インテルのアウェイユニフォームがリークか、ライトブルーで世界地図が描かれた明るいデザインに

2022.05.17 06:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルの2022-23シーズンのアウェイユニフォームデザインがリークされた。『Footy Headlines』が伝えている。

今シーズンは、白基調のユニフォームに、インテルの愛称にもなっている“Il Biscione(イル・ビショーネ)”の蛇が青と黒の2色で描かれているのが特徴的なインテルのアウェイユニフォームだが、来シーズンも白が基調になるようだ。

白基調のユニフォームには、水色で世界地図のグラフィックが。左胸に配置されたクラブエンブレムの真下にイタリアが来るようにデザインされている。また、左胸のエンブレムは本来の黒と青ではなく、ユニフォームと同様に白と水色で構成されたものを黒で囲んだカラーリングになっている。

なお、この世界地図のデザインには、イタリア人選手だけでなく外国籍の選手も受け入れてきたクラブの歴史を反映させているようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

クレスポ氏が自身と似たキャリアを歩むルカクに理解を示す「ミラノは特別な街」

元アルゼンチン代表のエルナン・クレスポ氏(46)が、インテル復帰が目前に迫るベルギー代表FWロメル・ルカク(29)の決断に理解を示した。イタリア『スポーツ・メディアセット』が伝えている。 現役時代のクレスポ氏はパルマやラツィオでセリエA屈指のストライカーとして地位を確立したのち、2002年夏にインテルへと移籍。だがインテルでは負傷も影響して期待に見合う成績を残せず、わずか1シーズン限りの在籍でチェルシーへ移籍。しかし今度はプレミアリーグに順応できず構想外に。2004年夏にチェルシーからインテルの宿敵ミランへとレンタル移籍したという経験をもつ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたクレスポ氏は、チェルシー加入からわずか1年でインテル復帰となる見込みのルカクについて、自身の経歴を持ち出し理解を示した。 「ルカクは復帰を待ち望んだ。インテルでは王様だったが、チェルシーではそうではなかった。愛情や心の問題に直面すると、誰しもが物事をうまく進められない」 「私自身はプレミアではなく、カルチョに心の平穏を感じた。だから戻りたかった。ロンドンの街についてどう感じるかではない。サッカー選手にとってミラノとは特別な街なのだ」 「ミラノは本当に素晴らしく、独特の情熱がある。私の場合はチェルシーにいた時にミランのアンチェロッティが私を必要としてくれた。急いで向かったよ(笑) 」 パルマ時代にも師事したカルロ・アンチェロッティ監督(当時ミラン指揮官)の誘いに応じ、1年レンタルの形で2004-05シーズンをミランでプレーしたクレスポ氏。愛するミラノの街に帰ってこれただけに、レンタル期間が満了する時は悲しみを覚えたそうだ。 「シーズンの最後にイスタンブールでリバプールに敗れたこと。そしてチェルシーに戻らなければいけないこと。悲しみのままにミラノを後にしたよ」 なお、ルカクを巡ってはインテルのサポーターの一部が復帰を必ずしも歓迎しない姿勢を示すなど、未だ賛否はある模様。スクデット獲得をもたらしたかつてのようなプレーでこれらの声を覆せるか、注目が集まっている。 2022.06.29 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがアスラニのメディカルチェックを実施! ルカクと同時に正式契約へ

インテルがエンポリに所属する20歳の新星と正式契約を結ぶ見通しになったようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、エンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)が現地時間29日午前にインテルのクラブハウスを来訪。メディカルチェックを受診し、その後には正式契約を結ぶ運びとなっているようだ。 インテルのシモーネ・インザーギ監督は、中盤アンカーの位置で負担が大きいクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)のバックアッパーを求めており、以前からアスラニの獲得を希望していると報じられていた。 なお、アスラニはエンポリから買い取り義務付きの1年レンタルでインテル入りするとみられており、インテル側は6月30日付で失効する税制上の優遇措置の関係で、29日にミラノ入りが確認されたベルギー代表FWロメル・ルカク(29)と同時に契約を締結する流れとなったようだ。 2022.06.29 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル復帰噂のルカクがミラノに到着! まもなく正式発表へ

チェルシーからインテルへの復帰が報じられてきたベルギー代表FWロメル・ルカク(29)だが、すでにミラノに到着しているようだ。イタリアの各メディアが伝えている。 2020-21シーズンのインテルでセリエA36試合24得点10アシストという数字を残してスクデット獲得に貢献したほか、自身もセリエA最優秀選手賞に輝いたルカク。今シーズンは満を持して古巣チェルシーへと帰還していたが、期待や移籍金に見合うパフォーマンスを発揮できず、これまで度々インテル復帰が取り沙汰されてきた。 イタリア『スカイ』によると、ルカクは現地時間29日の午前6時30分頃にミラノのリナーテ国際空港に到着。待ち構えていた報道陣に対し、「ここに戻ってこられて嬉しい。幸せだよ」とコメントしたようで、これからメディカルチェックや正式契約などの手続きがあるものと思われる。 インテルとチェルシーは800万ユーロ(約11億円)で1年間のレンタル契約を締結したとみられ、スクデット奪還を目指す新シーズンに向けて、頼れるエースの復帰が目前に迫っている。 2022.06.29 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルで出場機会失うビダル、クラブとの早期契約解除に向けて交渉か

インテルとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(35)が、早期退団に向けて交渉を進めているようだ。 ビダルは2020年夏にバルセロナから加入すると、アントニオ・コンテ監督からの信頼を得て公式戦30試合に出場するなど主軸に定着。33歳の年齢を感じさせないプレーで健在ぶりをアピールしたが、2021年3月に左ヒザ半月板の手術を受けたことで一足早くシーズンを終えることになった。 今シーズンは昨夏に就任したシモーネ・インザーギ監督の下で公式戦41試合に出場したが、そのほとんどは途中出場で、セリエAでの先発はわずか2試合のみに。新体制となったチームでの序列低下が明確となったビダルは、今年3月にフラメンゴでのプレー願望を吐露するなど、現状への不満をうかがわせていた。 インテルもまた、2023年まで契約を残すビダルの扱いに苦慮しており、『Sportitalia』によると人件費削減のため今夏の早期契約解除を希望しているようだ。出場機会を求めるビダルも応じる構えを見せており、交渉は進められている。なお、インテルは契約解除の違約金として400万ユーロ(約5億7000万円)を選手に支払うこともいとわないようだ。 ビダルに対してはフラメンゴやボカ・ジュニアーズら南米クラブのほか、ガラタサライも獲得に関心を示しており、不屈のファイターの去就が注目されている。 2022.06.29 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがシュクリニアル&レナト・サンチェスと個人間合意か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、今夏獲得を目指した2選手との合意を果たしたようだ。 昨夏はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマと大型補強を敢行。しかし、蓋を開ければリーグ・アンこそ優勝したものの、チャンピオンズリーグ(CL)はラウンド16で敗退と望んでいた結果とは大きく離れて終わっていた。 そのPSGは、ファンからの抗議も起こっており、今夏は大きな改革を求められることに。その中で、スポーツ・ディレクター(SD)のレオナルド氏、マウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任する動きが起きている。 シーズン最後には最大の補強とも言えるフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長を勝ち取ったPSGだが、より一層チームの改革が求められることとなった。 そのPSGが獲得を目指しているターゲットの2人、インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)、リールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)と合意に達したという。フランス『ル・パリジャン』が報じた。 PSGは新たなSDにルイス・カンポス氏を招へいし、新指揮官にクリストフ・ガルティエ氏をリールから引き抜こうと考えている。レナト・サンチェスはミランが獲得に動いていたが、リールで共に働いた両氏と再び働きたいと考えているとのことだ。 ミランはレナト・サンチェスの獲得に向けて、リールに1500万ユーロ(約21億5000万円)のオファーを出したとのこと。一方で、PSGは1000万ユーロ(約14億3500万円)とミランより低い金額のオファーだが、交渉は続いているとのことだ。 また、PSGはシュクリニアルとも個人合意に至っているとのこと。5000万ユーロ(約71億4500万円)+ボーナスのオファーは拒否されたもの、アドオンを含めて7000万ユーロ(約100億円)に引き上げ、交渉がまとまると見られている。 2022.06.29 14:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly