チェルシー、デ・リフト獲得へヴェルナーorプリシッチを提供か

2022.06.25 01:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得に向け、選手を絡めたオペレーションで移籍金の値下げを図りたい意向のようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。

2024年夏までの契約となっているデ・リフトの契約解除金は1億2000万ユーロ(約170億円)に設定されている中、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーかアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチを差し出すことで移籍金の値下げを図りたいようだ。

しかし、ユベントスは現金を求めており、1億ユーロ以上のオファーがない限りデ・リフトの放出は認めない方針とのことだ。

今夏、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがクラブを離れた中、喉から手が出るほど欲しいセンターバックの人材だが、デ・リフト獲得を実現できるだろうか。

関連ニュース
thumb

チェルシー、スパーズ戦でソン・フンミンへの人種差別行為の疑い…調査開始へ

チェルシーがトッテナム戦においてサポーターによる韓国代表FWソン・フンミンへの人種差別行為があったとして調査を開始した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 14日に行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナム。試合は後半アディショナルタイムにトッテナムが追いつく白熱の展開となったが、両指揮官の衝突や、アンソニー・テイラー主審の誤審疑惑など、試合後に尾を引く要素もあった。 さらに、後半のトッテナムのコーナーキックの際にキッカーを務めたソン・フンミンに対し、あるチェルシーサポーターによる人種差別行為も確認されたようだ。現在クラブは、その人物の特定に動いているという。 なお、ソン・フンミンが人種差別被害に遭ったのは今回が初めてではなく、2019年にはカラバオカップのウェストハム戦で、その2年後にはマンチェスター・ユナイテッドのサポーターからネット上で被害を被っており、ユナイテッドは特定した3人の加害者を出禁にしている。 2022.08.18 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ククレジャがチェルシー加入を振り返る「アスピリクエタの存在は重要だった」

チェルシーのスペイン代表DFマルク・ククレジャがクラブ公式インタビューに答え、加入からここまでの印象を語っている。 今夏に移籍金最大6200万ポンドでブライトンからチェルシーに移籍したククレジャ。プレミアリーグ開幕のエバートン戦で75分から途中出場し、短時間ながら高いクオリティを見せると、第2節のトッテナム戦では先発に抜擢され、攻守で存在感を示した。 上々の新天地デビューを果たした中、クラブのインタビューに答えたククレジャは、ビッグクラブでプレーする夢が実現したと満足感をあらわに。また、移籍に向けては同胞でチームのキャプテンを務めるDFせサール・アスピリクエタの存在が大きかったと明かした。 「家族とロンドンに行き、ブライトンへの帰り道、スタンフォード・ブリッジの前を車で走ったのを覚えている。『いつかこのスタジアムでプレーする日を想像してごらん』と妻に言ったら、この夏、そのチャンスに出会えたんだ。このビッグクラブでプレーすることは僕の夢なんだ」 「もちろん、チャンピオンズリーグやワールドカップで優勝した選手など、重要な選手が揃っているからナーバスになるのは当然だよ。でも、このチームはとても一体感があり、いい雰囲気だし、選手たちも幸せそうだ」 「ここはビッグクラブだけど、彼らは普通の人たちでそれが良いんだ。それから、選手たちのクオリティはとても高く、トレーニングも充実している。試合になると全員が走るから、もし僕が失敗しても他の選手が助けてくれるんだ」 「チームメイトが互いに助け合うことができる。そんなチームがトロフィーを手にすることができるんだ」 「アスピリクエタはスペイン語を話せるので、家のこと、学校のこと、子供のことなど、いろいろと助けてもらっているよ。キャプテンがスペイン人であることは、僕にとってとても良いことだ。彼はビッグクラブでの長い歴史を持つ、この地のレジェンドであり、毎試合プレーしている、重要な選手なんだ」 ククレジャはまた、同ポジションのライバルであるDFベン・チルウェルにも言及。今季は主に左ウイングバックで先発争いをすることになるが、スペイン代表DFは歓迎しているようだ。 「彼はのこの最初の数日間、僕をたくさん助けてくれたよ。とてもいい奴でこの競争は歓迎しているよ。こういうビッグクラブでは常に競争があるし、ポジションのパートナーもレベルが高い」 「良いプレーをすれば、もっと自信を持ってハードワーク、ハードトレーニングをするようになる。一人だと練習ができなくてもいつもプレーしているから問題ないと思ってしまうかもしれない」 「だから激しい競争があったほうが僕にとっても彼にとってもチームにとっても良いことなんだ。ひとつのポジションに2人の選手がいて、良い方の選手が先発になれるんだ」 2022.08.18 13:37 Thu
twitterfacebook
thumb

「髪は切らない」自慢のカーリーヘアを引っ張られたチェルシーDFククレジャが断言「これが僕のスタイル」

チェルシーのスペイン代表DFマルク・ククレジャに髪の毛を切るつもりはないようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 カーリーヘアをなびかせるスタイルが特徴的なククレジャは今夏にブライトンからチェルシーへと加入。早速プレミアリーグデビューを果たすと、14日に行われたトッテナム戦では初先発を飾っていた。 そのトッテナム戦では、ククレジャの髪の毛に注目が集まるシーンが。後半アディショナルタイムのセットプレー時に、相手DFクリスティアン・ロメロに髪を引っ張られ、ククレジャが転倒した。 アンソニー・テイラー主審の視界の中の出来事だったが、ノーファウルという判定になり、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督も「いつから相手の髪を引っ張ってよくなった?」と不満を口にしていた。 それでも、ククレジャは「僕が髪を切ることはないだろう。これが僕のスタイルなんだ」と断言した。 また、倒されたシーンについては次のように語っている。 「試合前に彼(ロメロ)ともしかしたらピッチ上で喧嘩になるかもしれないと話していた。彼とは何の問題もない。試合中の1つのアクションに過ぎないが、試合結果を変えた点で重要だったかもしれない」 <span class="paragraph-title">【写真】髪を引っ張られる決定的瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Why don’t they tell us who makes these ridiculous decisions? Hair pulling is violent conduct. It’s covered in law 12 fouls &amp; misconduct It should’ve been red on the day but having missed it retrospective action should follow. What a mess we’re in if not. <a href="https://t.co/JAm6PGTAo1">https://t.co/JAm6PGTAo1</a></p>&mdash; Richard Keys (@richardajkeys) <a href="https://twitter.com/richardajkeys/status/1559263706688770049?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ククレジャが髪を引っ張られ倒される</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="jRkqMMk2KT4";var video_start = 126;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.18 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍望まぬオーバメヤンとチャビ監督、しかしクラブは売却進める可能性…チェルシーは41億円の要求を飲む?

チェルシーは本気でバルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(33)を獲得する気のようだ。 今夏の移籍市場でチェルシーがストライカーを熱望しており、その中の候補として挙がっていたオーバメヤン。しかし、本人は移籍の意思を示さず、バルセロナでのプレーを望んでいることを主張していた。 しかし、そのオーバメヤンを手放したいのはバルセロナ。財政問題を解決し、サラリーキャップの制限を守らなければいけないクラブは、子会社の株式売却などでなんとか資金を集め、今夏獲得した選手たちを登録したが、全ての問題は解決しておらず、更なる補強、さらにフランス代表DFジュール・クンデの登録を行わなければいけない。 そのバルセロナが打てる次の手は、やはり選手の売却。その中でのトップに立っているのがオーバメヤンだという。 2022年1月にアーセナルと契約を解除してバルセロナに加入したオーバメヤン。半年間で23試合に出場し13ゴール1アシストを記録。今シーズンは背番号を「17」にし、意気込み新たにシーズンに臨もうとしているところだ。 ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキという強力なライバルが加入し、ポジションは危うくなっているオーバメヤンだが、チャビ・エルナンデス監督もチームの戦力として重要であると認めている。 ただ、クラブとしてはチェルシーが興味を示しているため、売却する方が賢明だと考えている状況。フリーで獲得した選手から利益を大きく得ようとしている。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、チェルシーのオーナーを務めるトッド・ベーリー氏がオーバメヤンの代理人との会合を予定しているとのことだ。 さらに、バルセロナは約3000万ユーロ(約41億3000万円)をオーバメヤンの移籍で得ようとしているようだが、個人の条件を含めて明確になった場合、ベーリー氏はオファーを出して移籍をまとめようとするとしている。 本人、そして監督が望んでいない状況での移籍は非常に難しいものとなるが、バルセロナとしては選手を手放さなければ救われない状況。果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2022.08.17 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

チャーリー・ムソンダが10年在籍のチェルシーを退団、レバンテへ完全移籍

チェルシーのアカデミー出身のベルギー人MFチャーリー・ムソンダ(25)がレバンテへ移籍した。 元々アンデルレヒトの下部組織に所属していたムソンダは、2012年夏に多くのビッグクラブが競合した中で、2人の兄と共にチェルシーに移籍した。ユースレベルでは2013-14シーズンのU-21プレミアリーグ優勝や、14-15シーズンのUEFAユースリーグ制覇に貢献した。 ベティスやセルティックへレンタル移籍しながら何度かチェルシーで出場機会を得たが、大成できずに若手の恒例となっているフィテッセへのレンタルを経験。しかし、この間に2度の前十字靭帯損傷という大ケガに見舞われ、2020年夏にチェルシーに復帰するも、この2シーズンでプレーすることはなかった。 そして今夏、契約満了に伴いチェルシーを退団。6月には母国のズルテ・ワレヘムのトライアルを受け、実際にプロ契約締結のオファーもあったものの、ムソンダは突如として姿をくらまし、行方がわからなくなっていたという。 それでもこの度、その去就が明らかに。スペイン2部を新天地に選んだ25歳は「チャンスをくれたクラブにとても感謝している。もう一度自分のレベルを世界に見せたい」と意気込みを語っている。 2022.08.17 17:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly