ジリ貧ミラン、曲者トリノにゴールレスドロー《セリエA》

2022.04.11 05:41 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは10日、セリエA第32節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

前節ボローニャ戦では相手GKスコルプスキの再々のファインセーブに阻まれ、ゴールをこじ開けられなかった首位ミラン(勝ち点67)。2位ナポリに1ポイント差、3位インテルに暫定4ポイント差に迫られた中、イブラヒモビッチやレビッチが負傷欠場となった。

ユベントスやインテルに引き分けている11位トリノ(勝ち点38)に対し、ジルーを最前線に、2列目に右からサーレマーケルス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べたミランがボールを握る展開としたが、シュートに持ち込むには至らない。そのミランの最初のチャンスは24分。カラブリアがボックス右でルーズボールを拾って左足を振り抜き、GKベリシャを強襲した。

しかしこれ以降はゴールに迫る場面は作れず膠着した前半は0-0で終了した。

迎えた後半、開始5分にヴォイヴォダのミドルシュートが枠を捉えるピンチが訪れたが、GKメニャンが好守で阻止。劣勢の入りとなった中、65分にもピンチを迎えたが、ベロッティの決定的なシュートはトモリが何とかブロックした。

ミラン後半最初のチャンスは74、トナーリがボックス右に抜け出して左足を振り抜き、GKベリシャを強襲した。

しかし、前半同様にこれ以降はチャンスを生み出せずにトリノにゴールレスドロー。攻撃陣の低調が続くミランは勝ち点1を積み上げるにとどまった。

関連ニュース
thumb

“渡り鳥”ハリロビッチが8年ぶりの母国復帰で10クラブ目に

クロアチアのリエカは6日、元クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(26)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は明かされていない。 ディナモ・ザグレブの下部組織で育ったハリロビッチは、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にトップチームへ昇格したが、直後にスポルティング・ヒホンへレンタルされると、翌年7月にハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍。 しかし、HSVでも約半年で出場機会を失うと、ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍。ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレーすると、2020年10月に双方合意の下で契約を解除しミランを退団。 同年11月からチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティでプレーするも、1シーズンで退団。昨季は同じリーグのレディングでプレーしたが、度重なるケガに苦しみ公式戦14試合の出場にとどまると、5月に現行契約の満了を持って退団することを正式に発表していた。 8年ぶりの母国復帰となったハリロビッチは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「リエカとは長い間連絡を取り続けてきた。今シーズンはクロアチアに戻りたいと思っていたので、ここに来ることができて満足しているし、幸せだよ。長い間話し合って、クラブのこともよく理解いる。だからその一歩を踏み出すことにしたんだ」 2022.07.06 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGとの争奪戦も、ミランはレナト・サンチェス獲得を諦めず

ミランはポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得を諦めていないようだ。 昨シーズンに11年ぶりのスクデット獲得を果たし、今夏には王座防衛のため戦力強化を計画しているミラン。MFフランク・ケシエが退団した中盤には、昨季リールで公式戦31試合に出場して1ゴール5アシストの成績を残したレナト・サンチェスの獲得を目論んでいた。 しかし、選手との合意こそとりつけたものの、アメリカの民間投資会社『レッドバード』によるクラブ買収や、それに伴いテクニカル・ディレクターのパオロ・マルディーニ氏、スポーツ・ディレクターのフレデリック・マッサーラ氏の去就が不透明になったことで、リールとの移籍交渉は停滞。それでもなんとか総額1500万ユーロ(約21億4000万円)で合意にまで迫ったが、今度はパリ・サンジェルマン(PSG)に横やりを入れられる事態となった。 PSGはリールに対して3000万ユーロ(約41億5000万円)を提示したとも報じられ、ミランのレナト・サンチェス獲得は暗礁に乗り上げることに。一部報道では、交渉から撤退してサッスオーロのコートジボワール代表MFハメド・トラオレ(22)にターゲットを変更したとも伝えられた。 しかし、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、1日にマルディーニ氏、マッサーラ氏との契約延長が発表されたミランは、まだレナト・サンチェスへの関心を継続させているようだ。現時点でPSGは獲得よりも人員整理を優先させており、リールとの交渉に進展がないことから、依然として獲得のチャンスは残されているという。 一方で、ミランはレナト・サンチェスに対して当初予定していた以上の金額を積むつもりはなし。PSGとの交渉が進まなかった場合に、リールが要求金額を下げてくれることを期待していると報じられるが、果たして。 2022.07.06 15:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「フットボールが大好きな人たちが生きる場所」ミラン加入のオリジが喜び語る

ミランに加入したベルギー代表FWディヴォク・オリジ(27)が新天地の印象やこれからの意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 オリジは今年6月をもって、2014年から2度のレンタル期間を含め、8シーズン在籍したリバプールを退団。抜群の勝負強さを備える同選手には昨季にセリエA優勝を果たしたミランが強い関心を示し、5日に加入が公式発表された。 クラブの公式チャンネル『Milan TV』で加入後初のインタビューを受けたオリジは、歴史あるクラブの一員になれたことを喜びつつ、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールの選手としてミランと対戦した際の印象を語っている。 「ここに到着したとき、僕は家にいるような気分だった。歴史あるクラブならではの文化や人々、物事の進め方を感じられたんだ。ここに至るまでのすべてが素晴らしかったよ」 「マッサーラやマルディーニと初めて話をしたとき、彼らのビジョンやクラブがどのように進化しているか知ることができたのは良かった。そして、サンシーロの雰囲気を味わえたのは、僕にとって常に特別な感覚だったと思う」 「チームのプレー、監督のチームマネジメント、守備の仕方などを見た。ミランが巨大なクラブなのはずっと知っていることであり、これらすべてが僕にこのクラブへ加入すると決断させた要素なんだ」 「僕のクラブへの第一印象はあのスタジアムだったね。歴史を感じられたし、僕らにとってもあの場所でプレーできることがどれだけ神秘的だったか感じられたよ」 「フットボールの文化、エネルギーを感じられたんだ。ファンの皆が、このクラブをとても大切に思っている。チームのスタイルもエネルギーにあふれていて、攻撃的で、クオリティが高い。これらはすべて、僕が本当に好きなものだ」 「ここはフットボールが大好きな人たちが生きる場所だね。19回のリーグタイトル、7回のチャンピオンズリーグ優勝、信じられないようなクラブの歴史を知っている。この旅に参加できることに、とても感謝している」 また、オリジはミランに所属していた歴代のストライカーにも言及。自身も早くチームに馴染み、クラブに貢献していきたいと意気込んだ。 「YouTubeでマルコ・ファン・バステンのプレーを見たことがある。彼のキャリアは長くはなかったけど、持っていたインパクトは大きかった」 「それから、アンドリー・シェフチェンコやフィリッポ・インザーギ、ジョージ・ウェアらだ。半分も挙げられていないと思うけど、たくさんの象徴的な選手たちを見てきた。僕は彼らが大好きさ」 「言葉や文化を勉強して、ここで過ごす時間を楽しみたい。僕にとっては、喜ぶべき経験になると思うよ。今の焦点は、できるだけ早く準備して、チームに参加して、日々良くなっていくようにすることだ」 2022.07.06 11:57 Wed
twitterfacebook
thumb

今年41歳のイブラ、ミランと新たに1年契約か…合意報道飛び出す

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(40)が来季もミランで現役を続けるようだ。 ミランとの契約が現状、先月6月をもって終了したイブラヒモビッチ。今年10月の誕生日で41歳の年齢面や、左ヒザ手術による全治7〜8カ月の離脱見通しから、現役生活に終止符を打つ可能性も浮上しているなか、ミランとの新契約交渉が取り沙汰されている。 そして、ミラン復帰から3季目にして11年ぶり19度目のスクデット獲得に導いた“神”はイタリア『スカイ』いわく、新たに2023年6月末までの1年契約で合意。年俸は出来高付きの100〜150万ユーロ(約1億3000万〜2億円)で、近くサインする見通しだという。 なお、ステファノ・ピオリ監督はチームの始動にあたっての会見で「今朝、ズラタンと話をしたが、元気そうだった。彼はすべての面でチャンピオンであり、また一緒に仕事がしたいよ」とコメント。監督の願いも叶っての契約更新となりそうだ。 2022.07.06 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、アバーテがプリマヴェーラの指揮官に就任

ミランは5日、イグナツィオ・アバーテ氏(35)をプリマヴェーラ(U-19)の指揮官に任命したことを発表した。 現役時代、ミランで右サイドバックとして活躍した元イタリア代表のアバーテ氏は、2019年にミランとの契約を満了後、2020年に現役引退を発表。 2021-22シーズンにU-16のチームを任され、ミランに指導者として復帰していた。そしてU-16カテゴリーのリーグ戦で優勝に導いたことを評価され、今回のプリマヴェーラ指揮官就任となった。 2022.07.06 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly