Jリーグ、声出し応援の実施試合に新たに2試合を追加

2022.07.01 16:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは1日、「声出し応援エリア/声出し応援席」の実施試合に関して、追加決定したことを発表した。

政府の基本的対処方針に基づき6月上旬より運営検証を行っているJリーグ。7月30日から8月14日までの期間で開催する公式試合を対象にした【STEP3】では、スタジアムの収容率50%の人数を上限に、声出し応援エリアを拡大しても感染対策と両立した運営ができるかを確認する。

先日は10試合での実施が発表されていたが、新たに2試合が追加。YBCルヴァンカップのセレッソ大阪vs川崎フロンターレ、明治安田生命J2リーグのブラウブリッツ秋田vs水戸ホーリーホックでも行われる。

今後も、申請を受け付けており、決定次第順次公表されるとのことだ。

◆【STEP3】として実証検証が行われる試合

7月30日(土)

明治安田生命J2リーグ第29節
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア
[NDソフトスタジアム山形]

栃木SC vs 徳島ヴォルティス
[カンセキスタジアムとちぎ]

8月3日(水)

YBCルヴァンカッププライムステージ第1戦
セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ
[ヨドコウ桜スタジアム]

8月6日(土)

明治安田生命J1リーグ第24節
アビスパ福岡 vs ガンバ大阪
[ベスト電器スタジアム]

8月7日(日)

明治安田生命J1リーグ第24節
FC東京 vs 清水エスパルス
[味の素スタジアム]

明治安田生命J2リーグ第30節
ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック
[ソユースタジアム]


8月10日(水)

JリーグYBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦

アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸
[ベスト電器スタジアム]

8月13日(土)

明治安田生命J3リーグ
ヴァンラーレ八戸 vs いわきFC
[プライフーズスタジアム]

明治安田生命J1リーグ第25節
FC東京 vs セレッソ大阪
[味の素スタジアム]

8月14日(日)

明治安田生命J2リーグ第31節
栃木SC vs アルビレックス新潟
[カンセキスタジアムとちぎ]

徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ
[鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム]

明治安田生命J1リーグ第25節
鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡
[県立カシマサッカースタジアム]


◆【STEP2】として実証検証が行われる6試合

7月2日(土)
14:00K.O.

明治安田生命J2リーグ第24節
ブラウブリッツ秋田 vs レノファ山口FC
[ソユースタジアム]

7月2日(土)
18:00K.O.

明治安田生命J2リーグ第24節
水戸ホーリーホック vs 横浜FC
[ケーズデンキスタジアム水戸]

7月2日(土)
19:00K.O.

明治安田生命J2リーグ第24節
モンテディオ山形 vs 栃木SC
[NDソフトスタジアム山形]

7月6日(水)
19:00K.O.

明治安田生命J1リーグ第20節
鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪
[県立カシマサッカースタジアム]

7月6日(水)
19:00K.O.

明治安田生命J1リーグ第20節
FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌
[味の素スタジアム]

7月6日(水)
19:00K.O.

明治安田生命J1リーグ第20節
横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島
[日産スタジアム]

関連ニュース
thumb

浦和、ユースで10番&キャプテンの堀内陽太が昇格内定 「ようやくここで自分の夢へのスタートラインに」

浦和レッズは17日、同クラブのユースに所属するMF堀内陽太(18)の来季昇格内定を発表した。 堀内は埼玉県生まれで、クラブ与野から浦和レッズユースに入団。ユースでは背番号「10」をつけ、キャプテンを担っている。来季の昇格内定を受け、クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語った。 「このたび、浦和レッズトップチームに昇格させていただくことになった、堀内陽太です。まず、これまでずっと支えてきてくれた家族、指導していただいたスタッフの方々、仲間、友人、関わってくれた全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。自分1人だけではここまでやってくることはできませんでした。心から感謝しています」 「プロサッカー選手になることを1つの目標としてやってきましたが、ようやくここで自分の夢へのスタートラインに立てたと思っています。常日頃から自分のできる最大限のことをやっていき、日々成長していきます。少しでも早く試合に出て定着し、浦和レッズを勝たせることのできる選手に、そして海外でも活躍していける選手になりたいと思います」 「自分の中心に置いている『人間性』という部分をこれからも大事にして向上心を持ち、全力でプレーしていきます。これからよろしくお願いします」 2022.08.17 18:17 Wed
twitterfacebook
thumb

「画面に映らなかったですけど」鹿島FW鈴木優磨の“画面外の一面”が反響「相手サポーターにも深々と頭を下げました」

鹿島アントラーズのFW鈴木優磨のとある一面がクローズアップされている。 鹿島は14日、明治安田生命J1リーグ第25節でアビスパ福岡をホームに迎えた。岩政大樹新監督の初陣となった試合は、10分に鈴木の個人技から相手のオウンゴールを誘発。先制に成功すると、後半アディショナルタイムにエヴェラウドがゴールを決め、2-0で勝利を収めていた。 見事なリスタートを切った鹿島。試合後にはいつも通り選手たちがスタンドの観客たちに挨拶に回ったが、カメラに収まらなかった鈴木の立ち居振る舞いを実況の桑原学氏が伝えた。 「鈴木優磨はスタジアムに駆け付けたサポーター全員のところにしっかりとお辞儀をして。画面に映らなかったですけど、逆サイドのアビスパ福岡のサポーターのところにも深々と頭を下げました」 「色々な言動とか激しさ、プレーの中で行き過ぎてしまうところばかりがクローズアップされますけど、ピッチを出るときもいつもピッチにお辞儀をしますし、そういうところもちゃんといつもしている選手だというのを伝えておければと思います」 この光景をJリーグの公式SNSが改めて紹介。「鈴木優磨選手のピッチ外の一面 桑原学さんから見る鈴木優磨選手のピッチ外の振る舞いや行動。是非お聴きください」とすると、ファンからは「みんな見習うべき」、「ちょいと見る目変わりました」、「これができる選手は素直にかっこいいよな」、「そういうこと伝えてくれるの大事!」、「これは素晴らしい情報」と反響が集まっている。 再出発の一歩を踏み出した鹿島。鈴木を中心に再び上昇気流に乗ることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木優磨が相手のサポーターに向かって深々と頭を下げる</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="719" height="1277" src="https://www.youtube.com/embed/EY6oruK2JF0" title="桑原学さんが語る鈴木優磨という男。【切り抜き】2022年8月16日 #shorts" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.08.17 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

18日にACLの神戸、トップチーム関係者1名の新型コロナ陽性を報告

ヴィッセル神戸は17日、トップチーム関係者1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 トップチーム関係者1名は15日の自主PCR検査で陽性判定。現在、発熱や体調不良などの症状なく、適切な対策のもとで療養している。また、現時点で、陽性判定者以外で新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈している者はいないという。 なお、当該者の行動履歴からJリーグ独自の濃厚接触疑い基準で、他のトップチーム関係者内に「濃厚接触者なし」と判断。チームは18日に埼玉スタジアム2002でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020ラウンド16の横浜F・マリノス戦に臨む。 2022.08.17 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

J1最下位に沈む磐田の新監督決定! 渋谷洋樹ヘッドコーチが昇格

ジュビロ磐田は17日、ヘッドコーチを務める渋谷洋樹氏(55)の監督就任を発表した。 明治安田生命J1リーグ最下位に沈む磐田では14日に伊藤彰監督(49)が解任され、鈴木秀人トップマネジメント部長も同日付けで契約解除。伊藤前監督の後任も決まり次第発表として、今まで監督が不在だった。 渋谷氏はこれまで大宮アルディージャやロアッソ熊本で監督を歴任。今年から磐田のヘッドコーチとして、チームに従事していた。渋谷氏にとって、監督を務めるのは熊本を率いて以来、約3年ぶりとなる。 また、クラブは「ジュビロ磐田を応援してくださる皆様へ」との見出しで監督交代をサポーターに報告。これまでの戦いぶりを詫び、新体制での残留に向けて決意を語った。 「今季は昨年のJ2優勝を受け、J1での定着を目指して、明確な戦術方向性を持ち、なおかつ若手の育成に実績のある伊藤彰監督を迎えてシーズンをスタートしました。しかし第25節を終えて5勝7分け13敗、リーグ最下位という結果となってしまいました。前節の浦和戦では台風の雨の中、多くのサポーターの皆様がびしょ濡れになっても精一杯応援してくださっているにもかかわらず、チームとして気力を振り絞ってもう一度立ち向かっていく姿勢をお見せできなかったことを大変申し訳なく思っています」 「この現状を打破するために、キャンプから積み上げてきた戦術を活かし、もう一度チャレンジャーとして戦うマインドを取り戻すために渋谷洋樹ヘッドコーチに監督をお願いすることとしました。J1での監督経験もあり、ここまで積み上げた戦術に渋谷監督なりの要素と熱意を盛り込んで、しっかりチームをマネージメントし残留を勝ち取ってくれると信じています。今シーズン残すところ、今節の名古屋戦を入れて9試合です。残留圏15位との勝点差はわずか3です。我々はあきらめていません」 「ここからチームとしても選手個人としても、人生をかけた戦いが始まります。ファン・サポーターの皆様の応援で選手たちはもう一度、立ち上がります。厳しい環境ですが、熱き応援よろしくお願いします。最後にフットボール本部の体制に関しましては、決まり次第、記者会見を開き今後の方針を説明させていただきます」 2022.08.17 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

12年以来の降格危機に瀕するG大阪、片野坂知宏監督の解任を決断…松田浩体制で残り10試合へ

ガンバ大阪は17日、片野坂知宏監督(51)からの監督交代を発表した。 片野坂監督とは16日付けで契約を解除。今後は今月9日にコーチ入閣を果たしたばかりの松田浩氏(61)が監督に昇格という形でチームを率い、本日17日から新体制でトレーニングを行うという。 大分トリニータでの手腕が買われ、今季からG大阪の指揮を託された片野坂監督。序盤にFW宇佐美貴史の長期にわたる負傷離脱という誤算に見舞われたとはいえど、この夏を迎えても片野坂監督のビルドアップ戦術が予想以上に浸透せず、明治安田生命J1リーグで24試合を消化した現時点で5勝7分け12敗の17位と自動降格圏の低迷している。 1試合の未消化分を残す状況だが、過去11試合で1勝と極度の不振が続き、直近では残留を争う清水エスパルスとの第25節で0-2の敗北。今夏にFW鈴木武蔵、FW食野亮太郎、MF山本理仁、MFファン・アラーノを獲得したが、現状では選手層の底上げに繋がっても、チーム力アップに至っておらず、2012年以来2度目の降格が現実味を帯びる。 成績不振で事実上の解任となる片野坂監督はクラブを通じて「いつもガンバ大阪への応援並びにサポートありがとうございます。この度、監督を退くことになりました」と自ら退任を報告。サポーターに対して謝罪と共に、感謝と別れの言葉を送った。 「約半年間という短い期間でしたが、一緒に最後まで諦めず勝利の為に戦ってくれた選手、スタッフ、そしてどんなときでも応援・サポートしてくださったファン・サポーターの皆様、またガンバ大阪のスポンサーの皆様、そして小野社長を始めとするクラブスタッフの皆様に深く感謝申し上げます」 「今シーズン強いガンバを取り戻す為に選手と共に積み上げたなかで、たくさんの勝利で皆様と喜びを分かち合う為に戦いましたが、残念ながら私の力不足によりご期待に応えられず、悔しい思いと残念な結果しか出す事ができませんでした。本当に申し訳ありませんでした」 「これから新しい指揮官の下、残留という目標に向かってチーム一丸となり、必ず達成できるのを信じております。本当にありがとうございました」 一方、松田新監督は「このたび指揮を取らせていただくことになりました。とにかく今は目の前の試合をしっかり取りに行くことだけに集中し、選手・スタッフ一丸となってこの厳しい状況を乗り越えるだけです。どうか最後まで熱い声援をよろしくお願いいたします」と決意を語っている。 なお、代表取締役社長の小野忠史氏もコメント。監督交代に至った経緯を説明するとともに、新体制でのJ1残留というミッション達成を誓った。 「この度、片野坂監督との契約を解除することにいたしました。今季、強いガンバを取り戻すため、ガンバ大阪を良く知り、これまで多くのタイトル獲得に関わっていただいた片野坂氏を監督に招聘いたしました。チーム成績の向上はもちろんですが、チームとしての一体感を生み出すことも期待し、片野坂氏の素晴らしい人柄でしっかりとチームを一つにしていただいたと思います」 「しかしながら、シーズン序盤より新型コロナウイルスによる活動休止や主力選手の怪我人の多発により、思うようなチーム作りが出来ませんでした。また、夏期の選手獲得により戦力アップを図りましたが、浮上のきっかけを掴めない状況が続いております。チーム再建には時間がかかるのは理解しておりますが、残り10試合となり、現実的な目標がJ1残留となったため、このタイミングで松田新監督へ交代する決断をいたしました」 「残り試合、厳しい戦いが続きます。本日のミーティングでは、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、ガンバに関わる全ての皆様のために、クラブ一丸となって戦い、必ずJ1残留を果たすことを選手とともに決意いたしました。引き続き、ご支援、ご声援よろしくお願いいたします」 2022.08.17 11:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly