今季14位と低迷のスタンダール・リエージュ、ニューヨーク・シティからノルウェー人指揮官を招へい

2022.06.14 11:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタンダール・リエージュは13日、ロニー・デイラ氏(46)の監督就任を発表した。

デイラ氏はノルウェー人指導者で、かつてセルティックの監督も歴任。2020年1月からはアメリカに活躍の場を移してニューヨーク・シティを率いるが、ベルギーに新たな挑戦を求めることが決まった。

今季のジュピラー・プロ・リーグで14位と低迷したベルギーの名門再建を託されたデイラ氏は喜びの思いとともに意気込みを語っている。
「キャリアのこのタイミングでイノベーションを求め、ヨーロッパの歴史もあり、温かみのあるクラブに戻れるというスタンダール・リエージュのオファーは本当に魅力的だった」

「ファンを再び誇らしく思わせ、スタンダールをベルギーで最大のクラブに戻し、ヨーロッパの舞台にも返り咲かせるというプロジェクトにすぐ魅了され、ここに来たいと思った」

「チームに新たなダイナミズム、規則正しい生活、勝利のメンタリティをもたらし、成功の道を取り戻したい。今日からこの素晴らしい挑戦をスタートさせるのを楽しみにしている」

関連ニュース
thumb

サポーターの暴挙で中止になった試合でドラマ!ピッチでノルウェー代表FWがプロポーズ

大混乱となった試合の後のピッチが感動の渦に包まれた。 23日、ジュピラー・プロ・リーグ第14節でスタンダール・リエージュとアンデルレヒトが対戦。ホームチームが3-1とリードして後半を迎えたが、アンデルレヒトサポーターが発煙筒を投げ入れたことで試合が中断。10分の中断明けにも再び発煙筒が投げ込まれ、ついにはそこで試合が中止された。 大混乱となったピッチだが、その直後にはそんな嫌な気持ちを払しょくする素晴らしいことが起きる。 スタンダールのノルウェー代表FWアロン・デヌムが、トッテナムの女子チームでプレーする恋人のノルウェー女子代表FWセリン・ビゼーを呼び出すと、ピッチに跪きプロポーズ。チームメイトやスタッフたちの拍手で囲まれる中、彼女はイエスと答え、2人は愛を誓ったのだ。 アンデルレヒトのサポーターたちがすでに退場していた中、スタンダールのサポーターたちもこの幸せな瞬間に熱狂。盛大な拍手を贈った。 なお、試合の結果についての最終判断はまだ出ていないが、すでにアンデルレヒトには50,000 ユーロ(約730万円)の罰金が科されており、スコアが5-0に修正される可能性もある。 <span class="paragraph-title">【動画】荒れた試合直後のピッチでプロポーズ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkERXNgrOb0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkERXNgrOb0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkERXNgrOb0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Eleven Sports Belgium(@elevensportsbe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライトンのコロンビア代表MFアルザテがスタンダール・リエージュにレンタル移籍

スタンダール・リエージュは9日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのコロンビア代表MFスティーブン・アルザテ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ロンドン生まれのアルザテは8日に24歳の誕生日を迎えたばかり。レイトン・オリエントからブライトンのU-23チームに加入。2019年7月にファーストチームに昇格していた。 これまでファーストチームでは51試合に出場し3ゴール2アシストを記録。しかし、なかなか出番は訪れず、今シーズンはEFLカップのフォレスト・グリーン戦に出場したのみ。プレミアリーグでは5試合でベンチに座ったが出番はなかった。 ブライトンのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるデイビッド・ウィアー氏は「スティーブンのチャンスは限られており、キャリアのこの段階では定期的にプレーすることが重要だ」とした。 なお、コロンビア代表としては6試合に出場していた。 2022.09.09 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

フル出場の伊東純也がドリブルで魅せる! 終始攻めたヘンクがスタンダール・リエージュ下す《ジュピラー・プロ・リーグ》

13日、ジュピラー・プロ・リーグ27節のヘンクvsスタンダール・リエージュが行われ、2-0でヘンクが勝利を収めた。 日本代表MF伊東純也は右ウイングで先発フル出場を果たしている。 上位のプレーオフを目指したいヘンクは低迷するスタンダール・リエージュを相手に序盤から圧倒する。 2分、右サイドを仕掛けるとボックス内右からダニエル・ムニョスがヘッドで中央へ。これをポール・オヌアチュがヘディングで合わせてネットを揺らすが、わずかにオフサイドを取られてゴールは認められない。 ミスからシュートチャンスを与えることもあったヘンクだが、18分にビッグチャンス。浮き球のパスをテヲ・ボンゴンダが落とすと、ボックス内右で受けた伊東がダイレクトでグラウンダーのクロス。これをボックス内左で受けたマイク・トレゾールがトラップから落ち着いてフリーでシュート。しかし、枠を外すというミスショットとなる。 決定機を逸した直後の19分にもチャンス。ボックス付近で相手ボールを伊東が奪うと、最後は中央のオヌアチュへパス。しかし、シュートは打てない。 23分には伊東が魅せる。右サイドでフリーでボールを持つと、奪いに来た相手をいなして中央へ切れ込みクロス。しかし、これはクリアされてしまう。26分にはスローインからハーフスペースにスルーパス。ボンゴンダがヒールで繋ごうとするが、空振りに終わる。 チャンスを生かせない時間が続いたヘンクだったが44分に先制。トレゾールのスルーパスを受けたボンゴンダがボックス内からしっかりと沈め、先制して試合を折り返す。 後半に入ると53分に追加点。最終ラインからのビルドアップを目指したスタンダール・リエージュに対し、緩いプレスながらオヌアチュがボールを奪取。飛び出したGKをかわすと、無人のゴールへ。ブロックされるが、ディフレクトしたボールがネットを揺らし、ヘンクが早々にリードを広げる。 その後も攻め続けるヘンクだったが、ゴールをなかなか奪えない。すると86分にはピンチ。相手にボックス内に侵入されてシュートを受けるが、マールテン・ヴァンデヴォールトが左手一本でセーブ。そのまま逃げ切り、2-0で勝利した。 ヘンク 2-0 スタンダール・リエージュ 【ヘンク】 テオ・ボンゴンダ(44分) ポール・オヌアチュ(53分) 2022.02.14 09:58 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルが下部組織出身のベルギー代表DFをスタンダール・リエージュから完全移籍で獲得

インテルは13日、スタンダール・リエージュのベルギー代表DFジーニョ・ファンフースデン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ファンフースデンは2015年8月にスタンダール・リエージュからインテルの下部組織に移籍加入。2017年7月にファーストチームへと昇格していた。 しかし、2018年1月にスタンダール・リエージュへとレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 インテル時代にはデビューを果たせなかったファンフースデンだが、スタンダール・リエージュではセンターバックで守備の要としてプレー。ジュピラー・プロ・リーグで49試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2020-21シーズンはヒザの十字じん帯断裂によりシーズンの大半を棒に振り、公式戦17試合の出場に留まっていた。 2021.07.14 09:48 Wed
twitterfacebook
thumb

2発の伊東純也がキャリア初の二桁到達で代表に弾み! ヘンクは2-2のドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が日本代表活動に弾みをつけた。 3位のヘンクは19日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第31節で12位のスタンダール・リエージュとホームで対戦。伊東は右ウィングで先発した。 互いにゴールネットを揺らせず、折り返した試合は53分にスタンダール・リエージュが先制。しかし、59分に敵陣中央の位置から右サイドのスペースに浮き球パスが通ると、そのサイドを駆け上がった伊東がワントラップからの右足シュートをゴール左に突き刺して、ヘンクが追いつく。 食いさがるヘンクは72分、再び伊東がゴール。左サイドからの折り返しがファーサイドに流れると、ボックス左で拾った伊東が相手DFの股下を射抜く右足シュートをゴール右に沈めて、勝ち越した。だが、81分に同点弾を浴びて、2-2のドローで終了。3連勝とはならなかった。 なお、伊東は2戦連発となり、今季初の1試合2ゴールを記録。リーグ戦での得点数をキャリア初の二桁となる10ゴールに乗せ、代表に向かうこととなった。 ヘンク 2-2 スタンダール・リエージュ 【ヘンク】 伊東純也(後14、後27) 【スタンダール・リエージュ】 クラウス(後8) ムレカ(後36) 2021.03.20 08:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly