FIFAランク更新! 日本はひとつ下げて24位に…ブラジル首位は変わらず

2022.06.23 20:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。

3月31日以来の更新となるFIFAランキング。この間にカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージの組み合わせが決まり、日本代表はスペイン、ドイツ、コスタリカと同組となった。

今月行われた親善試合では、日本はパラグアイ、ブラジル、ガーナ、チュニジアと対戦し2勝2敗という成績に。チュニジア代表戦では0-3の完敗を喫しただけに、本番に向けて不安の残る4試合となった。

そして、新たに発表されたランキングでは、日本はひとつ落として24位に。アジア勢では、イランが順位をふたつ下げながらも23位でトップをキープしている。

トップ10では、アルゼンチンがフランスを抜いて3位に浮上。デンマークは順位をひとつ上げて10位に食い込んできた。

また、カタールW杯で同居する3チームについては、スペインは6位、ドイツは11位、コスタリカは34位となっている。

◆全体上位(カッコ内は前回順位)
★はカタールW杯出場決定国
1.ブラジル(1)★
2.ベルギー(2)★
3.アルゼンチン(4↑)★
4.フランス(3↓)★
5.イングランド(5)★
6.スペイン(7↑)★
7.イタリア(6↓)
8.オランダ(10↑)★
9.ポルトガル(8↓)★
10.デンマーク(11↑)★
11.ドイツ(12↑)★
12.メキシコ(9↓)★
13.ウルグアイ(13)★
14.アメリカ(15↑)★
15.クロアチア(16↑)★
16,スイス(14↓)★
17.コロンビア(17)
18.セネガル(20↑)★
19.ウェールズ(18↓)
20.スウェーデン(19↓)

◆アジア内トップ10(カッコ内は前回順位)
23.イラン(21↓)
24.日本(23↓)
28.韓国(29↑)
39.オーストラリア(42↑)
49.カタール(51↑)
53.サウジアラビア(49↓)
69,UAE(68↓)
70.イラク(72↑)
75.オマーン(75)
77.ウズベキスタン(83↑)

関連ニュース
thumb

「ソシエダのスタイルは彼を輝かせる」1G1Aの久保建英を現地紙も高く評価、満点の評価も「危険だった」

日本代表MF久保建英は現地でも高く評価されている。 ソシエダは2日、ラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦した。 この試合もノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートと2トップを組む形で先発した久保は、躍動する。 まずは8分、ボックス左のスペースに抜け出した久保がダビド・シルバからのパスを受けると、ダイレクトでグラウンダーのクロス。これを、ボックス内でセルロートが見事に蹴り込み、ソシエダが先制する。 シルバ、久保、セルロートとソシエダのホットラインが開通すると、その後に逆転を許す展開に。それでも42分にセルロートが決めて同点のまま後半に入る。 しかし、後半も早々に失点。3-2とされるが、ブライス・メンデス、マルティン・スビメンディがゴールを決めて逆転。すると85分に久保が魅せた。 ソシエダはカウンターを仕掛けるとパスを受けたセルロートが持ち込み並走する久保へパス。久保はボックス内で相手DFと一対一となると、抜き切らずに左足一閃。右ポストを叩いたシュートがネットを揺らした。 1ゴール1アシストの活躍にはスペイン紙も高く評価。『アス』は3点(満点3点)をつけ、「ボックス内の危険なポジションに入り込むことができた。左サイドでの彼はとても危険だった」と評価。「セルロートをアシストし、最終的にはセルロートのパスから3-5とした。ソシエダのスタイルは彼を輝かせる」と久保の輝きを評価している。 また『マルカ』は2点(満点3点)の評価。2ゴール1アシストのセルロート、1ゴール1アシストのマルティン・スビメンディが最高の3点の評価を受けている。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が相手との一対一を抜き切らずに左足一閃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="BpMGo4Hs2tQ";var video_start = 467;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】久保建英からセルロートのホットライン開通!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="BpMGo4Hs2tQ";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.03 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「上手過ぎ」「泣けてくる」久保建英の技ありゴール&アシストにファン称賛「めちゃくちゃ良いシュート」

日本代表MF久保建英が躍動した。 ソシエダは2日、ラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦した。 この試合もノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートと2トップを組む形で先発した久保は、躍動する。 まずは8分、ボックス左のスペースに抜け出した久保がダビド・シルバからのパスを受けると、ダイレクトでグラウンダーのクロス。これを、ボックス内でセルロートが見事に蹴り込み、ソシエダが先制する。 シルバ、久保、セルロートとソシエダのホットラインが開通すると、その後に逆転を許す展開に。それでも42分にセルロートが決めて同点のまま後半に入る。 しかし、後半も早々に失点。3-2とされるが、ブライス・メンデス、マルティン・スビメンディがゴールを決めて逆転。すると85分に久保が魅せた。 ソシエダはカウンターを仕掛けるとパスを受けたセルロートが持ち込み並走する久保へパス。久保はボックス内で相手DFと一対一となると、抜き切らずに左足一閃。右ポストを叩いたシュートがネットを揺らした。 久保は今季2ゴール目を記録。ファンは「アシストもゴールも上手過ぎ」、「プレーに余裕が戻ってきた」、「めちゃくちゃ良いシュート」、「ゴール決めて笑顔の久保見ると泣けてくる」と称賛の声が集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が相手との一対一を抜き切らずに左足一閃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="BpMGo4Hs2tQ";var video_start = 467;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】久保建英からセルロートのホットライン開通!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="BpMGo4Hs2tQ";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.03 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也がクロスをダイレクトで決めて今季3点目の勝ち越し弾! しかし、その2分後に一発退場…

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が再び結果を残した。 今シーズンからリーグ・アンのスタッド・ランスに移籍。ベルギー以外の国で初の挑戦となった伊東。チームの主軸としてプレーし、開幕戦こそケガの影響で欠場したが、第2節のクレルモン戦に途中出場しリーグ・アンデビュー。第3節以降はスタメンで出場を続けている。 第4節のリヨン戦で移籍後初ゴールを記録し、リーグ・アンでの初ゴールを決めると、続く第5節のアンジェ戦でもゴールを記録。ここまで7試合で2ゴールを記録している。 これまでは右のウイングが主戦場だった伊東だが、スタッド・ランスでは2トップの一角で起用されることに。得点力が上がっている中、早くもシーズン3ゴール目を記録した。 2日に行われたリーグ・アン第9節のトロワ戦にも先発した伊東は、1-1で迎えた54分に魅せる。 右CKからアレクシス・フィリプがクロスを上げると、これは相手DFがクリア。しかし、そのボールをボックス右で拾ったフィリプがクロス。これをボックス中央で伊東がダイレクトで合わせ、スタッド・ランスが勝ち越しに成功した。 これで勝ち越したスタッド・ランスだったが、伊東にアクシデント。55分、ロングボールが前に蹴り出されると、ルーズボールに対して伊東がスライディング。これがジャクソン・ポロソの左ヒザにスパイクが入る形に。一発レッドでの退場となってしまった。 ゴールを決めた直後に退場となった伊東。スタッド・ランスは今季のリーグ戦9試合のうち6試合で退場者を出しており、伊東もその1人になってしまった。 なお、試合はスタッド・ランスがリードして終盤に差し掛かっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が技ありの今シーズン3点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script async src="https://telegram.org/js/telegram-widget.js?19" data-telegram-post="f97glss/975" data-width="100%"></script> <span class="paragraph-title">【動画】得点からわずか2分後にまさかの一発退場</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script async src="https://telegram.org/js/telegram-widget.js?19" data-telegram-post="f97glss/976" data-width="100%"></script> 2022.10.02 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

田中碧が今季初ゴールで勝利に導く活躍! アペルカンプ真大のクロスを技ありで合わせる!

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧が今シーズン初ゴールを記録した。 田中は1日に行われた2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第10節のアルミニア・ビーレフェルト戦に先発出場。MF奥川雅也との日本人対決が実現した。 日本代表帰りの田中。ボランチの一角で先発出場すると、トップ下で起用されたMFアペルカンプ真大が大活躍を見せる。 21分にアペルカンプ真大のゴールで先制すると34分にPKで追いつかれてしまう。 それでも迎えた47分、ボックス内右でパスを受けたアペルカンプ真大の浮き球のパスを、ボックス中央で田中がダイレクトボレー。バウンド際をうまく叩きつけたゴールで、勝ち越しゴールを記録した。なお、これが今シーズンの初ゴールとなった。 試合は66分にアペルカンプ真大が2点目を決めると、76分にもチームは追加点。4-1で勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】田中碧がクロスに上手く合わせて今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘薫が最後の仕上げ! 素早い判断でのクロスでトロサールのハットトリックをお膳立て、リバプール戦ドロー呼び込む!

日本代表MF三笘薫が短い時間で結果を残した。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、アウェイでリバプールと対戦した。 プレミアリーグでは好スタートを切り、4位につけるブライトン。グレアム・ポッター前監督がチェルシーに引き抜かれるという緊急事態に陥った中、ロベルト・デ・ゼルビ監督を招へい。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなった。 デ・ゼルビ新監督の初陣となったリバプール戦ではレアンドロ・トロサールが躍動。4分、17分と連続ゴールを記録しリードを広げる。 今季なかなか調子が出ないリバプールもしっかりと反撃。33分、54分にロベルト・フィルミノが連続ゴールで追いつくと、63分にはオウンゴールで逆転に成功する。 苦しくなったブライトンは逆転された直後の65分に三笘を投入。すると83分に三笘が大きな仕事をする。 逃げ切りを図りたいリバプールが守備を固める中、ボックス左でパスを受けた三笘が対応される前にダイレクトでクロス。これをボックス内でトロサールがダイレクトシュート。記録上はアシストにならなかったが、三笘のお膳立てでトロサールはハットトリックを達成。さらにチームはリバプールに追いつき、そのまま3-3で勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 日本代表としては、アメリカ代表戦でゴールを決めていた三笘。エクアドル代表戦は良さをあまり出せずに終わっていたが、クラブに戻って新監督の下で早速輝きを見せることに成功した。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の絶妙なクロスからトロサールがハットトリック達成!(00:30〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/QUdKjW5gTp">pic.twitter.com/QUdKjW5gTp</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1576316023619391494?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.02 09:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly