1997年当時のカラーとデザイン!鳥栖が限定250枚の25周年記念ユニフォームを発表!!

2022.06.27 12:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖とサプライヤーのニューバランスは26日、サガン鳥栖25周年記念ユニフォームを発表した。創設25周年を記念したユニフォームは、1997年当時のカラーとデザインを2022年ニューバランスグローバル統一ユニフォームテンプレートにのせて表現。柄は、2022年のテーマである「日本のモダングラフィック」の中から「浮世絵の波」からインスパイアされたグラフィックをカモフラージュ柄に落とし込んでいる。

ネック周りと袖はリブ仕上げにし、過去の仕様を踏襲。さらに、胸の中心には25周年記念ロゴを配置しているほか、25周年記念ロゴを入れたスペシャルシリアルナンバー入りの織ネームが右下に入っている。

鳥栖の予約販売分は250枚で、7月9日(土) 11:00から受注を開始する。

なお、このユニフォームは9月17日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節の鹿島アントラーズ戦にて選手たちが着用する。

1 2

関連ニュース
thumb

チャンスをしっかり生かした鳥栖が5試合ぶり勝利、磐田は決定機逸が響く【明治安田J1第24節】

7日、明治安田生命J1リーグ第24節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアム行われ、2-0で鳥栖が勝利を収めた。 ホームの鳥栖は直近4試合で勝利なし。前節は清水エスパルスとアウェイで戦い、2点リードを終盤の連続失点で追いつかれていた。 その鳥栖は[4-4-2]を継続。田代雅也と森谷賢太郎が外れ、ジエゴと菊地泰智を起用した。 対する磐田は5戦未勝利、4連敗中だったが、前節は湘南ベルマーレに1-0で勝利。久々の勝利を収めた。 磐田は[3-3-2-2]のシステムで、1名が変更。松本昌也が外れ、出場停止だったリカルド・グラッサが復帰した。 互いに守備では前からプレスをかけながら、攻撃では細かくパスを繋いでビルドアップしていくスタイルの両者。立ち上がりは磐田が効果的にボールを運んでいく中、3分に左サイドでパスを受けたリカルド・グラッサに対して長沼が激しいタックル。グラッサが痛む中で、長沼にはイエローカードが出された。 鳥栖はGK朴一圭を使ういつものスタイルで徐々にポゼッションの時間を長くしていくと11分、縦パスを受けた宮代がコントロールするもシュートは打てず。それでもこぼれ球を繋いでパスを受けた小泉がドリブルで運んでシュート。これは枠を捉えるが、GKがキャッチする。このシーンで森岡が足を痛めたがプレーを続行した。 さらに鳥栖は12分にチャンス。岩崎がスピードを生かして裏を取ると独走。GKとの一対一の決定機を迎えると、GKをかわしたもののタッチが大きくなりシュートはサイドネットに。ビッグチャンスを逸してしまう。 すると21分に磐田にアクシデント。最終ラインで先発した森岡が、その前のプレーで足を痛めていた影響でプレー続行不可能に。松原后が入り、鈴木が3バックの一角に入る。 鳥栖がポゼッションを高めてプレーしていく中でオープンな展開に。それでも決定機は作れない。 それでも37分、金子がカットインから細かくパスを繋ぐと、ボックス中央でジャーメイン良がトラップからボレー。シュートは枠を捉えるが、GK朴一圭が鋭い反応でセーブする。 さらに39分にも磐田が決定機。FKのリスタートの流れから、右サイドでこぼれ球を拾った金子がクロス。ファーサイドで松原が折り返すと、最後は黒川が詰めるが、中野がギリギリでクリアして事無きを得る。 連続したピンチを凌いだ鳥栖は43分にスコアを動かす。右サイドでボールを受けた長沼が松原との駆け引きを制すると、フリーでグラウンダーのクロス。これが抜けると、待ち構えた宮代が蹴り込んで先制に成功する。 鳥栖がワンチャンスを物にして迎えた後半。磐田は黒川を下げ、ファビアン・ゴンザレスをハーフタイムに投入する。 それでも後半は鳥栖が立ち上がりからペースを握って攻め込んでいく。67分には岩崎がドリブルで運ぶと左の宮代へ。宮代はカットインから右足でシュートも、GK梶川がセーブする。 磐田はリカルド・グラッサが負傷し遠藤保仁と、ジャーメイン良は杉本健勇と交代に。鳥栖は菊池、長沼を下げ、本田風智、堀米勇輝を投入する。 すると77分に磐田がビッグチャンス。右サイドから鈴木がアーリークロス。これに杉本が飛び込むが、相手に対応され飛び切れず届かない。さらに78分にはカウンターから左に展開。最後は松原がボックス内左からシュートも、バーに嫌われる。 終盤にかけてはメンバー交代でシステムを変えたこともあり、磐田が押し込んでいく時間が続くと、80分には上原を下げて、大津祐樹を投入して、さらに攻撃力を増していく。 その中で鳥栖も少ないチャンスからシュートに持ち込むことに。82分には、CKの流れから堀米のクロスに対して宮代が飛び込むがわずかに合わない。 磐田は84分、左サイドからのパスを受けた杉本がボックス手前で受けると、フリーの状態でシュート。しかし、枠を取られられない。 すると鳥栖は84分に先制点の宮代を下げて垣田裕暉を投入。すると85分、本田がボックス手前でパスを受けると、相手との駆け引きにかって縦に突破。本田のクロスを垣田が合わせて、リードを2点に広げる。 数ある決定機を生かせなかった磐田を尻目に、少ないチャンスを仕留めた垣田。磐田はその後も猛攻を仕掛けるが、ネットを揺らすことができない。 結局そのまま試合が終了。チャンスをしっかりと生かした鳥栖が5試合ぶりの勝利。磐田は連勝とはならなかった。 サガン鳥栖 2-0 ジュビロ磐田 【鳥栖】 宮代大聖(前43) 垣田裕暉(後40) 2022.08.07 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖、選手2名の新型コロナ陽性を発表…選手1名が濃厚接触疑い者に

サガン鳥栖は2日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手2名のうち、1名(当該選手A)は7月31日に発熱症状があり、1日に医療機関でPCR検査を受けて陽性判定。Jリーグの新型コロナウイルス感染症ガイドラインに基づく調査にて、本件でトップチーム選手2名(当該選手B、C)が濃厚接触疑い者と判断された。 その後、当該選手B、Cは医療機関にてPCR検査を受検した結果、当該選手Bが陽性判定に。当該選手Bは無症状だが、当該選手Aとともに適切な対策のもとで療養しており、濃厚接触疑い者の当該選手Cは無症状ながら隔離に入っているという。 2022.08.02 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖のU-20日本代表FW二田理央がオーストリア2部のザンクト・ペルテンへ期限付き移籍

サガン鳥栖は1日、U-20日本代表FW二田理央(19)がオーストリア2部のザンクト・ペルテンに期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年8月1日~2023年6月30日までとなる。 二田は大分県出身で、鳥栖のU-18に在籍し、2021シーズンは6月に2種登録。6月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦でデビューし、6月30日にプロ契約を結んでいた。 2021年7月にヴァッカー・インスブルックへ期限付き移籍。オーストリア2部では5試合で1ゴール、セカンドチームではオーストリア3部では19試合で21ゴールを記録していた。 二田はクラブを通じてコメントしている。 「オーストリア・リーグ2部のザンクト・ペルテンへ期限付き移籍することになりました。サガン鳥栖を代表してオーストリアというヨーロッパの地で活躍して大きく成長できるよう頑張ります」 2022.08.01 19:23 Mon
twitterfacebook
thumb

北川復帰弾など新戦力台頭の乱打戦は清水が追い付きドロー!鳥栖は長沼のJ1初弾も水泡に…【明治安田J1第23節】

明治安田生命J1リーグ第23節、清水エスパルスvsサガン鳥栖が31日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-3の引き分けに終わった。 昨日の結果を受けて暫定ながらも最下位に転落した清水。勝利必須のホームゲームでは古巣対戦となる松岡がキャプテンマークを巻いて8試合ぶりに先発に名を連ね、大久保が今季初出場に。さらに、注目の新戦力であるヤゴ・ピカチュウもスタメンで起用され、北川と乾もベンチに入った。 対する鳥栖も、新加入の長沼が先発で新天地デビュー。[4-3-3]でスタートし、出場停止のジエゴに代わって中野が左サイドバックを務め、EAFF E-1サッカー選手権で日本代表デビューを飾った岩崎は左ウイングに入った。 清水は右のサイドハーフに入ったピカチュウが井林のフィードに抜け出してチアゴ・サンタナへラストパス。早々に会場を沸かせれば、対する鳥栖の長沼も右ウイングらしく、山原を抜き去ってクロスを送るなど、序盤から互いに新戦力が見せ場を作る。 カウンターからピカチュウが思い切って右足を振り抜き、加入後ファーストシュートを記録した直後の4分、試合を動かしたのはアウェイチームだった。 ハーフウェーライン付近の右サイドでボールを持った原田が大きなダイアゴナルのパスで一気にボックス左を狙うと、岩崎が右足アウトを使った丁寧なトラップから片山をかわして右足を強振。豪快に左上隅を射抜いた。 互いにシンプルに背後を狙った序盤戦から次第に鳥栖がボールを握り始めると、追加点は30分に生まれる。長沼が井林の持ち出しに対してスライディングを仕掛けて高い位置で奪い切ると、すぐさまボックス右へとスプリント。宮代からのスルーパスを引き出し、空いているニアを見定めて冷静にJ1初ゴールを挙げた。 悩ましい展開を強いられた清水は前半の終了間際に左クロスを収めた神谷がシュート。こぼれ球にサンタナが詰めたが、無得点のまま前半を終えた。 後半も開始早々に右クロスから森谷がフィニッシュを見せた鳥栖が主導権を握り、愛媛FC時代の恩師、川井監督の前で輝きを取り戻した長沼は57分にお役御免となった。 流れを変えようと交代を準備していた清水は、その直前の62分にワンチャンスから1点を返す。山原が2人のマーカーを振り切って左ポケットをえぐり、グラウンダーのクロスを送ると、白崎のバックヒールがディフレクションしてゴールに吸い込まれた。 さらに、カルリーニョス・ジュニオ、乾、北川の3枚同時投入で畳みかけると、ショートカウンターを仕掛けて北川のパスからカルリーニョス・ジュニオが左足であわやシュートを放ち、白崎もミドルでゴールに迫るなど、形勢は一気に逆転する。 守勢に回った鳥栖は選手交代とシステム変更で試合を落ち着かせると、堀米がバイタルエリア中央から左足のミドルを叩き込んで80分に再びリードを広げたが、清水の勢いは止まらない。 失点の1分後にチアゴ・サンタナのお膳立てから北川が復帰後初ゴールを挙げて追いすがると、さらにその2分後にはチアゴ・サンタナ。左サイドから山原が上げたクロスに対し、滑り込みながら地面すれすれでの左足ボレーを放つと、これがGK朴一圭の股間を抜けてネットを揺らした。 以降もホームサポーターの声援を背に攻勢を強めた清水だったが、逆転ゴールまでは奪えずタイムアップ。壮絶な打ち合いの末に勝ち点「1」を分け合っている。 清水エスパルス 3-3 サガン鳥栖 【清水】 白崎凌兵(後17) 北川航也(後36) チアゴ・サンタナ(後38) 【鳥栖】 岩崎悠人(前4) 長沼洋一(前30) 堀米勇輝(後35) <span class="paragraph-title">【動画】1点差に詰め寄った北川航也の復帰後初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>こちらは北川航也の復帰後初ゴール<br>\<br><br>2022明治安田J1リーグ第23節<br>清水エスパルス×サガン鳥栖<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#清水鳥栖</a> <a href="https://t.co/VEoQJlyDl7">pic.twitter.com/VEoQJlyDl7</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1553695658141368320?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.31 20:05 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が韓国1部の浦項スティーラースのDFパク・ゴヌを期限付き移籍で獲得、背番号「38」

サガン鳥栖は28日、Kリーグ1(韓国1部)の浦項スティーラースに所属する韓国人DFパク・ゴヌ(20)が期限付き移籍で加入することを発表した。 契約期間は2022年12月31日までとなる。背番号「38」となる。 パク・ゴヌは高麗大学から2022年1月に浦項に加入。これまで出場機会は1度もなかった。 なお、世代別の韓国代表を経験している。 「サガン鳥栖ファンそしてサポーターの皆様。この度、韓国・浦項からサガン鳥栖に加入することになりましたパク・ゴヌと申します。サガン鳥栖という日本屈指の名門クラブの一員になれたことを非常に光栄と存じます」 「ファン・ソッコ選手はもちろんキム・ミヌ、ヨ・ソンヘ選手など、多くの韓国人の先輩たちがこのクラブの歴史に名を刻んだことを知っています」 「先人たちがそうだったように、私もこの素晴らしいクラブで最高の成果を残せるよう、自分が持っている全てを尽くします。ファン・サポーターの皆様に愛されるように頑張ります。ありがとうございます」 <span class="paragraph-title">【動画】鳥栖がパク・ゴヌ獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/JMWucglbrV">https://t.co/JMWucglbrV</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サガン鳥栖</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sagantosu?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sagantosu</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#道</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/DreamRoad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DreamRoad</a> <a href="https://t.co/oj1TKjNe7G">pic.twitter.com/oj1TKjNe7G</a></p>&mdash; サガン鳥栖公式 (@saganofficial17) <a href="https://twitter.com/saganofficial17/status/1552474284555059200?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.28 11:27 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly