ルヴァンカップってそれぞれのチームがいろんな思惑でやってると思うんだけど!? の巻/倉井史也のJリーグ

2022.04.23 12:58 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
今週末はルヴァンカップが開催されるわけですけど、このカップ戦ってクラブによっていろいろ思惑があると思うんです。大きく2つに分けると、リーグ戦や天皇杯に比べて取りやすいタイトルだし、賞金も高額だから、まず最初のタイトルとして狙っちゃお!! というとこと、リーグ戦で試せない戦力をどんどん試して、勝敗よりも選手層を広げちゃおう!! っていうところと。

で、気になるのはルヴァンカップのタイトルを諦めて選手をどんどん使ってるチームが、本当にそのシーズン、いい成績を残してるかってことだと思うんですよ。だって選手層を厚くするより、いつもの選手を使って戦術を徹底したほうがいいって考えもあるのに、あえてプレーさせてるわけですから、それって成果が出るの?

ということで、そりゃもちろん調子が出なくてルヴァンカップでは沈んでしまったチームもあると思うんですけど、J1リーグが18チームになった2005年以降、降格がなかった2020年を除いてJリーグカップのグループリーグで最下位だったチームがそのシーズンでどんな成績だったかを調べてみました。

・2005年
神戸(18位)、広島(7位)、FC東京(10位)、鹿島(3位)

・2006年
FC東京(13位)、京都(18位)、広島(10位)、名古屋(7位)

・2007年
神戸(10位)、大宮(15位)、磐田(9位)、名古屋(11位)

・2008年
浦和(7位)、東京V(17位)、札幌(18位)、大宮(12位)

・2009年
新潟(8位)、京都(12位)

・2010年
C大阪(3位)、湘南(18位)

・2011年
トーナメント形式

・2012年
川崎(8位)、神戸(16位)

・2013年
清水(9位)、新潟(7位)

・2014年
仙台(14位)、徳島(18位)

・2015年
甲府(13位)、仙台(14位)

・2016年
名古屋(16位)、鳥栖(11位)

・2017年
清水(14位)、新潟(17位)

・2018年
FC東京(6位)、札幌(4位)、名古屋(15位)、鳥栖(14位)

・2019年
湘南(16位)、柏(J2・1位)、神戸(8位)、松本(17位)

・2021年
鳥栖(7位)、徳島(17位)、柏(15位)、広島(11位)


おっと、こうしてみるとグループリーグで最下位だったチームが降格してる例って多くない? ちゅうことはリーグカップ戦で選手を試してるんじゃなくて、とことん調子が悪かったのかも。

ってことで、「うちはリーグ戦のためにルヴァンカップを使ってる」と言っているサポーターのみなさん!! やっぱりルヴァンカップでもしっかり成績を残さないと、その年はなかなか大変になるかも〜〜〜ですよ!!

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

関連ニュース
thumb

大勝しても枠内シュート数ゼロの試合があるとやたら不安が募ってしまう件について!? の巻/倉井史也のJリーグ

ていうかですね、日本ってこんだけシュート決まらないもんですかね。決定率どうなってんのって感じですよね。もっと言うとですね、シュート枠内に飛ばせないもんですかね。せめて打ちましょうよ。 ということで、今週は決定率!! でもって早くもE-1選手権のオススメFWを決めちゃおうってことでお贈りいたします。森保一監督に。 まずJリーグ各チームの得点数はこれ 1:横浜FM/30 2:鹿島/27 3:C大阪/23 4:柏/22 5:鳥栖/21 6:川崎/20 7:広島/19 8:FC東京/18 9:磐田/18 10:G大阪/17 11:京都/16 12:札幌/15 13:浦和/15 14:清水/15 15:名古屋/14 16:神戸/14 17:湘南/13 18:福岡/11 でもって、各チームのシュート本数はこれ 1:横浜FM/220 2:広島/196 3:鹿島/193 4:札幌/173 5:湘南/168 6:柏/165 7:浦和/163 8:川崎/159 9:神戸/159 10:清水/156 11:C大阪/155 12:名古屋/152 13:FC東京/127 14:G大阪/127 15:磐田/122 16:福岡/120 17:京都/118 18:鳥栖/111 となると、決定率=得点数/シュート本数は 1:鳥栖/18.92% 2:C大阪/14.84% 3:磐田/14.75% 4:FC東京/14.17% 5:鹿島/13.99% 6:横浜FM/13.64% 7:京都/13.56% 8:G大阪/13.39% 9:柏/13.33% 10:川崎/12.58% 11:広島/9.69% 12:清水/9.62% 13:名古屋/9.21% 14:浦和/9.20% 15:福岡/9.17% 16:神戸/8.81% 17:札幌/8.67% 18:湘南/7.74% おお、なんと鳥栖は決定率が異常に高い!! だけどよく考えると、1試合でシュートを1本打って1点決めるFWと、シュートを10本打って2点決めるストライカーだったら、後者のほうが得点取ってくれそうじゃない? ってことで、うーん、この数字をどうするか考えて、この際、シュート本数と決定率の順位足すか!! 疑似値にはなるんじゃないか、って考えると 7:横浜FM 8:鹿島 13:広島 13:C大阪 15:柏 17:FC東京 18:川崎 18:磐田 19:鳥栖 21:札幌 21:浦和 22:清水 22:G大阪 23:湘南 24:京都 25:神戸 25:名古屋 31:福岡 ふむふむ、これは横浜FMの得点を取ってる選手を呼ぶのがいいんじゃないですか? ってことで横浜FMの現在のチーム内得点ランクは 11点:アンデルソン・ロペス 9点:仲川輝人 9点:西村拓真 3点:エウベル 3点:小池龍太 うーん、これはアンデルソン・ロペス呼ぶ……はずないけど、仲川、西村、小池なんかはE-1にぜひお願いします!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.06.18 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

選手はみんなJリーグを目ざす……日が来るかもしれない!? の巻/倉井史也のJリーグ

いよいよ14日で日本代表怒濤の2週間すっかり大混戦サバイバルレース!! も終わってしまうわけですが。これでワールドカップまで残りは7月のE-1選手権3試合と9月に予定されている2試合だけ。 今回のワールドカップでは、帰国組もいるのでやや国内組増えるんじゃないの? でもってJリーグの面白さ、世界的にも認識してもらえるんじゃないの? というか、世界のトッププレーヤーがJリーグ目指す日がいつか来てほしいんだけど、と思っちゃうわけです。そうすりゃわざわざ海外までサッカーしたり見たりしに行く必要、ないですからね!! てなことで、まずは14日までしっかり日本代表を応援せねば!! ちゅうこともあり、今回は日本代表のいろんなデータを載せておくから、こんなとこも楽しんでね!!(※現役選手) 【交代出場数ランク】 順位 選手 交代試合数 出場試合数 1位:佐藤寿人:29/31 2位:岡崎慎司:27/119※ 3位:今野泰幸:26/93※ 4位:中村憲剛:25/68 5位:森島寛晃:23/64 5位:中山雅史:23/53 5位:本山雅志:23/28※ 8位:原口元気:21/57※ 9位:北澤 豪:20/58 9位:清武弘嗣:20/43※ 9位:乾 貴士:20/36※ 9位:岡野雅行:20/25 【節目得点】 点目 選手 所属 日時 対戦相手 スコア 1点目:清水隆三(東京蹴球団)/1923年5月23日 vsフィリピン/1-2 100点目:釜本邦茂(早稲田大)/1964年3月3日 vsシンガポール/2-1 200点目:吉村ネルソン(ヤンマー)/1971年9月27日 vsフィリピン/8-1 300点目:西野朗(日立)/1978年7月21日 vsマレーシア/1-4 400点目:木村和司(日産)/1984年3月6日 vsブルネイ/7-1 500点目:福田正博(浦和)/1992年11月6日 vs中国/3-2 600点目:森島寛晃(C大阪)/1996年9月11日 vsウズベキスタン/1-0 700点目:柳沢敦(鹿島)/2000年6月6日 vsジャマイカ/4-0 800点目:鈴木隆行(鹿島)/2004年7月9日 vsスロバキア/3-1 900点目:山瀬功治(横浜FM)/2007年8月22日 vsカメルーン/2-0 1000点目:本田圭佑(CSKAモスクワ)/2011年1月13日 vsシリア/2-1 1100点目:オウンゴール/2014年10月10日 vsジャマイカ/1-0 1200点目:槙野智章(浦和)/2018年3月27日 vsウクライナ/1-2 【ペナルティ得点ランク】 順位 得点 選手 1位:9点/三浦知良※ 2位:6点/中村俊輔※ 3位:5点/小城得達 4位:4点/本田圭佑※ 4位:4点/木村和司 6位:3点/中山雅史 6位:3点/三都主アレサンドロ 6位:3点/遠藤保仁※ 9位:2点/加藤久 9位:2点/柱谷哲二 9位:2点/清武弘嗣※ 【交代出場での得点ランク】 順位 選手 得点 交代出場数 1位:中山雅史/6点/23試合 2位:本田圭佑/5点/19試合※ 3位:佐藤寿人/4点/29試合 3位:大黒将志/4点/18試合 5位:岡崎慎司/3点/27試合※ 5位:宇佐美貴史/3点/14試合※ 5位:高原直泰/3点/10試合※ 5位:山瀬功治/3点/7試合※ 5位:中島翔哉/3点/6試合※ 5位:平山相太/3点/4試合 どうですかね。もしかしたら今年、達成できる記録があるかもしれないし、それがワールドカップでだったらさらに記憶にも残ると思うし。ちゅうことで、Jリーグのためにも頑張れ!! 日本!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.06.11 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

今週は昔の辛いところをグリグリほじくっちゃうよ!? の巻/倉井史也のJリーグ

うんうん、今年はまだ今のところJクラブがJ3以下のカテゴリー(J3は地域代表として出場)のクラブに負けるという波乱は今のところ起きていない天皇杯なワケですが!! ご存じのとおり過去にはいろんな「下剋上」が起きたわけですよ。で、心配になるのが下剋上が起きたクラブって、そのシーズンとんでもなかったんじゃないかってこと。8日にも残りの天皇杯2回戦を控えてるから、大災害がなかったりコロナ禍がなかった2012年から2019年までの2回戦のデータを調べてみたよ!! 【2012年】 2回戦敗退 広島(J1:1位)鳥栖(J1:5位)FC東京(J1:10位)神戸(J1:16位・降格)甲府(J2:1位・昇格) 【2013年】 2回戦敗退 名古屋(J1:11位)横浜FC(J2:11位) 【2014年】 2回戦敗退 鹿島(J1:3位)神戸(J1:11位)仙台(J1:14位) 【2015年】 2回戦敗退 名古屋(J1:9位)清水(J1:17位・降格) 【2016年】 2回戦敗退 仙台(J1:12位)甲府(J1:14位)名古屋(J1:16位・降格)松本(J2:3位・プレーオフ) 【2017年】 2回戦敗退 札幌(J1:11位)仙台(J1:12位)FC東京(J1:13位)甲府(J1:16位・降格)京都(J2:12位) 【2018年】 2回戦敗退 G大阪(J1:9位) 【2019年】 2回戦敗退 札幌(J1:10位)名古屋(J1:13位)東京V(J2:13位) おお、やっぱり天皇杯2回戦負けのチームにはJ1だったら降格の危険性が!! そしてJ2だと昇格レースに絡むことが!! でもって2012年、さらっと負けてしまった王者広島の指揮官は……森保一監督、やっちまってたな!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.06.05 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

とんでもないドラマを見ちゃって思ったわけですよ。これって数値化できるかも!? の巻/倉井史也のJリーグ

25日に鹿島vs鳥栖を見に行ってきたわけですよ。もちろんモツ煮込みと豚ドッグとハム焼きとしっかり食べた後に見たワケなんですが!! いやぁもう最高のエンタテインメントでした。あんなハラハラドキドキのドラマってなかなかないですよね。 で、面白かったのは鳥栖が前半の鹿島を読み切っていたこと。たぶん鹿島のスロースターターぶりをじっくり分析してたんでしょ。あ、そう言えばそろそろ得点の傾向が出る時期じゃないですか。全部のチームを調べてみると、こんな感じでした!! チーム/総点数/01-15/16-30/31-45/45+//46-60/61-75/76-90/90+ 札 幌/14/2/2/0/0//4/5/1/0 鹿 島/26/5/4/2/1//4/5/6/4 浦 和/15/3/3/4/0//2/0/3/0 柏 /19/2/4/1/0//5/5/2/1 FC東京/15/1/2/2/0//3/6/1/0 川 崎/20/2/2/3/1//2/5/6/3 横浜FM/28/4/3/5/0//4/3/9/4 湘 南/13/1/1/1/0//5/3/2/0 清 水/14/1/1/3/0//3/6/0/0 磐 田/18/3/1/3/0//0/3/8/1 名古屋/14/3/4/2/0//2/0/3/2 京 都/15/3/0/4/0//5/2/1/1 G大阪/16/0/2/2/0//2/2/8/3 C大阪/21/1/3/5/0//3/5/4/1 神 戸/10/4/1/0/0//2/1/2/1 広 島/18/2/1/2/0//4/5/4/1 福 岡/11/3/0/1/0//3/3/1/0 鳥 栖/19/1/3/3/0//2/4/6/1 えっと、ちょっと横に長いので前半後半で計算すると チーム/前半/後半 札 幌/4/10 鹿 島/12/19 浦 和/10/5 柏 /7/13 FC東京/5/10 川 崎/8/16 横浜FM/12/20 湘 南/3/10 清 水/5/9 磐 田/7/12 名古屋/9/7 京 都/7/9 G大阪/4/15 C大阪/9/13 神 戸/5/6 広 島/5/14 福 岡/4/7 鳥 栖/7/13 と、まぁだいたいのチームが後半の方が強いわけです。ということで、前後半の差を「後半-前半」で計算すると チーム/後半-前半 札 幌/6 鹿 島/7 浦 和/-5 柏 /6 FC東京/5 川 崎/8 横浜FM/8 湘 南/7 清 水/4 磐 田/5 名古屋/-2 京 都/2 G大阪/11 C大阪/4 神 戸/1 広 島/9 福 岡/3 鳥 栖/6 あー、何か傾向出ちゃった気がしますね。後半の方が点が取れない浦和と名古屋、あまり差がない京都、神戸、福岡って、まぁそう言えばそういう感じです。そういうチームには「前半凌げば勝てるじゃん」って感じになるだろうし、後半が極端に多いチームには「前半のうちに攻めておこう」ってことじゃないですか。 でもう一つ、前後半のアディショナルタイムの得点ってどれくらいかるかっていうと、 チーム/45+/90+/+合計 札 幌/0/0/0 鹿 島/1/4/5 浦 和/0/0/0 柏 /0/1/1 FC東京/0/0/0 川 崎/1/3/4 横浜FM/0/4/4 湘 南/0/0/0 清 水/0/0/0 磐 田/0/1/1 名古屋/0/2/2 京 都/0/1/1 G大阪/0/3/3 C大阪/0/1/1 神 戸/0/1/1 広 島/0/1/1 福 岡/0/0/0 鳥 栖/0/1/1 これが多いチームを相手にするときは、試合終了間際まで逃げ切る体制を取るために交代要員を使えない、あるいは終了間際でも疲れが見えたら積極的に交代させないと強いよってことでしょう。 にしてもさぁ、なんでG大阪がこんなに低迷してるのかって、また別の要因が……? <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.05.28 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「目の前の1戦を大事にして」って森保一監督もおっしゃってますし!? の巻/倉井史也のJリーグ

ってことで、6月シリーズに臨む日本代表選手が発表されたわけですが、この選手たちについて2つのポイントがあるって思ってるんですね。1つはJリーガーの扱い。というのも7月のE-1選手権には国内組だけで臨むって決まってるわけです。 過去にもE-1選手権でワールドカップメンバーの最後のチケットを手にした選手もいるわけで、でもそれは裏を返せば最後の最後に滑り込んだってことなんですよね。でもこの6月の代表戦は海外組もいる中で、コンビネーションも合わせるだろうしチームの完成度も上げるだろうし、そのためのコアな選手が求められてると思うんです。 ということで、まず今回選ばれたJリーグ組は 権田修一 長友佑都 山根視来 谷口彰悟 上田綺世 この選手たちはワールドカップメンバー入りに他のJリーガーより思い切り近いってことでしょう。 だけど今年呼ばれたJリーガーはもっといます!! 誰が呼ばれてたかというと、まず1月の合宿には今回招集された選手以外にも GK 谷晃生(湘南) DF 佐々木 翔(広島) 中谷 進之介(名古屋) 西尾 隆矢(C大阪) MF/FW 稲垣 祥(名古屋) 江坂 任(浦和) 武藤 嘉紀(神戸) 脇坂 泰斗(川崎) 相馬 勇紀(名古屋) 小柏 剛(札幌) 渡辺 皓太(横浜FM) 荒木 遼太郎(鹿島) 松岡大起(清水) 鈴木唯人(清水) が呼ばれてたわけですよ。この国内組にもまだまだチャンスがある!! ここからケガ人が出る可能性もあるんだし!! ということで、今週末のカードを見ると 広島(佐々木翔)vs京都 清水(松岡大起・鈴木唯人)vs名古屋(中谷進之介・稲垣祥・相馬勇紀) C大阪(西尾隆矢)vsG大阪 FC東京vs柏 湘南(谷晃生)vs神戸(武藤嘉紀) 浦和(江坂任)vs鹿島(荒木遼太郎) 鳥栖vs川崎(脇坂泰斗) 福岡vs横浜FM(渡辺皓太) 磐田vs札幌(小柏剛) おお、なんとすべてのカードに候補選手がいる!! 出るかどうか分からんけど。でも、1月に呼ばれた選手は張り切ってると思いますよ。ちゅうことで、まずは5月の試合に集中!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.05.21 13:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly