終始ペースのC大阪が後半3発の逆転劇! G大阪は3連勝ならずの4試合ぶり敗北【明治安田J1第14節】

2022.05.21 16:06 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が21日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、ホームのセレッソ大阪がガンバ大阪を3-1で下した。

互いにここまで4勝5分け4敗で、順位も8位に10位と均衡するC大阪とG大阪。ルヴァンカップでの2試合を含め、早くも3度目の対戦ということで、互いの手の内を知り尽くしたなかでリーグ戦に舞台を移してのダービーマッチとなった。

リーグ戦2試合ぶりの勝利を目指すC大阪は西尾や山田が外れ、鳥海とアダム・タガートが先発。今季初のリーグ戦連勝で迎えるG大阪は離脱者が多いなか、ユース出身の新たな才能と謳われる18歳の中村を今節もスタートから送り出した。

ここリーグ戦5試合で勝ちがなく、今季のルヴァンカップでも1分け1敗と分の悪さが続く状況を打破して、上位に食らいつく足がかりとしたいG大阪だが、C大阪が押し込む形を作り、トップ下の清武を経由して積極果敢に攻めに出ていく。

その流れが半ばを過ぎても押し込まれ、我慢が続くG大阪だが、中村と山見が攻撃の軸となり、単発ながら反攻に出ると、33分にレアンドロ・ペレイラが原川からボールを奪取。そのL・ペレイラが右サイドから右足クロスに持ち込む。

それにボックス左の山見が頭で合わせると、これがゴール左に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンがセーブ。そのまま流されるが、VARレビューでわずかにゴールラインを割ったとして山見の今季初ゴールが認められ、G大阪が先制に成功する。

良いペースで試合を進めるなかで先に失点したC大阪だが、その後も攻撃のイニシアチブを握り、後半も優勢に。ただ、48分に左サイドからのクロスにボックス右でフリーの松田が右足ボレーを放った場面も枠に飛ばせず、ゴールが遠い。

それでも、58分にC大阪がカウンターを仕掛けると、清武のスルーパスにボックス左に飛び出していった奥埜が反応。三浦に倒れ込みながら掻き出されたが、これを拾ったタガートが冷静に右足に持ち替えてネットを揺らし、追いついた。

タガートの初ゴールで振り出しに戻したC大阪はさらに勢いづくと、66分に敵陣でのボール奪取から逆転。左サイドの山中が左足でクロスを送り込むと、ゴール前に勢いをもって駆け上がった奥埜がへディングシュートを叩き込んだ。

一気に1点を追いかける展開を強いられたG大阪はウェリントン・シウバや藤春を投入するが、依然としてC大阪ペース。C大阪も逆転後に鳥海とタガートの相次ぐ負傷交代に見舞われたが、相手に攻めの時間を許さず、着々と時間を進める。

反撃の時間も残り少ないなか、昌子とL・ペレイラがピッチ上で口論になるなど、不穏な空気も漂うG大阪は石毛も入れるが、後半アディショナルタイム4分にC大阪がカウンターから毎熊のアシストから奥埜のダメ押し弾で勝負を決した。

結局、C大阪が相性良きダービーで逆転勝利で飾り、2試合ぶりの白星。先制ゲームで手痛い逆転負けのG大阪は3連勝ならず、この5月初黒星となる4試合ぶりの敗北を喫している。

セレッソ大阪 3-1 ガンバ大阪
【C大阪】
アダム・タガート(後13)
奥埜博亮(後21、後45+4)
【G大阪】
山見大登(前33)

関連ニュース
thumb

監督交代の神戸、武藤嘉紀がヘッド2発の躍動で3試合ぶり勝利!鳥栖はダブル許しまたも連勝逃す【明治安田J1第19節】

2日、明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸が駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で神戸が勝利を収めた。 現在6位の鳥栖と最下位の神戸の対戦。上位を窺いたい鳥栖も最下位からの巻き返したい神戸も勝ち点3が欲しい一戦となった。 鳥栖は前節から5名を変更。ファン・ソッコ、原田亘、堀米勇輝、小野裕二、宮代大聖が外れ、田代雅也、藤田直之、中野嘉大、本田風智、垣田裕暉が入った。 対する神戸はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任。暫定監督を含め、今季4人目となる吉田孝行監督が就任した。 その初陣となった試合では前節から3名のスタメンを変更。GK前川黛也、大崎玲央、大迫勇也が外れ、GK飯倉大樹、菊池流帆、小田裕太郎を起用した。GKを入れ替えて流れを変えたいところだ。 互いにボールを繋ぎながら攻め込むスタイル。鳥栖は後方からビルドアップして攻めていく展開に。対する神戸もパスを繋ぎながら攻め込んでいく。 すると19分に神戸がチャンス。左CKからイニエスタがクロスを送ると、これがゴールに向かいGK朴一圭が慌ててパンチング。その後の流れから、左からのイニエスタのクロスに対して小林がファーに飛び込むが、わずかに合わない。 対する鳥栖は26分にチャンス。ショートコーナーから、ボックス左からのクロスがクリアされると島川がヘッドで落とす。最後は本田がダイレクトシュート。鋭いボールがゴールに飛ぶが、わずかに右に外れる。 激しい球際の競り合いが見られるこの試合。田代との競り合いで武藤が脇腹付近を痛めて倒れ込んでいる。VARのチェックも入ったが、これは特にファウルも取られなかった。 38分には山口がクロスを送ると、武藤がボックス内でヘッド。しかし、力無くGK朴一圭がキャッチする。 鳥栖は40分に右CKを獲得すると、藤田のクロスにジエゴが飛び込んでヘッド。強烈なシュートがゴールを襲ったが、GK飯倉がセーブ。クロスバーに当たったボールを収めた。 押し込み続ける鳥栖は42分にも島川のスルーパスに反応した垣田がボックス内で滑り込みながらシュート。しかし、これもGK飯倉がセーブする。 互いに攻勢を見せる中でゴールが生まれなかった前半。ハーフタイムには互いにカードを切らずに後半に臨む。 後半は前半の鳥栖ペースから神戸が盛り返し、立ち上がりに汰木がシュートを放つなど積極的にゴールに向かう。 決定機こそ多く迎えられないものの、両サイドバックの酒井、山川が高い位置を取り、積極的に攻撃参加するなど、攻勢を止めない。 すると、69分に神戸がチャンス。パスを繋いで時間をかけて崩すと、橋本、武藤、佐々木、山川と繋ぎ、その山川がボックス右から鋭いクロス。これに橋本がダイレクトヒールで合わせると、シュートはゴールへ飛ぶもGK朴一圭がセーブする。 ビッグチャンスを止めた鳥栖は72分にチャンス。左サイドを岩崎が仕掛けると、一旦は止められるもディフレクトしたボールが岩崎の元へ。そのままボックス内左からシュートも、オフサイドとなった。 ゴールが欲しい神戸は73分に汰木を下げて大迫勇也を投入。流れを変えにいくと、押し込み続けた神戸は79分についに結実した。 右サイドからの山川のクロスにファーサイドで武藤がヘッド。上手くコントロールしたシュートはファーに決まり、神戸がついに先制する。 先制を許した鳥栖はボールを握って行きたいところだったが、神戸がしっかりとボールを握って時間をかけていくことに。するとアディショナルタイム1分、左サイドからのクロスをファーサイドでフリーだった武藤がボックス内でヘッド。これが左に決まり、神戸がリードを広げる。 結局そのまま試合は終了。神戸が新体制初陣で見事に勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。 サガン鳥栖 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 武藤嘉紀(後34、後46) 2022.07.02 21:29 Sat
twitterfacebook
thumb

齊藤未月がスーパーな一撃のG大阪、土壇場のPK献上で浦和とドロー【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節の1試合が2日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs浦和レッズは1-1のドローに終わった。 4連勝と好調のサンフレッチェ広島を破り、4連敗の悪い流れを止めた12位のG大阪と今季初のリーグ戦連勝と上昇気配を漂わせる10位の浦和。わずか1ポイント差でひしめく両者のマッチアップとなった。 中2日でのゲームとあって、ボランチとして出ずっぱりだったダワンをベンチからスタートさせたG大阪だが、2-0で勝ち切った広島戦での成功体験も胸に立ち上がりから浦和陣内で試合を進める。 中5日の浦和としてはそのアドバンテージを生かしてペースを掴みたいところだったが、ベンチ外のキャスパー・ユンカーに代わって最前線を務める明本までなかなかボールを運べず、我慢が続く。 それでも、攻守両面で上回り続けるG大阪が坂本の持ち上がりから先制。33分、左サイドの石毛がゴール前のファーサイドに右足でクロス。齊藤が胸トラップからの右足フィニッシュでネットを揺らす。 華麗なカウンターから齊藤の加入後初ゴールでリードしたG大阪はさらに勢いづく。39分に見事な崩しから倉田がゴールネットを揺らした場面こそオフサイドだったが、終始ペースを握って折り返す。 1点ビハインドでの後半に向けて、平野、酒井、ダヴィド・モーベルグを一挙に送り出した浦和は反撃ムードに。疲れからか、トーンダウン気味のG大阪にも乗じて、攻め込む時間を明らかに増やす。 その状況をチャンスと見るや68分にも松尾を投入した浦和は最後の交代で関根を送り込み、前に圧をかけるが、ダワンや藤春、高尾、昌子、パトリックでカードを使い切ったG大阪も集中を切らさない。 だが、浦和が終盤も押し込むと、90分にボックス右で仕掛けた松尾が対面の三浦からファウルを誘い、浦和がPKを獲得。これをアレクサンダー・ショルツが落ち着いて決め、土壇場で追いついた。 結局、ともに死力尽くした一戦は痛み分け。G大阪は土壇場で勝ち点2を落として連勝を逃した一方で、連勝ストップの浦和は敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰っている。 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 齊藤未月(前33) 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(後45+2) 2022.07.02 21:08 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがJ1通算500勝を達成! 創設30周年の清水を国立競技場で5発粉砕【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、清水エスパルスvs横浜F・マリノスが2日に国立競技場で行われ、3-5で横浜FMが勝利した。 清水は前節のセレッソ大阪戦は、先制点を守り切れず1-1のドロー。ゼ・リカルド監督就任後は1勝1分けと負けなしだが、攻撃に課題の残る一戦に。一方の横浜FMは、前節はレオ・セアラの2ゴールなどで柏レイソルを4発粉砕。リーグ戦4連勝で首位を堅守した。 今回は清水の創立30周年記念マッチと銘打たれ、そんな歴史的な一戦は国立競技場が舞台に選ばれた。しかし、横浜FMとしてもJ1通算500勝目という偉大な記録を目前にしている。 注目の一戦は開始10分で動く。左サイドから攻撃を組み立てる横浜FMは、ボックス手前のスペースでレオ・セアラがパスを受け、ボックス左へ走る西村へパス。迷わず左足でシュートを放つと、GKの股を抜けてネットを揺らした。 しかし、記念試合に白星を飾りたい清水もすぐに反撃。13分、敵陣中央でチアゴ・サンタナがボールを奪い、ショートカウンターを発動。右を並走する神谷がラストパスを受け、ボックス右から右足でシュートを突き刺した。 以降はボールを持って左右から揺さぶりにかかる横浜FMと、ショートカウンターを狙う清水という構図に。横浜FMは何度かゴールに迫るが、ことごとくオフサイドの判定に。 それでも相手のバイアルエリアを狙い続けて迎えた前半アディショナルタイム、永戸からボックス手前の西村にボールが入ると、粘り強いキープから右へ展開。最後は水沼がダイレクトで入れたグラウンダーのクロスをレオ・セアラが押し込んだ。 前半は地力の差を見せつけた横浜FM。後半立ち上がりに試合は大きく動く。 まずは47分、ロングボールを収めた神谷がボックス左へ侵入し、クロスを供給。相手に当たってしまうものの、反応したチアゴ・サンタナがダイレクトでシュートを放ち、ゴールにねじ込んだ。 ここから逆転といきたい清水だったが、横浜FMは強かだった。そのわずか2分後の49分、見事なパスワークでボックス右を崩し、西村とのワンツーで抜け出した水沼がゴール前にクロス、最後はフリーとなっていたレオ・セアラが冷静に決めて、三度勝ち越した。 さらにその3分後の52分には、左サイドからカットインしたレオ・セアラが右足を振り抜くと、シュートは左ポストを弾いてゴールイン。チームに4点目をもたらすとともに、ハットトリックを達成した。 後半開始からわずか7分間で合計3得点が生まれる白熱の一戦に。勢いに乗ったトリコロールはその後も攻め立てる。55分、56分と、それぞれ水沼と永戸が決定機を迎えるが、GK権田が諦めまいとビッグセーブを連発する。 60分にはエウベルのスルーパスから西村にビッグチャンス。最終ラインを抜け出しGKと一対一となるが、シュートを枠に収めることができなかった。 その後はアウェイチームの勢いも比較的衰え始めたが、とはいえ清水には自由を許さない試合運びで時間を進めていく。 そんな中83分、清水はチアゴ・サンタナが相手GKにプレッシャーをかけてミスパスを誘発。ボールを拾った途中出場のオ・セフンはループシュートを狙ったが、枠を捉えることができず、千載一遇のチャンスを逃してしまった。 まさかのイレギュラーを何とか凌いだ横浜FM。88分には宮市にもゴールが生まれたが、逆に後半アディショナルタイム失点。最終的に3-5という激戦となったが、見事J1通算500勝目を挙げている。 清水エスパルス 3-5 横浜F・マリノス 【清水】 神谷優太(前13) チアゴ・サンタナ(後2) 片山瑛一(後51) 【横浜FM】 西村拓真(前10) レオ・セアラ(前47) レオ・セアラ(後4) レオ・セアラ(後7) 宮市亮(後43) 2022.07.02 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南は名古屋とゴールレスドロー、好調・町野は不発で最終盤に負傷交代…【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、湘南ベルマーレvs名古屋グランパスが2日にレモンガススタジアム平塚で行われ、ゴールレスドローに終わった。 湘南は前節アウェイで京都サンガF.C.を下し、今季2度目の2連勝を達成。3試合連続でスタメンに変更はなく、今節はウクライナ支援を目的とした黄色ベースの3rdユニフォームを着用して臨んだ。 対する名古屋は前節、鹿島アントラーズに追い付いてのドローで勝ち点「1」を得た。ただ、勝利からは3試合遠ざかっており、この間ゴールも3試合でわずかに「1」。得点力不足も囁かれる現状だが、スタメンには内田宅哉とチアゴが起用され、ここまで14試合に先発出場していた藤井はベンチからも外れた。 試合は上向き調子の湘南が序盤から好機を作る。田中の浮き球に反応した瀬川がアクロバティックなジャンピングボレーを放ち、ロング、ショートのカウンターからも好機を演出。15分には敵陣で相手のパスミスを誘発し、好調の町野がペナルティアーク内から左足で狙った。 ラインをやや低めに設定して構える名古屋は、攻撃に転じても柿谷やマテウス・カストロが孤立気味に。飲水タイム明けにはボール保持の時間も増やし、相馬がカットインから右足で狙うが、単発の攻撃に終わってしまう。 湘南は32分、再びのショートカウンターを仕掛け、左クロスからゴール正面でフリーとなった町野が合わせる。だが、バウンドのタイミングが合わなかったか、左足のシュートはクロスバーを越えた。 ゴールレスで迎えた後半は互いにボックス外からシュートシーンが増加。名古屋は相馬やレオ・シルバがミドルを放てば、湘南はFKの流れから石原が続けざまに狙った。名古屋は65分にこそ内田宅哉のクロスから柿谷がヘディングで合わせるも、その後もマテウスの直接FKなど、外からのフィニッシュが目立った。 その中で湘南は79分に田中の横パスを受けたタリクがボックス手前からコンパクトに右足を振り抜くと、シャープな一撃が左のポストを直撃。残り10分を切って相手ボックス内にボールが入るようになったホームチームに対し、89分には名古屋がカウンターに転じて稲垣のミドルが枠を捉える。 後半のアディショナルタイムには瀬川がゴールに迫った湘南だったが、最後まで互いにゴールを奪えずにゴールレスのままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合うこととなった。湘南にとってはチアゴのタックルを受け、左足首を押さえて最終盤に負傷交代した町野の様子が気がかりだ。 湘南ベルマーレ 0-0 名古屋グランパス 2022.07.02 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的逆転のC大阪が川崎Fにシーズンダブル! 船木2戦連発にパトリッキが値千金のJ初弾【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが2日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、ホームのC大阪が2-1で逆転勝利した。 現在、7位のC大阪は後半戦初戦となった清水エスパルス戦を1-1のドローで終えた。3試合ぶりの勝利を目指すホームゲームでは前回対戦で大勝した王者を迎え撃った。清水戦からは先発2人を変更し、西尾に代わって前節ゴールを決めた船木、負傷の清武に代えて山田を2トップの一角に据えた。 一方、前々節の北海道コンサドーレ札幌戦で今季リーグ最多の5ゴールを挙げて大勝した3位の川崎Fだが、天皇杯で東京ヴェルディにジャイアントキリングを許すと、前節のジュビロ磐田戦では土壇場で追いつかれての1-1のドローと調子はいまひとつ。前回対戦でJ1ホーム連続無敗記録をストップされた因縁の相手とのリベンジマッチでは、磐田戦と全く同じスタメンを採用。アンカーに大島、3トップは家長、小林、遠野が並んだ。 立ち上がりからボールを握る川崎F、ブロックを敷いてカウンターを狙うC大阪という構図が明確となる。その中でアウェイチームがいきなり決定機を作り出す。開始4分、大島からの鋭い縦パスを前線の小林がうまく潰れて落とすと、前向きな形でサポートに入った脇坂がボックス付近まで運んで右足を一閃。だが、このシュートは惜しくも左ポストを叩く。さらに、こぼれ球に詰めた家長のシュートはGKキム・ジンヒョンにキャッチされた。 早い時間帯の先制を逃したアウェイチームだが、以降も大島や家長を起点にボールを動かしながら相手守備に揺さぶりをかけていく。これに対してC大阪は割り切って守備を固めつつ、ブルーノ・メンデスの背後へのランニングや狙いを持ったプレスからのカウンターで、虎視眈々と一発を狙う。 やや膠着状態が続くものの、小林のスルーパスからチャナティップが決定機に顔を出すなど、よりゴールの匂いをさせる川崎Fは、前半終盤にスコアを動かす。36分、右CKの場面でキッカーの脇坂が右足アウトスウィングで入れたクロスを、ゴール前の谷口が打点の高いヘディングでゴール左隅へ流し込んだ。 その後、前半の内に追いつきたいホームチームは徐々に前に出ていく姿勢を見せるが、リードを得て余裕のあるアウェイチームにうまくいなされてしまい、前半は川崎Fの1点リードで終了した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はイーブンな状況が続く。早い時間帯に追いつきたいC大阪だが、ボックス内での競り合いの際に相手DF車屋の腕にボールが場面ではVARが介入も、お咎めなしの判定に。 それでも、前半からセットプレーで確実にフィニッシュの場面を作り出していたホームチームは、清水戦に続き伏兵の一撃で追いつく。59分、相手陣内中央左で得たFKの場面でキッカーの鈴木がゴール前に際どいボールを入れると、中央で競り勝った船木が2試合連発となる値千金のヘディングシュートを叩き込んだ。 1-1の振り出しに戻った中、両チームは65分過ぎに2枚替えを敢行。この交代策で流れを掴んだのはC大阪。追いついた勢いに加え、山田に代わって投入されたアダム・タガートが前線でうまくポイントを作り、中盤やディフェンスラインの攻撃参加を促す。だが、厚みのある波状攻撃はGKチョン・ソンリョンを中心とする川崎Fの粘りの守備に阻まれる。 何とか1-1を維持するも、決定機はおろか後半は思うように相手を押し込めない川崎Fは、79分に宮城と共に切り札のレアンドロ・ダミアンを投入。すると、83分には山根のスルーパスに抜け出したレアンドロ・ダミアンがボックス右でGKと一対一となる決定機を迎えるが、ここはシュートコースを消されてゴールとはならず。 それでも、C大阪の運動量の低下と、一連の交代策が徐々に機能したアウェイチームは、ようやく相手を押し返すことに成功。89分にはカウンターから右サイドのスペースに飛び出した大島の正確なクロスにファーサイドの宮城が飛び込むが、渾身のダイビングヘッドは相手の寄せもあり枠に飛ばず。 その後、どちらにも勝ち点3のチャンスが残る中で試合は5分のアディショナルタイムに突入。すると、土壇場で劇的なゴールが生まれる。 92分、相手陣内右サイドでFKを得たC大阪はキッカーの鈴木が再び鋭いボールをゴール前に送ると、ニアに走り込んだパトリッキが頭で合わせたボールがGKの手を弾きゴールネットを揺らした。 そして、パトリッキの劇的なJ1初ゴールを最後まで守り抜いたC大阪が見事な2-1の逆転勝利。J1連覇中の王者相手にシーズンダブルを達成した。一方、痛恨の逆転負けとなった川崎Fは首位の横浜F・マリノスとの勝ち点差が6ポイントに広がった。 セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ 【C大阪】 舩木翔(後14) ジェアン・パトリッキ(後45+2) 【川崎F】 谷口彰悟(前36) 2022.07.02 21:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly