U-21日本代表、開催国に完敗で決勝進出ならず…オーストラリアとの3位決定戦へ《AFC U-23アジアカップ》

2022.06.16 03:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
U-21日本代表は15日、AFC U-23アジアカップ準決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-2で敗れた。

12日に行われたU-23韓国代表との準々決勝に3-0で完勝した日本は、決勝進出を目指して開催国のウズベキスタンと対戦した。

MF三戸舜介(新潟)の出場停止が2試合に増えたことに加え、新型コロナウイルス感染によって数選手の不在を強いられた大岩剛監督率いるチームだが、韓国戦からはDF半田陸とMF山本理仁に代えて、DF内野貴史(デュッセルドルフ)とMF松岡大起(清水)の2選手を入れ替えたのみで臨む形となった。

◆U-21日本代表(スターティングメンバー)
GK:鈴木彩艶(浦和)
DF:内野貴史(デュッセルドルフ)、馬場晴也(東京V)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎)
MF:松岡大起(清水)、藤田譲瑠チマ(横浜FM)
MF:藤尾翔太(徳島)、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメル)
FW:細谷真大(柏)

なお、この試合は当初、完全アウェイでの戦いが見込まれたが、準々決勝での一部ウズベキスタンサポーターによる、ピッチ内への投擲など違反行為によって、同国サポーターの入場が禁止に。逆に、500名上限で日本サポーターの入場が認められるイレギュラーな形での開催となった。

ファイナル進出を懸けた一戦。立ち上がりは重さや相手の圧力に苦戦を強いられ、やや受け身の入りとなった日本。それでも、時間の経過と共に前進するシーンを増やしていく。

流れの中ではフィニッシュまで持ち込めないものの、セットプレーの流れから藤田の抑えの利いたミドルシュート、鈴木唯人の果敢な仕掛けからのクロスと、相手ゴールへ迫る。

一連の攻撃からペースを掴みたい日本だったが、以降は距離感、パススピード、前線の動き出しの少なさも影響し、ビルドアップからアタッキングサードへの侵入という部分で苦戦。苦し紛れのロングボール以外に前線の細谷へボールが入る回数はほぼなく、攻撃の形を作れない。

逆に、幾度か相手のプレスに嵌められる場面やセカンドでの劣勢によって危険なシーンを作られ、ジャロリディノフの右ポスト直撃のシュートやボックス内でシュートを浴びる場面も招いたが、守備陣の身体を張った対応で事なきを得た。

最低限のゴールレスも攻撃面で閉塞感漂う中、重要な後半45分がスタート。ハーフタイムの修正によって勢いを持って入りたいところだったが、立ち上がりはジャロリディノフ、エルキノフらの仕掛けに後手を踏み、押し込まれる状況が続く。

GK鈴木彩艶やDF馬場の身体を張ったプレーでピンチを凌ぐ中、58分には松岡、斉藤を下げて山本、MF佐藤恵允を同時投入。ビルドアップ、攻撃に変化を加えようとする。

だが、この交代直後の60分には自陣左サイドで持ち上がった加藤の縦パスを引っかけられてカウンターを浴びると、左サイドに出てホシモフを潰しに行ったDFチェイス・アンリが入れ替わられると、ペナルティアーク付近でフリーのジャロリディノフに繋がれる。すると、左足アウトにかけた見事なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺され、痛恨の失点となった。

今大会初めてビハインドを背負った日本は、失点直後に馬場のフィードを前線で収めた佐藤が鋭い反転シュートを放って反撃の狼煙を上げる。以降は相手陣内でのプレーを増やすものの、最後のところでうまくいかない日本は78分、内野と藤尾を下げてDF半田陸、FW中島大嘉を同時投入。中島を最前線、細谷をトップ下、鈴木唯人を右サイドに配置する。

中島の高さを意識しつつ、山本、藤田の展開力を生かして徐々にリズムを作り出す日本だが、最後のところで粘る相手の守備を崩し切れない。逆に、焦りや疲労から繋ぎの部分で細かいミスが出始め、苦しくなる。

すると、89分にはビルドアップでのボールロストから前線へフィードを入れられると、最前線で馬場を背負いながらポストワークを試みたノルチャエフにワンタッチでの落としからホルマトフのリターンパスを受け直して完璧に抜け出されると、GKとの一対一をきっちり決められて痛恨の2失点目となった。

その後、細谷を下げてMF松木玖生を投入した中、後半アディショナルタイムには藤田のミドルシュートでゴールに迫ったものの、試合はこのままタイムアップ。

会心の勝利となった韓国戦とは打って変わって試合を通して難しい戦いとなった日本は、開催国に屈して決勝進出はならず。

この結果、日本は18日に行われる3位決定戦でU-23サウジアラビアに0-2で敗れたU-23オーストラリア代表と対戦することになった。

U-23ウズベキスタン代表 2-0 U-21日本代表
【ウズベキスタン】
ジャロリディノフ(60分)
ノルチャエフ(89分)

◆U-21日本代表
GK:鈴木彩艶(浦和)
DF:内野貴史(デュッセルドルフ)[→半田陸(山形)]、馬場晴也(東京V)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎)
MF:松岡大起(清水)[→山本理仁(東京V)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM)
MF:藤尾翔太(徳島)[→中島大嘉(札幌)]、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメル)[→佐藤恵允(明治大)]
FW:細谷真大(柏)[→松木玖生(FC東京)]

[試合情報]
AFC U23アジアカップ2022
準決勝
U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表
2022年6月15日(水)25時キックオフ
DAZN独占配信

関連ニュース
thumb

「ちょっとした悪夢」監督も高く評価した三笘薫のプレミアデビュー、本人は「全く緊張しなかった」

プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫が、改めてデビューについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 昨夏川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍で加入した三笘。労働許可証が下りないこともあり、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへと1年間のレンタル移籍を果たした。 そのベルギーでは持ち前のドリブルスキルを活かし、プロ1年目同様に途中出場からチャンスをものにすると、その後はレギュラーに定着。レギュラーシーズンで首位に立つチームの原動力となっていた。 日本代表にも招集され、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも貴重な任務を遂行した三笘。満を持してブライトンへと復帰し、今シーズンはプレミアリーグに挑戦することとなった。 開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦はベンチに入るも出番は訪れず。続く13日の第2節、ニューカッスル戦もベンチスタートとなると、ゴールレスで迎えた75分にピッチに立ち、プレミアデビューを果たす。 その三笘は、左サイドを何度となく突破し、ファンの心を鷲掴みに。あわやゴールというシーンも生み出すなど、短い時間でもインパクトを残していた。 三笘はクラブを通じて改めてデビュー戦について言及。自分がどういう選手かということを見せることができたと一定の手応えを感じたようだ。 「最初の一歩を踏み出し、サポーターに自分がどんな選手かを示すことができたと思います。また、監督やコーチ陣にも自分がプレーできることを証明しました。あとは出場時間が増えた時、同じようなパフォーマンスを見せたいと思います」 「勝つことができましたし、勝つべき試合だったと思います。個人的には、チームメイトからの信頼を得るため、このようなプレーを続ける必要があると思っています」 「ピッチに入った時は、全く緊張していませんでした。自分のことに集中し、他のことはあまり考えていなかったです。ファンからの素晴らしいサポートを受け、雰囲気はとても良かったです。心地良かったですし、プレーへのモチベーションを高く持っていました」 15分強という短い時間でファンにインパクトを与えた三笘だったが、それはグレアム・ポッター監督も感じたようだ。ポッター監督は、試合後に三笘について称賛。相手は苦労すると三笘の力が通用するとの見解も示した。 「彼はサイドバックに問題を引き起こすだろう。狭いところを抜いていく力がある」 「彼はとてもユニークで、素晴らしいインパクトを与えてくれた。試合前にも話したが、11人全員が90分間プレーし続けることは難しい。サブの選手、彼らのインパクトがカギになる。彼らはよくやってくれたが、3ポイントを得ることはできなかった」 「彼は左サイドから中央へ、そして右足を使うことを織り交ぜることができる。だから、ディフェンダーからしたらちょっとした悪夢だ。彼と対戦するのは気が進まないだろう。間違いなくね」 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンファンの心を鷲掴みにした三笘薫のプレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An exciting debut! <a href="https://t.co/CxpcZsDU4m">pic.twitter.com/CxpcZsDU4m</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1558743228001705984?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 18:53 Tue
twitterfacebook
thumb

9月の日本代表戦はドイツ・デュッセルドルフで“キリンチャレンジカップ2022”として開催、フジテレビ&TBSが生中継

日本サッカー協会(JFA)は16日、9月に行われる日本代表のヨーロッパ遠征に関して、キリンチャレンジカップ2022として開催することを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)の前に行われる最後の代表活動。日本はアメリカ代表、エクアドル代表と対戦することが決定していた。 欧州での戦いとなる中、場所はドイツのデュッセルドルフに決定。田中碧が所属するクラブの本拠地での試合となる。 この2試合に関して、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社が特別協賛し、キリンチャレンジカップ2022として開催。2018年以来2度目の海外でのキリンチャレンジカップ開催となる。 なお、アメリカ戦は9月23日の21時25分からフジテレビ系列で生中継。同27日のエクアドル戦は、20時55分からTBS系列で生中継される。 田中はクラブを通じて、自身の慣れ親しんだ街での代表戦開催にコメントしている。 「デュッセルドルフで日本代表として2試合できることをとても嬉しく思います」 「僕にとってはホームゲームのような感覚です。日本代表のチームメイトに、デュッセルドルフを見てもらえるのが楽しみです」 2022.08.16 18:14 Tue
twitterfacebook
thumb

「桜木花道を思い出した」板倉滉の3度追いのディフェンスが大絶賛浴びる「重心の動かし方が完璧」

日本代表DF板倉滉が見せたパフォーマンスが衝撃を与えている。 今夏マンチェスター・シティからボルシアMGに完全移籍で加入した板倉。ダニエル・ファルケ監督の下、早速信頼を得ると、開幕戦から2試合連続でフル出場を果たし、チームの守備を支えている。 その板倉は13日に行われた第2節で、昨シーズン所属したシャルケと対戦。日本代表DF吉田麻也との日本代表対決が注目を集めた中、試合は2-2の引き分けに終わった。 古巣相手に戦った板倉だが、試合中に見せたワンプレーが大きな話題を呼んでいる。 それはシャルケのFWマリウス・バルターとのマッチアップ。スペースへのパスに反応したバルターに対し、板倉が寄せに行くと、バルターは縦に行かずにインサイドへ切れ込む形に。これに対して縦を切った板倉はターンしてボールを奪いに行くが、これに対してバルターは華麗なターンで板倉をかわす。 ボックス手前の攻防で完全に置いていかれると思われた中、板倉はすぐに体制を立て直して対応。ボックス内に侵入したバルターは左足でシュートを放つが、板倉はスライディングでブロック。完璧な対応に、思わず吠えてガッツポーズを見せた。 このプレーには「しびれる」、「2度追いどころか3度追い」、「こーゆうの大好き」、「これは素晴らしい」、「カッコよすぎ」、「桜木花道を思い出した」、「重心の動かし方が完璧」と称賛の嵐。特に2度目にかわされた後の対応スピードが驚きを与えていた。 <span class="paragraph-title">【動画】パーフェクトな対応を見せた板倉滉のスーパーディフェンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Was heißt Wadenbeißer auf japanisch? <a href="https://t.co/IvsbjMzpwM">pic.twitter.com/IvsbjMzpwM</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1559419691763908610?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 17:18 Tue
twitterfacebook
thumb

「えぐい!」「ゴラッソすぎる」遠藤航のワールドクラスのミドルに称賛の嵐「ミドル上手くなったら最強」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が衝撃の一発を決めた。 13日、ブンデスリーガ第2節のブレーメンvsシュツットガルトが行われ2-2の引き分けに終わった。 今シーズンもキャプテンを務める遠藤は、開幕戦のRBライプツィヒ戦に続いて先発出場を果たす。 試合は開始4分でいきなり失点を喫する苦しい展開に。しかし、そのチームを救ったのが遠藤だった。 37分、左サイドからパスを繋いで崩すと、クリス・ヒューリッヒの縦パスをサーシャ・カライジッチがダイレクトで落とすと、後ろから上がってきた遠藤がバイタルエリアで右足一閃。衝撃の弾道のミドルシュートがゴール左に突き刺さり、同点に追いついた。 昨シーズンは開幕戦でゴールを決めていた遠藤は、今季は第2節でゴール。その後、互いに1点ずつを取り合い勝利とはならなかったが、遠藤個人としては幸先の良いシーズンスタートとなった。 遠藤は自身のインスタグラムで「結果は残念でしたが、今季初ゴールを決めることができて良かったです。頑張ります」と意気込んでいる。 ファンからも「あっぱれ」、「えぐい!」、「蹴った瞬間入るのが分かる」、「ミドル上手くなったら最強」、「ゴラッソすぎる」と、ワールドクラスのミドルシュートに驚きの声が止まなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】半端ない!遠藤航のワールドクラスのミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="s6YvQkC9viA";var video_start = 46;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「簡単そうに見えて結構難しい」今季リーグ戦初出場の鎌田大地のゴールが技ありと話題「こういうのふかしがち」

日本代表MF鎌田大地が好調を維持している。 今シーズンはチームの戦力が変わったこともあり、ボランチでの起用が見込まれる鎌田。シーズン初戦となったDFBポカール1回戦のマグテブルク戦では2ゴールの活躍を見せていた。 しかし、5日に行われたブンデスリーガ開幕節のバイエルン戦はベンチスタートとなると出番なし。チームも1-6で惨敗するという事態に。それでも、10日に行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにはフル出場していた。 そんな中迎えた13日の第2節ヘルタ・ベルリン戦ではボランチで先発出場。リーグ戦でも出番を得た鎌田だったが、開始3分でミス。ハーフウェイライン付近でダイレクトでバックパスを試みたところ、これがミスキックとなり相手にボールを奪われ、そのまま先制ゴールにつなげられてしまった。 痛恨のミスで失点に関与した鎌田だったが、迎えた48分に帳消しにするゴールを見せる。 前線からのプレスで相手からボールを奪ったランダル・コロ・ムアニがドリブルで持ち込むことに。ボックスに差し掛かったところでスペースに横パスを出すと、猛然と走り込んだ鎌田が落ち着いてダイレクトシュート。ゴール右に決めてみせた。 これにはファンも「よく決めた」、「簡単そうに見えて結構難しい」、「カッコ良い」、「こういうのふかしがち」と称賛のコメント。ここから出番を重ねて、結果を残していけるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】ボランチでリーグ戦初出場、鎌田大地がランニングから技ありゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DAsxIDpBFJk";var video_start = 146;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 22:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly