ユーベが昨夏に続いてミレンコビッチ獲得を目指す?キエッリーニの後継者に指名か

2022.05.25 18:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは今季限りで退団するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)の後継者として、フィオレンティーナのセンターバックに狙いを定めたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。

ユベントスが獲得を目指しているのは、セルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)。2017年7月からフィオレンティーナの一員となり、ここまで5シーズンにわたって守備陣の主力選手として活躍。今季もセリエAで34試合に出場し1ゴールを記録するなど、通算では172試合で14ゴール1アシストを記録している。

195cmの長身で、本職のセンターバック以外に右サイドバックもこなすユーティリティなミレンコビッチに関しては、ユベントスは昨夏にも獲得の噂が報じられていたものの、同じタイミングでミレンコビッチがフィオレンティーナと2023年までの契約延長を行なったため、移籍が実現していなかった。

それでもなお、引き続きミレンコビッチの動向を注視してきた模様で、『カルチョ・メルカート』によると、獲得のために必要となる移籍金は1500万ユーロ(約20億円)とのことだ。

2シーズン連続でフィオレンティーナから主力級の選手を獲得してきたユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ、同胞でもあるセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチら2人に続いて、ミレンコビッチもトリノの街へやってくることになるのだろうか。

関連ニュース
thumb

白星スタートもディ・マリア負傷交代…アッレグリ「心配していない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がセリエA開幕節のサッスオーロ戦後、口を開いた。イタリア『スカイ』がイタリア人指揮官のコメントを報じている。 3季ぶりのセリエA王者返り咲きを期すユベントス。15日にサッスオーロをホームに迎え撃ち、新戦力のMFディ・マリアが先制弾を決めると、FWドゥシャン・ヴラホビッチも2発で続き、3-0で勝利した。 今季を通じて攻撃陣をリードするであろうディ・マリアとヴラホビッチの活躍で白星発進のアッレグリ監督だが、勝利を除いた内容面では手放しで喜べないものだったようだ。 「序盤、少し問題があって、ビルドアップ時にいくつかのボールを失ってしまった。落ち着いてやり過ごさないといけない場面ではまだ脆さがある」 「クーリングブレイクが決定的に? 試合の主導権を握れずにいる状況だったし、ディ・マリアと(フアン・)クアドラードを両ワイドに配置したまでだ」 ともあれ最も重要な勝利でスタートしたユベントスだが、ディ・マリアは66分に負傷交代。チームにとって不安要素だが、アッレグリ監督は検査前の現時点で楽観視した。 「ディ・マリアが苦悶の様子? アンヘルは常にあんな感じだし、1週間前にも内転筋に問題があった。心配していないよ。明日の検査でわかるだろう」 2022.08.16 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

新加入ディ・マリア&ヴラホビッチ弾で3発完勝のユベントスが白星発進!《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA開幕節でサッスオーロと対戦し3-0で勝利した。 昨夏にマッシミリアーノ・アッレグリを復帰させたユベントスは、ミラノ勢からの覇権奪還に挑んだが、結果は2年連続の4位フィニッシュと失敗。 そして、アッレグリ体制2年目で3年ぶりのリーグ制覇を狙うビアンコネーロは、今夏の移籍市場で昨季主力を担ったディバラとデ・リフトがクラブを離れたが、ポグバやディ・マリア、コスティッチ、ブレーメルなど実力者を補強。戦力を上積みし新シーズンを迎えた。 昨季11位のサッスオーロをホームに迎えた開幕戦では、ヴラホビッチやクアドラード、ザカリア、ボヌッチなど昨季の主力に加えて、新戦力のディ・マリアとブレーメルが先発に名を連ねた。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を作ったのはサッスオーロ。20分、右サイドでボールを受けたベラルディのクロスをファーサイドに駆け上がったデフレルがジャンピングボレーで合わせたが、このシュートはGKペリンが正面で弾いた。 ここまでシュートのなかったユベントスだが、クーリングブレイク明けに最初の決定機を迎える。26分、ボックス左から侵入したクアドラードの落としからボックス左横のアレックス・サンドロがクロスを供給すると、ボックス右のディ・マリアが左足ボレー。うまくピッチに叩きつけたシュートがゴール左隅に決まった。 先制したユベントスは、41分に追加点を奪う。アレックス・サンドロのロングパスに反応したヴラホビッチがフェッラーリにボックス内で倒されてPKを獲得。このPKをヴラホビッチがど真ん中に沈め、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、先にチャンスを創出したのはユベントス。51分、アイハンのパスミスをボックス手前でカットしたディ・マリアがラストパスを供給。これをゴール前のヴラホビッチがバランスを崩しながらも右足でゴール左隅に流し込んだ。 リードを広げたユベントスは、61分にクアドラードとアレックス・サンドロを下げてデ・シリオと新加入のコスティッチを投入。さらに66分には、内転筋付近を痛めたディ・マリアを下げてミレッティがピッチに送り出された。 その後は拮抗した展開が続いたが、ユベントスは74分にピンチ。ロジェリオのスルーパスで左サイドを抜け出したピナモンティがボックス左からシュートを放ったが、これはGKペリンのセーブで難を逃れた。 一方のユベントスは86分、トリプレッタを狙うヴラホビッチがチャンスを迎えたが、シュートはトルヤンに当たりゴール右に逸れた。結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。 新加入ディ・マリアとヴラホビッチのゴールで完勝したユベントスが覇権奪還に向けて最高のスタートを切った。 2022.08.16 05:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドFDとラビオ代理人、トリノでの会談はポジティブに終了…交渉継続へ

マンチェスター・ユナイテッドはユベントスから獲得を狙うフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と前向きな話し合いができたようだ。 先週末のプレミアリーグ開幕節でブライトン&ホーヴ・アルビオンに敗れ、黒星スタートのユナイテッド。ショッキングな一敗を喫したなか、MFフレッジとMFスコット・マクトミネイの出来が悪かった中盤を巡って補強の必要性が改めて浮き彫りとなり、新たなターゲットにラビオが急浮上している。 バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングにチェルシー移籍の線が強まるなかで浮かび上がったラビオ獲りの動きは売却視野のユベントスと移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)で合意に至り、実母で代理人のヴェロニク氏との交渉を乗り越えられればというところまできているとされる。 そのなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者は12日にトリノでユナイテッドの補強を司るフットボールディレクター(FD)のジョン・マータフ氏とヴェロニク代理人の会談予定を主張。続報によれば、その交渉は既報通りの12日に執り行われ、ポジティブなミーティングになったという。 両者は選手のサラリーを巡ってまだ完全合意に至っていないものの、今後も交渉を続けていく模様。マータフFDはヴェロニク代理人と会談後、トリノを後にする姿が確認されている。 なお、ユベントスはラビオがユナイテッド移籍の場合、その穴埋めとしてパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(28)を獲得しにいくとみられる。 2022.08.13 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

コスティッチ獲得のユベントス、フランクフルトへペッレグリーニをレンタル

ユベントスは12日、イタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)がフランクフルトへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ユベントスでは同日、フランクフルトからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得。同じく左サイドを主戦場とするペッレグリーニがフランクフルトへ移籍する形となった。 ルカ・ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にユベントスに加入。カリアリやジェノアにレンタルで移籍して武者修行を積み、昨季はユベントスでセリエA18試合(うち先発は15試合)に出場していた。 2022.08.13 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがフランクフルトMFコスティッチの獲得を正式発表、4年契約で移籍金は16.5億円

ユベントスは12日、フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。 なお、移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)で、3年後に支払われるとのこと。また、FIFA(国際サッカー連盟)の規則によって規定されている連帯ボーナスは最大150万ユーロ(約2億円)。さらに、スポーツの特定条件を満たした場合は、300万ユーロ(約4億円)のボーナスが追加される。 コスティッチは母国のラドニチュキから2012年7月にフローニンヘンへと完全移籍。2014年8月にシュツットガルトへ完全移籍し、ドイツでのキャリアを始める。 その後は、ハンブルガーSVへと移籍し、2018年8月にフランクフルトへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入した。 フランクフルトでは、公式戦171試合に出場し33ゴール64アシストを記録。左利きのプレーメーカーとしてチームを支え、昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場し4ゴール9アシスト、優勝したヨーロッパリーグ(EL)では11試合で3ゴール6アシストを記録していた。 2021-22シーズンはブンデスリーガで87回と最も多くのチャンスを作り出し、218回と最も多くのクロスを上げていた。 2022.08.12 22:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly