監督交代の神戸、武藤嘉紀がヘッド2発の躍動で3試合ぶり勝利!鳥栖はダブル許しまたも連勝逃す【明治安田J1第19節】

2022.07.02 21:29 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2日、明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸が駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で神戸が勝利を収めた。

現在6位の鳥栖と最下位の神戸の対戦。上位を窺いたい鳥栖も最下位からの巻き返したい神戸も勝ち点3が欲しい一戦となった。

鳥栖は前節から5名を変更。ファン・ソッコ、原田亘、堀米勇輝、小野裕二、宮代大聖が外れ、田代雅也、藤田直之、中野嘉大、本田風智、垣田裕暉が入った。

対する神戸はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任。暫定監督を含め、今季4人目となる吉田孝行監督が就任した。

その初陣となった試合では前節から3名のスタメンを変更。GK前川黛也、大崎玲央、大迫勇也が外れ、GK飯倉大樹、菊池流帆、小田裕太郎を起用した。GKを入れ替えて流れを変えたいところだ。

互いにボールを繋ぎながら攻め込むスタイル。鳥栖は後方からビルドアップして攻めていく展開に。対する神戸もパスを繋ぎながら攻め込んでいく。

すると19分に神戸がチャンス。左CKからイニエスタがクロスを送ると、これがゴールに向かいGK朴一圭が慌ててパンチング。その後の流れから、左からのイニエスタのクロスに対して小林がファーに飛び込むが、わずかに合わない。

対する鳥栖は26分にチャンス。ショートコーナーから、ボックス左からのクロスがクリアされると島川がヘッドで落とす。最後は本田がダイレクトシュート。鋭いボールがゴールに飛ぶが、わずかに右に外れる。

激しい球際の競り合いが見られるこの試合。田代との競り合いで武藤が脇腹付近を痛めて倒れ込んでいる。VARのチェックも入ったが、これは特にファウルも取られなかった。

38分には山口がクロスを送ると、武藤がボックス内でヘッド。しかし、力無くGK朴一圭がキャッチする。

鳥栖は40分に右CKを獲得すると、藤田のクロスにジエゴが飛び込んでヘッド。強烈なシュートがゴールを襲ったが、GK飯倉がセーブ。クロスバーに当たったボールを収めた。

押し込み続ける鳥栖は42分にも島川のスルーパスに反応した垣田がボックス内で滑り込みながらシュート。しかし、これもGK飯倉がセーブする。

互いに攻勢を見せる中でゴールが生まれなかった前半。ハーフタイムには互いにカードを切らずに後半に臨む。

後半は前半の鳥栖ペースから神戸が盛り返し、立ち上がりに汰木がシュートを放つなど積極的にゴールに向かう。

決定機こそ多く迎えられないものの、両サイドバックの酒井、山川が高い位置を取り、積極的に攻撃参加するなど、攻勢を止めない。

すると、69分に神戸がチャンス。パスを繋いで時間をかけて崩すと、橋本、武藤、佐々木、山川と繋ぎ、その山川がボックス右から鋭いクロス。これに橋本がダイレクトヒールで合わせると、シュートはゴールへ飛ぶもGK朴一圭がセーブする。

ビッグチャンスを止めた鳥栖は72分にチャンス。左サイドを岩崎が仕掛けると、一旦は止められるもディフレクトしたボールが岩崎の元へ。そのままボックス内左からシュートも、オフサイドとなった。

ゴールが欲しい神戸は73分に汰木を下げて大迫勇也を投入。流れを変えにいくと、押し込み続けた神戸は79分についに結実した。

右サイドからの山川のクロスにファーサイドで武藤がヘッド。上手くコントロールしたシュートはファーに決まり、神戸がついに先制する。

先制を許した鳥栖はボールを握って行きたいところだったが、神戸がしっかりとボールを握って時間をかけていくことに。するとアディショナルタイム1分、左サイドからのクロスをファーサイドでフリーだった武藤がボックス内でヘッド。これが左に決まり、神戸がリードを広げる。

結局そのまま試合は終了。神戸が新体制初陣で見事に勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。

サガン鳥栖 0-2 ヴィッセル神戸
【神戸】
武藤嘉紀(後34、後46)

関連ニュース
thumb

「想像より結構激しめ」「あつすぎだろ」リスタートの鹿島、先制点呼び込んだ鈴木優磨が岩政大樹監督を押し倒す漢同士のアツい抱擁が話題

新体制でリスタートを切った鹿島アントラーズ。取り戻した情熱がピッチに溢れ出た場面が話題だ。 今シーズンはシーズン序盤から上位に位置していた鹿島。近年のスタートダッシュの失敗を払拭できた一方で、チームは右肩下がりで結果が出ない状況に。その中で、レネ・ヴァイラー監督と契約を解除していた。 突然の監督交代となった中、14日に明治安田生命J1リーグ第25節でアビスパ福岡をホームに迎えた。 鹿島らしいサッカーに「情熱」という言葉を岩政大樹監督が使っていたが、まさにそれが現れたシーンが10分に訪れる。 鈴木優磨がボックス付近で個人技で突破。強引に右足を振ると、これがオウンゴールを誘発。鹿島が先制する。 すると、このゴールを生み出した鈴木は一直線で岩政監督の下にダッシュ。そのままタッチライン側に立っていた岩政監督に抱きついた。 岩政監督はそのまま押し倒される形となり、鈴木が覆い被さる形に。それでも、リスタートの一撃を決めたパッションをピッチ内で、そしてホームサポーターの前で表現することとなった。 なお、試合は後半アディショナルタイムにエヴェラウドがゴールを決め、2-0で勝利。リスタートをしっかりと勝利で切ることができた。 このパフォーマンスには「想像より結構激しめの抱擁」、「抱擁のクセ」、「あつすぎだろ笑」と驚きの声。男同士の熱い抱擁がチームを上昇させることにつながるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】熱すぎる鈴木優磨と岩政監督の抱擁!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5GHhtX65SO8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.14 21:48 Sun
twitterfacebook
thumb

交代的中の清水が残留争うG大阪に2-0勝利! 大きな今季初の連勝【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイの清水エスパルスがガンバ大阪を2-0で下した。 1試合未消化で暫定16位のG大阪は前節中止で約2週間空いての今節となるなか、新戦力のファン・アラーノが同じく今夏加入の鈴木武蔵ともにベンチ入り。一方、勝ち点2差でひしめく残留争いのライバルとの敵地戦に挑む15位の清水は北川が今夏復帰後3試合目にして初先発した。 今夏に積極補強を施して残留争いからの脱出を期す両クラブの一戦は立ち上がりの主導権を握ったG大阪が押し気味に進めるが、清水も9分にボックス左のチアゴ・サンタナによる左足フィニッシュがクロスバーを叩けば、13分にカウンターから乾もゴールに迫り、攻めの形を作り出す。 相手にあわやという場面も作られながら、スムーズにボールを前に持ち運ぶG大阪は持ち前の積極性を打ち出す食野が攻撃をリードするが、縦にしぷるな攻めで仕掛ける清水も36分に右CKから鈴木義宜のクロスバーを叩くダイビングヘッド。前半の半ば以降も一進一退の攻防が続く。 互いに狙いを表現しながらゴールレスで折り返した試合もボールを保持して崩しにかかるG大阪と直線的な攻めを徹底する清水という構図に。そのなか、60分に清水がカルリーニョス・ジュニオを投入すると、G大阪もデビュー戦のファン・アラーノと鈴木武蔵を一挙に送り出す。 両軍が途中出場の選手でこう着状態を崩そうと動いたなか、G大阪が先にその効果をなす。65分、右CKからファン・アラーノの右足キックにボックス中央で競り勝った昌子が頭で合わせると、ゴール前で完全にフリーの鈴木武蔵にビッグチャンス。だが、押し込み切れなかった。 後ろに重たい時間が長くなる清水だが、69分にベンジャミン・コロリとホナウドを入れ、飲水タイムを挟むと、それが奏功。73分、カルリーニョス・ジュニオのパスをボックス右で受けたベンジャミン・コロリが今季3得点目を右足で決めてみせ、ほしかった先制点をもぎ取る。 追いかけるG大阪は残る交代枠でケガ明けの山本悠樹、倉田秋、ウェリントン・シウバを立て続けに送り出すが、清水がミスを見逃さず。86分、ボール奪取のチアゴ・サンタナがボックス左からゴール前に折り返すと、カルリーニョス・ジュニオが左足で2戦連発弾を記録した。 終盤に決定的な追加点を手にした清水はそのままG大阪の反撃を無失点で抑え込み、残留に大きな今季初の連勝。G大阪はこれで6試合勝ちなしで、暫定ながら最下位のジュビロ磐田と勝ち点22で並び、降格圏17位に転落している。 ガンバ大阪 0-2 清水エスパルス 【清水】 ベンジャミン・コロリ(後28) カルリーニョス・ジュニオ(後41) 2022.08.14 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

中位の対決は両者決め手を欠いてドロー…鳥栖はまたも今季初連勝のチャンス逃す【明治安田J1第25節】

14日、明治安田生命J1リーグ第25節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 9位の鳥栖(勝ち点32)と10位の名古屋(勝ち点29)の中位対決。上位に向かっていくか、それとも残留争いに巻き込まれるか。残りシーズンの戦い方にも影響を与えるであろう両者の対戦となった。 鳥栖は前節はジュビロ磐田相手にホームで2-0で勝利。今節も[4-2-3-1]のシステムを採用し、磐田戦から2名を変更。小泉慶、 菊地泰智が外れ、藤田直之、本田風智を起用した。 対する名古屋は前節は浦和レッズに3-0で快勝。しかし、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではアウェイで浦和に3-0で敗れて連覇を逃した。前節の浦和戦からは1名を変更。永井謙佑に代えて、仙頭啓矢を起用した。仙頭と森下龍矢は古巣対決となった。 試合序盤は鳥栖がボールを握る展開に。パスを繋いでしっかりと名古屋陣内に攻め込む形で試合は進んでいく。 特に左サイドに入った岩崎にボールを集め、前節同様に個人での突破を仕掛けさせる形に。何度か良い形でボールを運んでいくが、決定機までは作れない。 名古屋はブロックを作りながらロングボールを前に送る形で攻め込もうとするが、ファン・ソッコ、ジエゴの両CBがしっかりと対応する。 すると鳥栖は15分にチャンス。藤田からのフィードを右サイドで受けた長沼は一対一を仕掛けてクロス。これをニアで宮代が合わせると、ミートできなかったボールを本田がヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。 さらに19分、中野がボックス手前から左足一閃。鋭いシュートが飛ぶが、枠を超えていく。 名古屋は28分に決定機。ボックス手前右からレオ・シルバが狙い澄まして右足シュート。これはGK朴一圭がセーブ。ボールがゴールに入りそうになるがなんとかかき出すも、これを拾ったマテウス・カストロがボックス内でシュートも原田がブロック。さらに相馬のシュートも原田がブロックと鳥栖は難を逃れる。 名古屋は32分に最大のチャンス。相馬が丸山のロングフィードに抜け出すが、上手くコントロールできず。それでもGK朴一圭を釣り出すと、中央へクロス。走り込んだ重廣が無人のゴールへ流し込むだけだったが、まさかのシュートミスで得点を奪えない。 すると鳥栖は37分、前線で宮代が粘ると、本田がボックス手前からシュート。これはブロックされるが、最後は長沼がボックス右からクロスを上げると、岩崎が飛び込んでヘッド。しかし、GKランゲラックが横っ飛びでセーブする。 38分にはボックス左でジエゴが仙頭と接触してファウル。ボックス外でのファウルとされたが、VARのチェックが入りPKかどうかの判定に。しかしFKの判定のままで試合は続行された。 ゴールレスで迎えた後半は共に交代はなし。後半も鳥栖がボールを握ると、47分に中野のパスに反応した岩崎が左サイドを抜け出しグンラウンダーのクロス。これを走り込んだ原田がシュートも、ブロックされる。 さらに54分にはボックス手前でパスを受けた本田が浮き球をシュート。ドライブが掛かったシュートが枠を襲ったが、わずかに越えていく。 名古屋は56分に仙頭、重廣を下げて、永井謙佑、永木亮太を投入。すると61分にその永井がビッグチャンス。フィードに反応し、ファン・ソッコと入れ替わった永井が抜け出すとドリブルで持ち出し、最後はボックス内でシュート。しかしこれはGK朴一圭が左手一本でセーブ。得点を許さない。 すると69分にアクシデント。ルーズボールを追った中、稲垣と藤田が交錯。藤田のスパイクが稲垣の脛に直撃。名古屋の選手がヒートアップする中、井上知大主審はイエローカードを稲垣に提示。藤田が先にボールに触っていた中、稲垣が衝突したという判定となった。 難しい判定となった中、鳥栖は本田を下げて垣田裕暉、名古屋はマテウス・カストロ、レオ・シルバを下げて柿谷曜一朗、宮原和也を投入する。 さらに鳥栖は藤田と長沼を下げて、森谷賢太郎、堀米勇輝を投入。ゴールを目指していく。 オープンな展開となっていく中、互いに決定機までは作れない。鳥栖は岩崎と宮代を下げ、西川潤、手塚康平を起用。手塚は移籍後初出場となった。 鳥栖がボールを繋ぎながら攻め込む一方で、名古屋はカウンターを狙う形に。それでも互いに決定機は作れずにタイムアップ。0-0の引き分けに終わった。 サガン鳥栖 0-0 名古屋グランパス 2022.08.14 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島が福岡に2-0で勝利! 鈴木優磨OG誘発にエヴェラウド弾で岩政新監督の初陣を飾る【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡が14日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ホームの鹿島が2-0で勝利を収めた。 鹿島は7日にレネ・ヴァイラー前監督との契約を解除。今節は岩政大樹新監督の初陣となる。一方の福岡は10日、YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦でヴィッセル神戸に勝利し、クラブ史上初となるベスト4へ進出。自慢の外国人アタッカーらが軒並み好調を維持したまま、この一戦に臨んだ。 開始早々に先制点が生まれる。10分、鹿島は鈴木がエリア内でキープし、福岡DFを巧みなキックフェイントでかわして右足を振り抜く。ボールは枠をとらえていなかったが、平塚の身体にあたってコースが変わり、ゴール右下に吸い込まれた。ラッキーな形のオウンゴールで鹿島が先手をとった。 一方の福岡も負けじと反撃。27分、右サイドのジョルディ・クルークスから左足の良質なセンタリングが上がると、ゴール前で待ち構えたジョン・マリがヘディングで合わせる。しかし、このシーンは惜しくも左ポストに弾かれ、決定機を逃す。 鹿島の1点リードで折り返した後半、福岡は輪湖に替えて柳を投入。布陣を変更し、まずは同点に追いつきたいところだが、ファンマ・デルガドやルキアンなどを起点に敵陣へ攻め込んでも鹿島がタイトな一対一の守備で応戦し、なかなか決定機まで至らない。 そんななかで迎えた68分、鹿島は右サイドで鈴木がタメを作り、外側をスプリントした土居へ展開。土居のワンタッチクロスにファーサイドのアルトゥール・カイキがヘディングで合わせるも、ボールはわずかに枠の左へ。1点を追う福岡は肝を冷やす。 福岡は71分にファンマ、クルークスを下げて山岸、田中を投入。サイドからのセンタリングを中心として打開を目論む。対する鹿島は球際の勝負で譲らず、福岡のセンタリング攻勢をことごとく跳ね返す。 福岡は後半に目ぼしいチャンスを作れないまま、アディショナルタイムに。93分にはCKのチャンスにGK村上を前線に上げて同点を狙う。だが、このシーンで鹿島のカウンターを喰らうこととなった。 その直後、福岡CKの流れから鹿島のピトゥカがボールを奪取すると、前線のエヴェラウドへスルーパス。福岡のフィールドプレーヤー全員が鹿島陣内にいたことで、ハーフウェイライン付近からGK村上との一対一に。ボックス手前から放ったループシュートはセーブされるも、こぼれ球に自ら詰め、角度のない位置から右足で流し込んだ。 鹿島が決定的な2点目を決め、ほどなくして試合終了のホイッスル。鹿島は2-0で福岡に勝利し、18000人超の観衆が集まったなかで岩政新監督の初陣を飾った。一方の福岡は少ないチャンスを確実に仕留めたかったが、ルヴァン杯ベスト4進出の良い流れをリーグ戦に持ち込めなかった。 鹿島アントラーズ 2-0 アビスパ福岡 【鹿島】 オウンゴール(前10) エヴェラウド(後45+3) 2022.08.14 20:48 Sun
twitterfacebook
thumb

シーソーゲームを制したのは広島、松本のJ1初ゴールなどでACL圏肉薄! 柏は5試合ぶりの黒星で連勝止まる【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節、柏レイソルvsサンフレッチェ広島が14日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、3-2でアウェイの広島が逆転勝ちを収めた。 前節、京都サンガF.C.とのアウェイゲームで劇的な逆転勝ちを収め、4連勝と好調の柏は決勝点を決めた武藤が4試合ぶりに先発復帰。細谷と2トップを組んだ。 関東でのアウェイ3連戦目を迎える広島は、準決勝進出を決めた水曜日のYBCルヴァンカップ横浜F・マリノス戦と10人が同じメンバーに。負傷した塩谷に代わって3バックの右は野上が務め、鹿島アントラーズ戦でJ1初ゴールをマークした川村が左ウイングバックに入った。 失点の少ない両チームだったが、試合は早々に動く。4分、広島はボックス右角付近でFKを得ると、野津田のスピードのあるクロスにナッシム・ベン・カリファ。高橋のマークに遭いながらもヘディングをねじ込んだ。 先手を取られた柏だったが、起点を作らせない守備からセカンドボール争いを制してリズムを作ると、攻撃にもテンポが生まれてシュートまで至るシーンが増加。細谷が自陣でボールを受けると、パスコースを探しながら長い距離を持ち上がり、ボックス左から縦に仕掛けて左足のフィニッシュは左ポストを叩いた。 16分には椎橋のミドルでゴールに迫れば、23分にはシンプルな攻撃で武藤のクロスに細谷がヘディングと、試合の主導権を握って攻勢を強める。 守勢に回った広島にはアクシデントも発生。川村が頭を押さえてピッチにうずくまり、担架で運ばれることに。脳震とうの疑いがあると判断され、飲水タイム明け後の32分に急遽藤井が投入された。柏もこのタイミングで土屋から戸嶋へスイッチした。 依然としてペースを握る柏は41分に試合を振り出しに戻す。中盤で椎橋が縦パスを入れると、ボックス手前で受けた小屋松は素早くターンして小さく左斜め前へ。武藤が右アウトサイドでのトラップから素早く右足を振り抜き、コントロールショットを右隅に沈めた。 ハーフタイムに選手交代を行った広島は、ベン・カリファに代わって入ったドウグラス・ヴィエイラが後半開始早々いきなりのフィニッシュを見せるも、次の1点は思わぬ形でホームチームに入る。 ボックス右から川口がグラウンダーのクロスを送ると、荒木のクリアが松本に当たって跳ね返り、再び荒木の元へ。背後に細谷がいたために急いたキックとなると、これが自陣ゴールネットを揺らし、47分にオウンゴールで柏が逆転に成功した。 それでもファイティングポーズを崩さない広島は62分、柏好文が森島とのワンツーを経てボックス左から右足アウトサイドで折り返すと、中央の満田は収め切れずも、こぼれ球をドウグラス・ヴィエイラが回収。落としに反応した松本がペナルティアーク内右から右足でグラウンダーのシュートを左隅へ流し込み、J1初ゴールで同点とする。 さらに攻勢を強めた6分後には、右サイドの敵陣中央でボールを持った藤井がこれまでのように縦勝負ではなく、カットインから左足でクロス。これが飛び込んだドウグラス・ヴィエイラの頭を越えてそのままゴール左へ吸い込まれ、一気に試合をひっくり返した。 ゲームは中盤での争いが熱を帯び、激しいコンタクトプレーが増加する展開に。攻撃の手を緩めない柏は終了間際にボックス内で細谷が倒されるも、ファウルはなし。際で守り切った広島がシーソーゲームを制して2連勝を飾り、3位に後退した柏へ勝ち点「1」差に迫った。 柏レイソル 2-3 サンフレッチェ広島 【柏】 武藤雄樹(前41) OG(後2) 【広島】 ナッシム・ベン・カリファ(前4) 松本泰志(後16) 藤井智也(後22) 2022.08.14 20:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly