名古屋、仙頭がキム・ジンヒョンの牙城を崩し7試合ぶりの勝利! C大阪は交代策で流れ掴むも無得点【明治安田J1第13節】

2022.05.14 16:09 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第13節、名古屋グランパスvsセレッソ大阪が14日に 豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が逃げ切った。

名古屋は3試合連続で先制中だが白星が遠く、現在6戦勝利なしと不振にあえいでいる。前節の横浜F・マリノスで判定に苦言を呈した長谷川監督は、スタメンの変更を吉田豊から相馬の1人にとどめた。

対するC大阪は、前節はジュビロ磐田戦で毎熊が起用に応える2ゴールを挙げ、3試合ぶりの3ポイントを獲得した。終盤の接触により、脳震とうや肩の負傷の影響が心配されたGKキム・ジンヒョンも先発に名を連ねた。

試合は早々に名古屋が先手を取った。中盤、ハーフウェーライン付近で森下のスローインを受けたマテウス・カストロが前を向くと、仙頭が一気に加速してスルーパスを引き出す。中央を抜け出してボックス内まで持ち運び、GKとの一対一を落ち着いて制した。

C大阪は一定のラインからプレッシングを掛けるが、効果があるとは言い難い。縦はコンパクトだが横に若干のスペースがあり、ポゼッション力を備えた名古屋はファーストプレスをいなせば中盤やサイドのスペースを使うことができた。

対照的に名古屋はボールを失った直後の守備強度が高く、奪えなかった場合でもセットアップするには十分な圧に。リードも加味してプレスとブロックを使い分け、C大阪はボールを保持しても、構えた名古屋の守備に手を焼くことに。その中で29分、山中の横パスを受けて清武がゴール正面からフリーで狙うも、GKランゲラックの手中に収まった。

名古屋は33分、左サイドでのパス交換から酒井が深い位置を取ると、グラウンダーのクロスにマテウスがすべり込みながら合わせてネットを揺らすも、酒井のタイミングがオフサイドと判定された。

攻撃の糸口がつかめぬまま前半を終えたC大阪はハーフタイムにアダム・タガートと北野を投入し、清武をトップ下からボランチへ落とすと、これが奏功。前半とは打って変わって攻撃にテンポが出始める。

後半開始直後には縦パス2本で裏を取り、ジェアン・パトリッキのクロスがGKを抜け、空いたゴール前へ。走り込んだアダム・タガートのもとへ到達するが、GKランゲラックが指先で若干触れていたために、歩幅と合わず打ち切れなかった。

攻勢を強めるC大阪は、直後にも敵陣中央から毎熊が左足のミドルを放ち、さらには中央の狭いエリアを割ってタガートがシュート。松田も積極的なフィニッシュを見せた。

守勢に回った名古屋も、復帰後初出場となった石田が見せ場を作る。65分、森下の縦パス1本で裏を取り、右の深い位置まで運んで折り返すと、マテイ・ヨニッチのクリアがマテウスに当たってゴールの中へ。ただ、ここもオフサイドディレイにより、ゴールは認められなかった。

とはいえ、以降もC大阪が主導権を握って攻め込み続け、名古屋は耐える時間が長くなる。劣勢のホームチームはボールを持った際にはリードを生かしてのらりくらりと時間を使い、個の突破でけん制する。90分、右サイドを突破した相馬の折り返しをボックス右で稲垣が収めてラストパスを石田がフリーで狙うも、強烈なシュートはバーの上を越えた。

最終盤には交代カードも駆使して時計の針を進め、C大阪の猛攻をシャットアウト。序盤の先制点を守り抜き、名古屋が7試合ぶりの勝利を手にした。

名古屋グランパス 1-0 セレッソ大阪
【名古屋】
仙頭啓矢(前6)

関連ニュース
thumb

活動停止中の鳥栖、新たに2選手が新型コロナ陽性…7日から活動は再開

サガン鳥栖は7日、トップチームの2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けることを発表した。 6日に選手1名が発熱の症状を訴え、医療機関にてPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 さらに、7日にトップチームの関係者が民間検査機関にてPCR検査を実施。新たに選手1名が陽性判定を受け、医療機関で陽性診断を受けた。なお、濃厚接触者はいないという。 鳥栖は、2日に選手2名が陽性、3名が濃厚接触者となると、4日に選手5名、スタッフ1名が陽性となり、チーム活動が停止。6日の川崎フロンターレ戦が中止となっていた。 なお、今回の陽性者でチームの活動に影響はなく、7日より再開しているとのこと。10日のホーム・柏レイソル戦に向けて準備を進めるという。 2022.07.07 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が福岡MF重廣卓也を完全移籍で獲得「持てる力を全て出し尽くす」

名古屋グランパスは7日、アビスパ福岡のMF重廣卓也(27)が完全移籍で加入することを発表した。チームへの合流は9日になる。 重廣は、広島県出身で、広島皆実高校から阪南大学を経て、2018年に京都サンガF.C.へと入団する。 京都では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで61試合に出場し5得点。天皇杯で1試合に出場し、2020年に福岡へ完全移籍した。 福岡では1年目に明治安だJ2で19試合に出場し1得点を記録。チームのJ1昇格に貢献すると、2021シーズンは明治安田生命J1リーグで23試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合に出場。しかし、今季はここまで公式戦6試合の出場に終わっていた。 重廣は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さま、はじめまして。アビスパ福岡から加入することになりました重廣卓也です」 「名古屋グランパスという歴史あるクラブでプレー出来ることに感謝し、自分の持てる力を全て出し尽くし、クラブに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします!」 ◆アビスパ福岡 「この度、名古屋グランパスへ完全移籍する事になりました。アビスパ福岡に在籍していたこの2年半でJ2からJ1昇格という貴重な経験をさせていただき、僕にとってとても大きな財産になりました」 「そして、共に戦ったチームメイト、スタッフの方々にはすごく恵まれていて、とてもいい環境で毎日楽しくサッカーをする事が出来ました」 「また、いつも応援してくださった、ファン・サポーターの皆さん、試合で勝った時の喜びや興奮、負けた時の悔しさや悲しみを一緒に分かち合えたことは僕にとってかけがえのない時間となりました」 「大好きなこの福岡の地を離れるのは寂しいですが、ここでの経験を活かして、次のステージで頑張りたいと思います」 「最後になりますが、この2年半で僕を支えてくださった方々、そしていつも熱いエールを送ってくださったファンの方々、本当にありがとうございました」 2022.07.07 18:39 Thu
twitterfacebook
thumb

「加入して良かったと思える瞬間」横浜FMの宮市亮、初のファンの声援を前に感激「鳥肌立ちました」

横浜F・マリノスのFW宮市亮が、ファンの後押しに感謝の気持ちを綴った。 6日、明治安田生命J1リーグ第20節で横浜FMはホームにサンフレッチェ広島を迎えた。 上位対決となった一戦で宮市はベンチスタート。57分から途中出場すると、直後には西村拓真のゴールにつながる絶妙なサイドチェンジを見せる。 さらにアディショナルタイム1分には見事にゴール。これが、ホームでの加入後初ゴールとなった。 試合は3-0で快勝。首位を守ったが、この試合はJリーグが進めている「声出し応援エリア/声出し応援席」の運営検証の対象試合。横浜FMのサポーターにとっては、2年半我慢した声出し応援がついに解禁された試合でもあった。 平日の夜ながら、1万3311人が駆けつけたこの試合。ゴール裏での応援は盛り上がりを見せ、3ゴールにスタンドは沸き、選手たちも大きな力を得たようだ。 昨シーズン途中からチームに加入し、初めてJリーグに挑戦している宮市にとっても、応援を受けての試合はこれが初。自身のインスタグラムで、ファンの応援の迫力に触れるとともに、感謝の気持ちを綴った。 「本当に鳥肌立ちました。最高の雰囲気を作り出してくれたサポーターの方々、いつも本当にありがとうございます!」 「Fマリノスに加入して良かったと思える瞬間でした!️サポーターの方々も本当に長い間我慢していたと思います。選手も拍手だけのスタジアムが当たり前になって声援を聞くことを忘れていました」 「でも、今日アップ前に声援が聞こえた時、本当に選手達1人1人ジーンとくるものがあったと思います!まだまだ初期段階ではありますが、今後もっと平和な日常生活が戻り、また大歓声の中でプレーできる日が来ますように。七夕のお願いとしておきます」 「今日も平日の中、沢山ご来場頂きありがとうございました!」 横浜FMのサポーターの威力を初めて体感した宮市。優勝に向けて加速するチームをさらに助けるパワーを手にしたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】宮市亮も感激したマリノスサポーターの応援</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CfrSkD6JuTY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CfrSkD6JuTY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CfrSkD6JuTY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ryo Miyaichi Official 宮市亮(@ryo381)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】宮市亮の日産スタジアム初ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="NfHzDOn0YVY";var video_start = 304;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.07 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグが『桃鉄』とコラボ! クラブオリジナル列車のゲットやオリジナルグッズも登場

Jリーグは7日、『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~(以下、桃鉄)』とのコラボレーションキャンペーンの開催を発表した。 30年以上にわたり幅広い年代に楽しまれている国民的ボードゲームの『桃鉄』。最新作は累計販売本数 350 万本を超えるヒットとなっている。 Jリーグは、家族で遊びながら全国のホームタウンを巡ることができる『桃鉄』とのコラボレーションによって、これまでにない J リーグの楽しみ方を届けるという。 コラボレーションの期間中は、ゲーム内に、JリーグJ1・J2・J3全 58 クラブのホームタウンが目的地として登場するほか、ゲーム内の各モードにも、サッカー要素が加わるとのこと。また、Jリーグの試合が開催されるスタジアムに掲出されるポスターに、 『桃鉄』の最新アップデートが反映されたNintendo Switch™をタッチすることで、クラブオリジナルデザインの列車がゲットできる「スタジアムに行こう!桃鉄で!」キャンペーンを、全国で実施する。 このコラボレーションは、近日配信開始予定の無料アップデートを実施することでお楽しみ頂けます。また、オリジナルグッズの発売やスタジアムでの『桃鉄』コラボイベントなどを予定しているクラブもあるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】Jクラブ仕様のオリジナル列車やオリジナグッズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.07.07 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグの「声出し応援」検証試合に2試合が追加決定、合計18試合に

Jリーグは7日、「声出し応援エリア/声出し応援席」の実施試合に関して、2試合が追加決定したことを発表した。 政府の基本的対処方針に基づき6月上旬より運営検証を行っているJリーグ。7月30日から8月14日までの期間で開催する公式試合を対象にした【STEP3】では、スタジアムの収容率50%の人数を上限に、声出し応援エリアを拡大しても感染対策と両立した運営ができるかを確認する。 6日に行われたJ1の3試合で【STEP2】が終了。更なる緩和を行い【STEP3】が行われる。 これまで16試合が決定していた中、8月6日に行われる東京ヴェルディvsV・ファーレン長崎、8月7日に行われるロアッソ熊本vs栃木SCの2試合が追加された。 今後も、申請を受け付けており、決定次第順次公表されるとのことだ。 ◆【STEP3】として実証検証が行われる試合 7月30日(土) 明治安田生命J2リーグ第29節 モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア [NDソフトスタジアム山形] 栃木SC vs 徳島ヴォルティス [カンセキスタジアムとちぎ] 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ [ケーズデンキスタジアム水戸] 大分トリニータ vs 東京ヴェルディ [昭和電工ドーム大分] 8月3日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ第1戦 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] 8月6日(土) 明治安田生命J1リーグ第24節 アビスパ福岡 vs ガンバ大阪 [ベスト電器スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 レノファ山口FC vs モンテディオ山形 [維新みらいふスタジアム] 東京ヴェルディ vs V・ファーレン長崎 [味の素スタジアム] 8月7日(日) 明治安田生命J1リーグ第24節 FC東京 vs 清水エスパルス [味の素スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック [ソユースタジアム] ロアッソ熊本 vs 栃木SC [えがお健康スタジアム] 8月10日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] 8月13日(土) 明治安田生命J2リーグ第31節 水戸ホーリーホックvs.東京ヴェルディ [ケーズデンキスタジアム水戸] 明治安田生命J3リーグ第20節 ヴァンラーレ八戸 vs いわきFC [プライフーズスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 FC東京 vs セレッソ大阪 [味の素スタジアム] 8月14日(日) 明治安田生命J2リーグ第31節 栃木SC vs アルビレックス新潟 [カンセキスタジアムとちぎ] 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 [県立カシマサッカースタジアム] 2022.07.07 17:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly