モナコの敏腕SDが南野拓実に大きな期待「目標達成に寄与してくれると確信」、日本代表と欧州での経験がポイント

2022.06.29 05:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるポール・ミッチェル氏が、日本代表MF南野拓実の加入を歓迎した。モナコは28日、リバプールから南野の獲得を正式発表。2026年6月までの4年契約を締結したことを発表した。

セレッソ大阪でキャリアをスタートさせ、ザルツブルク、リバプールと渡り歩いた南野。ミッチェル氏はザルツブルク時代から南野に目をつけていたとされていた。
そのミッチェル氏が、加入が決定した南野について言及。チームの中でこれまでの経験をしっかりと見せてもらいたいと大きな期待を寄せていることを明らかにした。

「タクミをモナコに迎えることができてとても嬉しく思う。彼は我々が長年知っている選手であり、ヨーロッパに来て以来、特にヨーロッパの大会で最高レベルの経験を積み、タイトルを獲り続けている」

「彼の勝利の文化、ピッチでの多様性、そして日本代表での年長者としての地位に立つタクミは、若いチームの成長に貢献し、グループの目標達成に寄与してくれると確信している」

「彼が我々のプロジェクト参加を決断してくれたことを嬉しく思い、彼を歓迎したいと思う」

南野はザルツブルク時代に6度のオーストリア・ブンデスリーガ優勝と、5度のカップ戦優勝を経験。また、リバプールではプレミアリーグ、FAカップ、EFLカップをそれぞれ1度経験しており、通算で14個のトロフィーを獲得している。

1 2

関連ニュース
thumb

リーグ・アン所属クラブ参加のラウンド64の組み合わせが決定!《クープ・ドゥ・フランス》

フランスサッカー連盟(FFF)は21日、クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64の組み合わせ抽選会が行われた。 リーグ・アン20クラブの参加するラウンド32では、現在リーグ・アンで首位に立つパリ・サンジェルマンがフランス全国選手権(3部)のシャトールーとアウェイで対戦。前回王者のナントはリーグ・ドゥ(2部)のカーンと対戦する。 また、日本人所属クラブでは、南野拓実の所属するモナコがリーグ・ドゥ(2部)のロデーズと、伊東純也の所属するスタッド・ランスが6部のロオン=プラージュと、オナイウ阿道の所属するトゥールーズが5部のランニオンと、川島永嗣の所属するストラスブールがアンジェと対戦する。 クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64は来年1月6日、7日、8日に行われる。今回決定した組み合わせは以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64 (※リーグ・アン勢と日本人所属クラブのみ抜粋) リモネストDSD(5部)orジュラ・スッド・フット(4部) vs アジャクシオ ポー(2部) vs モンペリエ モナコ vs ロデーズ(2部) ル・ピュイ(3部) vs ニース イエール(4部) vs マルセイユ ラニオン(5部) vs トゥールーズ アヴランシュ ゲネー(3部) vs スタッド・ブレスト ナント vs AFヴィロア (5部) or カーン(2部) ラ・シャテーニュレアイ(6部) vs ロリアン ボルドー(2部) vs スタッド・レンヌ ダンケルク(3部) vs オセール ロオン=プラージュ(6部) vs スタッド・ランス リナス=モンテリ(5部) vs RCランス リール vs トロワ コニッグショフェン(6部) vs クレルモン ストラスブール vs アンジェ リヨン vs メス(2部) シャトールー(3部) vs PSG 2022.11.22 07:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGのDFキンペンベがケガの回復が遅れW杯出場断念…フランス代表には未デビューのモナコDFディザジが代替招集

フランスサッカー連盟(FFF)は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)のフランス代表メンバーから、DFプレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)が外れることを発表した。 FFFの発表によると、ケガをした状態ながらもディディエ・デシャン監督が招集。しかし、回復が思わしくなく、W杯でプレーするレベルにまで復帰できないことから、今回は外れることとなった。 14日にクレールフォンテーヌでフランス代表のチームドクターとデシャン監督の間で話し合いが行われての決定とのことだ。 なお、代役としてモナコのDFアクセル・ディザジ(24)が招集されることも発表された。 ディザジは、スタッド・ランスから2020年にモナコへと完全移籍。今シーズンはリーグ・アンで15試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。フランス代表としては世代別の招集歴はあるものの、これまでプレーしたことはなく、W杯でデビューの可能性が生まれた。 2022.11.14 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】フル出場の伊東が先制点の起点に! 南野&川島は出番なしでW杯へ

リーグ・アン第15節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 伊東はモンペリエ戦で4試合連続先発出場。カタール・ワールドカップ前ラストゲームに臨んだ伊東は[4-2-3-1]の右ウイングでプレー。開始直後に味方のスルーパスに抜け出していきなり決定的なシュートを放つと、以降は自慢の突破力を遺憾なく発揮。相手の3バックとウイングバックの間を効果的に突き再三のドリブル突破でチャンスを演出していく。さらに、32分には快足を飛ばしてボックス右に侵入して2本目の決定的なシュートを放つが、ここはGKの好守に阻まれて3試合ぶりのゴールとはならず。 ゴールレスで迎えた後半はチームが守勢を強いられ、伊東も相手の監視が強まって突破シーンは少なくなる。それでも、ライン間でボールを引き出しながらパスでチャンスに絡む場面も創出。そして、後半終盤の87分にはボックス手前右でフォン・ベルゲンからの横パスを絶妙なタッチで叩いてリターンパスを送ると、ボックス右に走り込んだフォン・ベルゲンの折り返しからムネツィの先制点が生まれた。その後、チームが後半アディショナルタイムの失点で勝利を逃したものの、7戦無敗で中断前の戦いを終え、良い形でW杯に臨むことになった。 前節のトゥールーズ戦で1アシストを記録した南野だが、マルセイユとのビッグマッチでは3試合ぶりのベンチスタートに。試合は攻撃を売りとするチーム同士の対戦らしく打ち合いの形となった中、2-2の同点に追いつかれた後半終盤に出番を窺った南野だったが、クレメント監督は試合終盤に守備的な交代カードを2枚切って引き分けやむなしの割り切った決断。しかし、後半ラストプレーでコラシナツに決勝点を献上し、痛恨の敗戦。南野もリーグ戦では3戦ぶりに出番なしに終わった。 オナイウはスタッド・レンヌ戦に60分から途中出場。チームが1-2のビハインドの状況でFWラファエル・ハットンに代わって投入された中、ウイングでのプレーとなったが、30分ほどのプレータイムでシュートを放つことができず。攻撃を活性化させられぬままタイムアップを迎えた。そして、チームも厳しい3連敗となった。川島はロリアン戦でベンチ入りも出場機会はなかった。 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽11/12 スタッド・レンヌ 2-1 トゥールーズ ◆60分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽11/13 モンペリエ 1-1 スタッド・ランス ◆フル出場 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽11/13 ストラスブール 1-1 ロリアン ◆ベンチ入りも出場せず ★南野拓実[モナコ] ▽11/13 モナコ 2-3 マルセイユ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.11.14 06:44 Mon
twitterfacebook
thumb

影響力絶大!オールド・トラッフォードで相手選手がC・ロナウドのものまね「いかに素晴らしいかを証明」

カタール・ワールドカップ(W杯)でも真似をする選手が現れるだろうか。マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの新たなゴールセレブレーションが広まっている。 イングランドクラブのU-23チームと、欧州クラブのU-23チームがそれぞれ12ずつ参加して行われるプレミアリーグ・インターナショナルカップ。11日にはオールド・トラッフォードでユナイテッドU-21とモナコU-21が対戦し、2-0でモナコが勝利を収めた。 敵地戦に臨んだモナコは69分、右からのクロスをゴール前で収めたMFママドゥ・クリバリが冷静に左隅を射抜いて先制点を奪取。クリバリがコーナーフラッグ方向へと走っていき、渾身のヒザスラを決めると、チームメイトもそれに続いた。 さらに、カメラを意識したうえでC・ロナウドの新セレブレーションをものまね。全員が手を胸の前で組み、目を閉じて天を仰いだ。 『ESPN』がこの様子を紹介すると、閲覧者からは改めてユナイテッドのC・ロナウドの影響力に感嘆する声が寄せられた。 「最も影響力のある選手」、「CR7以外の全員がCR7のセレブレーションをする」、「これはまさにクリスティアーノ・ロナウドがいかに素晴らしいかを証明しています」、「ロナウドのようにお祝いしましょう。IG(インスタグラム)で紹介されます」といったコメントが届いている。 ちなみにモナコU-21の選手たち、完コピではなく手の位置や組み方など各自バラバラ。個性を感じることができる。 <span class="paragraph-title">【動画】意外とみんなバラバラ…夢の劇場でC・ロナウドのパフォーマンスを模倣する相手選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Ck4KBHLOvQD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Ck4KBHLOvQD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Ck4KBHLOvQD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.13 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

GKニューべルの将来が不透明… バイエルン復帰はノイアーが現役引退した場合のみか

バイエルンが保有権を持つ元U-21ドイツ代表GKアレクサンダー・ニューベル(26)の将来が不透明となっている。 ニューベルはシャルケの守護神として頭角を現し、2020年夏にバイエルンへ移籍。だが、世界最高のGKの1人であるドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの壁は高く、1年目は公式戦わずか4試合の出場に。現在は昨夏からの2年間のレンタル移籍でモナコに所属している。 モナコでは不動の守護神として君臨。ノイアーが2024年6月に契約満了となるため、来夏に復帰するのではとの憶測が広がっていたが、バイエルンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏はドイツ『スカイ・スポーツ』のインタビューで否定した。 「(ニューベルの)来夏の復帰はおそらくないだろう。その後については様子を見る必要がある。彼とは話をしているが、何も進んでいない」 以前にはニューべル自身も「ノイアーが現役でいる限りは復帰しない」と公言。復帰のシナリオとしては、ノイアーが今季終了までに来季限りでの引退を決断した場合のみ。その際はレンタル先で来季もプレーし、2024-25シーズンから復帰するという流れのようだ。 なお、現在はモナコが完全移籍への移行を目指しているほか、プレミアリーグの複数クラブが関心を寄せているとみられている。 2022.11.08 21:54 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly