キエッリーニがツイッターでLAFC加入を発表!「The Next Chapter」

2022.06.13 22:00 Mon
Getty Images
元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が13日、自身のツイッターを通じてメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCに加入したことを発表した。ユベントス在籍17年間で公式戦560試合の出場数に19個の獲得タイトルを誇るキエッリーニ。その功績が物語るとおり、クラブのバンディエラと呼ぶにふさわしいレジェンドだが、先月11日に行われたコッパ・イタリア決勝のインテル戦終了後に今季限りでの退団を表明した。
注目の新天地は既報通りLAFCに決定。同クラブは12日にツイッターで「In arrivo presto(近日公開予定)」というイタリア語のコメントと共に、キエッリーニの到着を匂わせるGIF画像を投稿。さらに、キエッリーニ自身もこの投稿に注目を意味する目の絵文字で返信を行い、加入決定を強調していた。

そして、キエッリーニは改めて「The Next Chapter」という言葉とともに、LAFCのキャップとシャツを身に纏った姿を披露。契約は2023年末までの18カ月と見られている。
1 2
関連ニュース

ユベントスが新進気鋭の若手FWユルドゥズと契約延長へ、今季25試合に出場

ユベントスはトルコ代表FWケナン・ユルドゥズ(18)との契約延長が近づいているようだ。 7歳からバイエルンの下部組織に所属していたユルドゥズは、2022年にユベントスの下部組織へ移籍。今シーズンのセリエA開幕戦でファーストチームデビューを飾ると、シーズン中盤からはマッシミリアーノ・アッレグリ監督からの信頼を掴んで出場機会を増やし、ここまで公式戦25試合3ゴールの成績を残している。 成長著しいユルドゥズとユベントスの契約は2027年夏まで残っているが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、両者は2028年夏までの契約延長で合意に至ったようだ。なお、ユルドゥズは新契約締結後、方針についての見解の相違から、現在の代理人を変更する予定とも報じられている。 また、イタリア『トゥットスポルト』によると、クラブは10番の背番号を与えたいとも考えている模様。ユルドゥズが今後チームの柱となることに、大きな期待を寄せているようだ。 2024.04.16 12:45 Tue

今夏フリーのフェリペ・アンデルソンがブラジルに電撃復帰! 家族事情でユーベ蹴る

元ブラジル代表FWフェリペ・アンデルソン(31)の母国復帰が電撃的に決まった。 一度はウェストハムとポルトでのプレーでラツィオを離れたが、2021年夏に舞い戻ったF・アンデルソン。ラツィオでは通算319試合の出場数(58得点63アシスト)を誇り、今季の攻撃陣でも中心を担う。 だが、ラツィオとは今季が契約最終年。つい先日までは合意報道のユベントス行きが濃厚視されたが、パウメイラスが15日に今夏加入決定を発表。契約は7月1日からで、2027年12月31日までとなる。 欧州の移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、先週の段階でユベントスから3年契約のオファーがあったが、家族事情を考慮し、母国復帰を決意したという。 渦中のF・アンデルソンはインスタグラムのストーリーで「ラツィオ、そしてずっとサポートしてくれている人々に敬意を表し、契約更新の合意に至らなかった旨をお知らせする」とし、最後まで全力を誓った。 31歳の誕生日となる15日に今夏のパウメイラス行きで将来が決着したF・アンデルソン。ユベントス行きが有力視されるなかの母国復帰となった。 2024.04.16 10:55 Tue

ユベントス正守護神シュチェスニーが鼻を骨折…手術は成功も次節は欠場確実か

ユベントスは14日、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーの手術を報告した。 シュチェスニーはゴールレスドローに終わった13日のセリエA第32節トリノ戦で負傷。相手選手と接触し、鼻骨を骨折してしまった。 ユベントスによれば、シュチェスニーは試合後にクラブドクター立ち会いのもと手術を受け、無事成功。手術後は数時間で退院しており、今後は毎日状態をチェックしていくことになる。 ユベントスの正守護神を務めるシュチェスニーは、今シーズンここまでセリエAの30試合に出場。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、19日に予定されている第33節のカリアリ戦は欠場が確実とのこと。ただ、27日の第34節ミラン戦はフェイスガードをつけてプレーする可能性もあるようだ。 2024.04.15 15:42 Mon

トリノ・ダービーは譲らずゴールレスドロー【セリエA】

ユベントスは13日、セリエA第32節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節フィオレンティーナ戦をウノゼロ勝利として5試合ぶりの白星を挙げた3位ユベントス(勝ち点62)は、ヴラホビッチとキエーザの2トップとするベストメンバーで臨んだ。 9位トリノ(勝ち点44)に対し、ユベントスは7分に決定機。キエーザの右クロスに合わせたヴラホビッチのシュートが左ポストに直撃した。 さらに13分、カンビアーゾのポストプレーからボックス内のロカテッリが決定的なシュートを放つもわずかに枠の上に外れる。 その後も押し込むユベントスは31分、右クロスのルーズボールを拾ったボックス内のヴラホビッチがシュートに持ち込むもGKミリンコビッチ=サビッチの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、主導権争いが続いた中、60分にピンチ。右クロスに合わせたサナブリアのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシュチェスニーが好守で凌いだ。 その後、ユルドゥズを投入したユベントスは76分に後半最初の決定機。左サイドのユルドゥズがカットインから強烈なシュートを浴びせたが、GKミリンコビッチ=サビッチのセーブに阻まれた。 追加タイムにはラザロに際どいヘディングシュートを打たれた中、譲らずゴールレスでタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2024.04.14 03:08 Sun

ジョルジーニョはアーセナルと契約延長交渉中も今夏のイタリア復帰を排除せず

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)がさまざまな選択肢を検討中だ。 昨季途中にチェルシーからアーセナルへ加入し、32歳にしてチーム最年長のジョルジーニョ。序列が高くなくてもアルテタ・ガナーズに不可欠な戦力である、当代屈指のレジスタだ。 だが、1年間の延長オプションがあるとはいえ、契約は今季限り。イタリア『トゥットスポルト』によると、代理人がアーセナルと新契約を交渉中だそうだが、同時にイタリア復帰も検討中…セリエAのクラブと連絡を取り合っているという。 “セリエAクラブ”のひとつはユベントス。シーズン佳境にきて先発起用も多いジョルジーニョだが、イタリア復帰が常に頭の片隅にあるようだ。 2024.04.13 21:25 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly