「その心痛は想像を絶する」あと10秒からW杯出場を逃したアルジェリア指揮官、ピッチから動けず「打ちひしがれた」

2022.03.31 19:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今年11月に開幕を迎えるカタール・ワールドカップ(W杯)。4月1日には組み合わせ抽選会も控えているが、その出場国も続々と決まっている。アフリカからは5カ国のみが出場できる中、29日には出場国を決める最後の大一番となるアフリカ予選最終ラウンドの2ndレグが行われた。

アルジェリア代表はカメルーン代表と対決。アウェイでの1stレグを0-1で先勝しており、有利な状況で試合に入ったが、22分にカメルーンのFWエリック・チュポ=モティングにゴールを決められ、2戦合計スコアでタイに戻される。

以降はアルジェリアペースで進むも、際どいシーンがVARの介入によってノーゴールとなるなど、1-1のまま試合は膠着。延長戦ではFWイスラム・スリマニがゴールネットを揺らすものの、オン・フィールド・レビューの結果ゴールは取り消しとなる。

アルジェリアにとっては厳しい判定が続くが、延長後半の118分についに待望のゴールが。左CKからアーメド・トゥーバがヘディングでネットを揺らし、いよいよ勝ち越しに成功した。

しかし、アルジェリアの突破が決定的と思われた最後に大どんでん返しが待っていた。

ラストプレーとなった124分のカメルーンのFKの場面。サインプレーから最後はFWカール・トコ・エカンビが右足ダイレクトで流し込む。この直後に試合はタイムアップを迎え、2戦合計2-2もアウェイゴールの差で上回ったカメルーンが劇的過ぎる逆転突破を決めたのだ。

試合終了の笛と同時にカメルーンの面々が歓喜に沸く一方で、あと一歩まで近づいたW杯出場を逃したアルジェリアのメンバーたちは打ちひしがれていた。

中でもジャメル・ベルマディ監督は、両手で顔を覆ったままタッチライン際に座り込んでしまう。関係者からなだめられるも中々立ち上がることはできず、しばらくしてから顔を上げたものの、その表情は悲痛そのものだった。

この光景には多くの人が胸を打たれたようで、「この痛みは想像を絶する」、「顔を上げてほしい」、「情熱が伝わってくる」といった声が集まっている。

フランス『レキップ』によると、試合後ベルマディ監督は心境を語り、代表監督から離れることも示唆している。

「我々は崩れ落ちた。この試合のために、国のために、国民のために、自分の人生をかけてきた。もう終わりだ。これがサッカーであり、スポーツだ。それは同時に我々の人生のすべてでもある」

「メンタル面でしくじったのかは分からない。精神的に余裕がなかったのかどうかはわからないが、W杯まであと10秒となった集中力と意識の問題であることは間違いないだろう。セットプレーとその10秒間を除いては、決して危ない状況も作らず、支配されることもなかった。計画は崩壊した。みんな打ちひしがれている。現実を直視できない。残り10秒であの終わり方をするのは残酷だ」

「この酷い物語を乗り越えなければならない。未来のことを話すのは難しい。私たちは立ち直らなければならない。立ち直ることが必要だ。アルジェリアは偉大な国。私がいてもいなくても、まだまだ素晴らしいものがある」

1 2

関連ニュース
thumb

元日本代表監督のハリルホジッチ氏、4カ国で4大会連続のW杯出場権獲得も3度目の直前解任で引退を示唆「サッカーにありがとうと言いたい」

カタール・ワールドカップ(W杯)を前に、モロッコ代表の監督を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏(69)が、監督キャリアを終える可能性があることを明かした。フランス『RMC Sport』が伝えた。 かつては日本代表も率いていたハリルホジッチ監督。モロッコ代表を率い、カタールW杯の出場権を獲得していたが、モロッコサッカー協会(FRMF)は8月11日、本大会まで3カ月のタイミングで退任を発表した。 FRMFは「カタールW杯に向けた最終段階の調整に関して見解の相違があったため、ハリルホジッチ氏と友好的に別れることに合意した」と発表していたが、背景は大きく異なる。 2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任し、2022年のカタールW杯出場に導いたハリルホジッチ監督。しかし、数カ月前からチェルシーのMFハキム・ツィエクやバイエルンのDFヌサイル・マズラウィら一部選手との確執により、チームの主力となりうる実力者を除外するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まっていた。 監督としてはヴェレジュ・モスタルやボーヴェ・オワーズ、ラジャ・カサブランカ、リール、スタッド・レンヌ、パリ・サンジェルマン(PSG)、トラブゾンスポル、アル・イテハド、ディナモ・ザグレブ、ナントなどのクラブチームの他、コートジボワール代表、アルジェリア代表、日本代表、そしてモロッコ代表と4カ国の代表チームを指揮した。 その4カ国ではいずれもW杯本大会に導く手腕を見せていたが、2018年の日本代表でも大会直前の親善試合で結果が出なかったことから解任され、西野朗監督が本大会では指揮。また、2010年のコートジボワールでもW杯前のアフリカ・ネーションズカップで結果が出ずに解任されていた。 史上初の4カ国で4大会連続の本大会出場を決める偉業を成し遂げながら、2大会連続、通算3回目の大会直前での解任の憂き目に遭ったハリルホジッチ氏。モロッコ代表の監督を退任した際の心境を語った。 「この決断は私にとって少し辛いものだった。むしろ、変な形でキャリを終えようとさえ思っている」 「それが人生だ。浮き沈みは激しいが、ちょっとやりすぎだ。サッカーにありがとうと言いたい」 選手の起用をめぐる問題などがありながらも、その手腕は高く評価され、モロッコ代表の監督を退任した後も「多くのオファーを受けた」とのこと。ただ、「どのオファーも受け入れない」と語り、実質的に監督業から引退することを決めたようだ。 2022.09.22 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

カタールのアル・ガラファがアルジェリア代表2選手を獲得、ヘルタFWベルフォディル&メスMFブラヤと2年契約

カタール・スターズリーグのアル・ガラファは21日、ヘルタ・ベルリンのアルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの2年間となる。 ベルフォディルは、リヨンの下部組織で育ち、ボローニャやパルマ、インテル、リヴォルノといったイタリアのチームでプレー。その後、UAEのバニーヤースSCに加入すると、スタンダール・リエージュ、ブレーメン、ホッフェンハイムとヨーロッパに復帰。昨夏ヘルタ・ベルリンに完全移籍で加入していた。 ヘルタ・ベルリンでは、公式戦30試合で6ゴール3アシストを記録。しかし、今季はメンバーから外れていた。 なお、アルジェリア代表として19試合に出場し2ゴールを記録している。 また、フランスのメスから同じくアルジェリア代表MFファリド・ブラヤ(29)も獲得。こちらも2年契約を結んだ。 ブラヤはクレルモンやバスティア、ジローナ、メスでプレー。メスでは公式戦132試合で18ゴール20アシストを記録。リーグ・アンでは通算85試合12ゴール12アシスト、リーグ・ドゥでは104試合で13ゴール12アシストを記録していた。 2022.08.22 09:35 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場ならずのアルジェリアもFIFAに再試合要請…レフェリングに納得いかず

アルジェリアサッカー連盟(FAF)は3月31日、国際サッカー連盟(FIFA)にカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終予選の再試合を求めた。 先の代表ウィークでカタールW杯アフリカ予選最終予選のカメルーン代表戦に臨んだアルジェリア代表。敵地での1stレグを1-0で先勝したが、本拠地での2ndレグは0-1で延長戦に持ち込まれ、2戦合計2-2のアウェイゴール差で本大会行きを逃した。 しかし、アルジェリア側は29日の2ndレグで試合を裁いたバカリ・ガッサマ主審のジャッジングに納得がいかないようで、FIFAに再試合を要請。公式サイトで結果を歪めたジャッジとし、再試合を要求した。 「FAFは2022年3月29日にブリダのチャヒド・ムスタファ・チャケル・スタジアムで行われたアルジェリアvsカメルーンの最終予選2ndレグの結果を歪めたスキャンダラスなレフェリングについてFIFAに維持申し立てをする」 「FAFは法的に認められた手段を用いてその権利を回復し、レフェリングの誠実さと公平さが保証された状態で試合を再試行することを望んでいる」 「また、FAFはアルジェリア対カメルーンのレフェリングについて明らかにするべく、FIFA機関による調査の開始を要求している」 なお、カタールW杯アフリカ予選最終予選でセネガル代表の前に本大会行きの道が断たれたエジプト代表も再試合を要請。相手サポーターによるPK戦時のレーザーポインター照射などの攻撃に憤り、不服を申し立てている。 2022.04.01 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「不屈を示してくれた」、延長後半ラストプレーで劇的逆転突破のカメルーン、ソング監督が選手を称賛

カメルーン代表を2大会ぶりのワールドカップ出場に導いたリゴベール・ソング監督が、“不屈のライオン”を体現した選手たちを称賛している。『Actu Cameroun』が伝えている。 カメルーンは29日、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終ラウンドの2ndレグでアルジェリア代表と対戦。延長戦までもつれ込んだ激闘を、アウェイゴール・ルールで上回りカタールへの切符を手にした。 ホームでの1stレグを0-1で落としていたカメルーンだが、この2ndレグでは相手GKのミス絡みでFWエリック・マキシム・チュポ=モティングが先制点を奪取。以降は終始劣勢を強いられながらも、守護神アンドレ・オナナを中心に守り抜き、延長戦まで持ち込んだ。 その延長戦後半では、PK戦突入直前の118分に相手の左CKからDFアーメド・トゥーバにゴールを奪われ、敗退の危機を迎えた。しかし、カメルーンはラストプレーとなった124分に相手陣内で得たFKの流れでDFコリン・ファイが上げたクロスをDFミシェル エンガドゥ=エンガジュイが競り勝ってゴール前に流したボールを、FWカール・トコ・エカンビが右足ダイレクトで流し込み、最後の最後で試合を引っくり返す劇的過ぎる勝ち抜けを決めた。 トニ・コンセイソン前監督の解任に伴い、今月1日に急遽新指揮官に指名された中、カメルーンを見事に本大会出場に導いたソング監督は、まさに“不屈のライオン”の愛称に相応しい圧巻の逆転劇を見せた選手たちを絶賛した。 「個人的にはこのゲームを戦った両チームを祝福したいと思う。とりわけ、不屈であることを示した私のプレーヤーたちを心から讃えたい」 「最初のゲームでは、相手の守備に苦しめられ、プレーヤーが攻撃的に表現することができなかった。しかし、今日我々は2人のストライカーを置くシステムによって、対抗する術を知っていた」 2022.03.30 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

史上初の偉業!元日本代表指揮官のハリルホジッチ監督が4大会連続W杯出場、国王から祝福の電話も

4年前は日本代表の指揮を執っていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、偉業を成し遂げた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)を目指す日本代表を率いていたハリルホジッチ監督。今から7年前の2015年3月に日本代表の監督に就任すると、アジア最終予選を1位で通過して6大会連続6度目のW杯出場に導いていた。 しかし、W杯直前の4月に突如解任され、その後、名誉毀損と謝罪広告を求める訴訟を起こしていた。 そのハリルホジッチ監督は、日本を離れた後、リーグ・アンのナントで指揮。2019年8月からはモロッコ代表監督に就任すると、29日に行われたアフリカ予選プレーオフでDRコンゴを下し、カタールW杯の出場権を獲得していた。 ハリルホジッチ監督は、これにより4大会連続で指揮したチームをW杯に導いたこととなり、これは指導者として史上初の偉業達成となった。 ハリルホジッチ監督は、リールやレンヌ、パリ・サンジェルマンなどクラブチームを指揮した後、2008年5月にコートジボワール代表を率いると、南アフリカW杯にチームを導き初のW杯出場を果たす。 その後ディナモ・ザグレブでの指揮をはさみ、2011年6月にアルジェリア代表監督に就任。2014年のブラジルW杯出場を決めると、大会を制したドイツ代表相手にラウンド16で善戦したことで評価が急上昇した。 その後は、日本をロシアW杯へ、そしてモロッコをカタールW杯へと4カ国をW杯へと導く功績を残した。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯決定を受け、モロッコ国王からの電話に出るハリルホジッチ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe title="vimeo-player" src="https://player.vimeo.com/video/693778065?h=b1259d3991" width="640" height="288" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> 2022.03.30 10:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly