模様だ。 代理人主導の補強戦略に関しては、世界最高の代理人と評されるジョルジュ・メンデス氏とウォルバーハンプトンが好結果を出しているが、近年ごたごたが続くバレンシア(メンデス氏)などを見ると、非常にリスクがある補強戦略ともいえる。 なお、アーセナルのサポーターズ・トラストは今回のクラブの決定に対して、「今回の知らせにがっかりしている。我々はプレーヤーたちの自発的な給与削減がすべてのスタッフの雇用を守るために使用されることを期待していた。また解雇されたスタッフに可能な限り多くのサポートを提供することが非常に重要だと考えている。その点に関してクラブと連絡を取るつもりだ」と、説明を求めている。 2020.08.06 15:00 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly