レーティング:アーセナル 3-1 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

2022.04.23 23:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、アーセナルvsマンチェスター・ユナイテッドが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、3-1でアーセナルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
32 ラムズデール 7.5
PKは相手のミスに救われる結果となったが、その直後に相手の強烈なシュートを左手一本で防ぐ決定的な仕事を見せた。

DF
17 セドリック 6.0
サカの攻撃をサポートしながらも、守備でもミスの少ないプレーで左サイドを封じた。

(→冨安健洋 -)

4 ホワイト 6.0
ロナウドの対応に手を焼いたが、試合を通じて安定した守備を見せた。ビルドアップ時のボールプレーも問題なくこなした。

6 ガブリエウ 5.5
失点のシーンではロナウドの行方を見失うミスを犯す。それでも終盤にかけては調子を取り戻した印象。

20 ヌーノ・タヴァレス 6.0
3試合連続先発となったポルトガル代表DFがチームを勢いづける先制点。アーセナルでの嬉しい初ゴールとなった。しかし、ハンドのシーンは見過ごせない凡ミスとなった。

MF
25 エルネニー 6.5
チームとして押し込んでいたことで平均ポジションはいつもより前に。そのためボール回収率も高く、ジャカのアシストにもつながった。

34 ジャカ 7.5
巧みなポジショニングで攻撃を連鎖させる働き。アーセナルの先制点はジャカのサイドチェンジが起点となった。加えて後半には今季初ゴールでチームの3点目を記録。

7 サカ 7.0
PKで1点を記録。先制点に繋がるキレのあるシュートを放つなど、試合を通じて攻撃の中心だった。ただ、交代時のケガは気がかり。

(→ホールディング 5.5)
守備固めに75分に投入さた。ホールディングの投入で3バックに変更され、自身は3センターバックの真ん中できっちり抑えた。

8 ウーデゴール 7.0
序盤から広い視野と正確なパスでゲームメイク。サカとともに攻撃を牽引した。

10 スミス・ロウ 5.5
得点を挙げた前節のチェルシー戦と比較すると、やや存在感が物足りなかったか。アーセナルのメイン攻撃が右サイドに偏ったこともあり、左サイドから相手に怖さを与えられなかった。

(→マルティネッリ 5.5)
やや調子の悪かったスミス・ロウに代わってピッチに立ったが、なかなか見せ場は訪れず、シュートゼロに終わった。

FW
30 エンケティア 6.5
ゴールがオフサイドで取り消しとなったのは不運だったが、最前線で相手のマークを引きつけるだけの存在感を示した。

監督
アルテタ 7.0
チェルシー戦から続くビッグマッチで再び快勝を収めた。トップ4フィニッシュに向けてチームも一皮剥けたか

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 デ・ヘア 5.0
3失点とも仕方なし。何度か好セーブはあったが勝利にはつながらなかった。

DF
20 ダロト 5.0
サイドの守備はまずまず。後半にはクロスバー直撃のミドルシュートも。

2 リンデロフ 5.0
リバプール戦に続いて今日も守勢を強いられることに。個人として踏ん張ったシーンもあったが、なかなか失点は減らせず。

19 ヴァラン 5.5
中央から崩されることはなく、空中戦にも2度勝利。3週間ぶりの試合だったがクオリティの高さを示した。

27 テレス 4.5
1失点目ではサカに簡単に振り切られ、2失点目ではサカへのファウルでPK献上。後半は何とか耐えたが2失点に関与。

MF
39 マクトミネイ 5.0
中盤の選手としてパス成功率が低く、攻守でやや足を引っ張ってしまった印象に。

31 マティッチ 5.5
強みの高さを生かしたヘディングで相手のハンドを誘発した。ただ、守備では相手のスピードについていけず防戦一方に。

(→ラッシュフォード -)

36 エランガ 4.5
立ち上がりのGKとの一対一で決めていれば、試合の結果は変わっていたかもしれない。

(→リンガード -)

18 ブルーノ・フェルナンデス 4.5
痛恨のPK失敗。試合を通してなかなか攻撃で強みを生かせず、この日は沈黙した。

(→マタ -)

25 サンチョ 5.0
武器であるドリブルをもっと生かしたかった。

FW
7 クリスティアーノ・ロナウド 6.5
息子を亡くす悲しみを乗り越えて臨んだ一戦で流石の1ゴール。幻となった1点も含めて、ユナイテッドの選手の中で最も気を吐いた。

監督
ラングニック 4.0
リバプール戦に続く大敗で、トップ4争いから一歩後退。来季の新監督に少しでも明るい結果を期待したいところだ。

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ジャカ(アーセナル)
今日は守備よりも攻撃が光ったジャカ。序盤から効果的なポジショニングで攻撃にアクセントをつけていたが、終盤にはおまけのスーパーゴールでMOMに選出。



1 2

関連ニュース
thumb

ユナイテッド獲得狙うガクポ、CL出場権獲得の場合はPSV残留か?

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)は、チャンピオンズリーグ(CL)の出場可否が移籍のカギを握っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 現在、手薄な前線の補強を目指すユナイテッドは、ガクポの獲得に向けて3500万ポンド(約56億6000万円)のオファーを準備している。 同選手に関しては以前からステップアップの可能性を口にしてきたが、PSVがCL本選出場を決定した場合、クラブに残留する意向を示している。 「まずはチャンピオンズリーグに出場することに集中しなければならない。そうすれば、残留する可能性が高くなると思うよ」 「これまでクラブを去ることをどこにも言っていないと思うし、残る可能性は間違いなくあるよ。僕は経営陣とコーヒーを一緒に飲むようなオープンな関係だ。とにかく、どうなるか見てみようよ」 なお、CL予備予選3回戦でモナコを退けたPSVは、今月17日と24日に行われるプレーオフでレンジャーズとの対戦を控える。 一方、昨シーズンのプレミアリーグを6位でフィニッシュし、CL出場権獲得を逃したユナイテッドは、ガクポ獲得に向けてはPSVのプレーオフの結果を待つ必要があるようだ。 ガーナとトーゴにルーツを持つオランダ生まれのガクポは、左ウイングを主戦場に、前線の複数ポジションでプレー可能な189cmの大型アタッカー。そのサイズを感じさせないクイックネス、柔らかな足元のテクニックを武器に、カットインからの右足のシュートや長いストライドを生かしたロングカウンターからゴールを陥れる新進気鋭の若手。 PSVのアカデミーから2018年2月のフェイエノールト戦でトップチームデビュー。2018–19シーズンの後半戦から徐々に出場機会を増やすと、以降3シーズンに渡って前線の主力に定着。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、21ゴール15アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦4試合で3ゴール2アシストと見事な活躍を見せている。 2022.08.11 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチェス獲りのマルセイユ、今度はバイリーに再挑戦?

フランス『レキップ』によれば、マルセイユにマンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)を獲得しようとする動きがあるようだ。 ユナイテッドは今夏、エリク・テン・ハグ新監督の古巣アヤックスからDFリサンドロ・マルティネスを獲得。バイリーはDFラファエル・ヴァランが加入した昨季に続き、今季もさらなる序列低下に直面しており、今夏の移籍が取り沙汰される。 故障癖さえ改善できれば、高い身体能力を武器に無理の効いた守りが期待できる28歳のセンターバックにはスペインやイタリア方面から関心が注がれるが、つい先日にFWアレクシス・サンチェスの獲得に成功したマルセイユも注視している模様だ。 マルセイユは今年1月も獲得を目指したバイリー側とここ2週間にわたってコンタクト。リーグ・アンからはモナコも目を光らせているようで、ユナイテッドは買取オプション付きのレンタルではなく、完全移籍での放出を希望しているという。 また、マルセイユはDFドゥイエ・チャレタ=ツァルを手放したがっている様子。ドルトムント退団のフランス人DFダン=アクセル・ザガドゥも候補だったようだが、求めるプロフィールと合致せず、バイリーに再び熱を入れ始めたものとされる。 2022.08.11 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがオランダから3人目の補強?PSVの逸材FWガクポ獲得に動く

マンチェスター・ユナイテッドがPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)の獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ガーナとトーゴにルーツを持つオランダ生まれのガクポは、左ウイングを主戦場に、前線の複数ポジションでプレー可能な189cmの大型アタッカー。そのサイズを感じさせないクイックネス、柔らかな足元のテクニックを武器に、カットインからの右足のシュートや長いストライドを生かしたロングカウンターからゴールを陥れる新進気鋭の若手だ。 PSVのアカデミーから2018年2月のフェイエノールト戦でトップチームデビュー。2018–19シーズンの後半戦から徐々に出場機会を増やすと、以降3シーズンに渡って前線の主力に定着。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、21ゴール15アシストを記録。 今シーズンもここまで公式戦4試合で3ゴール2アシストと見事な活躍を見せる逸材をユナイテッドが虎視眈々と狙っているという。 『スカイ・スポーツ』によれば、2026年までPSVとの契約を残すガクポに対し、ユナイテッドは3500万ポンド(約56億6000万円)のオファーを準備しているようだ。 アヤックスからエリク・テン・ハグ監督を新指揮官に迎え入れたユナイテッドは、今夏だけでオランダからリサンドロ・マルティネス(アヤックス)とタイレル・マラシア(フェイエノールト)を獲得しており、ガクポの獲得に成功すれば、同一リーグから3人目の獲得となる。 なお、ガクポはテン・ハグ監督と同じ代理人であることから交渉はスムーズに進むと見られている。 2022.08.10 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団後オファーを拒否し続けるマタ、希望は欧州のトップリーグ

昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団した元スペイン代表MFフアン・マタ(34)だが、ヨーロッパでのプレーを目指してオファーを断ったようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 マタはレアル・マドリーの下部組織で育ち、カスティージャからバレンシアへと移籍。2011年8月に加入したチェルシーではチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ制覇に貢献。2014年1月からはユナイテッドでプレーしていた。 ユナイテッドでは公式戦通算285試合で51ゴール47アシストを記録。貴重なゲームメイカーとして活躍していたが、昨季は公式戦で12試合の出場に終わり、シーズン終了とともに退団していた。 マタに対しては、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブからオファーが届いたものの本人が拒否。その他にも「エキゾチックな国」からオファーが届いたが、全て拒否しているという。 マタの希望はヨーロッパのトップリーグでプレーを続けること。そのため、移籍市場が閉まるまでの間、辛抱強くオファーを待つことを決断しているという。 各リーグも開幕を迎え、今週末にセリエAとラ・リーガが開幕すれば新シーズンが全てスタート。ケガ人などの関係で声がかかる可能性はあるだろうが、残り3週間で移籍先が決まるだろうか。 2022.08.10 11:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアルナウトビッチ獲得から撤退! ファンから苦情も?

マンチェスター・ユナイテッドは、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)の獲得を諦めたようだ。『アスレティック』のローリー・ホワイトウェル記者が報じている。 FWエディンソン・カバーニの退団に加え、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの去就も依然不透明とあり、ストライカーの補強を画策中のユナイテッド。そこで候補として急浮上したのがアルナウトビッチだった。 過去にストーク・シティやウェストハムに在籍し、プレミアリーグ経験もあるアルナウトビッチの獲得にユナイテッドは推定900万ユーロのオファーを提示したが、昨季のセリエAで33試合14ゴール1アシストのエースには不十分な額だとしてボローニャは拒否。スポーツ・ディレクターのマルコ・ディ・ヴァイオ氏は「プライスレスな存在」と、非売品であることを強調していた。 一部ではオファー額を引き上げると見られていたユナイテッドだが、ホワイトウェル記者によれば獲得から手を引く模様。ボローニャの要求額が高いことや、サポーターから苦情が相次いだことが理由とのことだ。 2022.08.09 22:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly