主力温存マドリーは控えGKルニン躍動でドロー! 善戦カディスはPK失敗と最終盤判定響き降格圏転落…《ラ・リーガ》

2022.05.16 05:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第37節、カディスvsレアル・マドリーが15日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、1-1のドローに終わった。

今シーズンのラ・リーガですでに優勝を決めているマドリー(勝ち点89)は前節、最下位のレバンテを相手にヴィニシウスのキャリア初のハットトリックの活躍などで6-0の圧勝。主力温存で敗れたマドリード・ダービーの敗戦をきっちり払しょく。28日に控えるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向け仕切り直しに成功した。

そのレバンテ戦から中2日のアウェイゲームでは、残留圏内ギリギリにいる17位のカディス(勝ち点37)との対戦となった。アンチェロッティ監督はこの一戦に向け先発5人を変更。サスペンションのモドリッチに加え、守護神クルトワ、ベンゼマとヴィニシウスに完全休養を与えた一方、クロースやカゼミロ、ミリトンを起用。3トップは右からアセンシオ、マリアーノ、ロドリゴという並びとなった。
右サイドバックにバジェホ、左サイドバックにルーカス・バスケスを配して左肩上がりの変則的な[4-3-3]の布陣で臨んだマドリー。立ち上がりは、より勝ち点がほしいホームチームの攻勢を受ける形となったが、早々にゴールをこじ開ける。

開始5分、相手陣内左サイドのタッチライン際でボールを受けて仕掛けたロドリゴが複数のDFの間を見事なドリブル突破ですり抜けてボックス内に侵入。GKと交錯する寸前で折り返すと、ゴール前に飛び込んだマリアーノがワンタッチで合わせた。

ロドリゴの鮮やかな仕掛けから生まれたマリアーノの今季ラ・リーガ初ゴールによって幸先よくリードを手にしたマドリー。以降は再び前に出てくる相手の攻撃を受け止めながら、鋭いカウンターで追加点を目指す。12分にはバルベルデの見事な中央突破から仕掛けたカウンターで、ボックス内でのマリアーノとのパス交換からアセンシオにシュートチャンスも、ここはGKレデスマのセーブに遭う。

一方、カディスもルイス・エルナンデスのロングスローや縦に速い攻めからファリやルーカス・ペレスが際どいフィニッシュの場面を作り出し、ゴールの匂いをさせる。

以降は行ったり来たりの状況が続いたが、クーリングレイクを経た30分過ぎからホームチームが攻勢に転じていく。36分にはファリのスルーパスに完璧に抜け出したイドリシがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ここはGKルニンのビッグセーブに阻まれる。

しかし、直後の37分にはペナルティアーク付近でクリアボールを奪ったソブリーノがそのままボックス中央に持ち込んで右足を振る。そして、DFミリトンの背中にディフレクトしたボールがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らした。

さらに、切り替えの部分や連携で緩さが見受けられるマドリーに対して、カディスは以降も果敢に逆転ゴールを目指していくが、絶好のカウンターチャンスでルーカス・ペレスからネグレドへのラストパスがずれるなど、仕留め切ることはできなかった。

1-1のイーブンで折り返した試合は後半もカディスが優勢に進めていく。前半のように決定機まで持ち込めないが、左サイドのイドリシ、スピノを起点に相手の深い位置でプレーする回数を増やしていく。

そういった中、60分にはカディスに逆転のチャンス。ロングボールを収めたルーカス・ペレスのスルーパスに抜け出したネグレドがボックス内でGKルニンと交錯。この接触プレーでPKが与えられる。しかし、ネグレドが右を狙って蹴ったシュートはルニンが見事な左手のセーブで阻止した。

控え守護神が自ら与えたPKを帳消しにする好守で1-1のイーブンを維持したマドリーは、直後の64分に3枚替えを敢行。バジェホ、バルベルデ、ロドリゴを下げてセバージョス、カルバハル、アザールを投入した。だが、この3枚替えでも流れは変わらない。

一方、PK失敗も引き続き良い形で攻められているカディスは、70分にイドリシの左クロスからネグレドに名誉挽回のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離で放ったヘディングシュートは再びGKルニンのビッグセーブに阻まれた。

マドリーは81分にマリアーノを下げて21歳の長身FWラタサをトップチームデビューさせた中、リスクを冒して前に出る相手を徐々に引っくり返す場面を増やし、後半アディショナルタイムにはセバージョスの鋭いシュートで2点目に迫る場面も作り出した。

その後、試合最終盤にはマジョルカリードの一報が入り、残留圏内維持には勝ち点3が必須となったホームチームがより前がかった攻めを見せる。そして、後半ラストプレーのセットプレーの流れではボックス内でファリがDFカルバハルに倒される。スタジアム、ピッチ上の選手たちはPKを主張してヒートアップしたが、マテウ・ラオス主審はVARルームとコミュニケーションを取ることなく試合終了のホイッスルを吹く。

中継映像ではVARの介入の可能性を窺わせるやり取りがあったものの、ラオス主審はそのまま試合を終わらせ、カディスの選手たち、スタンドの観客は状況を全く把握できぬまま呆然自失の状態でホーム最終戦を終えることになった。

この結果、マドリーはアザールの復帰やラタサのデビューなど幾つかの収穫を得て今季アウェイ最終戦を終えることに。一方、善戦も勝ち点3獲得に至らなかったカディスはマジョルカと勝ち点で並ばれた結果、当該成績で降格圏の18位に転落。今節、降格が決定したアラベスを相手に運命の最終戦に臨むことになった。

関連ニュース
thumb

マドリーがラッシュフォードへの関心を再燃、ユナイテッドの売却シナリオとは…

レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)への関心を再燃させているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラッシュフォード。グループ初戦のイラン代表戦で途中出場直後にゴールを挙げ、最終節のウェールズ代表戦ではスタメン出場し、圧巻の直接FKを含む2得点を挙げている。 所属するユナイテッドでも今季、公式戦19試合で8得点3アシストと好調。以前にもマドリーからの関心を報じられた時期があったが、ここにW杯での印象的な活躍が上乗せされたことで再燃してきているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ユナイテッドはマドリーの動きを警戒しつつも、マドリー以外にもラッシュフォードに興味を持つクラブは存在。来たる移籍市場で売却せざるを得なくなる可能性が捨てきれないという。 それは、ラッシュフォードと契約延長で合意できていないため。契約が2023年6月までのなか、クラブは1年延長オプションの行使権を持つ。しかし、行使したとて2024年夏までに売り時は限られており、このまま延長オファーに同意して貰えなければ、いずれは売却せざるを得ないということだ。 2022.12.04 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、クロアチア代表CBグヴァルディオルに関心? 日本戦はスタメン確実

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 5日にカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本代表戦を控えるグヴァルディオルは、グループステージで全3試合にフル出場し、日本戦もスタメンが確実。今夏にはチェルシー行きが噂された20歳のセンターバックだ。 所属するライプツィヒでは昨夏の加入から即座に定位置を掴み、今年9月に契約を2027年6月まで延長も、W杯の活躍で再びチェルシー行きが再燃し、つい先日には「将来のことはわからない」と発言。ついに欧州王者マドリーも無関心を装えなくなったようだ。 『Fichajes』は、ライプツィヒの同僚、フランス代表FWクリストファー・エンクンク(25)が来夏のチェルシー移籍を確実なものとしている一方、グヴァルディオルの去就は宙に浮いたままと説明。マドリーは来夏の獲得に本腰を入れる見込みとされている。 2022.12.04 15:26 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセロ長男エンツォがマドリーとの最初の契約にサイン! 父の攻撃センス受け継ぐFW

元ブラジル代表DFマルセロ(34)の長男がレアル・マドリーとの最初の契約にサインした。 2006年から昨シーズン終了まで在籍し、個人として歴代最多25のタイトル獲得に貢献したレジェンドDFを父親に持つのが、FWエンツォ・アウベス・ヴィエイラ(13)。 幼少期から父と同じエル・ブランコに在籍してきたストライカーは、インファンティルA(13~14歳)のカテゴリーでプレー。偉大な父とポジションは異なるものの、卓越したテクニックと攻撃センス、アスリート能力をしっかりと受け継いでおり、将来のトップチーム昇格が期待される逸材の一人だ。 そのエンツォは3日、自身のインスタグラムを通じて、「世界最高のクラブとの僕の最初の契約。とても幸せだよ」と、マドリーとの最初の契約にサインしたことを明かした。 <span class="paragraph-title">【画像】マルセロ長男がエル・ブランコとの最初の契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CltsfPnrnWz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CltsfPnrnWz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CltsfPnrnWz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Enzo Alves(@enzoalvesv)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.12.04 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーがチェルシーのアスピリクエタに関心か、今夏にはバルサ移籍の噂も

レアル・マドリーが、チェルシーのスペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(33)の獲得を検討しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 すでにチェルシーのレジェンドクラスの選手に昇華されているアスピリクエタ。今夏にはバルセロナ移籍の噂もあったが、最終的に2024年まで契約を延長し、在籍11年目を迎えている。 カタール・ワールドカップでも初戦のコスタリカ戦にフル出場し、7ゴール無失点の完勝に貢献。まだまだ衰えを見せない33歳だが、そんな鉄人に母国のビッグクラブが触手を伸ばしているようだ。 『BBC』のロブ・プラトリー記者によると、マドリーは1月の獲得を検討している模様。同クラブには同じくカタールW杯に参戦中のダニ・カルバハルが活躍中だが、同選手も1月には31歳を迎え、バックアッパーのルーカス・バスケスは本職ではない。 アスピリクエタも年齢的に長い目で見られる選手ではないが、あと2、3年はトップレベルでのプレーが見込める。本人も以前に母国でのプレーを望んでいることを認めたこともあり、マドリーの獲得のチャンスは小さくないかもしれない。 2022.12.01 14:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly